omic's logo

OMIC > OMIC Report > ワシントン州小麦作柄レポート

ワシントン州小麦作柄レポート

ワシントン州地図

2009年度産作柄レポート

7 April, 2009

2009年4月5日現在概況

ワシントン州東部の4月5日に終る1週間の気象は、全州に続き低温・湿潤気象であったが週の終わりに好天となった。1週間の州平均農作業稼動日数は2.6日(前週:2.8日)であった。EC地区(乾燥地帯)の平均気温は平年を3〜7度下回り、1週間の降水量は0.13〜0.52インチであった。 SE地区(Palouse地方)の平均気温は平年を11〜12度Fも下回った。1週間の降水量は0.61〜1.14インチであった。Adams郡では乾燥・強風気象で始まったが週の後半は降雪を伴う気象となった。Lincoln郡の多くの冬小麦の圃場は水分不足に因る生育不良より再播種が行われた。 Wall Walla郡では充分な降雨があり、冬小麦の作柄は良好と報告された。Whitman郡では降雨と降雪の為春小麦の播種が遅れていたが、週の終わりになり気象が好転し、春の農作業が復帰した。
2009年3月31日付けUSDAの発表では、ワシントン州の2009年産冬小麦の作付面積は1,800,000エーカーであり、2008年産に対し3%の増加であった。2009年産春小麦の作付面積も2008年産より6%増加し、540,000エーカーの予想であった。

土壌水分及び灌漑用状況 :2009年4月5日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2004,2005,2006,2007 and 2008 Crop year
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil (%) 0 8 57 35
5-Yr Ave.(%) 2 13 66 19
Subsoil (%) 5 31 59 7
5-Yr Ave.(%) 10 18 68 4
Irrigation W.(%) 0 0 97 3
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 90 3
2009年産冬小麦の作柄状況:2009月4月5日現在
Source: Agricultural Statistics Service, USDA-Washington Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 8 14 33 39 6
Last week (%) 12 15 22 38 13
春小麦の生育状況:2009年4月5日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2004,2005,2006,2007 and 2008 Crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted (%) 12 10 33 46
Emerged (%) NA NA NA NA
2009年3月31日付けUSDA発表:2009年産小麦の作付面積(1,000 Acres)
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA
  Crop Year 2009/2008 Percent
Winter Wheat 2007 2008 2009
Washington 1,720 1,750 1,800 104%
USA 45,012 46,281 42,889 93%
Spring Wheat    
Washington 450 510 540 106%
USA 13,292 14,135 13,304 94%

1 April, 2009

2009年3月31日現在概況

ワシントン州東部の3月31日に終る1週間の気象は、低温・湿潤気象であった。1週間の州平均農作業稼動日数は2.8日であった。Adams郡、Lincoln郡の冬小麦の一部は緑色を呈しだし、休眠から覚め出した。これ等乾燥地帯では降雨の為殆どのSnow coverが解けだした。 Adams郡では春小麦の播種の為の圃場整備が開始されたが、降雨の為進捗は遅かった。Walla Walla郡でも春小麦の播種が開始されたが、降雨の為作業は中断した。Whitman郡も同様降雨の為農作業は殆ど進まなかった。冬小麦にとっては降雨は歓迎された。

土壌水分及び灌漑用状況 :2009年3月31日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2004,2005,2006,2007 and 2008
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil (%) 0 6 73 21
5-Yr Ave.(%) NA NA NA NA
Subsoil (%) 11 34 49 6
5-Yr Ave.(%) NA NA NA NA
Irrigation W.(%) 0 0 93 7
Irr. Water 5-Yr Ave NA NA NA NA
2009年産冬小麦の作柄状況:2009月3月31日現在
Source: Agricultural Statistics Service, USDA-Washington Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 12 15 22 38 13
Last week (%) NA NA NA NA NA
2008 年産ワシントン州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Washington 1,850 1,720 1,750 1,800 1,690 1,720
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Washington 66 64 56 118,800 108,160 96,320
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903
2008 年産ワシントン州 春小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2007 2008 2007 2008
Washington 450 600 447 615
USA 13,297 14,135 12,947 13,487
  Yield (bushels/acre) Production (1000 bushels)
Washington 46 37 20,562 22,755
USA 37 40.5 479,047 546,744

3 March, 2009

2009年3月1日現在概況

ワシントン州東部の2009年2月の気象状況は、気温は多少平年を上回り最高気温は40度F半ば、最低気温は30度F程度で推移し、曇天の日が多かったが降水量は極めて少なかった。Adams郡の1ヶ月の降水量は0.5〜0.8インチであり、小麦圃場は更に降水を必要とする状態であった。 Walla Walla郡では殆ど降雨を記録しなかった。Whitman郡も同様乾燥した1ヶ月であったが月末に多少の降雨と降雪があった。ワシントン東部では更に降雨を必要としていたが、Palouse地方では最高気温は40〜50度半ばとなった。Palouse地方の冬小麦の作柄は良好な状態を保った。

ワシントン州の2008年産冬小麦の作付及び収穫面積は2007年産より多少増加した。2008年産冬小麦の収穫面積は1,720,000 acres、単位収量は2007年産より8.0 bushels/acre減少し56.0 bushels/acreとなり、生産量は2007年産より11%減の96,320,000 bushelsであった。 春小麦の収穫量予想は、単収37.0 bushels/acre(2007年:46. bushels)と2007年産を大きく下回ったが、収穫面積が大幅に増加した為生産量は22,755,000 bushelsと2007年産を多少上回った。

2008年産冬小麦の品種を見ると、冬小麦の内Common White の品種が79%を占め、21%がHard Red Winterの品種であった。Common Soft White Winter (作付面積 :1,421,200 acres)の第1位の品種はEltanであり乾燥地帯(東中央)を中心に作付けられ、第2位のMadsenはPaluse地方に多い品種である。 第3位のStephensは主に乾燥地帯に作付られ、第4位はClearfield (ORCF101)でありPalouse地方に主に作付けられていた。Club Winter wheatの作付は2007年産より減少し、123,100 acresであった。品種はBruehlがClubの72.6%を占め、続いてChuckarであった。 Soft White Spring wheatの作付面積は298,700 acresであり、Top 3の品種はLouise (Soft White Springの51.9%)、Nick、Alpoaであり、この3品種でSoft White Common Springの作付面積の90.3%を占めた。Club のSpring wheatの作付面積は7,500 acresのみで2007年より減少した。品種はEdenであった。 2008年産Club wheat(winter及びspring)の作付面積は130,600 acres(2007年産Club:177,900 acres)でり、全Soft White Wheat (Common winter、Common spring、 Club)の作付面積(1,850,500 acres)に対し7.06%を占めるのみであった。

2008 年産ワシントン州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Washington 1,850 1,720 1,750 1,800 1,690 1,720
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Washington 66 64 56 118,800 108,160 96,320
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903
2008 年産ワシントン州 春小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2007 2008 2007 2008
Washington 450 600 447 615
USA 13,297 14,135 12,947 13,487
  Yield (bushels/acre) Production (1000 bushels)
Washington 46 37 20,562 22,755
USA 37 40.5 479,047 546,744

4 Febuary, 2009

2009年2月1日現在概況

ワシントン州東部の2009年1月の気象状況は、州中央東部の乾燥地帯では多少の降雪が有ったが慨して乾燥・低温気象であった。州東南部の気象は平年以上の気温で始まり、降雨の多い気象であった。Whitman郡では多少の降雪が有ったが、1月下旬に気温が上がり雪は殆ど解けてたが、冬小麦の作柄は状況と報告された。 Palouse地方の1ヶ月の降水量は1.05〜2.27インチであった。州東部中央の乾燥地帯の土壌水分は低く、小麦は水分を必要とした。乾燥地帯の冬小麦の作柄は平年以下と報告された。

ワシントン州の2008年産冬小麦の作付及び収穫面積は2007年産より多少増加した。2008年産冬小麦の収穫面積は1,720,000 acres、単位収量は2007年産より8.0 bushels/acre減少し56.0 bushels/acreとなり、生産量は2007年産より11%減の96,320,000 bushelsであった。 春小麦の収穫量予想は、単収37.0 bushels/acre(2007年:46. bushels)と2007年産を大きく下回ったが、収穫面積が大幅に増加した為生産量は22,755,000 bushelsと2007年産を多少上回った。

2008年産冬小麦の品種を見ると、冬小麦の内Common White の品種が79%を占め、21%がHard Red Winterの品種であった。Common Soft White Winter (作付面積 :1,421,200 acres)の第1位の品種はEltanであり乾燥地帯(東中央)を中心に作付けられ、第2位のMadsenはPaluse地方に多い品種である。 第3位のStephensは主に乾燥地帯に作付られ、第4位はClearfield (ORCF101)でありPalouse地方に主に作付けられていた。Club Winter wheatの作付は2007年産より減少し、123,100 acresであった。品種はBruehlがClubの72.6%を占め、続いてChuckarであった。 Soft White Spring wheatの作付面積は298,700 acresであり、Top 3の品種はLouise (Soft White Springの51.9%)、Nick、Alpoaであり、この3品種でSoft White Common Springの作付面積の90.3%を占めた。Club のSpring wheatの作付面積は7,500 acresのみで2007年より減少した。品種はEdenであった。 2008年産Club wheat(winter及びspring)の作付面積は130,600 acres(2007年産Club:177,900 acres)でり、全Soft White Wheat (Common winter、Common spring、 Club)の作付面積(1,850,500 acres)に対し7.06%を占めるのみであった。

2008 年産ワシントン州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Washington 1,850 1,720 1,750 1,800 1,690 1,720
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Washington 66 64 56 118,800 108,160 96,320
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903
2008 年産ワシントン州 春小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2007 2008 2007 2008
Washington 450 600 447 615
USA 13,297 14,135 12,947 13,487
  Yield (bushels/acre) Production (1000 bushels)
Washington 46 37 20,562 22,755
USA 37 40.5 479,047 546,744

7 January, 2009

2009年1月5日現在概況

ワシントン州東部の12月の気象状況は、中央東部の乾燥地帯では12月初めに極寒気象となり続いて降雪となった。Palouse地方は12月前半は平年並みの降雪を伴った穏やかな冬の気象であり、その後寒気象が襲った。Blue mountainsは平年以上の降雪量であった。東中央部の土壌水分は不足状態のまま冬季に入った。 12月末の冬小麦のSnow coverは十分な状況であった。土壌水分の発表は11月23日付けが最後で、12月末の土壌水分の詳細な報告は無かった。
ワシントン州の2008年産冬小麦の作付及び収穫面積は2007年産より多少増加した。2008年産冬小麦の収穫面積は1,720,000 acres、単位収量は2007年産より8.0 bushels/acre減少し56.0 bushels/acreとなり、生産量は2007年産より11%減の96,320,000 bushelsであった。 春小麦の収穫量予想は、単収37.0 bushels/acre(2007年:46. bushels)と2007年産を大きく下回ったが、収穫面積が大幅に増加した為生産量は22,755,000 bushelsと2007年産を多少上回った。

2008年産冬小麦の品種を見ると、冬小麦の内Common White の品種が79%を占め、21%がHard Red Winterの品種であった。Common Soft White Winter (作付面積 :1,421,200 acres)の第1位の品種はEltanであり乾燥地帯(東中央)を中心に作付けられ、第2位のMadsenはPaluse地方に多い品種である。 第3位のStephensは主に乾燥地帯に作付られ、第4位はClearfield (ORCF101)でありPalouse地方に主に作付けられていた。Club Winter wheatの作付は2007年産より減少し、123,100 acresであった。品種はBruehlがClubの72.6%を占め、続いてChuckarであった。 Soft White Spring wheatの作付面積は298,700 acresであり、Top 3の品種はLouise (Soft White Springの51.9%)、Nick、Alpoaであり、この3品種でSoft White Common Springの作付面積の90.3%を占めた。Club のSpring wheatの作付面積は7,500 acresのみで2007年より減少した。品種はEdenであった。 2008年産Club wheat(winter及びspring)の作付面積は130,600 acres(2007年産Club:177,900 acres)でり、全Soft White Wheat (Common winter、Common spring、 Club)の作付面積(1,850,500 acres)に対し7.06%を占めるのみであった。

壌水分及び灌漑用状況:2008年11月23日現在
Source: Agricultural Statistic Service, USDA-Washington field Office
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil (%) 9 15 46 10
Last week(%) 9 14 42 45
5-Yr Ave.(%) NA NA NA NA
Subsoil (%) 21 38 38 3
Las week (%) 26 33 37 4
5-Yr Ave.(%) NA NA NA NA
Irrigation W.(%) 0 1 96 2
Irr. Water 5-Yr Ave NA NA NA NA
2008 年産ワシントン州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Washington 1,850 1,720 1,750 1,800 1,690 1,720
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Washington 66 64 56 118,800 108,160 96,320
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903
2008 年産ワシントン州 春小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2007 2008 2007 2008
Washington 450 600 447 615
USA 13,297 14,135 12,947 13,487
  Yield (bushels/acre) Production (1000 bushels)
Washington 46 37 20,562 22,755
USA 37 40.5 479,047 546,744

18 November, 2008

2008年11月16日現在概況

ワシントン州東部の11月16日に終わる週の気象は、平年より温暖な多少降雨を伴う気象であった。東中央部の1週間の降水量は0.30〜0.63インチ、東南地区(Palouse地方)では0.44〜1.77(Pullman)インチの降水量であった。1週間の州平均農作業稼働日数は4.1日(前週:3.7日)であった。 州全体の土壌水分は改善したが、5年平均のレベルには達しなかった。Adams郡の降水量は0.3インチであり、小麦は更に水分を必要としていた。Walla Wall郡では週半ばに降雨が有ったが、充分ではなく農家は水分不足に因るストレスの激しい冬小麦圃場への再播種を検討し出した。 Whitman郡では多い個所で2.0インチの降雨があり、又温暖であったことより冬小麦の作柄は改善した。冬小麦の播種は全州にて完了し、播種圃場の81%(昨年:92%、5年平均:95%)にて出芽した。例年より出芽は遅れていた。出芽後の生育は多少前週より改善したが、例年より悪い状態であった。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年11月16日現在
Source: Agricultural Statistic Service, USDA-Washington field Office
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil (%) 9 14 42 45
Last week(%) 11 17 36 36
5-Yr Ave.(%) 5 17 60 18
Subsoil (%) 26 33 37 4
Las week (%) 25 42 31 2
5-Yr Ave.(%) 10 30 57 3
Irrigation W.(%) 0 1 97 2
Irr. Water 5-Yr Ave 3 6 90 1
2009年産冬小麦の生育状況:2008年11月16日現在
Source: Agricultural Statistics Service, USDA-Washington field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 100 99 100 100
Emerged(%) 81 75 92 95
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年11月16日現在
Source: Agricultural Statistics Service, USDA-Washington Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 7 25 44 24 0
Last week (%) 7 27 46 20 0

11 November, 2008

2008年11月9日現在概況

ワシントン州東部の11月9日に終わる週の気象は、降雨を伴った平年より高目の気温の気象であった。東中央部では1週間の降水量は0.47〜1.01インチ、東南地区(Palouse地方)では0.96〜1.59インチの降水量であった。 1週間の州平均農作業稼働日数は3.7日(前週:6.0日)であった。Lincoln郡では1.0インチの降水量を記録し、水分を必要としていた冬小麦に極めて有効であった。Walla Wall郡、Whitman郡では降水量は1インチ未満であったが、有効な降雨となった。 特に、Re-seededの圃場には適時の降雨となった。Walla Wall郡及びWhitman郡の海抜の低い地区の圃場では、Subsoilの水分は未だ低く、Re-seedingを行う為には更に降雨を必要とした。冬小麦の播種は全州の99%にて完了し、75%(昨年:90%、5年平均:93%)にて出芽したが、出芽は遅れていた。 各地で出芽後の生育も例年より悪く、又出芽しない圃場ではRe-seedingが行う農家が現れた。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年11月9日現在
Source: Agricultural Statistic Service, USDA-Washington field Office
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 11 17 36 36
Last week(%) 10 23 44 23
5-Yr Ave.(%) 6 20 62 12
Subsoil(%) 25 42 31 2
Las week (%) 21 47 31 1
5-Yr Ave.(%) 11 32 53 4
Irrigation W.(%) 1 3 95 1
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 92 1
2009年産冬小麦の生育状況:2008年11月9日現在
Source: Agricultural Statistics Service, USDA-Washington field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 99 98 100 100
Emerged(%) 75 71 90 93
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年11月9日現在
Source: Agricultural Statistics Service, USDA-Washington Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 7 27 46 20 0
Last week(%) 0 0 50 50 0

4 November, 2008

2008年11月2日現在概況

ワシントン州東部の11月2日に終わる週の気象は、平年より高目の気温の乾燥気象となった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.0日(前週:7.0日)であった。州東中央部、及び東南部では降雨は全く記録されず、土壌水分は例年より極めて悪い状態となった。 冬小麦の播種は全州の98%にて完了し、71%にて出芽したが、出芽は昨年及び5年平均より遅れていた。各地で出芽はVery Poorと報告され、出芽後の小麦には水分不足のストレスが現れていた。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年11月2日現在
Source: Agricultural Statistic Service, USDA-Washington field Office
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 10 23 44 23
Last week(%) 12 18 52 18
5-Yr Ave.(%) 7 22 64 7
Subsoil(%) 21 47 31 1
Las week(%) 28 40 31 1
5-Yr Ave.(%) 12 33 53 2
Irrigation W.(%) 1 8 90 1
Irr. Water 5-Yr Ave 3 6 90 1
2009年産冬小麦の生育状況:2008年11月2日現在
Source: Agricultural Statistics Service, USDA-Washington field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 98 94 100 99
Emerged(%) 71 70 88 87
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年11月2日現在
Source: Agricultural Statistics Service, USDA-Washington Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 0 0 50 50 0
Last week (%) NA NA NA NA NA

28 October, 2008

2008年10月26日現在概況

ワシントン州の10月中旬以降の気象は、多少平年より低目の気温の乾燥気象であった。10月19日現在2009年産冬小麦の播種は87%にて完了していたが、昨年並びに5年平均より遅れていた。土壌が乾燥しており播種を控え雨待ちの農家が多かった。10月26日に終わる週の気象も乾燥気象であり、農家は乾燥圃場へ播種を行った。 所謂"dust in"であった。1週間の州平均農作業稼働日数は7.0日(前週:6.5日)であった。Whitman郡の2009年産冬小麦の出芽後の生育は良くないと報告された。10月26日現在、播種は全州の94%にて完了した。出芽は播種圃場の70%(昨年:83%、5年平均:80%)であり、例年より遅れていた。 播種は昨年より1週間早2008年8月26日に終わる週に開始された。9月26日現在で4%の完了(昨年:0%、5年平均:2%)していた。その後順調に播種は進んだが気象は多少乾燥気味であった。2008年10月12日現在2009年産冬小麦の播種は概ね全州にて最終段階に入り、全州の90%にて終了していた。冬小麦は降雨を必要としていた。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年10月26日現在
Source: Agricultural Statistic Service, USDA-Washington field Office
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 12 18 52 18
Last week(%) 15 30 47 8
5-Yr Ave.(%) 7 21 65 7
Subsoil(%) 28 40 31 1
Las week (%) 20 43 36 1
5-Yr Ave.(%) 13 32 54 1
Irrigation W.(%) 0 5 94 1
Irr. Water 5-Yr Ave 3 6 91 0
2009年産冬小麦の生育状況:2008年10月26日現在
Source: Agricultural Statistics Service, USDA-Washington field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 94 87 97 98
Emerged(%) 70 62 83 80
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年10月26日現在
Source: Agricultural Statistics Service, USDA-Washington Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) NA NA NA NA NA
Last week(%) NA NA NA NA NA

14 October, 2008

2008年10月12日現在概況

ワシントン州の2009年産冬小麦播種は昨年より1週間早2008年8月26日に終わる週に開始された。9月26日現在で4%の完了(昨年:0%、5年平均:2%)していた。その後順調に播種は進んだが気象は多少乾燥気味であった。2008年10月12日現在2009年産冬小麦の播種は概ね全州にて最終段階に入り、全州の90%にて終了していた。 出芽は土壌の乾燥、1時期の低温気象等で平年より遅れ気味で、10月12日現在で全州の60%(昨年同期:70%、5年平均:68%)にて出芽であった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.0日(前週:5.3日)であった。今後の降雨が期待だれた。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年10月12日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 14 19 62 5
Aug 26(%) 18 19 43 0
5-Yr Ave.(%) 11 30 57 2
Subsoil(%) 26 37 37 0
Aug 26(%) 32 35 33 0
5-Yr Ave.(%) 12 39 49 0
Irrigation W.(%) 1 3 96 0
Irr. Water 5-Yr Ave 2 6 92 0
冬小麦の生育状況:2008年10月12日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 90 84 91 91
Emerged(%) 60 55 70 68
このページの先頭へ戻る

お問合せご利用について個人情報の取扱いについて 検査業務請負に係る一般契約条件(PDF 23K)サイトマップ

Copyright © 2005 Overseas Merchandise Inspection Co., Ltd. All Rights Reserved.