試験・分析

OMICは、日本(座間市)、タイ (バンコク)アメリカ (ポートランド)オーストラリア (メルボルン)の分析所で、次の試験・分析サービスを提供しています。

ラボ別試験項目一覧

ラボの名称 残留農薬分析 成分分析項目 その他の項目
東京ラボラトリーズ 米のカドミウムマイコトキシンなど 飼料・鉄鋼原料成分など  
バンコク支店 微生物、残留農薬、マイコトキシン、重金属、抗生物質、合成抗菌剤、アレルゲンなど 米、砂糖、タピオカでん粉など DNA分析(遺伝子組換え農産物)
OMIC USA
(ポートランド)
微生物、残留農薬、マイコトキシン、重金属など 米麦・食品・飼料など DNA分析(遺伝子組換え農産物、米の品種判別)
OMIC Australia
(メルボルン)
微生物、残留農薬、マイコトキシン、重金属など 米麦・食品・飼料など  

上記のほか、ヤンゴン (ミャンマー)では農産物の成分やシアン化合物等の分析検査、ホーチミン (ベトナム)ではコーヒー カップ テスト、バンコク (タイ)のCOPIT社では繊維製品試験を実施しています。
 

試験・分析の信頼性確保

各ラボは、試験・分析技術の信頼性確保のため、次のようにISO/IEC17025の認定を取得しています。また、FAPASや所在地の政府機関等が行う外部精度管理試験に参加して、精度の維持・向上に努めています。

OMIC(東京ラボラトリーズ)は、2004年7月に厚生労働大臣の登録検査機関となり、食品の製品検査を行う事業所となりました。バンコク、ポートランド、メルボルンのラボは、厚生労働省の「輸出国公的検査機関(指定検査機関)として登録され、また、韓国政府からも同様の検査機関として登録を受けています。)
 

OMICラボのISO/IEC17025認証取得状況

ラボの名称 取得分野 取得年 認証機関
東京ラボラトリーズ 食品・微量元素(穀類、豆類) 2007年 日本適合性認定協会(JAB)
バンコク支店 砂糖 2001年 Thai Industrial Standards Institute, Ministry of Industry
バンコク支店 微生物、残留農薬、アフラトキシン、カドミウム、動物用医薬品など 2005年 Department of Medical sciences (DMSc)
OMIC USA
(ポートランド)
残留農薬、カビ毒、微生物、DNA 2008年 ACLASS Accreditation Services
OMIC Australia
(メルボルン)
残留農薬、微生物、食品成分 1985年、2002年 National Association of Testing Authorities,Australia (NATA)

試験・分析項目に関する説明

OMIC各ラボで行う試験・分析項目の概要は次のとおりです。
 

試験・分析項目の概要

分野 詳細 実施場所
残留農薬分析
(定性・定量分析)
微生物(カビ、細菌の同定・定量) バンコク、ポートランド、メルボルン
残留農薬 バンコク、ポートランド、メルボルン
抗生物質/合成抗菌剤 バンコク
マイコトキシン 東京、バンコク、ポートランド、メルボルン
重金属 東京、バンコク、ポートランド、メルボルン
食品添加物 バンコク、ポートランド、メルボルン
食物アレルギー物質 バンコク
成分分析
(定性・定量)
飼料安全法による規格項目 東京
農産物検査法の成分 東京
鉱産物中の元素 東京、 バンコク

 

お問い合わせ上記以外の検査項目についても、御相談に応じます。お問合せ下さい。