小麦の生育と用語説明

生育

土壌水分は小麦の生育に欠かせない重要な要素である。PNW地区、モンタナ州そしてノース・ダコタ州の小麦生産地帯の年間降水量は、少ない地帯で9インチ程で、モンタナ州においては14インチ程度である。これらの地帯では夏季休耕(Summer fallow)が欠かせない条件である。ノース・ダコタ州では、生育期~登熟初期に降雨が集中し、この時期に14~16インチの降水が有る事より、夏季休耕は実施されていない。

小麦の一生でどの程度の水が必要で有るかは、種類(春、又は冬小麦)そして品種により多少の差はあるが、凡そ25.8 インチ(約655mm)の年降水量が必要との試験結果(アリゾナ州立大学試験場)がある。最も水を必要とする時期は開花期(flowering)である。その前後即ち穂孕み期(boot)~出穂期(heading)と乳熟期(milky又はsoft dough)の水分要求度も極めて高い。これらの生殖生育期だけで全の必要量の凡そ94%が消費される。栄養生長期(分蘖=tilling、節間成長=jointing)の水の消費量は全体の2.3%である。

Pullman農事試験場では、PNW地区の小麦の単位収量を土壌水分並びに降水量の関係より次の式で推測出来るとしている。

推定単位収量(bu/acre)= {(A+B)-4}x 6 or 7*
A = 1月31日時点の土壌有効水分(インチ、地下6フィートまでの計)
B = 2月1日より収穫期までの降水量(インチ)
* = 係数6はClub Wheat及びHard Red Winter、係数7はCommon White Wheat

小麦の根は地下凡そ6フィートの深さまで伸びる。このため、表土の深い土壌程小麦の生育に適していると言える。

小麦の発芽(種子の休眠を破る)の最低温度は、華氏48度(摂氏9度)と言われ最適は68~77度(摂氏20~25度)である。冬小麦は初期分蘖期(播種後凡そ3ヶ月)より冬季の休眠(dormancy)に入り生育が休止する。この間は一般Snow coverにより幼苗は低温から保護される。先にも触れたが、冬小麦の春化(生殖成長)には、小麦が華氏37~42度(摂氏2.8度~5.6度)の低温に凡そ50日から65日遭遇することが必要である。

小麦の生長の段階で、葉の分化が進んで、生長点に止葉(flag leaf)が分化されると共にその上部に穂の原型が形成される。春小麦では播種ご2~3週間後、冬小麦では休眠から覚めた後1ヶ月ぐらいで止葉が出る。節間生長(jointing又はstem extension)の間も穂の形成は行われており、幼穂の内部に雌雄花器が分化し穂孕み期(boot stage)を迎える。出穂(heading)開花(flouring)そして受粉と続く。開花と受粉は同時に行われ、開花の期間は品種により異なるが、凡そ30分程度である。雨天の場合は頴(glume)が開かず、頴内部で閉花受粉現象を呈すると言う。

1穂の小花が全て開花を終わるのに3~4日係り、1固体の全ての穂の開花が終わるのに約1週間を要する。穂孕み期から開花(受粉期)の高温・乾燥は減収の要因となる。

開花から凡そ20日~25日の種子は淡緑色で軟らかく、圧してつぶすと乳状の液が出る。この登熟期の初期を乳熟期(milky dough stage)と称する。この時期になると小麦の葉は株から黄色化してくる。開花後凡そ30日から35日で黄熟期(turning color)を迎える。種実は黄化し水分は凡そ40~50%となる。この時期に胚乳細胞が成熟し粒は硬くなるが、指でつぶす事は出来る程度である。そして完熟期(粒の乾物重の増加はこの期に完了する)続いて枯熟期(開花後凡そ40日以後、水分は12%以下。水分を得ると発芽をする)を迎える。


トップへ戻る

用語

Crop Progress並びにCrop Weatherに関する報告で使用される用語は、各州共通の定義にて使用されている。定義はNASS(National Agricultural Statistics Service, USAD)の定義を英語のまま示す事とする。

  1. Top and Sub-soil Moisture: top-soil defined as the top 6 inches
    • Very short - Soil moisture supplies are significantly less than what is required for normal plant development. Growth has been stopped or nearly so and plants are showing visible signs of moisture stress. Under these conditions, plants will quickly suffer irreparable damage.
    • Short - Soil dry. Seed germination and /or normal growth and development would be curtailed.
    • Adequate - Soil moist. Seed germination and or/ crop growth and development would be normal or unhindered.
    • Surplus - Soil wet. Fields may be muddy and will generally be unable to absorb additional moisture. Young developing crops may be yellowing from excess.
  2. General Crop Condition
    • Very poor - Extreme degree of loss to yield potential, complete or near crop failure. Pastures provide very little or no feed considering the time of year. Supplemental feeding is required to maintain livestock condition.
    • Poor - Heavy degree of loss to yield potential which can be caused by excess soil moisture, drought, disease, etc. Pastures are providing only marginal feed for current time of year. Some supplement feeding is required to maintain livestock condition.
    • Fair - Less than normal crop condition. Yield loss is a possible but the extent is unknown. Pastures are providing generally adequate but still less than normal for the time of year.
    • Good - Yield prospects are normal. Moisture levels are adequate and disease, insect damage, and weed pressures are minor. Pastures are providing adequate feed supplies for the current time of year.
    • Excellent - Yield prospects are above normal. Crops are expecting little or no stress. Disease, insect damage, and weed pressures are insignificant. Pastures are supplying feed in excess of what is normally expected at the current time of year.
  3. Crop Progress Percents
    Progress percents relate to acres and should indicate the progress of field activities or crop development. Generally, an acre should be considered in or beyond a phonological stage when 50 percents or more of the plants in that acre are in or beyond that stage.
    • Planted - A crop is considered planted when the seeds are planted in the ground. For transplanted crops, the planting period refers to the time of setting the plants in the field.
    • Harvest - A crop is considered harvest when the crop is cut, threshed, or otherwise gathered from the field.
    • Normal - The averaged rate based on the records of immediate past 5 years.
  4. Wheat Growth Stages
    • Emerged - As soon as the plants are visible.(出芽)
    • Tilling - A plant develops branches as known "tillers"(分蘖) grown from the nodes of the stem, just below or at the soil surface. The lowest node at which a strong tiller is produced is called the "tilling node". The sub-tillers appear from the lowest node of the first and second tillers.(tilleringと記している場合もある。分蘖している状態)
    • Jointing - Stem extension ; growth of stem between nodes(joints).(節間伸張)
    • Boot stage - The sage of development of florets in the head, just before heading.(穂孕み期)
    • Headed - The head is presented, visible, and fully emerged.(出穂)
    • Milky stage - The stage of filling starch in the kernel, and the dough is soft and milky. Also known as "Milky ripe".(乳熟期)
    • Turing color - The head is turning color from green to brown. Leaves are also turning yellow or brown.(黄熟期. Ripe: 枯熟期)

トップへ戻る

単位・換算

  • Bushels:小麦では60ポンド/bushel。小麦1Metric tons ≒ 36.7 Bushels
  • Acres:1 Acre ≒ 0.40469 Hectares、1 Hectare ≒ 2.471 Acres
  • Inches:1inch = 2.54 Centimeters

以上を頭に入れ、アメリカの小麦生産州の発行するCrop & Weather Reportを読んで頂けば、より理解し易いものと思われる。


トップへ戻る