omic's logo

OMIC > OMIC Report > オレゴン州小麦作柄レポート

オレゴン州小麦作柄レポート

オレゴン州地図

2009年度産作柄レポート

7 April, 2009

2009年4月5日現在の概況

オレゴン州の2009年4月5日に終る1週間の気象は、驟雨を時々伴う平年より低い気温の気象であった。全州において平均気温は平年を2〜5度F下回った。降水量はWillamette Valleyにて0.37〜0.42インチであった。 NC地区に於いて少量であるが降雨が有りMoro観測所にて0.11インチ、Pendletonにて0.4インチを記録した。春小麦の播種が昨年より多少早いペースで進み全州の40%にて完了したが、低温の為出芽は遅れていた。
2009年3月31日付けUSDAの発表では、オレゴン州の産2009年産冬小麦の作付面積は、2008年産作付面積より5%減少し740,000エーカーであった。2009年産春小麦の作付面積も2008年産より減少し、130,000エーカー(2008年産の72%)の予想であった。

土壌水分:2009年4月5日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil (%) 1 13 66 20
Last week (%) NA NA NA NA
Subsoil (%) 6 13 65 16
Last week (%) NA NA NA NA
2009年産冬小麦の作柄状況:2009年4月5日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 1 13 48 31 7
Last week (%) NA NA NA NA NA
2009年産春小麦の生育状況:2009年4月5日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
5-yr average means average of 2004,2005,2006,2007 and 2008 crop years
Spring wheat This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 40 NA 37 60
Emerged(%) 2 NA 13 26
2009年3月31日付けUSDA発表:2009年産小麦の作付面積(1,000 Acres)
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA
  Crop Year 2009/2008 Percent
Winter Wheat 2007 2008 2009
Oregon 735 780 740 95%
USA 45,012 46,281 42,889 93%
Spring Wheat    
Oregon 120 180 130 72%
USA 13,292 14,135 13,304 94%

1 April, 2009

2009年3月31日現在の概況

オレゴン州の2009年3月の気象は、気温は平年より低目で推移し3月後半に降雨が各地に有ったが1ヶ月の降水量も平年を僅かに下回った。冬小麦は全州にて更に降雨を必要とする状態であった。
Willamette Valleyの圃場では雑草駆除の農薬散布が始まった。

2008 年産オレゴン州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Oregon 760 750 780 730 735 775
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Oregon 53 55 58 38,690 40,425 44,950
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903
2008 年産オレゴン州 春小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2007 2008 2007 2008
Oregon 125 180 120 170
USA 13,297 14,135 12,947 13,487
  Yield (bushels/acre) Production (1000 bushels)
Oregon 53 45 6,300 7,650
USA 37 40.5 479,047 546,744

3 March, 2009

2009年3月1日現在の概況

オレゴン州の2009年2月の気象は、気温・降水量共に平年より多少低目の気象であった。小麦主産地のSnow Coverは平年以下となった。土壌水分も不足気味との報告であった。Willamette Valleyの冬小麦は3インチ程であり、生育を開始した。

オレゴン州の2008年産冬小麦の収穫面積は2007年産を上回り、単位収量も2007年産より3.0 bushels/acre多い58.0 bushels/acreであったことより、生産量は2007年産の11%増しの44,950,000 bushelsと発表された。春小麦の作付面積は2007年産より55,000 acres増加し180,000 acresとなり、収穫面積は170,000 acresであった。 単位収量は2007年産の53.0 bushels/acreより大幅に減少し45.0 bushels/acreであった。2007年産より収穫面積が増加したことより生産量は2007年産を上回り、7,650,000 bushels(2007年産:6,360,000 bushels)であった。
オレゴン州の2008年産冬小麦の銘柄別に作付面積率を、Soft White Winterが全体の77.5%、Soft White Springが11.7%、Clubが1.1%であり、White Wheatの合計が90.3%(2007年産:89.5%)であった。冬小麦の品種ではStephens/Tubbsの混合が全オレゴン小麦(冬・春合計面積)の26.2%を占め、第2位がTubbs(14.0%)、第3位がORCF 101 (OSU Certified)の13.1%、第4位がMadsen(3.9%)であった。 White Springの第1位の品種はSoft WhiteのAlpowaでありSpring Wheat作付面積の75%を占めた。Alpowaはオレゴン全小麦で第4位(8.1%)の作付であった。Club wheatはNC地区に9,900 acres作付られ、中心品種はCodaであった。

2008 年産オレゴン州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Oregon 760 750 780 730 735 775
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Oregon 53 55 58 38,690 40,425 44,950
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903
2008 年産オレゴン州 春小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2007 2008 2007 2008
Oregon 125 180 120 170
USA 13,297 14,135 12,947 13,487
  Yield (bushels/acre) Production (1000 bushels)
Oregon 53 45 6,300 7,650
USA 37 40.5 479,047 546,744

4 Febuary, 2009

2009年2月1日現在の概況

オレゴン州の2009年1月の気象は、平年より多少高目の気温であり、州東南部では時々降雪があったが降水量は平年を多少下回る気象であった。主産地の2009年産冬小麦はSnow Coverにて低温より守られていた。

オレゴン州の2008年産冬小麦の収穫面積は2007年産を上回り、単位収量も2007年産より3.0 bushels/acre多い58.0 bushels/acreであったことより、生産量は2007年産の11%増しの44,950,000 bushelsと発表された。春小麦の作付面積は2007年産より55,000 acres増加し180,000 acresとなり、収穫面積は170,000 acresであった。 単位収量は2007年産の53.0 bushels/acreより大幅に減少し45.0 bushels/acreであった。2007年産より収穫面積が増加したことより生産量は2007年産を上回り、7,650,000 bushels(2007年産:6,360,000 bushels)であった。
オレゴン州の2008年産冬小麦の銘柄別に作付面積率を、Soft White Winterが全体の77.5%、Soft White Springが11.7%、Clubが1.1%であり、White Wheatの合計が90.3%(2007年産:89.5%)であった。冬小麦の品種ではStephens/Tubbsの混合が全オレゴン小麦(冬・春合計面積)の26.2%を占め、第2位がTubbs(14.0%)、第3位がORCF 101 (OSU Certified)の13.1%、第4位がMadsen(3.9%)であった。 White Springの第1位の品種はSoft WhiteのAlpowaでありSpring Wheat作付面積の75%を占めた。Alpowaはオレゴン全小麦で第4位(8.1%)の作付であった。Club wheatはNC地区に9,900 acres作付られ、中心品種はCodaであった。

2008 年産オレゴン州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Oregon 760 750 780 730 735 775
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Oregon 53 55 58 38,690 40,425 44,950
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903
2008 年産オレゴン州 春小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2007 2008 2007 2008
Oregon 125 180 120 170
USA 13,297 14,135 12,947 13,487
  Yield (bushels/acre) Production (1000 bushels)
Oregon 53 45 6,300 7,650
USA 37 40.5 479,047 546,744

7 January, 2009

2009年1月5日現在の概況

オレゴン州の12月の気象は、平年より極めて低い気温が続き中旬よりWillamette地区及び州東北部は降雪が続いた。小麦地帯の積雪量は10〜26インチとなり、平均気温は23〜44度Fであり、冬小麦のSnow coverは良好な状態を保った。冬小麦の作柄評価並びに土壌水分の報告は2008年11月24日を最後にその後の報告は無い。
オレゴン州の2008年産冬小麦の収穫面積は2007年産を上回り、単位収量も2007年産より3.0 bushels/acre多い58.0 bushels/acreであったことより、生産量は2007年産の11%増しの44,950,000 bushelsと発表された。春小麦の作付面積は2007年産より55,000 acres増加し180,000 acresとなり、収穫面積は170,000 acresであった。 単位収量は2007年産の53.0 bushels/acreより大幅に減少し45.0 bushels/acreであった。2007年産より収穫面積が増加したことより生産量は2007年産を上回り、7,650,000 bushels(2007年産:6,360,000 bushels)であった。
オレゴン州の2008年産冬小麦の銘柄別に作付面積率を、Soft White Winterが全体の77.5%、Soft White Springが11.7%、Clubが1.1%であり、White Wheatの合計が90.3%(2007年産:89.5%)であった。冬小麦の品種ではStephens/Tubbsの混合が全オレゴン小麦(冬・春合計面積)の26.2%を占め、第2位がTubbs(14.0%)、第3位がORCF 101 (OSU Certified)の13.1%、第4位がMadsen(3.9%)であった。 White Springの第1位の品種はSoft WhiteのAlpowaでありSpring Wheat作付面積の75%を占めた。Alpowaはオレゴン全小麦で第4位(8.1%)の作付であった。Club wheatはNC地区に9,900 acres作付られ、中心品種はCodaであった。

土壌水分:2008年11月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil (%) 11 13 60 16
Last week (%) 14 12 54 20
Subsoil (%) 15 20 57 8
Last week (%) 15 23 51 11
2009年産冬小麦の生育状況:2008年11月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Emerged(%) 69 55 90 87
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年11月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 1 23 34 35 7
Last week (%) 0 24 36 33 7
2008 年産オレゴン州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Oregon 760 750 780 730 735 775
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Oregon 53 55 58 38,690 40,425 44,950
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903
2008 年産オレゴン州 春小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2007 2008 2007 2008
Oregon 125 180 120 170
USA 13,297 14,135 12,947 13,487
  Yield (bushels/acre) Production (1000 bushels)
Oregon 53 45 6,300 7,650
USA 37 40.5 479,047 546,744

18 November, 2008

2008年11月16日現在の概況

オレゴン州の11月16日に終わる1週間の気象は、平年より暖かい湿潤気象で始まり週末になり好天となった。Willamette Valley並びにNC地区の平均気温は平年を5〜10度F上回った。Willamette Valleyの1週間の降水量は1.23〜1.78インチ、NC地区の1週間の降水量は0.11〜0.33インチであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は4.1日(前週3.7日)であった。土壌水分は"Surplus"の圃場が増加し"Adequate"が減少した。2009年産冬小麦の播種作業は遅れたが、全州の99%にて完了した。出芽は例年より遅れており、播種圃場の55%(昨年:77%、5年平均:79%)にて出芽していた。作柄は前週より多少改善した。

土壌水分:2008年11月16日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil (%) 14 12 54 20
Last week (%) 10 12 74 4
Subsoil (%) 15 23 51 11
Last week (%) 15 30 53 2
2009年産冬小麦の生育状況:2008年11月16日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 99 93 99 100
Emerged(%) 55 47 77 79
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年11月16日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 0 24 36 33 7
Last week (%) 0 29 39 31 1

11 November, 2008

2008年11月9日現在の概況

オレゴン州の11月9日に終わる1週間の気象は、平年より多少高目の気温の湿潤気象となった。Willamette Valleyの平均気温は平年を3〜5度F上回り、1週間の降水量は1.55〜2.30インチであった。山岳部では降雪となった。NC地区の平均気温も平年を2〜5度F上回り、1週間の降水量は0.27〜1.14インチを記録した。 1週間の州平均農作業稼動日数は3.7日(前週5.8日)であった。前週の降雨は冬小麦の播種作業を遅らせたが、土壌水分を改善し、発芽並びに発芽後の生育には極めて有効であった。作柄は前週より改善した。

土壌水分:2008年11月9日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 10 12 74 4
Last week(%) 17 26 54 3
Subsoil(%) 15 30 53 2
Last week(%) 26 27 47 0
2009年産冬小麦の生育状況:2008年11月9日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 93 89 96 96
Emerged(%) 47 40 66 72
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年11月9日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 29 39 31 1
Last week(%) 0 33 46 20 1

4 November, 2008

2008年11月2日現在の概況

オレゴン州の11月2日に終わる1週間の気象は、週の初めは乾燥気象で始まったが週末に掛け低温・降雨の気象となった。平均気温は平年を3〜7度F上回り、1週間の降水量はWillamette Valleyにて0.53〜0.62インチ、NC地区では0.10〜0.40インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.8日(前週6.9日)であった。 Willamette Valleyでは週末の降雨が多少冬小麦の出芽の助けになったが、NC地区では降雨は殆ど小麦にとり効果は無かった。Sherman郡では1ヶ月前に播種した冬小麦種子が未だに出芽しない圃場が出現していた。Morrow郡に於いても週末に多少の降雨が有ったが、有効な量ではなかった。11月2日現在の出芽率は40%であり、例年より大分遅れていた。 小麦は降雨を必要としていた。出芽後の生育評価では"Poor"が増加した。

土壌水分:2008年11月2日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 17 26 54 3
Last week(%) 13 38 48 1
Subsoil(%) 26 27 47 0
Last week(%) 19 41 40 0
2009年産冬小麦の生育状況:2008年11月2日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 89 86 90 90
Emerged(%) 40 36 58 61
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年11月2日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 0 33 46 20 1
Last week (%) 0 21 59 19 1

28 October, 2008

2008年10月26日現在の概況

オレゴン州の10月中旬以降の気象は、略平年並みか多少平年を下回る気温の乾燥した気象であった。10月19日に終わる1週間の平均気温は平年を1〜4度F上回ったが、10月26日に終わる週の気温は平年を下回った。10月26日に終わる週のWillamette Valleyの平均気温は概ね平年並みか多少平年を下回り、1週間の降水量は0.08〜0.22インチであった。 同週のNC地区の1週間の降水量は0.00〜0.06インチでり、平均気温は平年を4〜9度F下回った。1週間の州平均農作業稼動日数は6.9日(前週6.5日)であった。2009年産冬小麦の播種は順調に進み、10月26日現在全州の86%(昨年同期:84%、5年平均:81%)にて完了した。出芽は播種圃場の36%(昨年:51%、5年平均:49%)でった。 NC地区の冬小麦は乾燥土壌と低温の為出芽が遅れていた。出芽後の生育状況も例年より悪いと報告された。

土壌水分:2008年10月26日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 13 38 48 1
Last week(%) 14 32 52 2
Subsoil(%) 19 41 40 0
Last week(%) 25 40 35 0
2009年産冬小麦の生育状況:2008年10月26日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 86 67 84 81
Emerged(%) 36 10 51 49
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年10月26日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 0 21 59 19 1
Last week (%) NA NA NA NA NA

14 October, 2008

2008年10月12日現在の概況

オレゴン州の2009年産冬小麦の播種は例年より多少早く9月7日に終わる週より開始され、9月6日現在全州の6%にて完了していた。その後、乾燥した天候が続き農家は雨待ちをした結果、播種の進捗は遅れ、10月12日現在では、全州の54%(昨年同期:73%、5年平均:61%)の完了であった。10月12日に終わる1週間にWillamette ValleyではKilling Forestがあった。 多少降雨もあり、農家は小麦の播種を行った。NC地区(小麦主産地)のMorrow郡の高地では降雪があった。Sherman郡では週末の降雨に合わせ小麦の播種が進んだが、Umatilla郡では乾燥した圃場に播種が行われた。これを"dusted in"と称する。1週間の州平均農作業稼動日数は5.7日(前週5.3日)であった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は1ヶ月前より大分改善したが、低温気象が続き小麦の出芽は昨年並びに5年平均より大幅な遅れを示していた。

土壌水分:2008年10月12日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 12 31 52 5
Sept 14(%) 38 38 24 0
Subsoil(%) 26 44 30 0
Sept 14(%) 40 38 22 0
冬小麦の生育状況:2008年10月12日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 54 35 73 61
Emerged(%) 5 3 44 26
このページの先頭へ戻る

お問合せご利用について個人情報の取扱いについて 検査業務請負に係る一般契約条件(PDF 23K)サイトマップ

Copyright © 2005 Overseas Merchandise Inspection Co., Ltd. All Rights Reserved.