omic's logo

OMIC > OMIC Report > ワシントン州小麦作柄レポート

ワシントン州小麦作柄レポート

ワシントン州地図

2008年度産作柄レポート

9 September, 2008

2008年9月7日現在の気象及び作柄概況

2008年9月7日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、低温・快晴の気象となった。最高気温はEC地区では78〜81度F、SE地区では76〜84度Fと平年より低温となり、平均気温は平年を2〜6度F下回ったが、降雨の無い快晴の日が続いた。1週間の州平均農作業稼動日数は6.6日(前週:5.8日)となり小麦の収穫が捗った。 土壌水分は前週より低下した。冬小麦の収穫は全州の96%(前週:87%、5年平均:99%)にて完了し、春小麦は全州の83%(前週:67%、昨年:98%)が収穫された。春小麦の収穫は例年及び昨年より遅れていたが2週間以内に完了する見込みとなった。SC地区に於いて2009年産冬小麦の播種が進み全州播種予想面積の23%にて完了した(昨年同期:32%)。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、ワシントン州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より3.0 bushels/acre減少し59.0 bushels/acre(2007年実績:64.0 bushels/acre)となり、収穫予想面積は1,770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は104,430,000 bushels(2007年産実績:108,160,000 bushels)と昨年以下の予想となった。
Durum以外の2008年産春冬小麦の単位収量は、7月1日予想と同じ37.0 bushels/acre(2007年産実績:46.0 bushels/acre)、収穫予想面積615,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は22,755,000 bushels(2007年産実績:20,562,000 bushels)と予想された。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年9月7日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 17 36 47 0
5-Yr Ave. 26 35 37 2
Subsoil(%) 22 51 27 0
5-Yr Ave. 18 34 48 0
Irrigation W. 0 9 91 0
Irr. Water 5-Yr Ave 5 9 86 0
冬小麦の生育状況:2008年9月7日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Harvested(%) 96 87 100 99
春小麦の生育状況:2008年9月7日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Harvested(%) 83 67 98 98
ワシントン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
*Spring wheat other that Durum wheat
Wheat Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 1,690 1,770 64 62 59 108,160 104,430
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 447 615 46 37 37 20,562 22,755
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988

2 September, 2008

2008年8月31日現在の気象及び作柄概況

2008年8月31日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、前週に続き低温・湿潤気象となった。最高気温はEC地区では86〜88度F、SE地区では92〜95度Fであったが、最低気温は40〜50度Fであり、平均気温は平年を3〜6度F下回った。乾燥地帯のEC地区に於いて時々降雨が有り、1週間の降水量は0.3〜0.19インチ、Palouse地方では0.04〜0.33インチであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は5.8日(前週:5.2日)であった。土壌水分を改善する程の降水量ではなかったが、小麦の収穫には遅れが出た。Blue Mountain山麓とPalouse地方、Spokane郡等では夜間の低温と降雨の為小麦の収穫に遅れが出たが、週末になり天候が快復し収穫作業は再開された。冬小麦は全州の87%(前週:86%、5年平均:96%)が収穫され、春小麦は全州の67%(前週:56%、昨年:94%)が収穫された。 収穫は例年及び昨年より遅れていた。SC地区のLincoln郡では乾燥した圃場に2009年産冬小麦の播種が開始された。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、ワシントン州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より3.0 bushels/acre減少し59.0 bushels/acre(2007年実績:64.0 bushels/acre)となり、収穫予想面積は1,770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は104,430,000 bushels(2007年産実績:108,160,000 bushels)と昨年以下の予想となった。
Durum以外の2008年産春冬小麦の単位収量は、7月1日予想と同じ37.0 bushels/acre(2007年産実績:46.0 bushels/acre)、収穫予想面積615,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は22,755,000 bushels(2007年産実績:20,562,000 bushels)と予想された。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年8月31日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 12 16 51 1
5-Yr Ave. 27 34 39 2
Subsoil(%) 12 53 35 0
5-Yr Ave. 20 34 46 0
Irrigation W. 0 6 93 1
Irr. Water 5-Yr Ave 6 7 87 0
冬小麦の生育状況:2008年8月31日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Harvested(%) 87 86 98 96
春小麦の生育状況:2008年8月31日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Harvested(%) 67 56 94 93
ワシントン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
*Spring wheat other that Durum wheat
Wheat Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 1,690 1,770 64 62 59 108,160 104,430
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 447 615 46 37 37 20,562 22,755
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988

26 August, 2008

2008年8月24日現在の気象及び作柄概況

2008年8月24日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、平年以下の気温の湿潤気象となった。各地で100度Fを越える気温を記録したが最低気温は42〜52度Fであり、平均気温は平年を1〜4度F下回った。1週間の降水量は0.25〜1.12インチ(Pullman)であった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.2日(前週:6.9日)となり、小麦の収穫は中断された。 土壌水分と灌漑用水の状況は改善した。Steven郡では1.5インチの降水量を記録し、気温も急激に下がり収穫作業は殆ど進まなかった。Whitman郡も1インチ以上の降雨があり、圃場に残った冬小麦に品位が心配された。Adams郡、Lincoln郡では冬小麦の収穫は略終了したが、春小麦の収穫作業は降雨の為中断し、発芽粒の発生が心配された。Spokane郡の冬小麦の単収は平年以下と報告された。 冬小麦は全州の86%(昨年:95%、5年平均:90%)が収穫された。春小麦は全州の56%(昨年:85%、5年平均:83%)が収穫された。春小麦は降雨の為殆ど収穫が進まなかった。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、ワシントン州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より3.0 bushels/acre減少し59.0 bushels/acre(2007年実績:64.0 bushels/acre)となり、収穫予想面積は1,770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は104,430,000 bushels(2007年産実績:108,160,000 bushels)と昨年以下の予想となった。
Durum以外の2008年産春冬小麦の単位収量は、7月1日予想と同じ37.0 bushels/acre(2007年産実績:46.0 bushels/acre)、収穫予想面積615,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は22,755,000 bushels(2007年産実績:20,562,000 bushels)と予想された。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 9 35 39 17
5-Yr Ave. 25 35 39 1
Subsoil(%) 18 48 34 0
5-Yr Ave. 20 36 44 0
Irrigation W. 0 9 90 0
Irr. Water 5-Yr Ave 5 8 87 0
冬小麦の生育状況:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Harvested(%) 86 68 95 90
春小麦の生育状況:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Harvested(%) 56 51 85 83
ワシントン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
*Spring wheat other that Durum wheat
Wheat Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 1,690 1,770 64 62 59 108,160 104,430
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 447 615 46 37 37 20,562 22,755
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988

19 August, 2008

2008年8月17日現在の気象及び作柄概況

2008年8月17日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、各地で100度Fを越える高温・乾燥気象となった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.9日(前週:6.6日)であり、小麦の収穫作業が進んだ。Asotin郡の海抜の高い地域へと収穫が進んだ。Lincoln郡では収穫は略完了した。Spokane郡の冬小麦は週末の高温で急速に完熟し収穫が進んだ。 Walla Wall郡の冬並びに春小麦の収穫は最終段階となった。各地の小麦の単収は平年並みか多少平年を下回っているとの報告であった。高温で小麦の完熟が早まり収穫が進んだが、冬小麦は10日〜2週間、春小麦は1週間程昨年並びに5年平均より遅い進展であった。冬小麦は全州の68%(昨年:88%、5年平均:81%)が収穫された。春小麦は全州の51%(昨年:70%、5年平均:67%)が収穫された。 春小麦は高温・乾燥気象で作柄評価を前週より落とした。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、ワシントン州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より3.0 bushels/acre減少し59.0 bushels/acre(2007年実績:64.0 bushels/acre)となり、収穫予想面積は1,770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は104,430,000 bushels(2007年産実績:108,160,000 bushels)と昨年以下の予想となった。
Durum以外の2008年産春冬小麦の単位収量は、7月1日予想と同じ37.0 bushels/acre(2007年産実績:46.0 bushels/acre)、収穫予想面積615,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は22,755,000 bushels(2007年産実績:20,562,000 bushels)と予想された。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 25 44 31 0
5-Yr Ave. 26 34 40 0
Subsoil(%) 22 55 23 0
5-Yr Ave. 18 36 46 0
Irrigation W. 0 6 94 0
Irr. Water 5-Yr Ave 6 9 85 0
冬小麦の生育状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Harvested(%) 68 60 88 81
春小麦の生育状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Harvested(%) 51 30 70 67
春小麦の作柄状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 13 38 45 4 0
Irrigated land(%) 0 0 25 67 7
ワシントン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
*Spring wheat other that Durum wheat
Wheat Area Harvested
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 1,690 1,770 64 62 59 108,160 104,430
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 447 615 46 37 37 20,562 22,755
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988

12 August, 2008

2008年8月10日現在の気象及び作柄概況

2008年8月10日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、高温にて推移し週末に雷雨の発生が発生、不安定な気象となった。EC地区の最高気温92〜102度F、8月9日、10日に降雨があった。Palouse地方(SE地区)の最高気温は98〜100度Fとなり、Pullmanでは今期最も暑い週となった。週末に激しい雷雨があり、所により大きな雹が降った。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.6日(前週:6.8日)であった。Spokane郡では8月7日に激しい雷雨が有り、9日、10日は収穫作業が行われなかった。Walla Walla郡にても週末に短時間で有ったが激しい雷雨と所により雹が降った。小麦の収穫は最終段階であり荒れた天候による被害は報告されなかった。冬小麦の単収は平年並みから平年より10〜20%減の報告もった。 Whitman郡の冬小麦の収穫は郡の2/3に当る東部斜面にて遅れていた。同地区の春小麦は未だ登熟中であった。冬小麦の単収は平年並みか多少平年以下と報告された。各地で2009年産冬小麦の播種の為、圃場整備が開始されたが、播種は雨待ちの状態であった。冬小麦は全州の60%(昨年:77%、5年平均:67%)が収穫された。春小麦は全州の30%(昨年:50%、5年平均:46%)が収穫された。 冬小麦及び春小麦の作柄は前週と比較し殆ど変化が無かった。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、ワシントン州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より3.0 bushels/acre減少し59.0 bushels/acre(2007年実績:64.0 bushels/acre)となり、収穫予想面積は1,770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は104,430,000 bushels(2007年産実績:108,160,000 bushels)と昨年以下の予想となった。
Durum以外の2008年産春冬小麦の単位収量は、7月1日予想と同じ37.0 bushels/acre(2007年産実績:46.0 bushels/acre)、収穫予想面積615,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は22,755,000 bushels(2007年産実績:20,562,000 bushels)と予想された。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 23 35 42 0
5-Yr Ave. 26 33 41 0
Subsoil(%) 18 48 34 0
5-Yr Ave. 18 35 47 0
Irrigation W. 0 6 94 0
Irr. Water 5-Yr Ave 5 8 87 0
冬小麦の生育状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Harvested(%) 60 42 77 67
冬小麦の作柄状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 6 19 35 38 2
Irrigated land(%) 0 4 9 78 8
春小麦の生育状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Harvested(%) 30 10 50 46
春小麦の作柄状況:2008年8月10日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 6 33 49 12 0
Irrigated land(%) 0 0 20 72 8
ワシントン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
*Spring wheat other that Durum wheat
Wheat Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 1,690 1,770 64 62 59 108,160 104,430
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 447 615 46 37 37 20,562 22,755
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988

5 August, 2008

2008年8月3日現在の気象及び作柄概況

2008年8月3日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、平年より低い気温の乾燥気象となった。EC地区の最高気温は83〜85度Fで7月後半の気温としては"Cool"であった。降雨は記録されなかった。Palouse地方(SE地区)の最高気温は86〜93度Fであり、平均気温は平年を5〜9度F下回った。降雨は記録されなかった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.8日(前週:7.0日)であった。Adams郡の冬小麦の収穫は進んだが単収は平年より極めて低いとの報告であった。Lincoln郡の冬小麦の単収も期待以下であり、又春小麦の単収は更に悪い見込みであった。Walla Wall郡の冬小麦の収穫は最終段階であり、単収は平年並みか多少平年より良いが、春小麦の単収は平年以下との報告。 Whitman郡西部での冬小麦の収穫は最盛期となったが、東部の収穫は未だ開始さていない。冬小麦は全州の42%(昨年:52%、5年平均:46%)が収穫された。春小麦は全州の10%(昨年30%、5年平均:26%)が収穫された。冬小麦の作柄は前週より落ちたが、春小麦は"Fair"が減り"Good"の評価が多少増えた。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、ワシントン州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より3.0 bushels/acre減少し59.0 bushels/acre(2007年実績:64.0 bushels/acre)となり、収穫予想面積は1,770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は104,430,000 bushels(2007年産実績:108,160,000 bushels)と昨年以下の予想となった。
Durum以外の2008年産春冬小麦の単位収量は、7月1日予想と同じ37.0 bushels/acre(2007年産実績:46.0 bushels/acre)、収穫予想面積615,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量は22,755,000 bushels(2007年産実績:20,562,000 bushels)と予想された。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 21 32 47 0
5-Yr Ave. 25 37 38 1
Subsoil(%) 16 51 33 0
5-Yr Ave. 15 35 50 0
Irrigation W. 0 3 97 0
Irr. Water 5-Yr Ave 4 8 88 0
冬小麦の生育状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Harvested(%) 42 18 52 46
冬小麦の作柄状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 11 17 35 34 3
Irrigated land(%) 0 2 24 67 7
春小麦の生育状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Harvested(%) 10 3 30 26
春小麦の作柄状況:2008年8月3日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 6 33 49 12 0
Irrigated land(%) 0 0 10 78 12
ワシントン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
Wheat Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 1,690 1,770 64 62 59 108,160 104,430
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 447 615 46 37 37 20,562 22,755
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988
*Spring wheat other that Durum wheat

29 July, 2008

2008年7月27日現在の気象及び作柄概況

2008年7月27日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、降雨の無い乾燥・高温気象が続いた。1週間の州平均農作業稼動日数は7.0日(前週:7.0日)であった。最高気温はEC地区では92〜96度F、SE地区では89(Pullman)〜101度Fであった。Palusu地方では夜間の温度が落ち平均気温は平年を1〜3度F平年を下回った。 冬小麦の成熟は例年より遅れていたが、SE地区の乾燥地帯での冬小麦の収穫が最盛期に入った。Adams郡の冬小麦の単収は平年より10〜15%程低いとの報告であった。Lincoln郡の冬小麦の収穫が全域で始まったが、単収は平年以下と報告された。Walla Walla郡では冬小麦の単収は良いとの報告であった。春小麦の収穫がEC地区にて開始された。 冬小麦は全州の18%(昨年:33%、5年平均:25%)が収穫された。春小麦は全州の3%(昨年12%、5年平均:9%)が収穫された。冬小麦及び春小麦共に乾燥・高温続きで作柄を落とし、特に春小麦の作柄が悪化した。
USDAは7月11日に7月1日付けの2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、ワシントン州の冬小麦の単位収量は6月1日予想より1.0 bushels/acre減少し62.0 bushels/acre(2007年実績:64.0 bushels/acre)、収穫予想面積は1,770,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は109,740,000 bushels(2007年産実績:108,160,000 bushels)であった。
Durum以外の2008年産春冬小麦の単位収量は37.0 bushels/acre(2007年産実績:46.0 bushels/acre)、収穫予想面積615,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は作付面積の増加で2007年産より約1割増の22,755,000 bushels(2007年産実績:20,562,000 bushels)であった。春小麦の単位収量は2007年の単収の2割減の予想であった。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 15 47 38 0
5-Yr Ave. 22 35 42 1
Subsoil(%) 10 55 35 0
5-Yr Ave. 13 14 52 0
Irrigation W. 0 5 95 0
Irr. Water 5-Yr Ave 3 8 89 0
冬小麦の生育状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office. 5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Harvested(%) 18 7 33 25
冬小麦の作柄状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 6 16 41 36 1
Irrigated land(%) 0 0 30 70 0
春小麦の生育状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Harvested(%) 3 NA 12 9
春小麦の作柄状況:2008年7月27日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 7 37 48 8 0
Irrigated land(%) 0 0 19 81 0
ワシントン州2008年産小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
Spring wheat other that Durum wheat
Wheat Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Winter W 1,690 1,770 64 63 62 108,160 109,740
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364
Spring W 447 615 46 - 37 20,562 22,755
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

22 July, 2008

2008年7月20日現在の気象及び作柄概況

2008年7月20日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、高温・乾燥気象となった。1週間の州平均農作業稼動日数は7.0日(前週:7.0日)であった。降雨は3週続いてゼロであった。最高気温はEC地区では93〜96度F、SE地区では96〜101度F(Pullmanでは90度F)であった。冬小麦の成熟は例年より遅れているが、此処に来て急速に完熟した。 Adams郡、Lincoln郡の南西部では収穫が最盛期に入った。Lincoln郡にて収穫された冬小麦には萎縮粒が多く、単収は例年以下と報告された。Walla Walla郡の西部にて冬小麦の収穫が開始された。単収は例年より低い模様。Whitman郡の一部で冬小麦の収穫が始まった。単収はNormalとの報告であった。冬小麦は全州の7%が収穫された。春小麦の収穫は未だ開始されなかった。 冬小麦及び春小麦共に乾燥・高温続きで作柄を落とした
USDAは7月11日に7月1日付けの2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、ワシントン州の冬小麦の単位収量は6月1日予想より1.0 bushels/acre減少し62.0 bushels/acre(2007年実績:64.0 bushels/acre)、収穫予想面積は1,770,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は109,740,000 bushels(2007年産実績:108,160,000 bushels)であった。
Durum以外の2008年産春冬小麦の単位収量は37.0 bushels/acre(2007年産実績:46.0 bushels/acre)、収穫予想面積615,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は作付面積の増加で2007年産より約1割増の22,755,000 bushels(2007年産実績:20,562,000 bushels)であった。春小麦の単位収量は2007年の単収の2割減の予想であった。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 14 42 44 0
5-Yr Ave. 18 33 48 1
Subsoil(%) 11 48 41 0
5-Yr Ave. 12 34 54 0
Irrigation W. 0 4 96 0
Irr. Water 5-Yr Ave 2 6 92 0
冬小麦の生育状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Harvested(%) 7 4 15 11
冬小麦の作柄状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 4 14 44 35 3
Irrigated land(%) 0 5 11 71 13
春小麦の生育状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Headed(%) 100 93 100 100
Harvested(%) NA NA 2 2
春小麦の作柄状況:2008年7月20日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 5 24 55 16 0
Irrigated land(%) 0 0 17 68 15
ワシントン州2008年産小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
Spring wheat other that Durum wheat
Wheat Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Winter W 1,690 1,770 64 63 62 108,160 109,740
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364
Spring W 447 615 46 - 37 20,562 22,755
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

15 July, 2008

2008年7月13日現在の気象及び作柄概況

2008年7月13日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、温暖・乾燥気象となった。1週間の州平均農作業稼動日数は7.0日(前週:7.0日)であった。2週続いて降雨ゼロが続いたことより、冬小麦は急激に完熟した。最高気温は前週より落ち、EC地区の最高気温は92〜98度F、平均気温は平年以下であった。 Palouse地方の最高気温は89〜99度Fで平均気温は平年並みか平年を2〜3度F下回った。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は更に減少し、5年平均以下の水準が続いた。冬小麦の収穫がLincoln郡の乾燥地、Walla Walla郡の北部にて開始されたが、収穫が最盛となるのは10〜14日先と報告された。春小麦は93%が出穂し登熟中であった。 冬小麦及び春小麦は乾燥気象の為作柄を急激に落とした。特に春小麦の作柄が悪化した
USDAは7月11日に7月1日付けの2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、ワシントン州の冬小麦の単位収量は6月1日予想より1.0 bushels/acre減少し62.0 bushels/acre(2007年実績:64.0 bushels/acre)、収穫予想面積は1,770,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は109,740,000 bushels(2007年産実績:108,160,000 bushels)であった。
Durum以外の2008年産春冬小麦の単位収量は37.0 bushels/acre(2007年産実績:46.0 bushels/acre)、収穫予想面積615,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は作付面積の増加で2007年産より約1割増の22,755,000 bushels(2007年産実績:20,562,000 bushels)であった。春小麦の単位収量は2007年の単収の2割減の予想であった。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 12 40 48 0
5-Yr Ave. 13 34 53 1
Subsoil(%) 7 49 44 0
5-Yr Ave. 9 35 56 0
Irrigation W. 0 1 99 0
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 93 0
冬小麦の生育状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Harvested(%) 4 NA 5 4
冬小麦の作柄状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 4 12 37 45 2
Irrigated land(%) 0 4 9 76 11
春小麦の生育状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Headed(%) 93 84 99 98
春小麦の作柄状況:2008年7月13日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 6 28 49 17 0
Irrigated land(%) 0 0 15 71 0
ワシントン州2008年産小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
Spring wheat other that Durum wheat
Wheat Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Winter W 1,690 1,770 64 63 62 108,160 109,740
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364
Spring W 447 615 46 - 37 20,562 22,755
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

8 July, 2008

2008年7月6日現在の気象及び作柄概況

2008年7月6日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、前週より気温が上がり高温・乾燥気象となった。EC地区の最高気温は100〜103度F、最低気温は51〜58度Fとなり、平均気温は平年を6〜11度F上回った。SE地区の最高気温は94〜107度Fとなり、平均気温は平年を7〜9度F程上回った。 Palouse地方にて雷雨が発生し0.18〜0.38インチの降水をもたらした。1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:7.0日)となった。Topsoilの土壌水分は前週より減少し、5年平均並みとなった。Subsoilの土壌水分も減少し、平年以下の水準となった。冬小麦は100%出穂し急速に登熟した。 7月6日現在収穫は未だ開始されていないがAdams郡及びLincoln郡の冬小麦は略完熟し収穫直前であった。Walla Walla郡の冬小麦は7月14日頃の収穫開始と予想された。昨年より1週間以上の遅れと言える。春小麦は84%(昨年同期:93%、5年平均:94%)が出穂した。高温・乾燥気象により冬小麦及び春小麦の作柄は急速に悪化した。灌漑圃場の小麦は作柄が改善した。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 6 37 57 0
5-Yr Ave. 10 32 57 1
Subsoil(%) 9 39 52 0
5-Yr Ave. 7 34 59 0
Irrigation W. 0 2 98 0
Irr. Water 5-Yr Ave 1 4 94 1
冬小麦の生育状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 100 97 100 100
Harvested(%) NA NA 1 3
冬小麦の作柄状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 6 14 39 38 3
Irrigated land(%) 0 3 16 74 7
春小麦の生育状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Headed(%) 84 64 93 94
春小麦の作柄状況:2008年7月6日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 6 20 54 20 0
Irrigated land(%) 0 0 26 67 7

USDAは2008年6月30日付けにて2008年産小麦の作付面積と収穫予想面積を発表した。それによるとワシントン州の2008年産冬小麦の作付面積は2007年産より多少増加し、1,800,000 acres (2007年産:1,720,00 acres)であった。2008年産春小麦の作付面積は2007年産の約4割増の620,000 acresであった。詳細は下の通り。

2008年産ワシントン州の小麦の作付面積及び収穫予想面積:2008年6月30日付けUSDA発表
*Forecasted
** Spring wheat other that Durum wheat
Kind of Wheat Planted Area
1000 acres
Harvested Area
1000 acres
2007 2008 08/07 % 2007 2008*
Winter
WA
1,720 1,800 104.70% 1,690 1,770
USA 44,987 46,605 103.60% 35,952 40,252
Spring**
WA
450 620 137.80% 447 615
USA 13,297 14,197 106.80% 12,947 13,751

1 July, 2008

2008年6月29日現在の気象及び作柄概況

2008年6月29日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、高温・乾燥気象となった。EC地区の最高気温は94〜103度F、最低気温は42〜51度Fとなり、平均気温は平年並みが多少それを上回った。SE地区の最高気温は95〜105度Fとなり、平均気温は平年を2度F程上回った。 両地区共に降雨は記録されなかった。1週間の州平均農作業稼動日数は7.0日(前週:6.6日)となった。土壌水分は"Surplus"と"Short"が減少し、全体として前週より改善した。Lincoln郡やAdams郡の冬小麦は気温の上昇により、順調に登熟した。Wall Wall郡の冬小麦は良好と報告された。 6月29日現在、冬小麦は97%(昨年:99%、5年平均:99%)が出穂し、春小麦は全体の64%(昨年:77%、5年平均:84%)が出穂した。冬小麦及び春小麦の作柄は気温の上昇により前週より幾分改善した。
USDAは2008年6月30日付けにて2008年産小麦の作付面積と収穫予想面積を発表した。それによるとワシントン州の2008年産冬小麦の作付面積は2007年産より多少増加し、1,800,000 acres (2007年産:1,720,00 acres)であった。2008年産春小麦の作付面積は2007年産の約4割増の620,000 acresであった。詳細は別表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 4 26 69 1
5-Yr Ave. 6 31 61 2
Subsoil(%) 3 30 67 0
5-Yr Ave. 6 30 64 0
Irrigation W. 0 2 97 1
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 92 1
冬小麦の生育状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 97 91 99 99
冬小麦の作柄状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land 5 12 29 50 4
Irrigated land(%) 0 5 15 76 4
春小麦の生育状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Headed(%) 64 51 77 84
春小麦の作柄状況:2008年6月29日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 4 14 52 30 0
Irrigated land(%) 0 4 30 65 1

ワシントン州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるワシントン州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想と同じ63.0 bushels/acre(昨年実績:64.0bushels/acre)であり、収穫予想面積が昨年より増加した為、生産量予想は昨年より幾分多い108,360,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Washington 1,690 1,720 64 63 63 108,160 108,360
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364
2008年産ワシントン州の小麦の作付面積及び収穫予想面積:2008年6月30日付けUSDA発表
*Forecasted
** Spring wheat other that Durum wheat
Kind of Wheat Planted Area
1000 acres
Harvested Area
1000 acres
2007 2008 08/07 % 2007 2008*
Winter
WA
1,720 1,800 104.70% 1,690 1,770
USA 44,987 46,605 103.60% 35,952 40,252
Spring**
WA
450 620 137.80% 447 615
USA 13,297 14,197 106.80% 12,947 13,751

24 June, 2008

2008年6月22日現在の気象及び作柄概況

2008年6月22日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、夏らしい温暖・乾燥気象となった。EC地区の最高気温は88〜92度F、最低気温は45〜48度Fとなり略平年並みの気温となった。Ritzvilleにて0.18インチの降雨(雷雨)を週末に記録したが、他の観測所では降雨は記録されなかった。 SE地区の気温も上昇し最高気温は89〜92度F、最低気温は41〜47度Fとなった。平均気温は略平年並みか平年を2度程上回った。1週間の降水量は0.10〜0.23インチであった。Whitman郡の6月の降水量は平年並みとなった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.6日(前週:4.9日)となった。土壌水分は前週より減少した。 EC地区では乾燥状態が続き、Lincoln郡の一部の圃場の冬小麦に今後の降雨でも快復が望めないケースも出現した。Wall Wall郡の冬小麦は澱粉蓄積の段階に入り、生育状況は良好と報告された。6月15日現在、冬小麦は91%(昨年:95%、5年平均:96%)が出穂し、春小麦は全体の51%(昨年:60%、5年平均:65%)が出穂した。 登熟期の冬小麦の作柄は気温の上昇により前週より改善した。春小麦の作柄は前週から殆ど変化がなかった。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 4 25 67 4
5-Yr Ave. 4 24 69 3
Subsoil(%) 7 36 57 0
5-Yr Ave. 5 26 69 0
Irrigation W. 0 0 95 5
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 92 1
冬小麦の生育状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 91 74 95 96
冬小麦の作柄状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 4 13 37 42 4
Irrigated land(%) 0 2 8 79 11
春小麦の生育状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Emerged(%) 100 99 100 100
Headed(%) 51 21 60 65
春小麦の作柄状況:2008年6月22日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 4 16 56 24 0
Irrigated land(%) 0 3 13 68 16

ワシントン州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるワシントン州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想と同じ63.0 bushels/acre(昨年実績:64.0bushels/acre)であり、収穫予想面積が昨年より増加した為、生産量予想は昨年より幾分多い108,360,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Washington 1,690 1,720 64 63 63 108,160 108,360
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

17 June, 2008

2008年6月15日現在の気象及び作柄概況

2008年6月15日に終わる1週間のワシントン州東中央部(EC)から東南部(SE)の気象は、冷涼・湿潤気象が続いた。EC地区の最高気温は78〜83度F、最低気温は36〜43度Fで平均気温は平年を3〜8度F下回った。SE地区の最高気温は75〜83度F、最低気温は34〜42度Fで平均気温は平年を5〜6度F下回った。 前週より最高気温は上がったが、平年より低い気温で推移した。Whitman郡では降雪が有り、出穂した小麦が一部にて倒伏した。1週間の降水量はEC地区で0.10〜0.22インチ、SE地区では0.2〜0.71インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は4.9日(前週:6.2日)となった。各地で降雨が記録されたが、土壌水分は前週より減少した。 Lincoln群では乾燥気象となり冬小麦の旱害の恐れが続いた。SE地区では6月11日に低気圧が通過し、各地に纏った降雨があった。Wall Wall郡及びWhitman郡の丘陵地帯では0.05〜1.5インチの降雪となった。Wall Wall郡の冬小麦の生育は低温の為遅れていたが、概して作柄は良好との報告であった。 6月15日現在、冬小麦は74%(昨年:86%、5年平均:89%)が出穂し、春小麦は99が出芽し、全体の21%(昨年:42%、5年平均:46%)が出穂した。冬小麦の及び春小麦の作柄は前週より多少評価が落ちた。今後の順調な生育の為に気温の上昇が望まれた。

USDAの6月1日付け2008年産冬小麦の生産量予想では、ワシントン産冬小麦の単位収量は5月1日予想と同じ63.0 bushels/acre (昨年実績:64.0 bushel/acre)であった。昨年秋の土壌水分不足からの作付の遅れと、今年に入っての天候不順と土壌水分不足による生育の遅れが昨年より多少単収予想を下げる結果となった。 生産量予想は今期の収穫予想面積が昨年より増加した結果昨年より多少多い108,360,000ブッシェル(昨年:108,160,000ブッシェル)であった。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 4 18 72 6
5-Yr Ave. 2 19 76 3
Subsoil(%) 7 33 60 0
5-Yr Ave. 4 22 73 1
Irrigation W. 0 0 95 5
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 92 1
冬小麦の生育状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 74 59 86 89
冬小麦の作柄状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 4 13 40 40 3
Irrigated land(%) 0 2 11 73 14
春小麦の生育状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Emerged(%) 99 98 100 100
Headed(%) 21 7 42 46
春小麦の作柄状況:2008年6月15日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 4 16 55 25 0
Irrigated land(%) 0 4 16 63 18

ワシントン州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるワシントン州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想と同じ63.0 bushels/acre(昨年実績:64.0bushels/acre)であり、収穫予想面積が昨年より増加した為、生産量予想は昨年より幾分多い108,360,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Washington 1,690 1,720 64 63 63 108,160 108,360
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

10 June, 2008

2008年6月8日現在の気象及び作柄概況

2008年6月8日に終わる1週間のワシントン州東中央部から東南部の気象は、Cool &Wet気象となった。州東部各地の平均気温は平年を6〜10度F下回った。EC地区の最高気温端73〜75度F、SE地区の最高気温は65〜78度Fであった。例年であれば80度Fの後半となる。 各地で季節外れの低温が記録された。1週間の降水量はEC地区で0.11〜0.40インチ(通常0.00インチ地帯)、SE地区では0.28〜0.59インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は4.9日(前週:6.2日)となった。土壌水分は前週より改善した。 Topsoilの水分は平年並みとなったが、Subsoil水分は平年以下の状態が続いた。乾燥地帯であるAdams及びLincoln郡の冬小麦並びに春小麦は、驟雨と低温気象にて旱魃のストレスを可也解消した。 SE地区の小麦もこの時期の降雨は水分不足の一時的な助けとなったが、低温は小麦の生育を遅らせる結果となった。 6月8日現在、冬小麦は59%(昨年:79%、5年平均:77%)が出穂した。春小麦は98%が出芽し、全体の7%(昨年:32%、5年平均:31%)が出穂した。小麦の生育は例年より遅れていた。冬小麦の作柄は"Poor"の評価が前週より減少した。春小麦の作柄は降雨で大いに改善した。今後の順調な生育の為に気温の上昇が望まれた。

USDAの6月1日付け2008年産冬小麦の生産量予想では、ワシントン産冬小麦の単位収量は5月1日予想と同じ63.0 bushels/acre (昨年実績:64.0 bushel/acre)であった。昨年秋の土壌水分不足からの作付の遅れと、今年に入っての天候不順と土壌水分不足による生育の遅れが昨年より多少単収予想を下げる結果となった。 生産量予想は今期の収穫予想面積が昨年より増加した結果昨年より多少多い108,360,000ブッシェル(昨年:108,160,000ブッシェル)であった。詳細は下表の通り。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 4 16 77 3
5-Yr Ave. 3 20 73 4
Subsoil(%) 7 32 60 1
5-Yr Ave. 5 22 71 2
Irrigation W. 0 0 93 7
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 91 2
冬小麦の生育状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 59 44 79 77
冬小麦の作柄状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 4 10 35 46 5
Irrigated land(%) 0 1 8 78 13
春小麦の生育状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Emerged(%) 98 97 100 100
Headed(%) 7 3 32 31
春小麦の作柄状況:2008年6月8日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 2 12 54 31 1
Irrigated land(%) 0 5 16 63 16

ワシントン州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるワシントン州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想と同じ63.0 bushels/acre(昨年実績:64.0bushels/acre)であり、収穫予想面積が昨年より増加した為、生産量予想は昨年より幾分多い108,360,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Washington 1,690 1,720 64 63 63 108,160 108,360
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

3 June, 2008

2008年6月1日現在の気象及び作柄概況

2008年6月1日に終わる1週間のワシントン州東中央部から東南部の気象は、今週もShowersを伴った温暖な気象となった。乾燥地帯っであるEC地区の平均気温は平年を4〜6度F上回り、SE地区の平均気温も平年を2〜6度F上回った。 Ritzville観測所では0.04インチ降水量を記録し、Walla Wallaでは0.47インチを記録した。Whitman郡の1部では2時間で1.5インチの降雨があり表土の流失が発生した。1週間の州平均農作業稼動日数は6.2日(前週:6.2日)であった。 土壌水分は前週より多少減少した。Adams及びLincoln郡の冬小麦並びに春小麦は旱魃のストレスを示し出した。一方、一時的に纏った降雨の有ったSE地区(Palouse地方)の冬小麦は順調な生長を示した。Spokane郡の小麦は温暖な気温となり順調な生育を示した。 6月1日現在、冬小麦は全圃場の44%(昨年:58%、5年平均:55%)にて出穂した。春小麦は97%にて出芽し、全体の3%にて出穂した。春小麦の出穂は例年より遅れていた。冬小麦並びに春小麦の作柄はPalouse地方では改善し、乾燥地帯の小麦の評価は前週より多少落ちた。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 5 24 66 5
5-Yr Ave. 2 16 76 6
Subsoil(%) 9 34 56 1
5-Yr Ave. 5 19 74 2
Irrigation W. 0 0 99 1
Irr. Water 5-Yr Ave 3 4 92 1
冬小麦の生育状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 44 18 58 55
冬小麦の作柄状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 3 10 43 40 4
Irrigated land(%) 0 2 12 83 3
春小麦の生育状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Emerged (%) 97 89 99 99
Headed (%) 3 0 16 16
春小麦の作柄状況:2008年6月1日
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 2 14 58 25 1
Irrigated land(%) 0 8 24 61 7

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

27 May, 2008

2008年5月24日現在の気象及び作柄概況

2008年5月24日に終わる1週間のワシントン州東中央部から東南部の気象は、Showersを伴った温暖な気象であった。乾燥地帯であるEC地区の最高気温は84〜86度F、最低気温は36〜47度Fで平均気温は平年を2〜4度F上回った。 1週間の降水量は0.09〜0.28インチであった。SE地区の最高気温はPullmanでは79度Fであったが、他の観測所では87〜93度Fとなった。Pullmanを含め平均気温は平年を1〜4度F上回った。1週間の降水量は0.61〜0.70インチであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.2日(前週:6.1日)であった。土壌水分は前週より改善したが、平年より低い状態が続いた。Lincoln郡の春小麦及び冬小麦は、少ない降雨ではあったが乾燥からのストレスが和らいだ。 但し、小麦は更に降雨を必要としていた。Walla Wall郡及びWhitman郡を始めとするPalouse地方の冬小麦は、今週の雨で可也ストレスから快復した。この雨は同時に出芽したばかりの春小麦の生育に極めて効果的でった。Whitman郡の冬小麦も出穂を開始した。 5月24日現在、冬小麦は全圃場の18%(昨年:34%、5年平均:33%)にて出穂した。冬小麦出穂は昨年並びに5年平均より遅れていた。春小麦の播種は全州にて完了し、播種圃場の89%にて出芽した。出芽のペースは昨年より約1週間遅れであった。 春小麦で出穂した報告は無かった(昨年同期:2%出穂)。冬小麦並びに春小麦の作柄は前週より改善し"Excellent"の評価が増加した。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年5月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 4 19 71 6
5-Yr Ave. 2 16 77 5
Subsoil(%) 7 28 64 1
5-Yr Ave. 5 21 72 2
Irrigation W. 0 0 91 9
Irr. Water 5-Yr Ave 2 4 93 1
冬小麦の生育状況:2008年5月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 18 6 34 33
冬小麦の作柄状況:2008年5月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 4 11 38 42 5
Irrigated land(%) 0 4 10 64 22
春小麦の生育状況:2008年5月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Planted(%) 100 98 100 100
Emerged(%) 89 81 98 96
Headed(%) 0 NA 2 5
春小麦の作柄状況:2008年5月24現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 1 11 57 29 2
Irrigated land(%) 0 4 13 56 27

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

20 May, 2008

2008年5月18日現在の気象及び作柄概況

2008年5月18日に終わる1週間のワシントン州東中央部から東南部の気象は、一気に気温が上昇し、高温・少雨の気象となった。E.C.地区及びSE地区の最高気温は91〜94度Fとなり平均気温は平年を6〜11度F上回った。 降雨は全く記録されなかった。SE地区の最高気温は94〜99度F、最低気温は34〜44度Fとなり平均気温は平年を5〜8度F上回った。Palouse地方の1週間の降水量は0.26〜0.29インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.1日(前週:6.4日)であった。 東中央部の乾燥地帯の冬小麦並びに春小麦は、土壌水分不足と急激な温度上昇でストレスを示し出した。 Walla郡の冬小麦は、0.35インチの降雨が有ったが水分不足のストレスは解消しなかった。 Whitman郡では春小麦の順調な出芽の為気温の上昇が望まれていたが、急激な気温上昇と少雨が出芽したばかりの春小麦にストレスを与えた。5月18日現在、春小麦の播種は98%(昨年:100%)の圃場にて終了し、81%(昨年:94%)にて出芽した。 冬小麦は全圃場の6%(昨年:15%)にて出穂した。出穂は昨年並びに5年平均より遅れていた。気温の急激な上昇と水分不足の為、冬小麦及び春小麦の作柄は急激に悪化した。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 7 26 61 6
5-Yr Ave. 3 19 72 6
Subsoil(%) 9 33 57 1
5-Yr Ave. 5 22 71 2
Irrigation W. 0 0 98 2
Irr. Water 5-Yr Ave 1 4 94 1
冬小麦の生育状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 6 4 15 19
冬小麦の作柄状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 2 9 45 41 3
Irrigated land(%) 0 5 14 73 8
春小麦の生育状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Planted(%) 98 91 100 99
Emerged(%) 81 62 94 89
春小麦の作柄状況:2008年5月18現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 1 15 67 16 1
Irrigated land(%) 0 10 21 59 10

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

13 May, 2008

2008年5月11日現在の気象及び作柄概況

2008年5月11日に終わる1週間のワシントン州東中央部から東南部の気象は、温暖・乾燥気象となった。E.C.地区及びSE地区の平均気温は一部を除き略平年並みとなった。 降雨はSE地区にて多少有ったのみで、降水量は小麦の生育に充分と言える程ではなかった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.4日(前週:5.9日)となり、農作業が捗った。 Walla Walla郡では冬小麦に水分不足の兆しが現れた。Whitman郡では春小麦の順調な出芽と生長の為、温度の上昇と降雨が望まれていた。5月11日現在、春小麦の播種は91%の圃場にて終了(昨年:98%)し、62%にて出芽(昨年:81%)した。 冬小麦は全圃場の4%にて出穂した。出穂は昨年並びに5年平均より遅れていた。冬小麦の作柄は気温の上昇と共に改善したが、更に水分を必要としていた。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 1 18 75 6
5-Yr Ave. 2 17 75 6
Subsoil(%) 0 27 72 1
5-Yr Ave. 5 23 70 2
Irrigation W. 0 0 93 7
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 92 0
冬小麦の生育状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 4 3 5 10
冬小麦の作柄状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 2 7 32 55 4
Irrigated land(%) 0 0 6 82 12
春小麦の生育状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Planted(%) 91 74 98 98
Emerged(%) 62 45 81 80
春小麦の作柄状況:2008年5月11現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 0 5 48 45 2
Irrigated land(%) 0 4 18 56 2

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

6 May, 2008

2008年5月4日現在の気象及び作柄概況

2008年5月4日に終わる1週間のワシントン州東中央部から東南部の気象は、引続き低温気象が続いた。E.C.地区の平均気温は平年を3〜5度F下回り、SE地区の平均気温は平年を2〜5度下回った。 降雨は殆ど記録されず、Walla Wall観測所にて0.03インチ、Whitman観測所にて0.18インチの降水量であった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.9日(前週:5.2日)となり、春小麦の播種が進んだ。 土壌水分は5年平均より悪いが、Walla Walla郡では冬小麦の生育は順調との報告であった。Whitman郡では冬小麦への農薬散布は始まった。春小麦の生育は低温の為例年より遅れ気味であったが、作柄は前週より改善した。 5月4日現在、春小麦の全播種圃場の45%(昨年:58%、5年平均:68%)が出芽した。冬小麦は一部にて出穂が始まった。冬小麦の作柄は前週より多少評価が落ちた。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 0 11 69 20
5-Yr Ave. 2 15 78 5
Subsoil(%) 5 21 71 3
5-Yr Ave. 6 21 70 2
Irrigation W. 0 0 96 4
Irr. Water 5-Yr Ave 3 6 90 1
冬小麦の生育状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 3 0 1 5
冬小麦の作柄状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 2 6 33 51 8
Irrigated land(%) 0 3 12 73 12
春小麦の生育状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Planted(%) 75 59 92 94
Emerged(%) 45 34 58 68
春小麦の作柄状況:2008年5月4現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 0 4 49 46 1
Irrigated land(%) 0 5 38 48 9

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

29 April, 2008

2008年4月27日現在の気象及び作柄概況

2008年4月27日に終わる1週間のワシントン州東中央部から東南部の気象は、週末に掛け気温は上昇したが全体に低温気象が続いた。Spokane郡の北部では降雪が有った。各地に多少の降雨が有ったが土壌水分を改善するには至らなかった。 1週間の州平均農作業稼動日数は5.2日(前週:4.6日)であったが、春小麦の播種は低温の為捗らなかった。Adams郡では季節はずれの低温の為小麦の生育が遅れていた。同郡のSubsoil水分は、冬期の降雪から充分と期待されたが期待ほどではないと報告された。 Whitman郡では低温が小麦の生育を遅らせ、除草剤の散布が若い小麦に悪影響を与える恐れが出ており、散布を中断する農家が出ていた。Wall Wqall郡は週末に気温が上昇し、農薬散布が実施された。但し、強風は農薬散布の障害となっていた。 冬小麦の作柄は前週より多少評価が上がったが、平年以下との報告であった。春小麦の出芽は低温の為遅れていた。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 0 11 61 28
5-Yr Ave. 1 12 78 9
Subsoil(%) 5 17 73 5
5-Yr Ave. 6 21 70 3
Irrigation W. 0 0 87 13
Irr. Water 5-Yr Ave 3 7 89 2
冬小麦の生育状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 0 0 0 2
冬小麦の作柄状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 2 5 32 51 10
Irrigated land(%) 0 2 10 78 10
春小麦の生育状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Planted(%) 59 57 78 85
Emerged(%) 34 30 39 55
春小麦の作柄状況:2008年4月27現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Washington Field Office.
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 0 5 54 40 1
Irrigated land(%) 0 5 24 62 9

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

22 April, 2008

2008年4月20日現在の気象及び作柄概況

2008年4月20日に終わる1週間のワシントン州東中央部から東南部の気象は、所により降雪を伴う低温気象であった。1週間の州平均農作業稼動日数は4.6日(前週:5.0日)であり、Palouse地方では降雨・降雪の為に春の農作業が中断された。 Whitman郡では平均気温が平年を3〜7度F下回り、1週間の降水量が0.5〜0.75インチであった。E.Cent地区のAdams郡では冬の気象に戻り、低温で強風に見舞われた。Lincoln郡では多少の降雨が週の初めに有った。同郡も気温は低く小麦の生育を遅らせていた。 Wall Wqall郡も低温・強風の気象であった。土壌水分は前週より減少した。低温・風、降雨等で春小麦の播種作業は遅れを呈していた。冬小麦の作柄は前週より多少評価が落ちた。冬小麦及び春小麦の作柄は平年以下との報告であった。気温の上昇が望まれた。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年4月20日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 0 6 64 30
5-Yr Ave. 1 12 74 13
Subsoil(%) 4 17 74 5
5-Yr Ave. 6 21 69 4
Irrigation W. 0 0 89 11
Irr. Water 5-Yr Ave 2 6 90 2
冬小麦の生育状況:2008年4月20日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 0 0 0 1
冬小麦の作柄状況:2008年4月20日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 1 6 37 49 7
Irrigated land(%) 0 2 9 78 11
春小麦の生育状況:2008年4月20日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Planted(%) 57 45 69 75
Emerged(%) 25 20 30 42
春小麦の作柄状況:2008年4月20現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 0 4 60 36 0
Irrigated land(%) 0 6 25 59 10

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

15 April, 2008

2008年4月13日現在の気象及び作柄概況

2008年4月13日に終わる1週間のワシントン州東中央部から東南部の気象は、低温で始まり週末になり温暖・乾燥気象となった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.0日(前週:3.8日)と改善し春の農作業が進展した。 州東中央部では降水量は殆ど記録されなかったが、Palouse地方では0.03〜0.44インチ(Pullman観測所)の降水量が有った。平均気温はE.Cent地区では平年を2〜5度F下回り、SE地区のPullmanでは平年を3度F上回り、Wall Wallでは平年並みであった。 Palouse地区の最高気温は77〜83度Fとなった。Adams郡にはやっと春が訪れ冬小麦は緑色を深め一斉に分蘖を開始した。Lincoln郡に於いても週末に温度が上昇し、冬小麦は一斉に伸長を始めた。Spokane郡では雪解けが急激に進み、圃場が軟弱かし春の農作業が中断した。 Walla Walla郡では強風の日が多く、農薬散布が中断された。春小麦の播種が好天日に進められた。Blue Mountains山麓の土壌水分過多の圃場の冬小麦にsoil borne mosaic virusの病斑が出ているとの報告があった。 Whitman郡の春の農作業は湿潤・低温気象の為平年より遅れていた。冬小麦の作柄評価は前週より上がった。春小麦の播種並びに出芽の進捗は5年平均より遅れていた。作柄は平年以下との報告であった。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年4月13日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 0 4 72 24
5-Yr Ave. 1 13 72 14
Subsoil(%) 4 14 77 5
5-Yr Ave. 8 19 68 5
Irrigation W. 0 0 91 9
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 92 1
冬小麦の生育状況:2008年4月13日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Headed(%) 0 NA 0 0
冬小麦の作柄状況:2008年4月13日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 1 5 36 50 8
Irrigated land(%) 0 0 11 77 12
春小麦の生育状況:2008年4月13日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Planted (%) 45 35 51 64
Emerged(%) 20 10 16 30
春小麦の作柄状況:2008年4月13現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 0 0 62 38 0
Irrigated land(%) 0 0 35 54 11

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

8 April, 2008

2008年4月6日現在の気象及び作柄概況

2008年4月6日に終わる1週間のワシントン州中央部から東南部の各地気象は、多少の降雨を伴った低温気象であった。E.Cent.地区の最高気温は56〜61度Fで平均気温は平年を6〜9度F下回った。1週間の降水量は0.03〜0.15インチであった。 SE地区の最高気温は53〜66度F、平均気温は平年を4〜8度F下回った。1週間の降水量は0.07〜0.17インチであった。全州の春小麦の播種及び出芽が低温続きにの為平年より遅れていた。 Palouse地方の冬小麦の作柄は良好と報告されたが、小麦の生育(春小麦では出芽)には気温の上昇が望まれた。1週間の州平均農作業稼動日数は3.8日(前週:2.8日)であった。

土壌水分及び灌漑用状況 :2008年4月6日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2003,2004,2005,2006 and 2007
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 0 2 63 35
5-Yr Ave. 1 14 72 13
Subsoil(%) 6 17 70 7
5-Yr Ave. 9 17 70 4
Irrigation W. 0 0 93 7
Irr. Water 5-Yr Ave 2 8 88 2
冬小麦の生育状況:2008年4月6日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Joint(%) 0 0 0 0
冬小麦の作柄状況:2008年4月6日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
Winter wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) 2 6 46 35 11
Irrigated land(%) 0 0 3 76 21
春小麦の生育状況:2008年4月6日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2002,2003,2004,2005 and 2006 crops
  This week Last week Last year 5-Yr. Avg.
Planted (%) 35 21 37 49
Emerged (%) 10 4 9 18
春小麦の作柄状況:2008年4月6現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service
Spring wheat Very Good Poor Fair Good Excellent
Dry land(%) NA NA NA NA NA
Irrigated land(%) NA NA NA NA NA

2008年3月31日付けUSDA発表のワシントン州産冬小麦の作付面積

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2008年産デュラム小麦を除く春小麦の作付面積は2007年産の33%増の600,000エーカーと発表された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
Spring wheat 430 450 600 133%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

1 April, 2008

2008年3月の気象及び作柄概況

2008年3月のワシントン州中央部から東南部の各地気象は、降雪を伴った低温気象であった。 Adams郡では月末に気温が急激に下がり、降雪となり春播き作物の圃場作業は全く出来なかった。Lincoln郡も雪の多いとなった。Wall Wall郡の小麦の状態は良いが更に降水を必要とした。Whitman郡の気温も低く月末に数インチの降雪があった。 ワシントン州東部の9月1日からの3月30日までの降水量は、平年より1インチ以上少なく東中央部で3.65〜7.67インチ、東南部で8.79〜13.14(Pullman)インチであった。

2008年1月11日付けUSDA発表の2008年産冬小麦の作付面積、2007年産小麦の収穫面積、収穫量

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2007年産冬小麦の単収は過去3年で最も低く64.0 bushels/acreであった。生産量は108,160,000 bushels(2006年産の91.0%)であった。 2007年産春小麦は2006年産より作付面積/収穫面積が増えたが単位収量が減少し、生産量は20,562,000 bushels(2006年産:21,250,000 bushels)であった。

2008年産冬小麦作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Washington 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
冬小麦の作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 1,850 1,850 1,720 1,800 1,800 1,690
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 67 66 64 120,600 118,800 108,160
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989
春小麦(デュラム小麦を除く)作付面積及び収穫面積
Crop yr. Area Planted
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 430 430 450 425 425 447
USA 14,036 14,899 13,297 13,609 13,878 12,947
春小麦(デュラム小麦を除く)の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 44 50 46 18,700 21,250 20,562
USA 37.1 33.2 37 504,456 460,480 479,047

4 March, 2008

2008年2月の気象及び作柄概況

2008年2月のワシントン州中央部から東南部の各地気象は、次の通りであった。
Adams郡では月の前半は降雪が多く平年以上の降水量であり、月の後半になり気温が上昇し雪解けが始まった。Lincoln郡では圃場の雪が溶け出し、雪解け水の流失が一部に報告されたが昨年程ではなく、全体に土壌水分は良好であった。 Spokane郡ではかなりの降雪が有り、土壌水分の補給となった。冬小麦の作柄は良好と報告された。Walla Walla郡の圃場の雪は溶け出しており土壌水分は良好である。冬小麦の作柄は良好。 Whitman郡の降水量は平年以下であったが、気温が上昇し雪解けが始まった。雪解け水は圃場に吸われ土壌水分は良好。但し、Palouse丘陵の北側面には雪が吹き溜まっており、春になってからの農作業に遅れが出る可能性と小麦の雪腐れ病の発生が心配された。

2008年1月11日付けUSDA発表の2008年産冬小麦の作付面積、2007年産小麦の収穫面積、収穫量

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2007年産冬小麦の単収は過去3年で最も低く64.0 bushels/acreであった。生産量は108,160,000 bushels(2006年産の91.0%)であった。 2007年産春小麦は2006年産より作付面積/収穫面積が増えたが単位収量が減少し、生産量は20,562,000 bushels(2006年産:21,250,000 bushels)であった。

2008年産冬小麦作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Washington 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
冬小麦の作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 1,850 1,850 1,720 1,800 1,800 1,690
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 67 66 64 120,600 118,800 108,160
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989
春小麦(デュラム小麦を除く)作付面積及び収穫面積
Crop yr. Area Planted
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 430 430 450 425 425 447
USA 14,036 14,899 13,297 13,609 13,878 12,947
春小麦(デュラム小麦を除く)の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 44 50 46 18,700 21,250 20,562
USA 37.1 33.2 37 504,456 460,480 479,047

6 February, 2008

2008年1月の気象及び作柄概況

2008年1月のワシントン州中央部から東南部の気象は、Blue Mountain山麓の各郡では降雪が続いき、Walla WallaからWhitmanなどPalouse地方では例年より気温が低く降雪量は1968-69年来の記録的な降雪量となった。 乾燥地帯であるLincoln郡、Adams郡では昨年1月より気温が低く降雪量も多かった。2008年冬小麦は十分なSnow Cover恵まれ、小麦の凍害の報告は無かった。

2008年1月11日付けUSDA発表の2008年産冬小麦の作付面積、2007年産小麦の収穫面積、収穫量

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2007年産冬小麦の単収は過去3年で最も低く64.0 bushels/acreであった。生産量は108,160,000 bushels(2006年産の91.0%)であった。 2007年産春小麦は2006年産より作付面積/収穫面積が増えたが単位収量が減少し、生産量は20,562,000 bushels(2006年産:21,250,000 bushels)であった。

2008年産冬小麦作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Washington 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
冬小麦の作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 1,850 1,850 1,720 1,800 1,800 1,690
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 67 66 64 120,600 118,800 108,160
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989
春小麦(デュラム小麦を除く)作付面積及び収穫面積
Crop yr. Area Planted
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 430 430 450 425 425 447
USA 14,036 14,899 13,297 13,609 13,878 12,947
春小麦(デュラム小麦を除く)の単収と収穫量
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 44 50 46 18,700 21,250 20,562
USA 37.1 33.2 37 504,456 460,480 479,047

11 January, 2008

2007年12月の気象概況

2007年12月のワシントン州中央部から東南部の気象は、低温、降雨、降雪の気象であった。中央乾燥部は充分な降水(降雪)が有り土壌水分が改善された。小麦の作柄には変化が無かった。Palouse地方では平年以上の降雪となった。Walla Walla郡、Whitman郡の冬小麦、Spokane郡の冬小麦は充分な雪に覆われた。

2008年1月11日付けUSDA発表の2008年産冬小麦の作付面積、2007年産小麦の収穫面積、収穫量

2008年産冬小麦の作付面積は2007年より多少増加し、1,750,000エーカーと発表された。2007年産冬小麦の単収は過去3年で最も低く64.0 bushels/acreであった。生産量は108,160,000 bushels(2006年産の91.0%)であった。2007年産春小麦は2006年産より作付面積/収穫面積が増えたが単位収量が減少し、生産量は20,562,000 bushels(2006年産:21,250,000 bushels)であった。

2008年産冬小麦作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Washington 1,850 1,720 1,750 102%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
冬小麦の作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 1,850 1,850 1,720 1,800 1,800 1,690
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 67 66 64 120,600 118,800 108,160
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989
春小麦(デュラム小麦を除く)作付面積及び収穫面積
Crop yr. Area Planted
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 430 430 450 425 425 447
USA 14,036 14,899 13,297 13,609 13,878 12,947
春小麦(デュラム小麦を除く)の単収と収穫量
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Washington 44 50 46 18,700 21,250 20,562
USA 37.1 33.2 37 504,456 460,480 479,047

27 November, 2007

2007年11月25日現在概況

2007年11月25日に終わる1週間の気象は、一気に冬の気象となった。1週間の最高気温は42〜45度F、Pullman観測所の最高気温は35度であった。EC地区及びSE地区の冬小麦は殆ど出芽を完了し、週末のCold Frontが来る前の降雨及び降雪は、冬小麦にとり極めて有効であった。1週間の降水量は0.26〜0.74インチであった。1週間の州平均農作業稼働日数は5.5日(前週:4.2日)であった。 土壌水分は前週より"Surplus"が減少し"Adequate"が増加したが、乾燥地帯の小麦は休眠前に更に水分を必要としていた。Palouse地方の小麦圃場は概ね雪に覆われ、低温の為Snow Cover状態は良好と報告された。2008年産冬小麦の出芽は、昨年より多少遅れているが5年平均並の97%の圃場にて出芽した。出芽後の小麦の作柄は前週より多少評価が落た。

今期の2008年産冬小麦の週刊作柄報告書は11月27日付けを以って一時中断し、冬期は月刊報告とし、2008年4月より週刊報告書を再開致します。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年11月25日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 8 20 64 8
Last week(%) 5 7 55 33
5-Yr Ave.(%) NA NA NA NA
Subsoil(%) 12 36 51 1
Last week(%) 23 36 40 1
5-Yr Ave.(%) NA NA NA NA
Irrigation W.(%) 6 10 82 2
Irr. Water 5-Yr Ave NA NA NA NA
冬小麦の生育状況:2007年11月25日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Emerged(%) 97 93 99 97
冬小麦の作柄状況:2007年11月25日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
Dry land Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 1 4 57 35 3
Last week(%) 0 2 52 45 1
Irrigated(%) 0 1 7 88 4

20 November, 2007

2007年11月18日現在概況

2007年11月18日に終わる1週間の気象は、平年より高目の気温の湿潤気象となった。州東中央部の最高気温は59〜61度F、最低気温は18〜24度Fであり各地の平均気温は平年を3〜5度F上回った。SE地区でも同様な気温であり、平均気温は平年を4〜5度F上回った。1週間の降水量はEC地区にて0.29〜0.63インチ、SE地区にて0.75〜1.91インチであった。 1週間の州平均農作業稼働日数は4.2日(前週:6.1日)と少なかった。土壌水分は前週より改善し、同時に"Surplus"な圃場が出現した。2008年産冬小麦の出芽は、昨年並びに5年平均より多少遅れているが、全州の93%にて出芽した。播種期の乾燥気象による乾燥土壌が出芽を遅らせ原因となった。初冬としては気温が高目であったこと、そして降雨が有ったことにより冬小麦の作柄は改善した。 但し、播種期の乾燥土壌の影響で全体として54%が平年以下であった。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年11月18日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 5 7 55 33
Last week(%) 9 16 69 6
5-Yr Ave.(%) 6 24 56 14
Subsoil(%) 23 36 40 1
Last week(%) 14 30 54 2
5-Yr Ave.(%) 9 34 55 3
Irrigation W.(%) 6 10 82 2
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 92 1
冬小麦の生育状況:2007年11月18日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Emerged(%) 93 91 98 96
冬小麦の作柄状況:2007年11月18日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
Dry land Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 2 52 45 1
Last week(%) 2 5 59 31 3
Irrigated(%) 0 0 16 77 7

13 November, 2007

2007年11月11日現在概況

2007年11月11日に終わる1週間の気象は、平年より高目の気温で多少の降雨を伴った気象であった。最低気温は24〜35度Fであり各地の平均気温は平年を3〜7度F上回った。1週間の降水量はEC地区にて0.15〜0.19インチ、SE地区にて0.08〜0.26インチであった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.1日(前週:6.7日)であった。 気温が著しく下がらなかったことは出芽に良い条件であった。降雨は土壌水分を改善し、出芽後の小麦にとって有効であったが、小麦は冬期の休眠を前にし更に降雨を必要とした。冬小麦は全州の91%(昨年:96%、5年平均:94%)にて出芽した。作柄は前週より多少評価が落ち"Good"以上は31%、"Fair"が59%となった。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年11月11日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 9 16 69 6
Last week(%) 10 19 64 7
5-Yr Ave.(%) 7 28 53 12
Subsoil(%) 23 36 40 1
Last week(%) 21 39 39 1
5-Yr Ave.(%) 10 35 52 3
Irrigation W.(%) 6 6 87 1
Irr. Water 5-Yr Ave 1 4 94 1
冬小麦の生育状況:2007年11月11日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Emerged(%) 91 89 96 94
冬小麦の作柄状況:2007年11月11日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
Dry land Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 5 59 31 3
Last week(%) 1 4 57 34 4
Irrigated(%) 0 0 8 86 6

6 November, 2007

2007年11月4日現在概況

2007年11月4日に終わる1週間の気象は低温・乾燥気象が続いた。1週間の州平均農作業稼働日数は6.7日(前週:6.3日)であった。E.Cent地区の平均気温は平年を2度F下回り、SE地区の平均気温は平年を5〜6度F下回った。Pullmanの最高気温は62度F、Walla Walla観測所の最高気温は69度Fであった。 SE地区の観測所並びにE.Centの観測所では降雨は全く記録されなかった。土壌水分は前週より大幅に減少した。Adams郡の小麦農家は冬小麦の状況は降雨を必要としているが、例年と略同様の作柄と報告した。Spokane郡、Walla Wall郡、Whitman郡の冬小麦は全て纏った降雨を必要とした。全州にて冬小麦の播種は完了した。 冬小麦は89%(昨年:89%、5年平均:90%)にて出芽した。作柄は土壌水分不足より前週より評価が落ち"Good"以上は38%、"Fair"が57%であった。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年11月4日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 10 19 64 7
Last week(%) 1 13 76 10
5-Yr Ave.(%) 9 28 56 7
Subsoil(%) 21 39 39 1
Last week(%) 13 27 59 1
5-Yr Ave.(%) 10 36 51 3
Irrigation W.(%) 5 7 87 1
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 93 1
冬小麦の生育状況:2007年11月4日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 100 99 100 99
Emerged(%) 89 86 89 90
冬小麦の作柄状況:2007年11月4日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
Dry land Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 1 4 57 34 4
Last week(%) 0 2 38 51 9
Irrigated(%) 0 0 5 91 4

30 October, 2007

2007年10月28日現在概況

2007年10月28日に終わる1週間の州平均農作業稼働日数は6.3日(前週:4.6日)に快復した。ワシントン州東部の気象は、温暖・乾燥気象となった。平均気温は平年を2〜4度F上回った。出芽した小麦の生育は良好であったが、冬季を直前にし小麦には纏った降雨が必要であった。 Lincoln郡の小麦は順調に生育しているが、降雨を更に必要とした。Walla Wall郡では播種は完了し出芽状況は良好と報告された。Whitman郡での播種作業は略完了した。小麦の出芽・生育は順調であるが長期の十分な降雨が望まれた。Topsoilの水分過多の圃場が減少し、全体として土壌水分は改善した。 播種は全州の99%にて完了し、播種圃場の86%(昨年:78%、5年平均:83%)にて出芽した。気温が上がり出芽は例年より速いペースとなった。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年10月28日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 1 13 76 10
Last week(%) 6 25 49 20
5-Yr Ave.(%) 10 28 58 4
Subsoil(%) 13 27 59 1
Last week(%) 25 37 37 1
5-Yr Ave.(%) 11 38 50 1
Irrigation W.(%) 1 4 94 1
Irr. Water 5-Yr Ave 2 6 92 0
冬小麦の生育状況:2007年10月28日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 99 93 98 98
Emerged(%) 86 74 78 83
冬小麦の作柄状況:2007年10月28日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
Dry land Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 2 38 51 9
Last week(%) 2 3 56 36 3
Irrigated(%) 0 0 0 89 11

23 October, 2007

2007年10月21日現在概況

2007年10月21日に終わる1週間のワシントン州東部では、各地に降雨が有り平年以下の気温の気象であった。1週間の州平均農作業稼働日数は4.6日(前週:6.0日)であったが、冬小麦の播種作業は最終段階となった。Topsoilの水分過多が出現し、"適"が減少した。 播種は降雨で多少ペースが落ち全州の93%にて完了し、播種圃場の74%(昨年:74%、5年平均:77%)にて出芽した。出芽は例年より多少遅れていた。Whitman郡の小麦の生育状況は良好であり、Walla Wall、Benton、Asotin、Grant等の郡では降雨が小麦に極めて有効であったが、Whitman郡始め多くの郡で更に降雨が必要と報告された。 一部の農家が新規に冬小麦の播種を開始した。小麦価格が高いことが播種開始の理由と言われる。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年10月21日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 6 25 49 20
Last week(%) 14 19 62 5
5-Yr Ave.(%) 10 28 56 6
Subsoil(%) 25 37 37 1
Last week(%) 26 37 37 0
5-Yr Ave.(%) 12 37 50 0
Irrigation W.(%) 4 6 89 1
Irr. Water 5-Yr Ave 2 5 93 0
冬小麦の生育状況:2007年10月21日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 93 90 95 96
Emerged(%) 74 60 74 77
冬小麦の作柄状況:2007年10月21日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
Dry land Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 3 56 36 3
Last week(%) NA NA NA NA NA
Irrigated(%) 0 2 18 77 3

16 October, 2007

2007年10月14日現在概況

2007年10月14日に終わる1週間のワシントン州東部では、低目の気温であったが降雨は殆ど無い気象であった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.0日(前週:5.3日)となり、2008年産冬小麦の播種が進み、略最終段階となり、全州の90%にて完了し、播種圃場の60%(昨年:70%、5年平均:68%)にて出芽した。 出芽は例年より遅れていた。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年10月14日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 14 19 62 5
Last week(%) 13 18 63 6
5-Yr Ave.(%) 11 30 57 2
Subsoil(%) 26 37 37 6
Last week(%) 27 34 38 1
5-Yr Ave.(%) 12 39 49 0
Irrigation W.(%) 1 3 96 0
Irr. Water 5-Yr Ave 2 6 92 0
冬小麦の生育状況:2007年10月14日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 90 84 91 91
Emerged(%) 60 60 70 68

9 October, 2007

2007年10月7日現在概況

2007年10月7日に終わる1週間のワシントン州東部では、低温・湿潤気象であった。EC地区の平均気温は平年を5〜11度F下回り、1週間の降水量は0.19〜0.48インチであった。SE地区の平均気温は平年を6〜11度F下回り、降水量は0.31〜0.67インチであった。 1週間の州平均農作業稼働日数は5.3日(前週:5.8日)であった。降雨により土壌水分は前週より改善した。Asotin/Garfield郡では降雨は少なく乾燥した圃場に播種が行われた。Walla Walla郡の冬小麦の播種は略終了の段階となった。 乾燥状態の激しかったWhitman郡では週末の降雨は当に喜雨となった。2008年産冬小麦の播種は、全州の84%にて播種が完了し、播種圃場の55%(昨年:56%、5年平均:54%)にて出芽した。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年10月7日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 13 18 63 6
Last week(%) 13 22 60 0
5-Yr Ave.(%) 15 35 49 1
Subsoil(%) 27 34 38 1
Last week(%) 29 34 36 1
5-Yr Ave.(%) 12 39 49 0
Irrigation W.(%) 1 3 96 0
Irr. Water 5-Yr Ave 3 7 90 0
冬小麦の生育状況:2007年10月7日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 84 69 83 82
Emerged(%) 55 43 56 54

2 October, 2007

2007年9月30日現在概況

2007年9月30日に終わる1週間のワシントン州東部では、少量の降雨を伴った冷涼な気象となった。E.C地区並びにSE地区の平均気温は平年を3〜7度F下回った。最低気温は32〜42(Walla Walla)度Fであった。 1週間の降水量はE.C地区では0.07〜0.36インチ、SE地区では0.18〜0.30インチ、NE地区のSpokane観測所では0.12〜0.05(郡北部)インチであった。1週間の州平均農作業稼働日数は5.8日(前週:6.8日)であった。 土壌水分は低温下での多少の降雨により前週より改善した。降雨は播種された冬小麦に出芽に有効であった。NE地区のSpokane郡南部では9月29日に0.5インチの降雨があり、播種が一斉に開始されたが、多くの北部の圃場では乾燥圃場に播種が行われていた。 土埃の中での播種作業でありこれをPlanting in dustと称する。Garfield郡に於いても降雨の無い中で播種が行われた。Lincoln郡では播種は略完了し、週末の降雨は出芽にとり有効であった。 Walla Walla郡では9月28、29日に降雨が有り、最終段階の播種にとり極めて有効であった。Palouse地方は過去数ヶ月極めて乾燥していたが、週末の降雨で一息付いた。Whitman郡での播種は西部にて略最終段階となり、郡の中央部から東部にかけて播種が進んだ。 全州の69%にて播種が完了し、播種圃場の43%にて出芽した。順調な出芽であると報告された。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年9月30日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 13 22 60 0
Last week(%) 24 23 53 0
5-Yr Ave.(%) 19 37 43 1
Subsoil(%) 29 34 36 1
Last week(%) 32 38 30 0
5-Yr Ave.(%) 13 40 47 0
Irrigation W.(%) 5 5 89 1
Irr. Water 5-Yr Ave 4 7 88 1
冬小麦の生育状況:2007年9月30日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 69 60 72 72
Emerged(%) 43 23 41 42
ワシントン州2007年産冬小麦の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
USDAによるワシントン州2007年産冬小麦の生産量予想では、単位収量は7月1日予想と同じ65.0 bushel/acre(昨年:66.0 bushels/acre)であり、生産量は昨年比2%減の116,350,000ブッシェルの予想であった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Washington 1,800 1,790 66 65 65 118,800 116,350
USA 31,117 37,588 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262
2007年産春小麦(Durum以外)のUSDA生産量予想
春小麦の生産量予想(8月1日付け)では、単位収量は7月1日予想と同じ43.0 bushels/acre(昨年比14.0%減)であり、生産量は19,135,000 bushels(昨年比10%減)であった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Washington 425 445 50 43 43 21,250 19,135
USA 13,878 12,733 33.2 39.1 39.3 460,480 500,073

25 September, 2007

2007年9月23日現在概況

2007年9月16日に終わる1週間のワシントン州東部では、乾燥・温暖気象が続いた。EC地区の最高気温は90度F、最低気温は42〜52度F、SE地区の最高気温は88〜92度F、最低気温は35〜45度Fであった。 各地の平均気温は3〜9度F平年を上回った。降水は殆ど記録されず、1週間の州平均農作業稼働日数は6.7日(前週:6.8日)であった。土壌水分は減少し、特にSubsoil水分は74%の圃場にて"Short"以下の状態であった。 Topsoil並びにSubsoilの水分は平年より低く乾燥状態であった。
2008年産冬小麦の播種は、例年より早く8月末より開始され、好天下順調に進んだ。2007年産冬小麦の収穫が早く完了したことが、2008年産播種を早めた一因でもある。9月16日現在州全体の50%の圃場にて播種が完了、20%にて出芽した。 EC地区の乾燥地帯では多くの農家が播種を控え雨待ちの状態であった。Palouse地方では冬小麦の播種が進んでいるが、Wall Walla郡では雨待ちの農家が多い。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年9月23日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 24 23 53 0
Last week(%) 17 48 35 0
5-Yr Ave.(%) 19 38 41 2
Subsoil(%) 32 38 30 0
Last week(%) 27 47 26 0
5-Yr Ave.(%) 12 40 48 0
Irrigation W.(%) 4 4 92 0
Irr. Water 5-Yr Ave 3 7 90 0
冬小麦の生育状況:2007年9月23日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 60 50 65 59
Emerged(%) 23 20 17 28
ワシントン州2007年産冬小麦の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
USDAによるワシントン州2007年産冬小麦の生産量予想では、単位収量は7月1日予想と同じ65.0 bushel/acre(昨年:66.0 bushels/acre)であり、生産量は昨年比2%減の116,350,000ブッシェルの予想であった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Washington 1,800 1,790 66 65 65 118,800 116,350
USA 31,117 37,588 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262
2007年産春小麦(Durum以外)のUSDA生産量予想
春小麦の生産量予想(8月1日付け)では、単位収量は7月1日予想と同じ43.0 bushels/acre(昨年比14.0%減)であり、生産量は19,135,000 bushels(昨年比10%減)であった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Washington 425 445 50 43 43 21,250 19,135
USA 13,878 12,733 33.2 39.1 39.3 460,480 500,073

18 September, 2007

2007年9月16日現在

2007年9月16日に終わる1週間のワシントン州東部では、乾燥・温暖気象が続いた。EC地区の最高気温は90度F、最低気温は42〜52度F、SE地区の最高気温は88〜92度F、最低気温は35〜45度Fであった。各地の平均気温は3〜9度F平年を上回った。降水は殆ど記録されず、1週間の州平均農作業稼働日数は6.7日(前週:6.8日)であった。土壌水分は減少し、特にSubsoil水分は74%の圃場にて"Short"以下の状態であった。Topsoil並びにSubsoilの水分は平年より低く乾燥状態であった。 2008年産冬小麦の播種は、例年より早く8月末より開始され、好天下順調に進んだ。2007年産冬小麦の収穫が早く完了したことが、2008年産播種を早めた一因でもある。9月16日現在州全体の50%の圃場にて播種が完了、20%にて出芽した。EC地区の乾燥地帯では多くの農家が播種を控え雨待ちの状態であった。Palouse地方では冬小麦の播種が進んでいるが、Wall Walla郡では雨待ちの農家が多い。

土壌水分及び灌漑用状況 :2007年9月16日現在
Source: Washington Agricultural Statistic Service.
5-Yr Ave means average of past 5 years 2002,2003,2004,2005 and 2006
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 17 48 35 0
Last week(%) 22 40 38 0
5-Yr Ave.(%) 21 39 38 2
Subsoil(%) 27 47 26 0
Last week(%) 28 37 35 0
5-Yr Ave.(%) 12 36 52 0
Irrigation W.(%) 3 5 92 0
Irr. Water 5-Yr Ave 4 7 89 0
冬小麦の生育状況:2007年9月16日現在
Source: Washington Agricultural Statistics Service.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter wheat This week Last week Last year 5-Yr Average
Planted(%) 50 39 43 46
Emerged(%) 20 - NA 14

2007年産の冬小麦の銘柄(Class)を見ると、Soft whiteが1,228,000エーカーで67%、Hard red が昨年の2倍近くに増え409,600エーカー、Club wheatも増加し173,400エーカー(昨年:56,000エーカー)であった。春小麦ではSoft whiteが43%、Hard redが52%であった。Soft white winterの品種では、Eltan、Madsen、Tubbs、Stephensの4品種で48%を占める。Soft white springの品種ではLouiseがトップ次がAlpowa、Nickと続く。Clubの品種はBruehlが第一位で、続いてChuckar、Codaとなる。

ワシントン州2007年産冬小麦の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
USDAによるワシントン州2007年産冬小麦の生産量予想では、単位収量は7月1日予想と同じ65.0 bushel/acre(昨年:66.0 bushels/acre)であり、生産量は昨年比2%減の116,350,000ブッシェルの予想であった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Washington 1,800 1,790 66 65 65 118,800 116,350
USA 31,117 37,588 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262
2007年産春小麦(Durum以外)のUSDA生産量予想
春小麦の生産量予想(8月1日付け)では、単位収量は7月1日予想と同じ43.0 bushels/acre(昨年比14.0%減)であり、生産量は19,135,000 bushels(昨年比10%減)であった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Washington 425 445 50 43 43 21,250 19,135
USA 13,878 12,733 33.2 39.1 39.3 460,480 500,073
このページの先頭へ戻る

お問合せご利用について個人情報の取扱いについて 検査業務請負に係る一般契約条件(PDF 23K)サイトマップ

Copyright © 2005 Overseas Merchandise Inspection Co., Ltd. All Rights Reserved.