omic's logo

OMIC > OMIC Report > Archives > ネブラスカ州小麦作柄レポート(2006)

ネブラスカ州小麦作柄レポート

ネブラスカ州

2006年度産作柄レポート

2006年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想

8月1日付けUSDA発表の2006年産冬小麦の生産量予想では、ネブラスカ産冬小麦の単収は、7月1日予想より1 bushel少なく33.0 bushel/acreとなった。昨年実績(39.0 bushels/acre)比の15.3%減であった。生産量は54,450,000ブッシェル(昨年:380,000,000ブッシェルの79.3%)と予想された。詳細は別表の通り。2006年産冬小麦は生殖成長以降の天候が高温・乾燥となり、特に登熟期の高温・乾燥が単位収量を落す結果となった。2006年冬小麦の作付け品種は、Jagaleneが最も多く、作付け面積の23.6%を占めた。同品種は2004年より作付けが開始された品種である。ネブラスカ州の最大の小麦生産地区であるNW地区ではPronghonが最も多く22.7%、第2位がAllianceの17.6%、第3位がBuckskinで12.6%となっており、Jagaleneは7.9%(第5位)であった。Jagaleneの作付けはSW地区、SC地区に多い。州全体での作付け比率は、Jagalene:23.8%、第2位はPronghon:10.1%、Alliance:10.1%、Milenium:9.5%、第5位はWesley:5.8%が上位5位の新種であった。Hard White Winter Wheatの作付けは全体の1.0%(2005年産:1.9%)であい、昨年産より減少した。

2006年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
  Harvested 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
1-Jul 1-Aug
Nebraska 1,760 1,650 39 34 33 61,050 68,640 54.45
USA 33,794 31,177 44.4 41.1 41.2 1,499,434 1,499,129 1,283,134

1 August, 2006(最終)

2006年7月30日現在

2006年7月30日に終わる1週間の気象は、高温・乾燥気象となった。NW地区、NC地区の日中の最高気温は、全ての観測所にて100度F以上を記録した。平均気温は、各地とも平年を3〜8度F上回った。降雨は少なく特に州東部3地区の降雨量は0.00〜0.17インチと少なかった。一番降雨の多かったのはNC地区であり、1週間の降水量は0.00〜0.66インチであった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.7日(前週:6.0日)であった。土壌水分は悪化し、5年平均より非常に乾燥した状態となった。2007年産冬小麦の播種準備の為に降雨が必要とされた。冬小麦の収穫は全州にて完了した。生殖成長に入ってから高温・乾燥気象の日が多かったことより、登熟が早まり昨年及び5年平均より1週間ほど早い収穫完了となった。4月1日からの積算降水量は、各地とも平年より極めて少なく、小麦の生育期が乾燥状態であったことが判る。2006年冬小麦の作付け品種は、Jagaleneが最も多く、作付け面積の23.6%を占めた。同品種は2004年より作付けが開始された品種である。ネブラスカ州の最大の小麦生産地区であるNW地区ではPronghonが最も多く22.7%、第2位がAllianceの17.6%、第3位がBuckskinで12.6%となっており、Jagaleneは7.9%(第5位)であった。Jagaleneの作付けはSW地区、SC地区に多い。州全体での作付け比率は、Jagalene:23.8%、第2位はPronghon:10.1%、Alliance:10.1%、Milenium:9.5%、第5位はWesley:5.8%が上位5位の新種であった。Hard White Winter Wheatの作付けは全体の1.0%(2005年産:1.9%)であい、昨年産より減少した。7月1日付けUSDA発表の2006年産冬小麦の生産量予想では、ネブラスカ産冬小麦の単収は、6月1日予想と変わらず、34.0 bushel/acreであった。昨年実績比で12.8%減である。生産量は56,100,00ブッシェル(昨年の81.7%)と予想された。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの7月30日までの積算降水量 (Inch):
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.11 0.41 0.08 0.18 0.02 0.32 0.01 0.09
Total since 4/1 5.98 7.68 8.34 7.83 9.81 8.22 9.28 13.1
Normal since 4/1 10.06 12.04 13.71 13 14.23 11.68 12.73 14.6
Total % of normal 59% 64% 60% 60% 68% 70% 73% 89%
土壌水分:2006年7月30日現在:
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil (%)   Very short 50 35 24 28
Short 33 36 33 32
Adequate 17 29 43 39
Surplus 0 0 0 1
Subsoil (%)  Very short 47 45 18 30
Short 37 36 40 35
Adequate 16 19 42 35
Surplus 0 0 0 0
小麦生育状況:2006年7月30日現在:
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Harvested (%) 100 96 98 97
2006年7月1日付けUSDA冬小麦生産量予想:
  Harvested 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
1-May 1-Jun
Nebraska 1,760 1,650 39 34 34 61,050 68,640 56,100
USA 33,794 31,177 44.4 40.5 41.1 1,499,434 1,499,129 1,280,005

25 July 2006

2006年7月23日現在

2006年7月23日に終わる1週間の気象は、高温気象、西部地区では乾燥、中央から東部に掛け・湿潤気象となった。NW地区の日中の最高気温は101〜103度Fであり、多少前週より低かったが、全州にて100度以上を記録した。SW地区では103〜108度Fで1週間の降水量は0.68〜1.10インチであった。SE地区が最も降水量が多く、0.82〜2.08インチ、最高気温は102〜107どFであった。土壌水分は前週より多少改善した。1週間の州平均農作業稼働日数は6.0日(前週:6.0日)であった。冬小麦の収穫は最終段階に入り、全州の96%にて完了した(昨年同期:92%、5年平均:87%)。多少昨年より早い完了となる。出穂後の高温は、単位収量に悪影響を生じた。7月1日付けUSDA発表の2006年産冬小麦の生産量予想では、ネブラスカ産冬小麦の単収は、6月1日予想と変わらず、34.0 bushel/acreであった。昨年実績比で12.8%減である。生産量は56,100,00ブッシェル(昨年の81.7%)と予想された。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの7月23日までの積算降水量 (Inch):
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.13 0.11 0.09 0.52 0.7 0.94 1.38 1.47
Total since 4/1 5.86 7.27 8.26 7.65 9.8 7.9 9.3 13.01
Normal since 4/1 9.54 11.35 13.03 12.32 13.52 11.01 12.03 13.79
Total % of normal 81% 64% 63% 62% 72% 71% 77% 93%
土壌水分:2006年7月23日現在:
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil (%)   Very short 35 36 19 26
Short 36 48 43 33
Adequate 29 16 38 40
Surplus 0 0 0 1
Subsoil (%)  Very short 45 43 16 27
Short 36 46 37 34
Adequate 19 11 47 39
Surplus 0 0 0 0
小麦生育状況:2006年7月23日現在:
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Harvested    (%) 96 91 92 87
2006年7月1日付けUSDA冬小麦生産量予想:
  Harvested 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
1-May 1-Jun
Nebraska 1,760 1,650 39 34 34 61,050 68,640 56,100
USA 33,794 31,177 44.4 40.5 41.1 1,499,434 1,499,129 1,280,005

18 July 2006

2006年7月16日現在

2006年7月16日に終わる1週間の気象は、高温・湿潤気象となった。NW地区の日中の最高気温は105〜107度F、NC地区では107〜108度Fとなり、全州にて100度以上を記録した。平均気温は各地で平年を2〜7度F上回った。降雨はNW地区では少なかったが、東部では1週間の降水量が1インチを越した観測所が多かった。特にSE地区では多くの観測所にて2インチ以上の降水量を記録した。1週間の州平均農作業稼働日数は6.0日(前週:6.4日)であった。高温であったことより、州平均の土壌水分は降雨が有ったにも拘わらず前週より多少減少した。高温は収穫を更に早め、冬小麦の91%が収穫された。7月1日付けUSDA発表の2006年産冬小麦の生産量予想では、ネブラスカ産冬小麦の単収は、6月1日予想と変わらず、34.0 bushel/acreであった。昨年実績比で12.8%減である。生産量は56,100,00ブッシェル(昨年の81.7%)と予想された。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの7月16日までの積算降水量 (Inch):
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.25 0.2 0.25 0.89 1 0.52 0.8 2.01
Total since 4/1 5.73 7.17 8.17 7.13 9.11 6.96 7.91 11.53
Normal since 4/1 8.97 10.64 12.33 11.61 12.79 10.33 11.32 12.98
Total % of normal 64% 67% 66% 61% 71% 67% 70% 88%
土壌水分:2006年7月16日現在:
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil (%)   Very short 36 30 8 18
Short 48 39 45 32
Adequate 16 31 46 49
Surplus 0 0 1 1
Subsoil (%)  Very short 43 37 10 22
Short 46 39 38 34
Adequate 11 24 52 44
Surplus 0 0 0 0
小麦生育状況:2006年7月16日現在:
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Harvested    (%) 91 80 71 66
2006年7月1日付けUSDA冬小麦生産量予想:
  Harvested 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
1-May 1-Jun
Nebraska 1,760 1,650 39 34 34 61,050 68,640 56,100
USA 33,794 31,177 44.4 40.5 41.1 1,499,434 1,499,129 1,280,005

11 July 2006

2006年7月9日現在

2006年7月9日に終わる1週間の気象は、前週より多少気温が下がり降雨を伴った気象となった。各地の平均気温は平年を1〜5度F下回った。NW地区では最高気温は93〜97度F、1週間の降水量は0.03〜1.75インチと振れが有った。SW地区では最高気温は92〜97度F、降水量は0.20〜1.39インチであった。SE地区では平均気温は平年を5度F程下回った。1週間の州平均農作業稼働日数は6.4日(前週:6.7日)であった。土壌水分は前週より多少改善したが、未だ可也昨年並びに5年平均より悪い状態でった。冬小麦は全州の95%が完熟(平年:75%)し、全州の80%(昨年:48%)にて収穫が完了した。高温・乾燥が続き例年より早い成熟となった。7月1日付けUSDA発表の2006年産冬小麦の生産量予想では、ネブラスカ産冬小麦の単収は、6月1日予想と変わらず、34.0 bushel/acreであった。昨年実績比で12.8%減である。生産量は56,100,00ブッシェル(昨年の81.7%)と予想された。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの7月9日までの積算降水量 (Inch):
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.61 0.29 0.18 0.44 0.13 0.58 0.06 0.3
Total since 4/1 5.5 6.97 7.94 6.24 8.12 6.43 7.11 9.66
Normal since 4/1 8.4 9.93 11.6 10.91 12.05 9.62 10.59 12.15
Total % of normal 66% 70% 68% 57% 67% 67% 67% 79%
土壌水分:2006年7月9日現在:
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil (%)   Very short 30 32 6 17
Short 39 40 43 33
Adequate 31 28 51 47
Surplus 0 0 0 3
Subsoil (%)  Very short 37 38 8 12
Short 39 41 29 33
Adequate 24 21 63 45
Surplus 0 0 0 0
小麦生育状況:2006年7月9日現在:
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Ripe (%) 95 83 75 70
Harvested (%) 80 50 48 44
2006年6月1日付けUSDA冬小麦生産量予想:
  Harvested 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
1-May 1-Jun
Nebraska 1,760 1,650 39 34 34 61,050 68,640 56,100
USA 33,794 31,177 44.4 40.5 41.1 1,499,434 1,499,129 1,280,005

4 July 2006

2006年7月2日現在

2006年7月2日に終わる1週間の気象は、高温・乾燥気象となった。日中の最高気温は各地区で96〜99度F、数箇所にて100度以上を記録した。平均気温は平年を1〜2度F上回った。1週間の降水量は少なく0.00〜1.06インチであった。4月1日からの積算降水量は平年の63〜73%である。1週間の州平均農作業稼働日数は6.7日(前週:5.3日)であった。土壌水分は前週より減少し5年平均より悪化した。小麦の成熟は急速に進み、全州の83%の小麦が完熟(平年:41%)し、全州の50%にて収穫が完了した。昨年より1週間早い進捗であった。作柄は前週より落ちた。急速な完熟は単位収量を落す原因となる。6月1日付けUSDA発表の2006年産冬小麦の生産量予想では、ネブラスカ産冬小麦の単収は、5月1日予想より4ブッシェル落ち、34.0 bushel/acreとなり、昨年実績の12.8%減であった。生産量は56,100,00ブッシェル(昨年の81.7%)と予想された。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの7月2日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.14 0.09 0.12 0.45 0.16 0.24 0.07 0.07
Total since 4/1 4.88 6.73 7.73 5.82 8.06 5.83 7.14 9.42
Normal since 4/1 7.81 9.2 10.85 10.2 11.29 8.91 9.86 11.31
Total % of normal 63% 73% 71% 56% 71% 65% 72% 82%
土壌水分:2006年7月2日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil (%)   Very short 32 20 2 17
Short 40 37 27 29
Adequate 28 43 70 52
Surplus 0 1 1 2
Subsoil (%)  Very short 38 33 7 21
Short 41 46 25 31
Adequate 21 21 68 47
Surplus 0 0 0 1
小麦生育状況:2006年7月2日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Ripe        (%) 83 43 39 41
Harvested    (%) 50 12 19 18
2006年6月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
  Harvested 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
1-May 1-Jun
Nebraska 1,760 1,650 39 38 34 61,050 68,640 56,100
USA 33,794 31,177 44.4 42.4 40.5 1,499,434 1,499,129 1,263,766

27 June 2006

2006年6月25日現在

2006年6月25日に終わる1週間には、全州に降雨が有った。NW地区(Panhandle)では0.73〜2.04インチを記録したが、他の地区では1インチ未満であった。日中の最高気温はNW地区では89〜90度F、SC地区では92〜101度Fであったが、概して平年同期より低目であった。1週間の州平均農作業稼働日数は5.3日(前週:5.7日)であった。土壌水分は降雨が有ったが前週より落ちた。降雨の合い間を縫い、冬小麦の収穫が開始し、降雨を縫って活発に進められた。全州で12%の圃場にて収穫が完了した。小麦の完熟は昨年並びに例年よい早く、43%にて完熟した(昨年:15%、5年平均:18%)。6月1日付けUSDA発表の2006年産冬小麦の生産量予想では、ネブラスカ産冬小麦の単収は、5月1日予想より4ブッシェル落ち、34.0 bushel/acreとなり、昨年実績の12.8%減であった。生産量は56,100,00ブッシェル(昨年の81.7%)と予想された。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの6月25日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 1.33 0.65 0.82 0.35 0.51 0.91 0.8 0.73
Total since 4/1 4.71 6.56 7.63 5.42 7.91 5.6 7.17 9.48
Normal since 4/1 7.2 8.4 9.95 9.34 10.38 8.14 9.04 10.39
Total % of normal 66% 78% 77% 57% 76% 68% 79% 91%
土壌水分:2006年6月25日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil (%)   Very short 20 21 1 15
Short 37 25 18 25
Adequate 43 52 76 57
Surplus 0 2 5 3
Subsoil (%)  Very short 33 23 5 21
Short 46 43 16 24
Adequate 21 34 78 54
Surplus 0 0 1 1
小麦生育状況:2006年6月25日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Turning Color (%) 93 90 77 76
Ripe        (%) 43 17 15 18
Harvested    (%) 12 0 4 4
小麦作柄状況:2006年6月25日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 25 25 33 15 2
Last week (%) 26 28 29 16 1
2006年6月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
  Harvested 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
1-May 1-Jun
Nebraska 1,760 1,650 39 38 34 61,050 68,640 56,100
USA 33,794 31,177 44.4 42.4 40.5 1,499,434 1,499,129 1,263,766

20 June 2006

2006年6月18日現在

2006年6月18日に終わる1週間の気象は、東北部を除き平年より高めの気温、とPanhandleを除き多雨の気象であった。NW地区(Panhandle)では最高気温は101〜105度Fとなった。1週間の降水量は他地区より少なく平均0.54インチ(0.00〜0.58インチ)、SW地区の最高気温は102〜08度F、1週間の降水量は平均1.81インチであった。1週間の州平均農作業稼働日数は5.7日(前週:6.3日)であった。土壌水分は降雨によりTopsoilそしてSubsoil共に前週より改善したが、小麦にとっては多少遅れた降雨であった。冬小麦は急速に登熟し、17%が完熟した(昨年:1%、5年平均:4%)。冬小麦は降雨が有ったが高温の為の作柄は改善されず、昨年より可也悪いとの報告であった。6月1日付けUSDA発表の2006年産冬小麦の生産量予想では、ネブラスカ産冬小麦の単収は、5月1日予想より4ブッシェル落ち、34.0 bushel/acreとなり、昨年実績の12.8%減であった。生産量は56,100,00ブッシェル(昨年の81.7%)と予想された。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの6月18日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.54 1.5 1.7 1.93 1.07 1.81 2.6 0.63
Total since 4/1 3.39 5.93 6.81 5.08 7.39 4.69 6.36 8.76
Normal since 4/1 6.54 7.57 8.96 8.45 9.4 7.34 8.18 9.42
Total % of normal 52% 78% 76% 59% 78% 63% 77% 92%
土壌水分:2006年6月18日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil (%)   Very short 21 39 0 9
Short 25 32 7 21
Adequate 52 29 86 66
Surplus 2 0 7 4
Subsoil (%)  Very short 23 34 5 16
Short 43 37 15 27
Adequate 34 29 79 57
Surplus 0 0 1 0
小麦生育状況:2006年6月18日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Turning Color (%) 90 49 52 51
Ripe        (%) 17 0 1 4
小麦作柄状況:2006年6月18日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 26 28 29 16 1
Last week (%) 24 27 32 15 2
2006年6月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
  Harvested 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
1-May 1-Jun
Nebraska 1,760 1,650 39 38 34 61,050 68,640 56,100
USA 33,794 31,177 44.4 42.4 40.5 1,499,434 1,499,129 1,263,766

13 June 2006

2006年6月11日現在

2006年6月11日に終わる1週間は、100度に達する高温気象で始まり、週末になり降雨が有り急激に気温が下がった。SW地区の日中の最高気温は104度Fとなった。NW地区では101度F、平均気温は平年を9度F上回った。NC地区に於いてのみ100度に至らず98度Fが最高気温であった。Panhandleでは平均0.67インチ(0.15〜1.50インチ)の降水量があった。SW地区では0.67〜1.61インチであった。降雨は週末に集中した為、1週間の州平均農作業稼働日数は6.3日(前週:6.3日)であった。土壌水分は降雨にも拘わらずTopsoilそしてSubsoil共に前週より減少た。昨年並びに5年平均より悪い状態が続いた。高温の為冬小麦の生殖成長は急速に進み、全体の98%が出穂(昨年:91%、5年平均:89%)し、49%が登熟期(昨年同期:18%、5年平均:23%)となった。小麦の作柄は前週より更に悪化し、昨年並びに5年平均の作柄より悪い状態となった。急速な登熟は澱粉蓄積が不十分となる恐れがあり、単位収量を落す結果となる。    6月1日付けUSDA発表の2006年産冬小麦の生産量予想では、ネブラスカ産冬小麦の単収は、5月1日予想より4ブッシェル落ち、34.0 bushel/acreとなり、昨年実績の12.8%減であった。生産量は56,100,00ブッシェル(昨年の81.7%)と予想された。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの6月11日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.67 0.7 0.32 0.56 0.26 0.96 0.56 0.63
Total since 4/1 2.84 4.43 5.14 3.14 6.32 2.87 3.77 8.12
Normal since 4/1 5.86 6.74 7.97 7.565 8.41 6.53 7.31 8.44
Total % of normal 48% 65% 65% 41% 75% 43% 51% 95%
土壌水分:2006年6月11日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil (%)   Very short 39 37 0 11
Short 32 31 3 17
Adequate 29 32 81 67
Surplus 0 0 16 5
Subsoil (%)  Very short 34 30 2 16
Short 37 32 14 25
Adequate 29 38 81 58
Surplus 0 0 3 1
小麦生育状況:2006年6月11日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Headed      (%) 98 87 91 89
Turning color(%) 49 16 18 23
小麦作柄状況:2006年6月11日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 24 27 32 15 2
Last week (%) 20 25 34 19 2
2006年6月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
  Harvested 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
1-May 1-Jun
Nebraska 1,760 1,650 39 38 34 61,050 68,640 56,100
USA 33,794 31,177 44.4 42.4 40.5 1,499,434 1,499,129 1,263,766

6 June 2006

2006年6月4日現在

2006年6月4日に終わる1週間の気象は、引続き高温気象で、時々降雨が有った。気温が最も高かったのはPanhandleであり、最高気温は93度F、最低気温は36〜43度Fであった。各地の平均気温は平年を1〜5度F上回った。1週間の降水量はSE地区が最も多く平均1.60インチ、NW地区では0.02〜0.78インチであった。SW地区では0.14〜1.33インチであった。土壌水分は降雨にも拘わらずTopsoilそしてSubsoil共に減少し、昨年並びに5年平均より悪い状態が続いた。特に、SW地区及び中央地区が極めて乾燥した状態となった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.3日(前週:6.2日)であった。高温の為、冬小麦の生殖成長は昨年並びに5年平均より早く、全体の87%が出穂(昨年:76%、五年平均:75%)した。小麦の作柄は前週より更に悪化し、昨年並びに5年平均の作柄より悪い状態であった。2006年産冬小麦の生産量予想(5月1日付けUSDA予想)では、ネブラスカ産冬小麦の単収は昨年より多少低い38.0 bu/acre(昨年実績:39.0bu/acre)であった。今後の気温と降水量が単位収量に大きく影響しよう。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの6月4日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.33 0.14 0.61 0.24 0.78 0.43 1 1.6
Total since 4/1 2.14 3.73 4.95 2.6 6.11 1.92 3.12 7.61
Normal since 4/1 5.19 5.9 6.95 6.63 7.41 5.71 6.41 7.45
Total % of normal 41% 63% 71% 38% 82% 33% 48% 101%
土壌水分:2006年6月4日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil      Very short 37 33 0 11
Short 31 34 6 17
Adequate 32 33 88 68
Surplus 0 0 6 4
Subsoil   Very short 30 21 2 18
Short 32 39 14 26
Adequate 38 40 82 56
Surplus 0 0 0 0
小麦生育状況:2006年6月4日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Headed (%) 87 65 76 75
小麦作柄状況:2006年6月4日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 20 25 34 19 2
Last week (%) 17 22 32 27 2
5月1日付けUSDA発表冬小麦生産量予想
  Harvested Area 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
NE 1,760 1,650 39 38 61,050 68,640 62,700
USA 33,794 31,177 44.4 42.4 1,499,434 1,499,129 1,322,831

30 May 2006

2006年5月28日現在

2006年5月28日に終わる1週間の気象は、高温・強風気象であった。全州にて降雨は有ったが降水量は作物の水分不足を補うほどではなかった。Panhandleに於ける日中の最高気温は92〜95度Fであり、平均気温は平年を7〜9度F上回った。SW地区では98〜100度Fとなり、平均気温は平年を10〜11度F上回った。他の全ての地区でも平均気温は平年を10度F以上上回った。降水量はNW地区で0.00〜0.19インチ、SW地区では0.20〜0.55インチ、SC地区では0.11〜0.54インチ、一番降水量の多かったのはEC地区で0.93〜1.95インチであった。土壌水分はTopsoilそしてSubsoil共に前週より減少し、昨年並びに5年平均より悪い状態が続いた。特にNW(Panhandle)地区、SW地区、SC地区が悪く旱魃状態に近い。1週間の州平均農作業稼働日数は6.2日(前週:6.8日)であった。高温の為、冬小麦は急激に生殖成長を示した。全体の65%が出穂(昨年:58%、五年平均:57%)した。小麦の作柄は前週より悪化した。昨年並びに5年平均の作柄より悪い状態であった。小麦は今後益々雨を必要とする時期である。2006年産冬小麦の生産量予想(5月1日付けUSDA予想)では、ネブラスカ産冬小麦の単収は昨年より多少低い38.0 bu/acre(昨年実績:39.0bu/acre)であったが、今後降雨が少なければ単収は更に減少する恐れがある。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの5月28日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.23 0.13 0.67 0.37 1.09 0.65 0.28 0.84
Total since 4/1 1.79 3.6 4.42 2.41 5.32 1.51 2.13 6.07
Normal since 4/1 4.49 5.07 5.97 5.72 6.41 4.89 5.51 6.47
Total % of normal 39% 72% 74% 41% 82% 31% 38% 93%
土壌水分:2006年5月28日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil      Very short 33 21 4 10
Short 34 37 20 22
Adequate 33 42 71 65
Surplus 0 0 5 3
Subsoil   Very short 21 18 11 18
Short 39 34 27 29
Adequate 40 48 62 53
Surplus 0 0 0 0
小麦生育状況:2006年5月28日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Headed (%) 65 35 58 57
小麦作柄状況:2006年5月28日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 17 22 32 27 2
Last week (%) 12 18 35 32 3
5月1日付けUSDA発表冬小麦生産量予想
  Harvested Area 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
NE 1,760 1,650 39 38 61,050 68,640 62,700
USA 33,794 31,177 44.4 42.4 1,499,434 1,499,129 1,322,831

23 May 2006

2006年5月21日現在

2006年5月21日に終わる1週間の気象は、温暖・乾燥気象となった。NW地区の日中の最高気温は89〜90度F、最低気温は33〜36度であり平均気温は平年を4〜7度F上回った。SW地区の日中の最高気温は94度F、最低気温は32〜34度Fであり、平均気温は平年を4〜5度F上回った。降水量は少なく、NE地区で0.01〜0.06インチを記録した場所も有ったが全州殆ど降雨は記録されなかった。今期4月1日からの累積降水量は、全地区で始めて平年より少なくなった。Topsoil並びにSubsoil共に土壌水分が減少し昨年並びに平年より悪い状態となった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.8日(前週:6.2日)であった。高温の為、冬小麦は急激に生育(99%が節間伸長以降)し、土壌水分不足は小麦を生殖成長に推し進め35%が出穂した。昨年同期では20%の出穂であった。生殖成長期に入った小麦は降雨を必要とした。2006年産冬小麦の生産量予想(5月1日付けUSDA予想)では、ネブラスカ産冬小麦の単収は昨年より多少低い38.0 bu/acre(昨年実績:39.0bu/acre)であったが、今後降雨が少なければ単収は更に減少する恐れがある。。詳細は別表の通り。

2006年4月1日からの5月21日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.08 0.04 0.1 0 0.03 0 0 0.01
Total since 4/1 1.56 3.5 3.78 2.07 4.23 0.86 1.76 5.23
Normal since 4/1 3.79 4.3 5.08 4.85 5.45 4.11 4.61 5.51
Total % of normal 41% 81% 74% 42% 77% 20% 38% 94%
土壌水分:2006年5月21日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil      Very short 21 15 1 8
Short 37 25 17 17
Adequate 42 59 79 71
Surplus 0 1 3 4
Subsoil   Very short 18 16 10 18
Short 34 30 24 28
Adequate 48 54 65 53
Surplus 0 0 1 1
小麦生育状況:2006年5月21日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Jointed(%) 99 79 93 88
Headed (%) 35 12 20 30
小麦作柄状況:2006年5月21日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 12 18 35 32 3
Last week (%) 13 20 31 30 6
5月1日付けUSDA発表冬小麦生産量予想
  Harvested Area 1,000 acres Yield bushels/acre Production 1,000 bushels
2005 2006 2005 2006 2004 2005 2006
NE 1,760 1,650 39 38 61,050 68,640 62,700
USA 33,794 31,177 44.4 42.4 1,499,434 1,499,129 1,322,831

16 May 2006

2006年5月14日現在

2006年5月14日に終わる1週間の気象は、前週に引続き低温・少雨の気象であった。NW地区の日中の最高気温は75〜77度F、最低気温は28〜29度と前週より気温は低かった。平均気温は平年を3〜7度F下回った。SW地区の日中の最高気温は79〜83度F、最低気温は29〜30度Fまで下がり、平均気温は平年を2〜3度下回った。降水量は少なく、特にSW地区では平均0.04インチ、Panhandle地方では0.15インチであった。4月1日から5月14日までの各地区の積算降水量は軒並み平年以下となった。NW地区では平年の43%、SW地区の降水量は平年の25%まで落ちた。1週間の州平均農作業稼働日数は6.2日(前週:4.5日)であった。土壌水分は前週より減少し、Topsoilの土壌水分は昨年並びに平年以下となった。冬小麦は79%が節間成長期にあるが此れは昨年(82%)より遅い。但し、昨年より早く既に12%が出穂した(昨年:3%)。土壌水分不足より充分な節間伸長をしないまま生殖成長に入ったことを意味する。冬小麦の作柄は土壌水分の不足と共に評価が更に落ちた。

2006年4月1日からの5月14日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.15 0.02 0.07 0.05 0.28 0.04 0.1 0.67
Total since 4/1 1.48 3.46 3.68 2.07 4.21 0.85 1.75 5.22
Normal since 4/1 3.1 3.54 4.21 4.01 4.5 3.34 3.73 4.57
Total % of normal 47% 98% 87% 51% 93% 25% 46% 113%
土壌水分:2006年5月14日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil      Very short 15 4 1 7
Short 25 24 6 16
Adequate 59 71 78 71
Surplus 1 1 15 6
Subsoil   Very short 16 9 10 16
Short 30 36 20 29
Adequate 54 55 66 54
Surplus 0 0 4 1
小麦生育状況:2006年5月14日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Jointed(%) 79 64 82 74
Headed (%) 12 0 3 9
小麦作柄状況:2006年5月14日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 13 20 31 30 6
Last week (%) 7 12 34 42 5

9 May 2006

2006年5月7日現在

2006年5月7日に終わる1週間の気象は、低温・少雨の気象であった。NW地区の日中の最高気温は76〜80度Fであったが、最低気温は32〜35度であり、平均気温は平年を2〜3度下回った。SW地区の日中の最高気温は83〜87度F、最低気温は35〜40度Fであり平均気温は平年を1〜2度下回った。降雨が少なかったことから農作業は捗った。1週間の州平均農作業稼働日数は4.5日(前週:3.9日)であった。州全体としては、Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より多少落ちた。冬小麦の平年より多少早く64%が節間伸長に入ったが、昨年より遅れていた。出穂は未だであった。冬小麦の作柄は2週続きで評価が落ちた。

2006年4月1日からの5月7日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.27 0.02 0.17 0.11 0.39 0.09 0.45 0.66
Total since 4/1 1.32 3.44 3.61 2.02 3.96 0.81 1.65 4.55
Normal since 4/1 2.43 2.81 3.35 3.19 3.58 2.59 2.86 3.65
Total % of normal 54% 123% 108% 63% 109% 31% 57% 124%
土壌水分:2006年5月7日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil  Very short 4 3 3 8
Short 24 22 17 17
Adequate 71 72 78 67
Surplus 1 3 2 8
Subsoil   Very short 9 15 14 17
Short 36 26 25 31
Adequate 55 58 60 51
Surplus 0 1 1 1
小麦生育状況:2006年5月7日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Jointed(%) 64 38 73 58
Headed (%) 0 0 0 1
小麦作柄状況:2006年5月7日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 7 12 34 42 5
Last week (%) 5 11 34 44 6

2 May 2006

2006年4月30日現在

2006年4月30日に終わる1週間の気象は、州東部3地区では低温・湿潤気象、一方西部地区では低温・少雨の気象であった。特にSW地区では降雨は少なかった。SW地区の4月の降水量は平年の40%であり、今後の旱魃が心配された。西部地区を中心に気温が下がり最低気温は氷点下となり、小麦への影響が心配された。各地の日中の最高気温は、71〜74度、中央部から南部では75〜80度であったが、最低気温は各地で21〜28度F(東南部で29〜38度)であた。平均気温は各地で4〜8度F平年を下回った。1週間の州平均農作業稼働日数は3.9日(前週:6.3日)であった。州全体としては、Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より改善した。冬小麦の平年並みの38%が節間伸長しているが、昨年より生育は遅れている。冬小麦の作柄評価は前週に比較し多少評価が落ちた。

2006年4月1日からの4月30日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.43 0.8 1.15 0.9 2.05 0.3 0.63 1.92
Total since 4/1 1.75 2.1 2.5 2.39 2.67 1.86 2.01 2.74
Normal since 4/1 1.31 1.56 1.89 1.8 2.03 1.4 1.52 2.07
Total % of normal 59% 165% 138% 80% 132 38% 59% 140%
土壌水分:2006年4月30日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil  Very short 3 6 1 8
Short 22 31 7 19
Adequate 72 63 86 71
Surplus 3 0 6 2
Subsoil   Very short 15 15 10 20
Short 26 31 27 37
Adequate 58 54 61 42
Surplus 1 0 2 1
小麦生育状況:2006年4月30日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Jointed(%) 38 22 58 38
Headed (%) 0 0 0 0
小麦作柄状況:2006年4月30日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 5 11 34 44 6
Last week (%) 4 8 34 48 6

25 April 2006

2006年4月23日現在

2006年4月23日に終わる1週間の気象は温暖・乾燥となった。Panhandleでは強い風が吹いたが、春の農作業が順調にはかどった。降雨は全州で殆ど記録されなかった。平均気温はNE地区を除き、NW地区では略平年並みか1度F高、その他の地区では2〜4度F平年を上回った。日中の最高気温はNW地区(Panhandle)では79〜85度、SW地区では77〜82度Fであった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.3日(前週:5.8日)であった。Topsoilの土壌水分は前週より多少落ちたが、Subsoilの水分は"適"が増えた。冬小麦の23%が節間伸長しており、昨年より生育は多少遅れているが、略平年並みであった。冬小麦の作柄評価は前週から変化無かった。

2006年4月1日からの4月23日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.03 0.05 0.01 0 0.01 0.01 0 0
Total since 4/1 0.62 2.63 2.29 1.01 1.48 0.41 0.57 1.97
Normal since 4/1 1.31 1.56 1.89 1.8 2.03 1.4 1.52 2.07
Total % of normal 46% 169% 123% 56% 73% 29% 38% 93%
土壌水分:2006年4月23日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil  Very short 6 4 1 9
Short 31 19 7 19
Adequate 63 74 78 67
Surplus 0 3 14 5
Subsoil   Very short 15 14 11 21
Short 31 34 27 38
Adequate 54 51 61 41
Surplus 0 1 1 0
小麦生育状況:2006年4月23日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Jointed(%) 22 13 38 21
Headed (%) 0 0 0 0
小麦作柄状況:2006年4月23日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 4 8 34 48 6
Last week (%) 4 8 34 48 6

18 April 2006

2006年4月16日現在

2006年4月16日に終わる1週間には久しぶりに太陽が輝き、乾燥・温暖な気象となった。降雨を記録したのは州東部3地区であり、特にNEでは多雨となった。Panhandle及びSW地区の殆どの観測所では降雨は記録されなかった。気温は上昇し日中の最高気温は、NW地区で84〜88度、SW地区では89度、Cent地区では90度Fに達した。平均気温は各地で平年を10〜16度F上回った。1週間の州平均農作業稼働日数は5.8日(前週:2.9日)であった。風を伴った高温気象により、土壌は乾燥し、州東部の土壌水分"過多"の圃場は"適"となった。Subsoilの水分は多少前週より落ちた。冬小麦の生育は気温の上昇で早まり13%が節間伸長に入った。昨年より多少未だ遅れているが、5年平均より早い進捗となった。小麦の作柄には前週と比較し大きな変化は無かった。
2006年4月1日からの4月16日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0 0.42 1.01 0.07 0.34 0.05 0.01 0.2
Total since 4/1 0.59 2.59 2.28 1 1.48 0.4 0.57 1.96
Normal since 4/1 0.89 1.07 1.29 1.23 1.4 0.95 1.03 1.42
Total % of normal 65% 245% 179% 82% 105% 42% 57% 135%
土壌水分:2006年4月16日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil  Very short 4 1 0 6
Short 19 10 18 21
Adequate 74 69 81 68
Surplus 3 20 1 5
Subsoil   Very short 14 13 13 25
Short 34 27 32 39
Adequate 51 59 55 36
Surplus 1 1 0 0
小麦生育状況:2006年4月16日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Jointed(%) 13 1 19 9
小麦作柄状況:2006年4月16日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 4 8 34 48 6
Last week (%) 3 7 36 49 5

11 April 2006

2006年4月9日現在:

2006年4月2日に終わる1週間も前週に引き続き降雨の日が続いた。特に州北部中央、東北部及び東南部が多雨で有った。Panhandleの1週間の降水量は平均0.58インチに対しNE地区では0.85〜2.22インチ、SE地区の平均雨量は1.23インチであった。SW地区では0.33〜0.54インチの降水が有ったが、同地区は更に降雨を必要としている。各地の平均気温は平年を3〜6度F上回った。日中の最高気温はPanhandleにて81度F、SW地区でも81度Fになった。1週間の州平均農作業稼働日数は2.9日(前週:1.5日)であった。州東部の一部では土壌水分過多の為、農作業が捗らなかった。冬小麦の1%が節間伸長に入った。昨年並びに5年平均より多少遅れてた生育である。冬小麦の作柄は前週と殆ど同じ評価であった。

2006年4月1日からの4月9日までの積算降水量 (Inch)
Item NW NC NE CEN EC SW SC SE
Week total 0.58 1.82 1.04 0.65 0.78 0.34 0.41 1.23
Total since 4/1 0.59 2.18 1.27 0.93 1.24 0.36 0.56 1.76
Normal since 4/1 0.49 0.6 0.71 0.69 0.78 0.53 0.57 0.79
Total % of normal 117% 367% 183% 137% 159% 67% 101% 217%
土壌水分:2006年4月9日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil  Very short 1 1 3 14
Short 10 11 23 27
Adequate 69 82 71 57
Surplus 20 6 3 2
Subsoil   Very short 13 13 18 26
Short 27 40 36 41
Adequate 59 47 46 33
Surplus 1 0 0 0
小麦生育状況:2006年4月9日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Jointed(%) 1 NA 9 4
小麦作柄状況:2006年4月9日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 3 7 36 49 5
Last week (%) 3 7 35 50 5

4 April 2006

2006年4月2日現在

2006年4月2日に終わる1週間の日中の気温は各地で上昇し雪解けが進んだ。SW地区を除き各地に有効な降雨が有り、雪解け水と合わせ土壌水分が蓄えられた。Panhandleの1週間の降水量は0.09〜0.5インチ、SW地区では0.01〜0.13インチ、東部では0.99〜2.32インチであった。各地の平均気温は平年を1〜5度F上回った。日中の最高気温はPanhandleにて70度F、SW地区では78度Fになった。1週間の州平均農作業稼働日数は1.5日(前週:3.9日)であった。気温の上昇と土壌水分の改善により、冬小麦の作柄は改善した。"Good〜Excellent"は55%であり、これは昨年並びに5年平均より良い評価で有った。

2006年産冬小麦の作付け面積は、2005産作付けより減少し1,750,000 acres(2005年産作付け面積:1,850,000 acres)と発表された。

土壌水分:2006年4月2日現在
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil  Very short 1 NA 2 15
Short 11 NA 21 26
Adequate 82 NA 76 57
Surplus 6 NA 1 2
Subsoil   Very short 13 NA 15 26
Short 40 NA 36 39
Adequate 47 NA 49 35
Surplus 0 NA 0 0
小麦作柄状況:2006年4月2日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 3 7 35 50 5
Last week (%) 4 7 46 40 3

28 March 2006

2006年3月26日現在

2005年11月の終わりに全州が大雪に見舞われた。12月中旬に入り気温が平年以上となりこの雪が溶け、土壌が軟弱となり農作業が中断した。12月末のSnow coverは殆ど無くなり、州中央部の一部で0.2インチの報告があった。12月末の冬小麦の作柄は"Good〜Excellent"が64%と報告された。2006年1月の気温は異常に高く、此れまでの最高気温の記録は1933年であるがそれに並ぶ暖かな1月となった。平均気温は平年を10〜15度上回った。1月の降水量は少なく、一ヶ月の降水量は0.5インチ以下であった。多くの地区で土壌水分が平年以下となった。Snow CoverはPanhandle 以外では殆どゼロであった。小麦の作柄は12月より多少落ちた。2月の降水量はNW地区では平年並みであったが、他の地区では平年の50%程度であった。2月中旬から気温が急激に下がり、氷点下の日が続き小麦の作柄が悪化した。"Good〜Excellent"の評価は42%に落ちた。SW地区の作柄が最悪であった。多くの地区で土壌水分の減少が心配された。
3月第3週に大型の低気圧が通過し全州に降雪が有り、特に州東部に大雪をもたらした。3月末でのSnow Coverは全州に有り南部では凡そ3インチ、NC地区では17インチと報告された。冬小麦の作柄は多少改善した。

USDA発表の2005年産の冬小麦生産量は、単位収量:39.0 bu/ac、収穫面積:1,760,000 acres、収量:68,640 bushels(2004年産:61,050,000 bushels)であった。2006年産冬小麦の作付け面積は、2005産作付けより減少し1,750,000 acres(2005年産作付け面積:1,850,000 acres)と発表された。 生産量の詳細は別表の通り。

小麦作柄状況:2006年3月26日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
March   (%) 4 7 46 40 3
End Feb.(%) 4 9 45 40 2
USDA発表2004年産/2005年産の冬小麦生産量
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
        2005    
Crop 2004 2005 2004 1-Aug Final 2004 2005
NE 1,650 1,760 37 39 39 61,050 68,640
USA 34,462 33,794 43.5 44.4 44.4 1,499,434 1,499,129

29 November 2005

2005年11月27日現在

11月27日に終わる1週間のネブラスカ州の気温は、平年を上回り暖かな冬日よりとなった。平均気温は平年を5〜10度F上回った。降雨は全州に於いて少なかった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.7日(前週:5.7日)であった。Topsoilの水分は前週より多少改善したが、Subsoilの土壌水分は前週より落ちた。
冬小麦の作柄状況は前週の評価と変わらなかった。

2005年8月1日付けUSDAの冬小麦生産予想では、単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels/acre減少し39.0 bu/acと成った。単収の下降予想は7月の気象が高温・乾燥となった為と推測される。
生産量予想の詳細は別表の通り。

2005年の週間小麦作柄並びに気象概況報告は当該報告を最後とし、今後は来春迄毎月月末に1度の作柄報告を致します。

2005年4月1日〜11月20日の降水量
  NW NC NE CEN EC SW SC SE
This week 0.08 0.19 0.63 0.16 0.56 0.08 0.11 0.45
Total since 1/4/05 18.27 23.12 23.72 19.68 20.23 17.55 17.53 21.76
Normal since 1/4 14.29 18.51 21.85 20.37 24.12 17.15 20.11 25.38
Total as % of normal 128% 125% 109% 96% 84% 102% 87% 85%
土壌水分 :2005年11月27現在
Topsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 20 22 15 20
Short    (%) 37 37 30 33
Adequate (%) 43 41 55 46
Surplus  (%) 0 0 0 1
Subsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 26 27 34 39
Short    (%) 36 33 34 37
Adequate (%) 30 40 32 24
Surplus  (%) 0 0 0 0
小麦作柄状況:2005年11月27日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 2 5 29 59 5
Last week(%) 2 5 29 59 5
2005年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想:
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
Crop 2004 2005 2004 2005 July 1 2005 Aug 1 2004 2005
NE 1,650 1,700 37 41 39 61,050 66,300
USA 34,462 34,271 43.5 44.5 44.4 1,499,434 1,520,848

22 November 2005

2005年11月20日現在

11月20日に終わる1週間のネブラスカ州の気温は前週より落ち、平均気温は平年を1〜7度F下回った。前週にて降雨が有り、Topsoilの土壌水分が多少改善した。1週間の州平均農作業稼動日数は5.7日(前週:6.9日)であった。Subsoilの土壌水分は昨年並びに5年平均より良い状態であった。Topsoilの水分は平年以下であった。
冬小麦は全圃場にて出芽した。前週気温が急激に下がった事より、作柄状況は評価が落ちた。

2005年8月1日付けUSDAの冬小麦生産予想では、単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels/acre減少し39.0 bu/acと成った。単収の下降予想は7月の気象が高温・乾燥となった為と推測される。
生産量予想の詳細は別表の通り。

2005年4月1日〜11月20日の降水量
  NW NC NE CEN EC SW SC SE
This week 0.08 0.19 0.63 0.16 0.56 0.08 0.11 0.45
Total since 1/4/05 18.27 23.12 23.72 19.68 20.23 17.55 17.53 21.76
Normal since 1/4 14.29 18.51 21.85 20.37 24.12 17.15 20.11 25.38
Total as % of normal 128% 125% 109% 96% 84% 102% 87% 85%
土壌水分 :2005年11月20日現在
Topsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 22 15 15 20
Short    (%) 37 35 30 33
Adequate (%) 41 50 55 46
Surplus  (%) 0 0 0 1
Subsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 27 23 34 39
Short    (%) 33 35 34 37
Adequate (%) 40 42 32 24
Surplus  (%) 0 0 0 0
小麦生育状況: 2005年11月20日現在
  This Week Last Week 2004 5-Yr Ave.
Emerged (%) 100 99 100 100
小麦作柄状況:2005年11月20日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 2 5 29 59 5
Last week(%) 2 5 26 63 4
2005年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
Crop 2004 2005 2004 2005 July 1 2005 Aug 1 2004 2005
NE 1,650 1,700 37 41 39 61,050 66,300
USA 34,462 34,271 43.5 44.5 44.4 1,499,434 1,520,848

15 November 2005

2005年11月13日現在

11月13日に終わる1週間のネブラスカ州の気象は、引き続き温暖・乾燥気象となった。平均気温は平年を7〜12度F上回り、最高気温は70度後半からNC地区では82度Fとなった。最低気温は20〜27度F程であった。降雨はPanhandleの一部とSW地区の一部で記録されたが、他は殆ど降水量ゼロであった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.9日(前週:6.9日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より減少した。Subsoilの水分は昨年並びに5年平均より良い状態であった。
冬小麦の99%が出芽した。例年より多少遅い進捗であった。作柄状況は気温がこの時期としては高目であったことより、前週より改善した。

2005年8月1日付けUSDAの冬小麦生産予想では、単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels/acre減少し39.0 bu/acと成った。単収の下降予想は7月の気象が高温・乾燥となった為と推測される。
生産量予想の詳細は別表の通り。

2005年4月1日〜11月13日の降水量
  NW NC NE CEN EC SW SC SE
This week 0.17 0.02 0 0 0 0.02 0 0
Total since 1/4/05 18.19 22.94 23.09 19.52 19.68 17.47 17.42 21.31
Normal since 1/4 14.16 18.31 21.61 20.15 23.83 16.98 19.91 25.07
Total as % of normal 129% 126% 107% 96% 82% 103% 87% 85%
土壌水分 :2005年11月13日現在
Topsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 22 15 15 20
Short    (%) 37 35 30 33
Adequate (%) 41 50 55 46
Surplus  (%) 0 0 0 1
Subsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 27 23 34 39
Short    (%) 33 35 34 37
Adequate (%) 40 42 32 24
Surplus  (%) 0 0 0 0
小麦生育状況: 2005年11月13日現在
  This Week Last Week 2004 5-Yr Ave.
Emerged (%) 99 98 100 100
小麦作柄状況:2005年11月13日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 2 5 26 63 4
Last week(%) 2 6 29 59 4
2005年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
Crop 2004 2005 2004 2005 July 1 2005 Aug 1 2004 2005
NE 1,650 1,700 37 41 39 61,050 66,300
USA 34,462 34,271 43.5 44.5 44.4 1,499,434 1,520,848

08 November 2005

2005年11月6日現在

11月6日に終わる1週間のネブラスカ州の気象は前週から一転し温暖・乾燥気象となった。平均気温は平年を1〜9度F上回り、最高気温は各地で80〜82度Fを記録し、NW地区では73〜77度Fあった。夜間の最低気温は低く18〜25度Fであった。降雨は少なくPanhandleでは全く記録されず、SE地区の1部で0.02インチが記録されたのみであった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.9日(前週:6.7日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より多少減少したが、5年平均より良い状態を保った。
2006年産冬小麦の出芽は前州の98%に亘った。多少昨年並びに5年平均より遅い進展であった。作柄は乾燥状態が続き、前週より多少評価が落ちた。

2005年8月1日付けUSDAの冬小麦生産予想では、単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels/acre減少し39.0 bu/acと成った。単収の下降予想は7月の気象が高温・乾燥となった為と推測される。

生産量予想の詳細は別表の通り。

2005年4月1日〜11月6日の降水量
  NW NC NE CEN EC SW SC SE
This week 0 0 0 0 0.01 0 0 0
Total since 1/4/05 18.17 22.92 23.1 19.51 19.7 17.4 17.42 21.33
Normal since 1/4 14.01 18.11 21.35 19.91 23.52 16.81 19.7 24.73
Total as % of normal 130% 127% 109% 97% 84% 104% 88% 86%
土壌水分 :2005年11月6日現在
Topsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 15 12 10 16
Short    (%) 35 26 27 33
Adequate (%) 50 62 63 49
Surplus  (%) 0 0 0 2
Subsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 23 20 32 38
Short    (%) 35 33 33 35
Adequate (%) 42 47 35 27
Surplus  (%) 0 0 0 0
小麦生育状況: 2005年11月6日現在
  This Week Last Week 2004 5-Yr Ave.
Emerged (%) 98 96 99 99
小麦作柄状況:2005年11月6日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 2 6 29 59 4
Last week(%) 2 6 27 62 3
2005年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
Crop 2004 2005 2004 2005 July 1 2005 Aug 1 2004 2005
NE 1,650 1,700 37 41 39 61,050 66,300
USA 34,462 34,271 43.5 44.5 44.4 1,499,434 1,520,848

01 November 2005

2005年10月30日現在

10月30日に終わる1週間のネブラスカ州の気象は低温・乾燥気象となった。平均気温は平年を2〜4度F下回り、最高気温は70度前後であった。最低気温は18〜27度F程で多くの観測所での記録は19〜21度であった。降雨はPanhandleでは全く記録されず、NE地区とCent地区の極めて限られた地点で0.01〜0.30インチの降雨量が記録されたのみであった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:5.5日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週の状態を保った。Subsoilの水分は昨年並びに5年平均より良い状態であった。
2006年産冬小麦の播種は10月23日に終わる週に略完了した。昨年並びに平年並みの進捗であった。10月30日現在、全州の96%の圃場にて出芽した。昨年と同じ進展状況であった。作柄は前週より多少改善し、62%が"Good"の評価であった。冬季に向かい小麦は土壌水分を必要としている。

2005年8月1日付けUSDAの冬小麦生産予想では、単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels/acre減少し39.0 bu/acと成った。単収の下降予想は7月の気象が高温・乾燥となった為と推測される。

生産量予想の詳細は別表の通り。

2005年4月1日〜10月30日の降水量
  NW NC NE CEN EC SW SC SE
This week 0 0.03 0.08 0.07 0.01 0.01 0 0
Total since 1/4/05 18.16 22.92 23.11 19.51 19.69 17.4 17.42 21.33
Normal since 1/4 13.85 17.87 21.05 19.67 23.18 16.6 19.47 24.37
Total as % of normal 132% 128% 110% 99% 85% 105% 89% 87%
土壌水分 :2005年10月30日現在
Topsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 12 12 8 19
Short    (%) 26 25 29 33
Adequate (%) 62 62 62 47
Surplus  (%) 0 1 1 1
Subsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 20 24 26 40
Short    (%) 33 32 35 33
Adequate (%) 47 44 39 27
Surplus  (%) 0 0 0 0
小麦生育状況: 2005年10月30日現在
  This Week Last Week 2004 5-Yr Ave.
Seeded (%) 100 98 99 100
Emerged (%) 96 90 96 97
小麦作柄状況:2005年10月30日現在
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 2 6 27 62 3
Last week(%) 2 5 32 58 3
2005年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
Crop 2004 2005 2004 2005 July 1 2005 Aug 1 2004 2005
NE 1,650 1,700 37 41 39 61,050 66,300

11 October 2005

2005年10月9日現在

10月9日に終わる1週間のネブラスカ州の気象は低温・乾燥気象となった。最高気温は前週より多少落ち、NW地区(Panhandle)の最高気温は80度に達しなかった。SW地区では89〜92度F、SE地区は90〜92度Fであった。最低気温は22〜27度Fであった。平均気温は中央部を除き、平年を3〜8度F下回った。降雨は各地とも極めて少なかった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.2日(前週:6.5日)であった。Topsoilの土壌水分が多少改善したが、Subsoilの水分は改善しなかった。
2006年産冬小麦の播種は全州の92%(昨年より早い)の圃場にて完了し、70%にて出芽した。出芽は低温の為昨年より多少遅れ気味であった。

2005年8月1日付けUSDAの冬小麦生産予想では、単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels/acre減少し39.0 bu/acと成った。単収の下降予想は7月の気象が高温・乾燥となった為と推測される。

生産量予想の詳細は別表の通り。

2005年4月1日〜10月9日の降水量
  NW NC NE CEN EC SW SC SE
This week 0.36 0.23 0.92 0.27 0.31 0.04 0.03 0.32
Total since 1/4/05 16.41 22.29 22.78 18.71 18.25 15.17 15.87 19.78
Normal since 1/4 13.29 17.02 19.88 18.77 21.75 15.93 18.57 22.84
Total as % of normal 124% 131% 115% 99% 84% 95% 85% 86%
土壌水分 :2005年10月9日現在
Topsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 21 17 13 24
Short    (%) 35 41 22 30
Adequate (%) 44 42 64 45
Surplus  (%) 0 0 1 1
Subsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 29 24 35 45
Short    (%) 32 35 28 31
Adequate (%) 39 41 36 24
Surplus  (%) 0 0 1 0
10月9日現在小麦生育状況
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  This Week Last Week 2004 5-Yr Ave.
Seeded (%) 92 83 90 93
Emerged (%) 70 53 69 73
2005年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
Crop 2004 2005 2004 2005 July 1 2005 Aug 1 2004 2005
NE 1,650 1,700 37 41 39 61,050 66,300
USA 34,462 34,271 43.5 44.5 44.4 1,499,434 1,520,848

04 October 2005

2005年10月2日現在

10月2日に終わる1週間のネブラスカ州の気象は温暖・乾燥気象となった。最高気温は前週より多少落ちたが、NW地区(Panhandle)の最高気温は91〜92度F、SW地区では91〜96度F、SE地区は91〜95度Fとなった。平均気温は各地で平年を4〜6度F程度上回った。降雨は各地とも極めて少なかった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.5日(前週:6.6日)であった。Topsoilの土壌水分が多少改善した。Subsoilの水分は前週と変わらず5年平均より良好な状態であった。
2006年産冬小麦の播種は順調に進み、全州の83%(昨年と同じ)の圃場にて播種が完了し、53%にて出芽した。播種の進捗並びに出芽は5年平均より多少遅れている。

2005年8月1日付けUSDAの冬小麦生産予想では、単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels/acre減少し39.0 bu/acと成った。単収の下降予想は7月の気象が高温・乾燥となった為と推測される。

生産量予想の詳細は別表の通り。

2005年4月1日〜10月2日の降水量
  NW NC NE CEN EC SW SC SE
This week 0.02 0.13 0.4 0.03 0.1 0 0.02 0.09
Total since 1/4/05 16.06 22.06 21.87 18.44 17.94 15.13 15.85 19.46
Normal since 1/4 13.08 16.7 19.46 18.44 21.24 15.67 18.23 22.3
Total as % of normal 124% 132% 113% 99% 84% 96% 87% 87%
土壌水分 :2005年10月2日現在
Topsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 17 15 10 26
Short    (%) 41 43 22 30
Adequate (%) 42 41 67 43
Surplus  (%) 0 1 1 1
Subsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 24 25 35 46
Short    (%) 35 34 32 30
Adequate (%) 41 41 33 24
Surplus  (%) 0 0 0 0
10月2日現在小麦生育状況
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  This Week Last Week 2004 5-Yr Ave.
Seeded (%) 83 69 83 85
Emerged (%) 53 34 54 55
2005年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
Crop 2004 2005 2004 2005 July 1 2005 Aug 1 2004 2005
NE 1,650 1,700 37 41 39 61,050 66,300
USA 34,462 34,271 43.5 44.5 44.4 1,499,434 1,520,848

27 September 2005

2005年9月25日現在

9月25日に終わる1週間のネブラスカ州の気温は、記録的な高温となった。NW地区(Panhandle)の最高気温は89〜93度F、SW地区では97〜99度F,EC地区では100度Fとなった。平均気温は各地で平年を上回り、中央部から南部で平年を7〜12度F上回った。1週間の州平均農作業稼動日数は6.6日(前週:6.8日)であった。Topsoilの土壌水分が多少減少したが、Subsoilの水分は5年平均より良好な状態であった。
2006年産冬小麦の播種は順調に進み、全州の69%の圃場にて播種が完了し、34%にて出芽した。出芽は昨年より多少遅れている。

2005年8月1日付けUSDAの冬小麦生産予想では、単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels/acre減少し39.0 bu/acと成った。単収の下降予想は7月の気象が高温・乾燥となった為と推測される。

生産量予想の詳細は別表の通り。

2005年4月1日〜9月25日の降水量
  NW NC NE CEN EC SW SC SE
This week 0.16 1.84 1.76 0.12 0.21 0.09 0.03 0
Total since 1/4/05 15.94 21.74 21.32 18.84 17.9 15.16 16.3 19.45
Normal since 1/4 12.83 16.29 18.92 17.95 20.55 15.35 17.75 21.55
Total as % of normal 125% 133% 113% 104% 87% 99% 92% 90%
土壌水分 :2005年9月25日現在
Topsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 15 13 10 25
Short    (%) 43 42 26 31
Adequate (%) 41 43 62 42
Surplus  (%) 1 2 2 2
Subsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 25 24 43 47
Short    (%) 34 35 32 31
Adequate (%) 41 41 25 22
Surplus  (%) 0 0 0 0
9月25日現在小麦生育状況
Source: Nebraska Agriculture Statistics Service, USDA
  This Week Last Week 2004 5-Yr Ave.
Seeded (%) 69 51 65 68
Emerged (%) 34 14 35 33
2005年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
Crop 2004 2005 2004 2005 July 1 2005 Aug 1 2004 2005
NE 1,650 1,700 37 41 39 61,050 66,300
USA 34,462 34,271 43.5 44.5 44.4 1,499,434 1,520,848

20 September 2005

2005年9月18日現在

9月18日に終わる1週間のネブラスカ州の気温は、前週に続き高めに推移した。平均気温は各地で平年を1〜4度F上回った。降雨は少なくNW地区では平均0.10インチ、SC地区では殆ど降雨は無かった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.8日(前週:6.4日)であった。土壌水分は特にSubsoilの水分が5年平均より良好な状態であった。今後の小麦の根の発育に良い条件である。
2006年産冬小麦の播種は順調に進み、昨年並びに5年平均より早い進捗となった。全州の51%の圃場にて播種が完了し、14%にて出芽した。
2005年産冬小麦の品種を見ると、第一位は2004年より作付けが開始されたJagalene(ArigPro社育成品種)であり、作付けは全州の16.8%であった。作付け地区はEC、SW、SC、SE中心である。第2位はPronghorn(11.4%)であり作付け中心地はNW(Panhandle)であった。第3位はMillennium(10.7%)。作付けはNW地区に多かった。第4位がAlliance(10.1%)であった。Millennium及びAllianceはSW地区でも多く作付けられた。尚、Hard White Winter Wheatの作付け面積は全体の1.9%(2004年産:1.7%)。HWWWの代表品種はPlatte(86%)であった。

2005年8月1日付けUSDAの冬小麦生産予想では、単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels/acre減少し39.0 bu/acと成った。単収の下降予想は7月の気象が高温・乾燥となった為と推測される。

生産量予想の詳細は別表の通り。

2005年4月1日〜9月18日の降水量
  NW NC NE CEN EC SW SC SE
This week 0.1 0.1 0.21 0.04 0.09 0.01 0 0.22
Total since 1/4/05 15.75 19.97 19.52 18.92 17.64 15.05 16.27 19.47
Normal since 1/4 12.55 15.83 18.3 17.4 19.79 14.99 17.2 20.71
Total as % of normal 126% 127% 107% 108% 89% 100% 94% 94%
土壌水分 :2005年9月18日現在
Topsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 13 12 19 30
Short    (%) 42 42 39 32
Adequate (%) 43 45 42 36
Surplus  (%) 2 1 0 2
Subsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 24 20 40 48
Short    (%) 35 37 34 32
Adequate (%) 41 43 26 20
Surplus  (%) 0 0 0 0
2005年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
Crop 2004 2005 2004 2005 July 1 2005 Aug 1 2004 2005
NE 1,650 1,700 37 41 39 61,050 66,300
USA 34,462 34,271 43.5 44.5 44.4 1,499,434 1,520,848

13 September 2005 (First)

2005年9月11日現在

9月11日に終わる1週間のネブラスカ州の気温は上昇し、平均気温は全州で8〜10度F平年を上回った。降雨はPanhandle及びNC地区では殆ど無く、中央部から東部に掛け降雨が有り、各地区平均0.11(NE)〜0.70(SC)インチの降水量であった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.4日(前週:6.4日)であった土壌水分はTopsoil並びにSubsoil共に5年平均より良好な状態であった。
2006年産冬小麦の播種は、多少平年より送れて前週より開始され、9月11日現在、全州の21%の圃場にて播種が完了し、4%にて出芽した。

2005年8月1日付けUSDAの冬小麦生産予想では、単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels/acre減少し39.0 bu/acと成った。単収の下降予想は7月の気象が高温・乾燥となった為と推測される。

生産量予想の詳細は別表の通り。

2005年4月1日〜9月11日の降水量
  NW NC NE CEN EC SW SC SE
This week 0.04 0 0.11 0.35 0.51 0.53 0.7 0.62
Total since 1/4/05 15.67 19.63 19.28 19.02 17.6 15.04 16.27 19.43
Normal since 1/4 12.25 15.35 17.68 16.81 19.01 14.61 16.64 19.84
Total as % of normal 129% 128% 109% 113% 92% 103% 98% 98%
土壌水分 :2005年9月11日現在
Topsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 12 14 28 38
Short    (%) 42 35 40 32
Adequate (%) 45 50 32 29
Surplus  (%) 1 1 0 1
Subsoil This Week Last Week Last Year 5-Yr Ave.
Very Short(%) 20 23 42 49
Short    (%) 37 32 35 33
Adequate (%) 43 45 23 18
Surplus  (%) 0 0 0 0
2005年8月1日付けUSDA冬小麦生産量予想
State Harvested Area Yield Production
  1,000 acres Bushels/acre 1,000 bushels
Crop 2004 2005 2004 2005 July 1 2005 Aug 1 2004 2005
NE 1,650 1,700 37 41 39 61,050 66,300
USA 34,462 34,271 43.5 44.5 44.4 1,499,434 1,520,848
このページの先頭へ戻る

お問合せご利用について個人情報の取扱いについて 検査業務請負に係る一般契約条件(PDF 23K)サイトマップ

Copyright © 2005 Overseas Merchandise Inspection Co., Ltd. All Rights Reserved.