omic's logo

OMIC > OMIC Report > オレゴン州小麦作柄レポート

オレゴン州小麦作柄レポート

オレゴン州地図

2008年度産作柄レポート

9 September, 2008

2008年9月7日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年9月7日に終わる1週間の気象は、乾燥、平年以下の低温の気象となった。Willamette Valleyの最高気温は86〜89度Fであったが夜間の温度が下がり、平均気温は平年を1〜3度F詩下回った。NC地区に於いても同様な気温であり平均気温は平年を4〜5度F下回った。降雨は殆ど記録されなかった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.9日(前週:6.1日)であった。春小麦の収穫は96%(昨年:98%)にて完了した。Willamette Valleyに残る春小麦には発芽粒の発生が心配された。土壌水分は低下しているが、NC地区の農家は2009年産冬小麦の播種の為圃場整備に忙しい週となった。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産予想を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の単位収量は、7月1日予想より5.0 bushels/acre少ない55.0 bushels/acre(2007年実績:55.0 bushels/acre)と予想され、収穫予想面積は770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量予想は42,350,000 bushels(2007年産実績:40,425,000 bushels)となった。 Durum以外の春冬小麦の生産予想では、単位収量は7月1日予想より7.0 bushels/acre少ない48.0 bushels/acre(2007年産実績:53.0 bushels/acre)と予想され、生産量は8,160,000 bushels(2007年産実績:6,360,000 bushels)の予想であった。詳細は別表の通り。

土壌水分:2008年9月7日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 32 41 27 0
Last week(%) 39 37 34 0
Subsoil(%) 34 45 21 0
Last week(%) 33 48 19 0
春小麦の生育状況:2008年9月7日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested (%) 96 93 98 97
オレゴン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
*Spring wheat other that Durum wheat
Oregon
Wheat
Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 735 770 55 60 55 40,425 42,350
USA 35,952 40,162 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 120 170 53 55 48 6,360 8,160
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988

2 September, 2008

2008年8月31日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年8月31日に終わる1週間の気象は、低温気象となり、Willamette Valleyでは降雨をともなった。Willamette Valleyの最高気温は83〜86度Fであったが、最低気温は38〜48度Fで平均気温は平年を3〜4度F下回った。Valleyの1週間の降水量は0.22〜0.59インチであった。小麦の収穫が2週続けて降雨の為に中断された。 NC地区の最高気温は81〜90度F、平均気温は平年を3〜7度下周り、時々降雨が有り1週間の降水量は0.01〜0.04インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.1日(前週:5.2日)であった。冬小麦の収穫は全州にて完了したが、春小麦は降雨の為遅れ93%(前週89%)の完了に止まった。降雨の為春小麦の作柄評価は前週より低下した。 2009年産冬小麦の播種の為、圃場整備が開始された。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産予想を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の単位収量は、7月1日予想より5.0 bushels/acre少ない55.0 bushels/acre(2007年実績:55.0 bushels/acre)と予想され、収穫予想面積は770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量予想は42,350,000 bushels(2007年産実績:40,425,000 bushels)となった。 Durum以外の春冬小麦の生産予想では、単位収量は7月1日予想より7.0 bushels/acre少ない48.0 bushels/acre(2007年産実績:53.0 bushels/acre)と予想され、生産量は8,160,000 bushels(2007年産実績:6,360,000 bushels)の予想であった。詳細は別表の通り。

土壌水分:2008年8月31日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 29 37 34 0
Last week(%) 22 39 39 0
Subsoil(%) 33 48 19 0
Last week(%) 31 44 25 0
春小麦の生育状況:2008年8月31日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested(%) 93 89 94 91
春小麦の作柄状況:2008年8月31日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 15 39 23 21 2
Last week(%) 12 35 29 20 4
オレゴン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
*Spring wheat other that Durum wheat
Oregon
Wheat
Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 735 770 55 60 55 40,425 42,350
USA 35,952 40,162 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 120 170 53 55 48 6,360 8,160
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988

26 August, 2008

2008年8月24日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年8月24日に終わる1週間の気象は、概ね平年並みの気温の湿潤な気象となった。Willamette Valleyの最高気温は84〜86度Fであり、最低気温は47〜52度Fで、平均気温は平年を1〜2度F下回った。1週間の降水量は0.22〜1.38インチであり、小麦の収穫が中断された。NC地区の最高気温は89〜103度Fと幅が有った。週に3日ほど降雨の日が有り、Sherman郡では小麦の収穫が中断された。 Wasco郡の春小麦は完熟前のものあり、春小麦の収穫は遅れていた。1週間の州平均農作業稼動日数は5.2日(前週:6.9日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は幾分改善した。冬小麦は全州の96%、春小麦は89%にて収穫が終了した。冬小麦及び春小麦の作柄は前週より落ちた。降雨は2009年産冬小麦の播種圃場には有効であった。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産予想を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の単位収量は、7月1日予想より5.0 bushels/acre少ない55.0 bushels/acre(2007年実績:55.0 bushels/acre)と予想され、収穫予想面積は770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量予想は42,350,000 bushels(2007年産実績:40,425,000 bushels)となった。 Durum以外の春冬小麦の生産予想では、単位収量は7月1日予想より7.0 bushels/acre少ない48.0 bushels/acre(2007年産実績:53.0 bushels/acre)と予想され、生産量は8,160,000 bushels(2007年産実績:6,360,000 bushels)の予想であった。詳細は別表の通り。

土壌水分:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil (%) 22 39 39 0
Last week (%) 49 28 23 0
Subsoil (%) 31 44 25 0
Last week (%) 34 42 24 0
冬小麦の生育状況:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested(%) 96 93 96 96
冬小麦の作柄状況:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 15 37 32 14 2
Last week(%) 10 31 49 17 2
春小麦の生育状況:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested (%) 89 86 85 84
春小麦の作柄状況:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 12 35 29 20 4
Last week(%) 9 43 30 14 4
オレゴン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
*Spring wheat other that Durum wheat
Oregon
Wheat
Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 735 770 55 60 55 40,425 42,350
USA 35,952 40,162 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 120 170 53 55 48 6,360 8,160
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988

19 August, 2008

2008年8月17日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年8月17日に終わる1週間の気象は、今期最高の気温を各地で記録する高温・乾燥気象となった。Willamette Valleyの最高気温は101〜103度Fとなり平均気温は平年を7〜11度F上回った。1週間の降水量は殆どゼロであった。NC地区の最高気温は101〜108度Fとなり平均気温は平年を5〜14度F上回った。1週間の降水量は皆無であった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.9日(前週:6.5日)であった。 Topsoilの土壌水分は減少した。冬小麦も春小麦は高温気象により枯熟が早まり、収穫が急速に進んだ。冬小麦の93%、春小麦の86%が収穫された。登熟は例年より遅れていたが、収穫期に入ってからの高温気象で収穫のペールは例年より早やまった。2009年産冬小麦の播種準備に入った農家は、降雨を期待していた。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産予想を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の単位収量は、7月1日予想より5.0 bushels/acre少ない55.0 bushels/acre(2007年実績:55.0 bushels/acre)と予想され、収穫予想面積は770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量予想は42,350,000 bushels(2007年産実績:40,425,000 bushels)となった。 Durum以外の春冬小麦の生産予想では、単位収量は7月1日予想より7.0 bushels/acre少ない48.0 bushels/acre(2007年産実績:53.0 bushels/acre)と予想され、生産量は8,160,000 bushels(2007年産実績:6,360,000 bushels)の予想であった。詳細は別表の通り。

土壌水分:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 49 28 23 0
Last week(%) 44 31 25 0
Subsoil(%) 34 42 24 0
Last week(%) 37 41 22 0
冬小麦の生育状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested(%) 93 86 93 90
冬小麦の作柄状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 10 31 49 17 2
Last week(%) 4 32 47 14 3
春小麦の生育状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested(%) 86 71 77 76
春小麦の作柄状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 9 43 30 14 4
Last week(%) 9 46 29 11 5
オレゴン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
*Spring wheat other that Durum wheat
Oregon
Wheat
Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 735 770 55 60 55 40,425 42,350
USA 35,952 40,162 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 120 170 53 55 48 6,360 8,160
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988

12 August, 2008

2008年8月10日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年8月10日に終わる1週間の気象は、高温所により少雨の気象となった。Willamette Valleyの最高気温は91〜96度Fとなり平均気温は平年を1〜3度F上回った。1週間の降水量は0.01〜0.18インチであった。NC地区の最高気温は94〜102度Fとなり平均気温は平年を1〜3度F上回った。1週間の降水量は0.01〜0.07インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.5日(前週:6.8日)であった。 Topsoilの土壌水分は多少改善したが、Subsoilの土壌水分は減少した。Willamette Valleyでは、8月8日と9日に驟雨があったが、小麦の収穫には殆ど影響しなかった。NC地区のSherman郡では週末に雷が発生、多少の降雨をもたらし冬小麦の収穫が一時的に中断された。Umatilla郡の小麦の収穫は最終段階であり、土壌の深い圃場では平年並み、土壌の浅い圃場の単収は平年以下と報告された。 冬小麦は全州の86%、春小麦は71%が収穫された。冬小麦及び春小麦共に前週より作柄を落とした。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産予想を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の単位収量は、7月1日予想より5.0 bushels/acre少ない55.0 bushels/acre(2007年実績:55.0 bushels/acre)と予想され、収穫予想面積は770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量予想は42,350,000 bushels(2007年産実績:40,425,000 bushels)となった。 Durum以外の春冬小麦の生産予想では、単位収量は7月1日予想より7.0 bushels/acre少ない48.0 bushels/acre(2007年産実績:53.0 bushels/acre)と予想され、生産量は8,160,000 bushels(2007年産実績:6,360,000 bushels)の予想であった。詳細は別表の通り。

土壌水分:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 44 31 25 0
Last week(%) 39 39 22 0
Subsoil(%) 37 41 22 0
Last week(%) 29 48 23 0
冬小麦の生育状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested(%) 86 65 87 78
冬小麦の作柄状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 4 32 47 14 3
Last week(%) 4 26 48 18 4
春小麦の生育状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested (%) 71 61 68 63
春小麦の作柄状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 9 46 29 11 5
Last week(%) 4 36 33 21 6
オレゴン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
*Spring wheat other that Durum wheat
Oregon
Wheat
Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 735 770 55 60 55 40,425 42,350
USA 35,952 40,162 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 120 170 53 55 48 6,360 8,160
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988

5 August, 2008

2008年8月3日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年8月3日に終わる1週間の気象は、驟雨を伴った低目の気温の気象が続いた。Willamette Valleyでは多少降雨が記録され、1週間の降水量は0.01〜0.05インチと極めて少なかった。同地区の最高気温は81〜85度F、平均気温は平年を1〜5度F下回った。NC地区の最高気温は85〜91度Fであり、平均気温は平年を4〜9度F下回った。降雨は記録されなかった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.8日(前週:6.7日)であった。土壌水分は前週に続き減少した。2008年産冬・春小麦共に枯熟期であり、収穫の最盛期に入った。Willamette Valleyに於いても冬小麦の収穫が広がったが、8月1日に降った雨で収穫は一時中断された。NC地区(乾燥地帯)では順調に収穫が進んだ。NC地区のSherman郡の冬小麦の単収は非常にばらついていると報告された。 5月の高温の影響で低単収の圃場が多いが、5月後半に部分的に降雨の有った地区では良い単収と報告された。Union郡にて春小麦の収穫が開始された。Wasco郡では70%の圃場にて収穫が完了した。冬小麦は全州の65%が収穫され(昨年:76%、5年平均:63%)、春小麦は61%(昨年:57%、5年平均:48%)が収穫された。7月に乾燥気象が続き冬小麦並びに春小麦の作柄は、一時の予想より悪くなった。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産予想を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の単位収量は、7月1日予想より5.0 bushels/acre少ない55.0 bushels/acre(2007年実績:55.0 bushels/acre)と予想され、収穫予想面積は770,000 acres(7月1日予想と同じ)で、生産量予想は42,350,000 bushels(2007年産実績:40,425,000 bushels)となった。 Durum以外の春冬小麦の生産予想では、単位収量は7月1日予想より7.0 bushels/acre少ない48.0 bushels/acre(2007年産実績:53.0 bushels/acre)と予想され、生産量は8,160,000 bushels(2007年産実績:6,360,000 bushels)の予想であった。詳細は別表の通り。

土壌水分:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 39 39 22 0
Last week(%) 35 37 28 0
Subsoil(%) 29 48 23 0
Last week(%) 21 52 27 0
冬小麦の生育状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested(%) 65 45 76 63
冬小麦の作柄状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 4 26 48 18 4
Last week(%) 11 23 39 23 4
春小麦の生育状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested (%) 61 41 57 48
春小麦の作柄状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 4 36 33 21 6
Last week(%) 6 32 30 27 5
オレゴン州2008年産小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
Oregon
Wheat
Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Winter W 735 770 55 60 55 40,425 42,350
USA 35,952 40,162 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
*Spring W 120 170 53 55 48 6,360 8,160
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988
*Spring wheat other that Durum wheat

29 July, 2008

2008年7月27日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年7月27日に終わる1週間の気象は、多少温度は下がったが、温暖・乾燥気象が続いた。Willamette Valleyの最高気温は83〜88度F、平均気温は平年を2〜4度F下回った。降雨は全く記録されなかった。NC地区の最高気温は92〜98度Fであり、平均気温は平年を1〜3度F下回った。降雨は記録されなかった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:6.9日)であった。土壌水分は減少した。2008年産冬・春小麦共に概ね枯熟期であるが、未だ登熟中の小麦は土壌水分が減少したことより、作柄を落す結果となった。乾燥・温暖気象下で冬小麦、春小麦共に急速に成熟を示した。Willamette Valleyの冬小麦の収穫が開始された。 NC地区の収穫が進んであり、Umatilla郡の土壌の深い東部では高単収が報告され、土壌の浅い西部、南部では平年より低い単収と報告された。Sherman郡の北部にも収穫が広がった。但し、高地では気温が落ちたことより収穫のペースが多少緩んだ。冬小麦は全州の45%が収穫され(昨年:59%、5年平均:43%)、春小麦は41%(昨年:43%、5年平均:27%)が収穫された。 収穫は平年より早めに進展した。冬小麦並びに春小麦は、乾燥気象の為完熟が早まり作柄は前週より多少落ちた。
USDAは7月11日に7月1日付けの2008年産小麦の生産予想を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の単位収量は60.0 bushels/acre(2007年実績:55.0 bushels/acre)、収穫予想面積は770,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は2007年産の14.3%増の46,200,000 bushels(2007年産実績:40,425,000 bushels)であった。 Durum以外の春冬小麦の生産予想では、単位収量は55.0 bushels/acre(2007年産実績:53.0 bushels/acre)、収穫予想面積170,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は2007年産比47%増の9,350,000 bushels(2007年産実績:6,360,000 bushels)であった。

土壌水分:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 35 37 28 0
Last week(%) 28 38 34 0
Subsoil(%) 21 52 27 0
Last week(%) 17 45 38 0
冬小麦の生育状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested(%) 45 23 59 43
冬小麦の作柄状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 11 23 39 23 4
Last week(%) 16 22 28 29 5
春小麦の生育状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested (%) 41 15 43 27
春小麦の作柄状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 6 32 30 27 5
Last week(%) 8 28 28 30 6
オレゴン州2008年産小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
Spring wheat other that Durum wheat
Oregon
Wheat
Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Winter W 735 770 55 60 60 40,425 46,200
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364
Spring W 120 170 53 - 55 6,360 9,350
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

22 July, 2008

2008年7月20日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年7月20日に終わる1週間の気象は、温暖・乾燥気象が続いた。Willamette Valleyの最高気温は91〜94度F、平均気温は平年を1〜4度F上回った。降雨は全く記録されなかった。NC地区の最高気温は91〜100度Fであり多くの観測所が92〜94度Fであった。平均気温は平年を1〜3度F上回った。降雨は記録されなかった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.9日(前週:7.0日)であった。冬小麦、春小麦共に順調な成熟を示した。Willamette Valleyの冬小麦は完熟期となった。NC地区では順調に収穫が進んだ。Sherman郡の北東部で収穫された冬小麦の容積重は55〜56 lbs/bu.と低い数値が報告された。同郡の南部の冬小麦は未だ登熟初期であった。 Morrow郡にて春小麦の収穫が始まった。冬小麦は全州の23%が収穫され、春小麦は15%(昨年:21%、5年平均:7%)が収穫された。冬小麦の作柄は"Fair"が減少し、その分"Poor"及び"Good"が増加した。春小麦の作柄は前週より改善した。
USDAは7月11日に7月1日付けの2008年産小麦の生産予想を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の単位収量は60.0 bushels/acre(2007年実績:55.0 bushels/acre)、収穫予想面積は770,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は2007年産の14.3%増の46,200,000 bushels(2007年産実績:40,425,000 bushels)であった。 Durum以外の春冬小麦の生産予想では、単位収量は55.0 bushels/acre(2007年産実績:53.0 bushels/acre)、収穫予想面積170,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は2007年産比47%増の9,350,000 bushels(2007年産実績:6,360,000 bushels)であった。

土壌水分:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 28 38 34 0
Last week(%) 19 45 36 1
Subsoil(%) 17 45 38 0
Last week(%) 11 51 38 2
冬小麦の生育状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested(%) 23 6 46 27
冬小麦の作柄状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 16 22 28 29 5
Last week(%) 9 20 51 15 5
春小麦の生育状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested (%) 15 - 21 7
春小麦の作柄状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 8 28 28 30 6
Last week(%) 4 31 37 21 7
オレゴン州2008年産小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
Spring wheat other that Durum wheat
Oregon
Wheat
Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Winter W 735 770 55 60 60 40,425 46,200
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364
Spring W 120 170 53 - 55 6,360 9,350
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

15 July, 2008

2008年7月13日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年7月13日に終わる1週間の気象は、全州温暖・乾燥気象であった。1週間の州平均農作業稼動日数は7.0日(前週:6.7日)であり、降雨は全く記録されなかった。Willamette Valleyの最高気温は93〜97度Fとなり、平均気温は平年を5〜7度F上回った。NC地区の最高気温は94〜101度Fであり平均気温は概ね平年並みであった。 Willamette Valleyの冬小麦は完熟直前のHard dough stageとなった。Morrow郡北部では冬小麦の収穫が開始された。Umatilla郡の小麦の収穫開始は7月23日頃と見込まれた。Wasco郡では収穫が最盛期に入った。冬小麦は全州の6%が収穫された。春小麦は96%が出穂し登熟中であった。冬小麦並びに春小麦は乾燥・高温気象が続き作柄が再び落ちた。
USDAは7月11日に7月1日付けの2008年産小麦の生産予想を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の単位収量は60.0 bushels/acre(2007年実績:55.0 bushels/acre)、収穫予想面積は770,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は2007年産の14.3%増の46,200,000 bushels(2007年産実績:40,425,000 bushels)であった。 Durum以外の春冬小麦の生産予想では、単位収量は55.0 bushels/acre(2007年産実績:53.0 bushels/acre)、収穫予想面積170,000 acres(6月30日予想と同じ)で、生産量予想は2007年産比47%増の9,350,000 bushels(2007年産実績:6,360,000 bushels)であった。

土壌水分:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 19 45 36 0
Last week(%) 21 42 36 1
Subsoil(%) 11 51 38 0
Last week(%) 13 40 45 2
冬小麦の生育状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested(%) 6 1 17 9
冬小麦の作柄状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 9 20 51 15 5
Last week(%) 16 26 31 22 5
春小麦の生育状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 96 91 100 93
春小麦の作柄状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 4 31 37 21 7
Last week(%) 6 32 29 25 8
オレゴン州2008年産小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
Spring wheat other that Durum wheat
Oregon Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Wheat
Winter W
735 770 55 60 60 40,425 46,200
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364
Spring W 120 170 53 - 55 6,360 9,350
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

8 July, 2008

2008年7月6日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年7月1日に終わる1週間の気象は、高温・乾燥気象で始まったが週末になり驟雨を伴う涼しい気象となった。Willamette盆地の最高気温は前週より10度F程低く84〜90度Fであったが、平均気温は平年を4〜9度F上回った。NC地区の最高気温は98〜101度Fと高く、平均気温は平年を7〜12度F上回った。 週末には急激に気温が落ちカスケード山系の東部の乾燥地帯に雷雨が有った。1週間の降水量はWillamette Valleyにて0.01〜0.28インチ(Portland)、NC地区では0.01〜0.27インチを週末に記録した。1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:7.0日)であった。Topsoilの土壌水分は前週より減少した、Subsoilの土壌水分は"Surplus"が減少し"Adequate"が多少増加した。 Morrow郡の冬小麦の収穫が開始された。単収は圃場により大きなばらつきが有る模様。Sherman郡の冬小麦は"Turning color"の時期に入ったが、多くの圃場の小麦が未だ"Green"と報告された。Wasco郡の冬小麦は徐々に登熟期の最終段階に入った、しかし春小麦は未だ"Green"との報告であった。 州全体の状況として、冬小麦は1%が収穫され(昨年同期:4%、5年平均:3%)、春小麦は91%が出穂した状態であった。2週続いての乾燥・高温気象が冬小麦と春小麦の作柄を落す結果となった。"Fair"が"Poor"に、"Poor"が"Very Poor"に移行した。

土壌水分:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 21 42 36 1
Last week(%) 16 46 37 1
Subsoil(%) 13 40 45 2
Last week(%) 12 40 44 4
冬小麦の生育状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Harvested(%) 1 - 4 3
冬小麦の作柄状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 16 26 31 22 5
Last week(%) 3 19 50 21 7
春小麦の生育状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 91 88 99 92
春小麦の作柄状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 6 32 29 25 8
Last week(%) 0 27 32 30 11

USDAは2008年6月30日付けにて2008年産小麦の作付面積及び収穫予想面積を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は2007年産より多少増加し、780,000 acres (2007年産:750,000 acres)であった。2008年産春小麦の作付面積も増加し、2007年産の作付面積の1.4倍の180,000 acresでった。詳細は下別表の通り。

2008年産オレゴン州の小麦の作付面積及び収穫予想面積:2008年6月30日付けUSDA発表
*Forecasted
** Spring wheat other that Durum wheat
Kind of Wheat Planted Area
1000 acres
Harvested Area
1000 acres
2007 2008 08/07 % 2007 2008*
Winter
OR
750 780 105.40% 735 770
USA 44,987 46,605 103.60% 35,952 40,252
Spring**
OR
125 180 144.00% 120 170
USA 13,297 14,197 106.80% 12,947 13,751

1 July, 2008

2008年6月29日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年6月29日に終わる1週間の気象は、高温・乾燥気象となった。Willamette盆地の最高気温は99〜103度Fとなり各地で過去の最高気温の記録が更新された。平均気温は平年を3〜8度F上回った。NC地区の最高気温も上がり97〜105度Fとなり、平均気温は平年を1〜2度F上回った。 1週間の降水量はWillamette Valleyにて0.01〜0.39インチ、NC地区では殆どの観測上にて降水量はゼロであったが、週末に雷雨がMorrow 及びSherman郡に発生した。1週間の州平均農作業稼動日数は7.0日(前週:6.6日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より大幅に減少し"Short"と"Very short"が急増した。 気温の上昇により小麦は順調な生育を示した。Sherman郡の土壌の浅い圃場の春小麦は雷雨による水分で劇的に立ち直った。しかし、多くの冬小麦は今後の降雨は殆ど助けにはならない。冬小麦は全州の97%が出穂し、春小麦は88%が出穂(昨年:96%、5年平均:86%)した。冬小麦の成熟は昨年より2週間遅れであった。 気温の上昇は、冬小麦を多少改善させ、春小麦は前週より大幅に改善させた。
USDAは2008年6月30日付けにて2008年産小麦の作付面積及び収穫予想面積を発表した。それによると、オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は2007年産より多少増加し、780,000 acres (2007年産:750,000 acres)であった。2008年産春小麦の作付面積も増加し、2007年産の作付面積の1.4倍の180,000 acresでった。詳細は別表の通り。

土壌水分:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 16 46 37 1
Last week(%) 9 31 57 3
Subsoil(%) 12 40 44 4
Last week(%) 7 30 58 5
冬小麦の生育状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed (%) 97 93 100 99
冬小麦の作柄状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 3 19 50 21 7
Last week(%) 6 16 53 21 4
春小麦の生育状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 88 82 96 86
春小麦の作柄状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 27 32 30 11
Last week(%) 1 28 41 23 4

オレゴン州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるオレゴン州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想と同じ60.0 bushels/acre(昨年比9%増)であり、今期の収穫予想面積も昨年より増加しており、生産量予想は昨年比112.8%の45,600,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Oregon 735 760 55 60 60 40,425 45,600
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364
2008年産オレゴン州の小麦の作付面積及び収穫予想面積:2008年6月30日付けUSDA発表
*Forecasted
**Spring wheat other that Durum wheat
Kind of Wheat Planted Area
1000 acres
Harvested Area
1000 acres
2007 2008 08/07 % 2007 2008*
Winter
OR
750 780 105.40% 735 770
USA 44,987 46,605 103.60% 35,952 40,252
Spring**
OR
125 180 144.00% 120 170
USA 13,297 14,197 106.80% 12,947 13,751

24 June, 2008

2008年6月22日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年6月22日に終わる1週間の気象は、温暖・乾燥気象となった。Willamette盆地の最高気温は83〜87度Fとなり、最低気温は40〜43度Fであった。平均気温は平年並みか多少平年を上回った。同地区での1週間の降水量は0.00インチでった。NC地区(乾燥。小麦地帯)の最高気温は84〜90度Fとなり平均気温は平年を0〜2度F上回った。NC地区の1週間の降水量は0.05〜0.13インチであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.6日(前週:6.2日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より減少した。気温の上昇により小麦は順調な生育を示した。Sherman郡の冬小麦の収穫は例年より10〜14日遅れと予想された。Umatilla郡の冬小麦はゆっくりと登熟期に入った。冬小麦は全州の93%が出穂し、春小麦は82%が出穂(昨年:91%、5年平均:74%)した。 冬小麦の作柄は前週より評価が落ち、"Good"が減り"Fair"が増えた。春小麦の作柄は前週より"Good"及び"Excellent"が減少した。

土壌水分:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 9 31 57 3
Last week(%) 3 27 62 8
Subsoil(%) 7 30 58 5
Last week(%) 3 27 65 5
冬小麦の生育状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 93 90 100 96
冬小麦の作柄状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 6 16 53 21 4
Last week(%) 8 17 46 25 4
春小麦の生育状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 82 71 91 74
春小麦の作柄状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 1 28 41 23 4
Last week(%) 6 15 43 26 10

オレゴン州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるオレゴン州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想と同じ60.0 bushels/acre(昨年比9%増)であり、今期の収穫予想面積も昨年より増加しており、生産量予想は昨年比112.8%の45,600,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Oregon 735 760 55 60 60 40,425 45,600
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

17 June, 2008

2008年6月15日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年6月15日に終わる1週間の気象は、降雨は少なく低目の気温で始まり、週末になり気温が上昇平年の初夏の気象となった。Willamette盆地の最高気温は76〜78度Fとなったが、最低気温は37〜43度Fであり平均気温は平年を4〜7度F下回った。1週間の降水量は0.02〜0.06インチであった。NC地区の最高気温は75〜85度F、最低気温は31〜38度Fで平均気温は平年を6〜10度F下回った。 NC地区の1部では2インチ降雪が有った。1週間の州平均農作業稼動日数は6.2日(前週:4.8日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より減少したが、例年より良好な状態であった。Sherman郡では低温が続き冬小麦の生育は遅れていた。Umatilla郡では季節外れの低温と降雨は小麦にとりマイナス効果となった。Union郡では2インチ以上の降雪が有った。春小麦は順調な生育を続けていた。 冬小麦は90%が出穂(昨年:100%、5年平均:93%)した。春小麦は例年より生育が早く71%が出穂(昨年:74%、5年平均:57%)した。冬小麦及び春小麦の作柄は前週に続き"Poor"が減少し"Fair"の評価が増えた。今後の生育の為に気温の上昇が望まれた。

USDAの6月1日付け2008年産冬小麦の生産量予想では、オレゴン州産冬小麦の単位収量は5月1日予想と同じ60.0 bushels/acre(昨年実績:55.0 bushels/acre)であった。5月の土壌水分が良好であったこと、気温の急上昇が無かったことが高単位収量予想に繋がった。生産量予想は45,600,000ブッシェルで、昨年比12.8%増であった。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 3 27 62 8
Last week(%) 4 21 69 6
Subsoil(%) 3 27 65 5
Last week(%) 7 21 67 6
冬小麦の生育状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 90 84 100 93
冬小麦の作柄状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 8 17 46 25 4
Last week(%) 9 21 42 24 4
春小麦の生育状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 71 55 74 57
春小麦の作柄状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 6 15 43 26 10
Last week(%) 4 28 35 27 6

オレゴン州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるオレゴン州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想と同じ60.0 bushels/acre(昨年比9%増)であり、今期の収穫予想面積も昨年より増加しており、生産量予想は昨年比112.8%の45,600,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Oregon 735 760 55 60 60 40,425 45,600
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

10 June, 2008

2008年6月8日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年6月8日に終わる1週間の気象は、驟雨を伴う冷涼な気象であった。Willamette盆地の最高気温は67〜72度F、最低気温は38〜42度Fであり平均気温は平年を6〜8度F下回った。1週間の降水量は0.70〜0.92インチであった。NC地区の最高気温は69〜73度F、最低気温は37〜43度Fで平均気温は平年を9〜10度F下回った。1週間の州平均農作業稼動日数は4.8日(前週:5.5日)であった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より改善した。Sherman郡では低温と降雨が水分不足のストレスに在った小麦の生育を助けたが、低温が続き収穫期の遅れが予想された。Umatilla郡の小麦も降雨が度々有ったことより、小麦の水分不足のストレスが大部解消された。冬小麦は84%が出穂(昨年:95%、5年平均:86%)した。春小麦は例年より生育が早く55%が出穂(昨年:49%、5年平均:29%)した。 冬小麦及び春小麦の作柄は土壌水分の改善に伴い"Poor"が減少した。今後の生育の為に気温の上昇と充分な土壌水分が望まれていた。

USDAの6月1日付け2008年産冬小麦の生産量予想では、オレゴン州産冬小麦の単位収量は5月1日予想と同じ60.0 bushels/acre(昨年実績:55.0 bushels/acre)であった。5月の土壌水分が良好であったこと、気温の急上昇が無かったことが高単位収量予想に繋がった。生産量予想は45,600,000ブッシェルで、昨年比12.8%増であった。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 4 21 69 6
Last week(%) 4 33 60 3
Subsoil(%) 7 21 67 5
Last week(%) 10 21 63 6
冬小麦の生育状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 84 55 95 86
冬小麦の作柄状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 9 21 42 24 4
Last week(%) 10 35 30 22 3
春小麦の生育状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 55 NA 49 29
春小麦の作柄状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 4 28 35 27 6
Last week(%) 6 38 28 23 5

オレゴン州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるオレゴン州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想と同じ60.0 bushels/acre(昨年比9%増)であり、今期の収穫予想面積も昨年より増加しており、生産量予想は昨年比112.8%の45,600,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Oregon 735 760 55 60 60 40,425 45,600
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

3 June, 2008

2008年6月1日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年6月1日に終わる1週間の気象は、乾燥地帯であるNC地区も含み降雨が見られ比較的気温の低目な気象であった。Willamette盆地の最高気温は69〜71度F、最低気温は平年より40度半ばで平均気温は平年を2〜3度F下回った。1週間の降水量は少なく0.04〜0.41インチであった。乾燥地帯であるNC地区の最高気温は72〜78度F、最低気温は41〜49度F、平均気温は平年か平年を1〜3度F下回った。 同地区の1週間の降水量は0.37〜0.95インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.5日(前週:5.6日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週から殆ど変化が無かった。Sherman郡での小麦にとっては有効な降雨であった。同郡の日中の気温も上がり小麦の作柄を改善した。Umatilla郡では低温気象が続き小麦の生育が遅れていた。又このことがrustの発生の心配を生んでいた。 冬小麦は例年より生育は遅れているが55%が出穂し、作柄は前週より多少改善した。春小麦は出芽が完了し作柄は前週から殆ど変化が無かった。

土壌水分:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 4 33 60 3
Last week(%) 6 32 60 2
Subsoil(%) 10 21 63 6
Last week(%) 12 22 65 1
冬小麦の生育状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 55 27 76 68
冬小麦の作柄状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 10 35 30 22 3
Last week(%) 10 38 29 18 5
春小麦の生育状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) NA NA NA NA
春小麦の作柄状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 6 38 28 23 5
Last week(%) 6 39 26 24 5

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

27 May, 2008

2008年5月24日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年5月24日に終わる1週間の気象は、乾燥地帯であるNC地区も含み降雨が見られ気温が急激に下がった。Willamette根治の最高気温は82〜84度Fに達したが、最低気温は平年より下がり41〜49度Fであった。同地区の1週間の降水量は丘陵地では2インチを越し、Portlandに於いては1.68インチであった。NC地区の最高気温は82〜88度F、最低気温は35〜45度F、平均気温は平年を1〜4度F下回った。 1週間の降水量は0.18〜0.86インチであり、小麦にとり極めて有効な降雨であった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.6日(前週:6.9日)であった。Topsoilの土壌水分は前週より多少改善したが、Subsoilの水分は"Very short"が増加した。冬小麦の出穂が進んだが、未だ例年より大幅に遅れていた。Sherman郡の土壌の浅い地区の冬小麦は水分不足で小麦の色が"Blue"となっており、先の降雨も殆ど効果が無かった。 州全体として冬小麦の作柄状況は前週より評価が落ち"Very poor"の評価が増加した。春小麦の出芽は適時の降雨の為順調であり、98%にて出芽した。春小麦の作柄は降雨にてストレスが減少し前週より改善した。

土壌水分:2008年5月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 6 32 60 2
Last week(%) 6 35 58 1
Subsoil(%) 12 22 65 1
Last week(%) 9 24 65 2
冬小麦の生育状況:2008年5月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 27 4 45 41
冬小麦の作柄状況:2008年5月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 10 38 29 18 5
Last week(%) 6 33 37 22 2
春小麦の生育状況:2008年5月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Emerged(%) 98 95 99 92
春小麦の作柄状況:2008年5月24日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 6 39 26 24 5
Last week(%) 7 42 31 17 2

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

20 May, 2008

2008年5月18日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年5月18日に終わる1週間の気象は、平年並みの気温で始まったが週半ばから高温・少雨の気象となった。Willamette盆地での最高気温は92〜97度Fとなり、各観測所にて最高気温の記録を更新した。平均気温は平年を9〜12度Fも上回った。NC地区の気温は93〜97度Fとなり、最低気温は27〜46度Fで平均気温は平年を7〜14度F上回った。 降雨は少なくWillamette盆地では0.00〜0.08インチ、NC地区の1週間の降水量は0.00〜0.14インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.9日(前週:6.6日)であった。土壌水分は前週より減少した。Willamette盆地の冬小麦は気温の上昇と共に順調な生育を示し、春小麦の播種も進んだ。NC地区の冬小麦は土壌水分不足のストレスを呈しており、急激な気温上昇が更に小麦の生育に障害となった。 冬小麦の作柄は前週より悪化した。春小麦の播種急激に進み略全州にて完了し、気温の上昇で出芽が進み、此れまでの遅れを可也取り戻した。但し、土壌水分不足と急激な気温上昇の為作柄は前週より多少落ちた。

土壌水分:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 6 35 58 1
Last week(%) 5 25 65 5
Subsoil(%) 9 24 65 2
Last week(%) 6 20 68 6
冬小麦の生育状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 4 0 18 20
冬小麦の作柄状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 6 33 37 22 2
Last week(%) 0 31 41 23 5
春小麦の生育状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 99 97 100 99
Emerged(%) 95 78 96 88
春小麦の作柄状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 7 42 31 17 2
Last week(%) 0 45 31 20 4

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

13 May, 2008

2008年5月11日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年5月11日に終わる1週間の気象は、多少気温は上昇したが平年以下の気温と少雨の乾燥気象であった。Willamette盆地での最高気温は72〜74度F、最低気温は33〜44度F、平均気温は平年を1〜4度F下回った。NC地区の平均気温は平年を3〜6度F下回った。各地共殆ど降雨は記録されなかった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.6日(前週:5.6日)であった。 土壌水分は"過多"の圃場が減少し、"Adequate"が増加した。NC地区では土壌水分不足が深刻な問題となって来た。同地区の冬小麦に水分不足のストレスが報告された。冬小麦の生育は低温の為遅れており、出穂した小麦は未だ無い(5年平均:8%出穂)。一方、Willamette盆地の圃場は土壌水分が充分であり、水が引けた圃場より春小麦の播種が進められた。 春小麦の播種、並びに出芽は昨年より遅れ気味であった。小麦の作柄は冬小麦・春小麦共に前週より多少改善した。

土壌水分:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 5 25 65 5
Last week(%) 4 18 62 16
Subsoil(%) 6 20 68 6
Last week(%) 6 19 57 18
冬小麦の生育状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed (%) 0 0 8 8
冬小麦の作柄状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 31 41 23 5
Last week(%) 0 35 46 16 3
春小麦の生育状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 97 96 100 96
Emerged(%) 78 76 93 81
春小麦の作柄状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 45 31 20 4
Last week(%) 0 55 32 11 2

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

6 May, 2008

2008年5月4日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年5月4日に終わる1週間の気象は、週の終わりになり気温が多少上昇したが概して低温で多少の降雨を伴った気象であった。Willamette盆地での最高気温は週末に68〜71度Fに達したが、平均気温は平年を1〜3度F下回った。NC地区に於ける最高気温は68〜73度F、最低気温は26〜32度Fで前週より気温は上昇したが、平均気温は平年を2〜5度F下回った。 1週間の降水量はWillamette盆地では0.0.18〜0.39インチ、NC地区では0.05〜0.14インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.6日(前週:4.6日)であった。土壌水分は"過多"の圃場が減少したが、特に改善されなかった。例年より山岳部の降雪は多かったが、低温の為雪解けが遅れており、灌漑用貯水湖の水位は例年より低い状態と言われた。 NC地区の冬小麦の生育は2週間ほど遅れているとの報告であり、Willamette盆地の1部では低温と湿潤の為、冬小麦にYellow dwarf virusの被害が発生したことが報告された。作柄は前週より急激に悪化し"Poor"が35%となった。春小麦の播種と出芽は平年より多少早い進捗であったが、作柄は評価は良くなかった。

土壌水分:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 4 18 62 16
Last week(%) 2 13 62 23
Subsoil(%) 6 19 57 18
Last week(%) 6 15 56 23
冬小麦の生育状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 0 0 1 2
冬小麦の作柄状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 35 46 16 3
Last week(%) 0 5 69 20 6
春小麦の生育状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 96 94 98 93
Emerged(%) 76 68 83 72
春小麦の作柄状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 55 32 11 2
Last week(%) NA NA NA NA NA

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

29 April, 2008

2008年4月27日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年4月27日に終わる1週間の気象は、週末に気温が上昇したが低温気象であった。Willamette盆地での最高気温は週末に69〜71度Fに達したが、平均気温は平年を4〜5度F下回った。NC地区に於ける最高気温は72〜73度F、最低気温は11〜25度Fと低く平均気温は平年を5〜8度F下回った。 1週間の降水量はWillamette盆地では降雪や雹を伴い0.78〜1.91インチ、NC地区のMoro観測所では0.29インチ、Pendletonでは0.04インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は4.6日(前週:5.0日)であった。土壌水分はWillamette盆地にて"過多"の圃場が増え、一方NC地区では多少の降雨は有ったが風の日が多く土壌水分は前週より減少した。 NC地区ではTopsoil水分不足と低温が重なり冬小麦の生育が遅れていた。冬小麦の作柄は前週より評価が落ちた。春小麦の播種と出芽は平年より早い進捗であった。

土壌水分:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil (%) 2 13 62 23
Last week(%) 0 13 69 18
Subsoil(%) 6 15 56 23
Last week(%) 3 13 63 21
冬小麦の生育状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed (%) 0 0 0 0
冬小麦の作柄状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, USDA-Oregon Field Office.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 5 69 20 6
Last week(%) 0 5 49 35 11
春小麦の生育状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 94 83 95 87
Emerged(%) 68 45 66 58

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

22 April, 2008

2008年4月20日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年4月20日に終わる1週間の気象は、週初めに気温は急激に下がり1週間を通し低温で所により降雪を伴った。各地で氷点下の気温を記録し、開花期の果樹に被害が発生した。Willamette盆地の最高気温は60度に達せず、平均気温は平年を6〜8度F下回った。 NC地区での最高気温は66〜68度Fであったが、最低気温が低く平均気温は平年を5〜11度F下回った。1週間の降水量はWillamette盆地では0.30〜0.43インチ、NC地区では0.02〜0.29インチであった。同地区の昨年9月1日からの積算降水量はPendletonで8.25インチ、Moroにて8.04インチで平年を夫々0.99インチ、0.76インチ下回っていた。 1週間の州平均農作業稼動日数は5.0日(前週:4.9日)であった。NC地区の冬小麦は低温の為生育が遅れていたが、作柄は前週より評価が上がった。NC地区では各地に強風が吹き、Topsoilの過多水分が減少し、春小麦の播種作業が進みだが、昨年より多少遅れていた。出芽も低温の為平年より遅れていた。

土壌水分:2008年4月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 0 13 69 18
Last week(%) 0 11 64 25
Subsoil(%) 3 13 63 21
Last week(%) 2 12 65 21
冬小麦の生育状況:2008年4月20日現在
Source: Oregon Agricultural Statistic Service
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crops
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed (%) 0 0 0 0
冬小麦の作柄状況:2008年4月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 5 49 35 11
Last week(%) 0 8 57 29 6
春小麦の生育状況:2008年4月20日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 83 80 89 82
Emerged(%) 45 39 54 50

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

15 April, 2008

2008年4月13日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年4月13日に終わる1週間の気象は、引き続き湿潤・低温気象であった。しかし、週末になり気温が上昇し、Willamette盆地のEugene観測所では最高気温84度Fを記録した。NC地区では最高気温は77〜81度Fとなったが最低気温が極めて低く、平均気温は平年を2度F程下回った。 1週間の降水量はWillamette盆地では0.22〜0.97インチ、NC地区では0.08〜0.11インチであった。土壌水分は良好な状態であった。Morrow郡では殆ど降水は無く、Cool & Windyな一周間であった。播種の遅かった冬小麦並びに出芽直後の春小麦の順調な生育には気温の上昇が必要であった。 Sherman郡の気象も低温であり、明け方には霜が連日続いた。南斜面の冬小麦の草丈は正常であるが、北斜面の冬小麦の草丈葉著しく低い。春小麦の出芽は低温で遅れていた。Umatilla郡も同様乾燥・低温気温で冬小麦の生育が遅れていた。春小麦の出芽も平年より遅れていた。 Blue Mountainの残雪量は平年より多少多目と報告された。小麦地帯の南側斜面の冬小麦の作柄は良好との報告であり、全州の作柄評価は前週よりExcellentの評価が増えた。1週間の州平均農作業稼動日数は4.9日(前週:4.7日)であった。

土壌水分:2008年4月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 0 11 64 25
Last week(%) 0 10 55 35
Subsoil(%) 2 12 65 21
Last week(%) 0 16 50 34
冬小麦の生育状況:2008年4月13日現在
Source: Oregon Agricultural Statistic Service 5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crops
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Headed(%) 0 NA 0 0
冬小麦の作柄状況:2008年4月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 8 57 29 6
Last week(%) 0 7 60 30 3
春小麦の生育状況:2008年4月13日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office 5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 80 76 80 74
Emerged(%) 39 36 43 40

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

8 April, 2008

2008年4月6日現在の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年4月6日に終わる1週間の気象は、前週に続き湿潤・低温気象であった。気温は平年を下回り、全州に降雨があった。Willamette盆地の最高気温は61〜63度Fで平均気温は平年を1〜6度F下回った。NC地区の最高気温は61〜65度F、最低気温は16〜25度Fで平均気温は平年を7〜9度F下回った。 1週間の降水量はWillamette盆地では0.25〜0.59インチ、NC地区では0.08〜0.10インチであった。土壌水分は良好と報告された。1週間の州平均農作業稼動日数は4.7日(前週:2.0日)であった。2008年産冬小麦の作柄は"Good〜Excellent"が33%の報告であった。

土壌水分:2008年4月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 0 10 55 35
Last week(%) NA NA NA NA
Subsoil(%) 0 16 50 34
Last week(%) NA NA NA NA
冬小麦の作柄状況:2008年4月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 7 60 30 3
Last week(%) NA NA NA NA NA
春小麦の生育状況:2008年4月6日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) NA NA NA NA

2008年3月11日付けUSDA発表のオレゴン産小麦の作付面積

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。2008年産春小麦は2007年産の44%増の46,610,000エーカーと予想された。

2008年産冬小麦及び春小麦の作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Winter wheat 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
Spring wheat 120 125 180 144%
USA 14,899 13,297 14,333 108%

4 March, 2008

2008年2月の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年2月の気象は、平年より多少高目の気温であり、降水量は平年以下であった。最高気温は40度F前後、最低気温はマイナス3〜32度Fの幅があった。2月の降水量合計は、全州42の観測所の内23の観測所にて1インチ以下であった。カスケード山系の2月末の積雪量は79.0〜107.0インチであった。 今期の降雪量は良好と報告された。カスケード山系の東の乾燥地帯でのSnow coverは例年より継続性があり、2月末現在多くの圃場にSnow coverが残っていると報告された。2008年産冬小麦の作柄報告は無かった。

2008年1月11日付けUSDA発表の2008年産冬小麦の作付面積、2007年産小麦の収穫面積、生産量

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。
2007年産の単収は、不作であった2006年産より多少良い55.0 bushels/acreであったが2005年産の61.0 bushelsにはいたらなかった。
2007年産春小麦の単収は53.0 bushels/acreの結果であり2005年、2006年産を上回った。生産量は6.360,000 bushelsであった。

2008年産冬小麦作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Oregon 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
冬小麦の作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Oregon 830 760 750 780 730 735
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Oregon 61 53 55 47,850 38,690 40,425
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989
春小麦(デュラム小麦を除く)作付面積及び収穫面積
Crop yr. Area Planted
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Oregon 125 120 125 115 115 120
USA 14,036 14,899 13,297 13,609 13,878 12,947
春小麦(デュラム小麦を除く)の単収と収穫量
Crop yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 52 50 53 5,980 5,750 6,360
USA 37.1 33.2 37 504,456 460,480 479,047

6 February, 2008

2008年1月の気象及び作柄概況

オレゴン州の2008年1月の気象は、慨して低温・湿潤であった。最高気温は41度F〜62度F、最低気温はマイナス17度から20度Fの幅が有った。Mr.Hood、Government Campの1月の降雪量は50.0インチで、1月末の積雪は103.0インチの深さであった。オレゴンの山岳部の降雪量は昨年及び平年を上回った。 カスケード山系の東の乾燥地帯での降水量(積雪及び降雪による)は平均0.5インチであった。冬小麦の作柄報告は無かった。

2008年1月11日付けUSDA発表の2008年産冬小麦の作付面積、2007年産小麦の収穫面積、生産量

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。
2007年産の単収は、不作であった2006年産より多少良い55.0 bushels/acreであったが2005年産の61.0 bushelsにはいたらなかった。
2007年産春小麦の単収は53.0 bushels/acreの結果であり2005年、2006年産を上回った。生産量は6.360,000 bushelsであった。

2008年産冬小麦作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Oregon 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
冬小麦の作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Oregon 830 760 750 780 730 735
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Oregon 61 53 55 47,850 38,690 40,425
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989
春小麦(デュラム小麦を除く)作付面積及び収穫面積
Crop yr. Area Planted
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Oregon 125 120 125 115 115 120
USA 14,036 14,899 13,297 13,609 13,878 12,947
春小麦(デュラム小麦を除く)の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 52 50 53 5,980 5,750 6,360
USA 37.1 33.2 37 504,456 460,480 479,047

11 January, 2008

2007年12月の気象概

オレゴン州の12月の平均気温は20度F半ばから40度F前半であった。全州に於いて湿潤な気象が続き、降水量は平年を上回った。山岳部では降雪が有り、多いところで76.7インチの降雪量であった。オレゴン州の中央部(カスケード山系の東側)のSnow Coverは平年並みであった。 NC地区の冬小麦の一部は、低温の為充分な生長を遂げない侭に冬を迎えた。

2008年1月11日付けUSDA発表の2008年産冬小麦の作付面積、2007年産小麦の収穫面積、生産量

オレゴン州の2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産より多少増加し780,000エーカー(2007年産:750,000エーカー)と発表された。
2007年産の単収は、不作であった2006年産より多少良い55.0 bushels/acreであったが2005年産の61.0 bushelsにはいたらなかった。
2007年産春小麦の単収は53.0 bushels/acreの結果であり2005年、2006年産を上回った。生産量は6.360,000 bushelsであった。

2008年産冬小麦作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Oregon 760 750 780 104%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
冬小麦の作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Oregon 830 760 750 780 730 735
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Oregon 61 53 55 47,850 38,690 40,425
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989
春小麦(デュラム小麦を除く)作付面積及び収穫面積
Crop yr. Area Planted
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Oregon 125 120 125 115 115 120
USA 14,036 14,899 13,297 13,609 13,878 12,947
春小麦(デュラム小麦を除く)の単収と収穫量
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 52 50 53 5,980 5,750 6,360
USA 37.1 33.2 37 504,456 460,480 479,047

27 November, 2007

2007年11月25日現在

オレゴン州の11月25日に終わる1週間は、夜間から早朝の冷え込みが厳しく氷点下になり日中も50度F前後と低く、低温の概ね乾燥気象であった。Willamette Valleyの平均気温は平年を6〜9度F下回り、NC地区の平均気温は8〜11度F平年を下回った。 1週間の降水量はWillamette Valleyでは0.27〜0.74インチ、NC地区では0.16〜0.73インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は改善し5.7日(前週4.1日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より"Surplus"の圃場が減少し、"Adequate"の圃場が増加した。 出芽後の小麦の生育は、低温の為遅れが出た。Washington郡では春播き作物の為の圃場整備が開始された。冬小麦の播種完了圃場の94%にて出芽した。出芽は昨年並びに5年平均より速い進捗であった。小麦の作柄は前週に比較し"Poor"が減り"Fair"が増加した。

今期の2008年産冬小麦の週刊作柄報告書は、11月27日付け報告書を以って一時中断し、冬期は月刊報告書とし、2008年4月より週刊作柄報告書を再開致します。

土壌水分:2007年11月25日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 3 11 75 11
Last week(%) 4 12 64 20
Subsoil(%) 6 18 65 11
Last week(%) 6 20 57 17
冬小麦の生育状況:2007年11月25日現在
Source: National Agricultural Statistic Service Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Emerged(%) 94 80 88 84
冬小麦の作柄状況:2007年11月25日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 8 44 47 1
Last week(%) 0 11 39 47 3

20 November, 2007

2007年11月18日現在

オレゴン州の11月18日に終わる1週間は、暖かい気象で始まり週末になり湿潤な気象となった。Willamette Valleyの平均気温は平年を3〜4度F上回り、NC地区の平均気温は5〜7度F平年を上回った。但し、NC地区の夜間の気温は19〜24度Fまで下がった。 1週間の降水量はWillamette Valleyでは1.98〜3.22インチ、NC地区では0.86〜2.02インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は改善し4.1日(前週6.2日)となった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より改善し、同時に"Surplus"の圃場が多発した。 Willamette Valleyの小麦の出芽と生育は温暖な気温と降水にて良好であった。NC地区の圃場も週末の適量な降雨により小麦は著しく改善した。Wasco郡では降雪が記録された。2008年産冬小麦の播種は全州にて完了し、播種圃場の80%にて出芽した。 出芽は昨年より多少遅れているが、5年平均より早い進捗でった。小麦の作柄は待望の降雨が有ったことより、前週より改善し、50%が"Good"〜"Excellent"の評価(前週は同評価は28%)であった。

土壌水分:2007年11月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 4 12 64 20
Last week(%) 4 15 73 8
Subsoil(%) 6 20 57 17
Last week(%) 9 22 63 6
冬小麦の生育状況:2007年11月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 100 98 100 98
Emerged(%) 80 69 83 76
冬小麦の作柄状況:2007年11月18日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 11 39 47 3
Last week(%) 0 31 41 26 2

13 November, 2007

2007年11月11日現在

オレゴン州の11月11日に終わる1週間は、暖かい気象で始まり週末になり降雨が有った。Willamette Valleyの平均気温は平年を1〜7度F上回り、NC地区の平均気温は1〜4度F平年を上回った。但し、夜間の気温は氷点下となった。 1週間の降水量はWillamette Valleyでは0.26〜0.56インチ、NC地区では0.04〜0.58インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は改善し6.2日(前週6.8日)となった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より改善した。 NC地区での冬小麦の播種は終了し、Willamette Valleyでは最終段階となった。小麦の出芽は昨年より遅いペースであり、全州の69%にて出芽した(昨年:81%、5年平均:65%)。出芽は全州の60%にて完了(昨年:75%、5年平均:59%)。 出芽も昨年より遅れていた。冬小麦の出芽後の作柄は、週末の降雨により前週より評価が上がった。

土壌水分:2007年11月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 4 15 73 8
Last week (%) 8 10 73 9
Subsoil (%) 9 22 63 6
Last week (%) 6 26 62 6
冬小麦の生育状況:2007年11月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 98 92 100 95
Emerged(%) 69 60 81 68
冬小麦の作柄状況:2007年11月11日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 31 41 26 2
Last week(%) 0 38 47 15 0

6 November, 2007

2007年11月4日現在

オレゴン州の11月4日に終わる1週間の気象は、典型的な秋の気象であった。日中は温暖であり夜間は氷点下に落ちる個所もあった。Willamette Valleyでも各地に霜が降りた。NC地区の最低気温は21〜27度Fであった。 Willamette Valley及びNC地区1週間の降水量は0.00〜0.20インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は改善し6.8日(前週6.4日)となった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より多少改善した。Wasco郡にTopsoil土壌水分は極めて良好と報告された。 冬小麦の播種はWillamette Valleyの一部を除き最終段階となり、全州の92%にて略完了した。播種の進捗は昨年より多少遅いが、5年平均より早い進展であった。出芽は全州の60%にて完了(昨年:75%、5年平均:59%)。 出芽も昨年より遅れていた。作柄は前週より評価が更に落ちた。

土壌水分:2007年11月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil (%) 8 10 73 9
Last week(%) 12 14 61 13
Subsoil(%) 6 26 62 6
Last week(%) 15 25 55 0
冬小麦の生育状況:2007年11月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 92 85 97 89
Emerged(%) 60 52 75 59
冬小麦の作柄状況:2007年11月4日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 38 47 15 0
Last week(%) 0 36 38 26 0

30 October, 2007

2007年10月28日現在

オレゴン州の10月28日に終わる1週間の気象は、一転し温暖・乾燥気象となった。Willamette Valleyの最高気温は71〜75度Fとなり、NC地区では69〜73度Fであった。最低気温はValleyでは29〜36度F、NC地区であは22〜27度Fで平均気温は平年を1〜4度F上回った。 降雨は少なくValleyにて0.05〜0.11インチを記録したが、NC地区では殆ど降雨は記録されなかった。1週間の州平均農作業稼動日数は改善し6.4日(前週4.0日)となった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より減少した。 水分の過多の圃場が減少し"Adequate"が増えたが同時に"Short"と"Very Short"が増加した。Sherman郡の冬小麦と大麦の播種は略完了した。9月の初めに乾燥圃場に播種した小麦の出芽は悪いが、全体としては出芽は良好。多くの圃場にて更に降雨が必要な状態であった。 10月28日現在全州の88%(昨年:91%、5年平均:81%)にて完了し、播種圃場の52%にて出芽した。出芽は5年平均より多少早い進展であったが、昨年より遅れていた。作柄は前週より評価が落ちた。土壌水分の減少が小麦の作柄を落す原因となった。

土壌水分:2007年10月28日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 12 14 61 13
Last week(%) 6 10 59 25
Subsoil(%) 15 25 55 0
Last week(%) 9 26 65 0
冬小麦の生育状況:2007年10月28日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 85 81 91 81
Emerged(%) 52 50 62 46
冬小麦の作柄状況:2007年10月28日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 36 38 26 0
Last week(%) 0 39 15 46 0

23 October, 2007

2007年10月21日現在

オレゴン州の10月21日に終わる1週間の気象は、平年並みの降雨を伴った低目の気温の気象であった。Willamette Valleyの最高気温は63〜65度F、最低気温は39〜45F、1週間の降水量は1.92〜4.00インチであった。 NC地区の最高気温は59〜70度Fで最低気温は32〜35度Fで、平均気温は平年を1〜6度F下回った。同地区の1週間の降水量は0.65〜3.26インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は4.0日(前週5.2日)であった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より改善したが、Topsoil水分の過多が25%と急増した。Wasco郡では播種作業が降雨で中断した。Sherman郡では播種は概ね完了した。Sherman郡では10月18日に大雨が有り、土壌水分が大幅に改善した。 冬小麦の播種は、10月21日現在全州の81%(昨年:89%、5年平均:68%)にて完了し、播種圃場の50%にて出芽した。出芽は5年平均より早い進展であった。作柄は39%が"Poor"の評価であった。

土壌水分:2007年10月21日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 6 10 59 25
Last week(%) 6 30 72 2
Subsoil(%) 9 26 65 0
Last week(%) 21 36 43 0
冬小麦の生育状況:2007年10月21日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 81 78 89 68
Emerged(%) 50 47 59 35
冬小麦の作柄状況:2007年10月21日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 39 15 46 0
Last week(%) NA NA NA NA NA

16 October, 2007

2007年10月14日現在

オレゴン州の10月14日に終わる1週間の気象は、前週に引き続き低温となり各地に降雨が見られた。Willamette Valleyの最高気温は63〜69度F、最低気温は49〜53F、1週間の降水量は0.19〜0.43インチであった。 NC地区の最高気温は66〜70度Fで最低気温は33〜39度Fであった。同地区の1週間の降水量は0.26〜0.40インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.2日(前週5.0日)であった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より更に改善し、播種直後の小麦に有効であった。Sherman郡に於ける冬小麦の播種は順調に進み、適時の降雨が出芽後の小麦に有効であった。 Wasco郡の小麦圃場の水分が改善され、冬小麦の播種が進んだ。冬小麦の播種は、10月14日現在全州の78%(昨年:79%、5年平均:56%)にて完了し、播種圃場の47%にて出芽した。出芽は昨年並びに5年平均より早い進展であった。

土壌水分:2007年10月14日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 6 30 72 2
Last week(%) 11 18 70 1
Subsoil(%) 21 36 43 0
Last week(%) 24 35 41 0
冬小麦の生育状況:2007年10月14日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 78 62 79 56
Emerged(%) 47 35 42 23

9 October, 2007

2007年10月7日現在

オレゴン州の10月7日に終わる1週間の気象は、低温・湿潤気象となった。気温は前週より更に落ち、Willamette Valleyの最高気温は61〜68度F、最低気温は35〜43度Fとなった。 NC地区での最高気温はHermiston観測所にて74度Fを記録したが、その他の観測所は皆60度Fの後半であった。1週間の降水量はWillamette Valleyでは0.77〜1.03インチ、NC地区では0.24〜0.76インチであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は5.0日(前週6.5日)であった。圃場のTopsoil及びSubsoilの水分は大幅に改善した。降雨は播種作業を遅らせる結果となったが、冬小麦にとっては有効であった。 Sherman郡では週末に纏った降雨が有り、土壌水分が改善された。小麦の出芽は順調と報告された。
前週まで見られた"Planting in dust"の状況は見られなかった。2008年産冬小麦の播種は、10月2日現在全州の62%(昨年:68%、5年平均:43%)にて完了し、播種圃場の35%にて出芽した。 出芽は昨年並びに5年平均より早い進展であった。

土壌水分:2007年10月7日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 11 18 70 1
Last week(%) 28 42 30 0
Subsoil(%) 24 35 41 0
Last week(%) 28 41 31 0
冬小麦の生育状況:2007年10月7日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 62 55 68 43
Emerged(%) 35 26 27 13

2 October, 2007

2007年9月30日現在

オレゴン州の9月30日に終わる1週間の気象は、前週より気温が落ち平均気温は平年を5〜6度F下回り、低温・湿潤気象となった。 Willamette Valleyの最高気温は76〜80度Fであったが、最低気温は殆どの観測所が40度に達しなかった。1週間の降水量は1.30〜2.28インチを記録した。 NC地区の平均気温は平年を3〜6度F下回り、1週間の降水量は0.13〜0.22インチであった。降雨は殆ど週末に集中した。1週間の州平均農作業稼動日数は6.5日(前週6.6日)であった。 圃場のTopsoil及びSubsoilの水分は大分改善した。しかし、NC地区の降雨は極めて局地的であった為、多くの農家の播種計画が天気予報に左右され、適時の播種を実行で来た農家と乾燥圃場に播種する( Planting in dust)農家とが発生した。 Willamette Valleyでは多雨の為播種作業を中断するケースも発生した。散発的/局地的な降雨は未だ出芽していない圃場にとっては、同一圃場にて出芽に斑が出る為、必ずしも有効な降雨とは言えなかった。 Sherman郡の播種作業は天気予報に振られ"Stop & Go"の状態であった。結果として乾燥圃場に播種した農家も出た。Umatilla郡の乾燥圃場には降雨は有効であったと報告された。
2008年産冬小麦の播種は遅れ勝ちであったが、前週の降雨でペースが速まり、9月30日現在全州の55%(昨年:54%、5年平均:28%)にて完了し、播種圃場の26%にて出芽した。出芽は昨年より早い進展となった。

土壌水分:2007年9月30日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 28 42 30 0
Last week(%) 37 45 18 0
Subsoil(%) 28 41 31 0
Last week(%) 31 54 15 0
冬小麦の生育状況:2007年9月30日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 55 20 54 28
Emerged(%) 26 2 23 9
オレゴン州2007年産冬小麦の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
USDAによる2007年8月1日付けオレゴン州2007年産冬小麦の生産量予想では、単位収量は7月1日予想と同じ55.0 bushels/acreであった。収穫面積が昨年より増え生産量は41,250,000bushels(昨年実績:38,690,000 bushelsの6.6%増)の予想であった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Oregon 730 750 53 55 55 38,690 41,250
USA 31,117 37,588 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262
2007年産春小麦のUSDA生産量予想
8月1日付けのUSDAの予想では、単位収量が7月1日予想より5.0 bushels/acre増え昨年と同数の50.0 bushels/acreなった。生産量予想は6,250,000 bushelsであった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Oregon 115 125 50 45 50 5,750 6,250
USA 13,878 12,733 33.2 39.1 39.1 460,480 500,073

25 September, 2007

2007年9月23日現在

オレゴン州の9月23日に終わる1週間の気象は、多少の降雨を伴った冷涼な気象となった。Willamette Valleyの平均気温は平年を2〜4度F下回り、1週間の降水量は0.05〜0.24インチ、NC地区の気温は平年を3度F程下回った。 所により降雨が見られたが降水量は0.03〜0.05インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.6日(前週6.5日)であった。圃場のTopsoil水分は多少前州より改善したが、冬小麦の播種には纏った降雨が必要であった。
2008年産冬小麦の播種は土壌水分不足より昨年より遅れがちであった。9月23日現在全州の20%(昨年:36%、5年平均:15%)にて完了し、播種圃場の2%にて出芽した。

土壌水分:2007年9月23日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 37 45 18 0
Last week(%) 45 34 21 0
Subsoil(%) 31 54 15 0
Last week(%) 47 33 20 0
冬小麦の生育状況:2007年9月23日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 20 13 36 15
Emerged(%) 2 NA 11 3
オレゴン州2007年産冬小麦の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
USDAによる2007年8月1日付けオレゴン州2007年産冬小麦の生産量予想では、単位収量は7月1日予想と同じ55.0 bushels/acreであった。収穫面積が昨年より増え生産量は41,250,000bushels(昨年実績:38,690,000 bushelsの6.6%増)の予想であった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Oregon 730 750 53 55 55 38,690 41,250
USA 31,117 37,588 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262
2007年産春小麦のUSDA生産量予想
8月1日付けのUSDAの予想では、単位収量が7月1日予想より5.0 bushels/acre増え昨年と同数の50.0 bushels/acreなった。生産量予想は6,250,000 bushelsであった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Oregon 115 125 50 45 50 5,750 6,250
USA 13,878 12,733 33.2 39.1 39.1 460,480 500,073

18 September, 2007

2007年9月16日現在

オレゴン州の9月16日に終わる1週間の気象は、週の初めは平年より高目の気温で推移したが週後半に急激に冷え込んだ。降雨は少なくWillamette Valleyでは1週間の降水量は0.01〜0.04インチ、NC地区の降水量は0.00〜0.06インチ(Pendleton)であった。最高気温はWillamette Valleyでは93〜96度Fを記録し、NC地区では89〜90度Fであった。最低気温はWillamette Valleyにて42〜48度F、NC地区では39〜45度Fであった。 1週間の週平均農作業稼動日数は6.5日(前週6.5日)であった。圃場のTopsoilの79%が"Short"から"Very short"の状態であった。Subsoilの土壌水分80%の圃場にて"Short"以下であった。
2008年産冬小麦の播種は9月第2週初めより開始され、9月16日現在13%の圃場にて完了した(昨年:19%、5年平均:8%)。小麦価格の高騰が続いたが前週価格が落ちたことが一部農家に播種を躊躇させた模様。更に乾燥土壌への播種作業(整地作業)は表土を風で失う恐れも有り、又土壌が硬く作業に時間が掛かることもあり雨待ちをする農家も出た。2007年産の春小麦が登熟期の乾燥気象の為不作となり、農家は冬小麦の作付面積を増やす方向にある。 冬小麦の播種は昨年より多少遅いスタートとなっている。
オレゴン州2007年産のWhite Wheatは全小麦作付面積の89.7%(2006年産:91.7%)を占める。内訳はSoft white winter:79.5%(2006年産:82.5%)、Soft white spring:9.0%(2006年産:7.6%)、White club:1.4%(2006年:7.6%)であった。2006年産よりRed Winter、Red Springの作付けが増えた。
Soft white winterの中心品種はStephensで全州小麦面積の26%、第2位がTubbsの15%、第3位はORCF 101 (OSU certified)の12%であった。Soft white springの品種では、Alpowa、Club wheatの人気品種はCodaとChuckerであった。

土壌水分:2007年9月16日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
  Very short Short Adequate Surplus
Topsoil(%) 45 34 21 0
Last week(%) 48 33 19 0
Subsoil(%) 47 33 20 0
Last week(%) 44 35 21 0
冬小麦の生育状況:2007年9月16日現在
Source: National Agricultural Statistic Service, Oregon Field Office
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years
  This week Last week Last year 5-Yr.Average
Planted(%) 13 8 19 8
Emerged(%) NA NA NA NA
オレゴン州2007年産冬小麦の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
USDAによる2007年8月1日付けオレゴン州2007年産冬小麦の生産量予想では、単位収量は7月1日予想と同じ55.0 bushels/acreであった。収穫面積が昨年より増え生産量は41,250,000bushels(昨年実績:38,690,000 bushelsの6.6%増)の予想であった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Oregon 730 750 53 55 55 38,690 41,250
USA 31,117 37,588 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262
2007年産春小麦のUSDA生産量予想
8月1日付けのUSDAの予想では、単位収量が7月1日予想より5.0 bushels/acre増え昨年と同数の50.0 bushels/acreなった。生産量予想は6,250,000 bushelsであった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Oregon 115 125 50 45 50 5,750 6,250
USA 13,878 12,733 33.2 39.1 39.1 460,480 500,073
このページの先頭へ戻る

お問合せご利用について個人情報の取扱いについて 検査業務請負に係る一般契約条件(PDF 23K)サイトマップ

Copyright © 2005 Overseas Merchandise Inspection Co., Ltd. All Rights Reserved.