omic's logo

OMIC > OMIC Report > ノース・ダコタ州小麦作柄レポート

ノース・ダコタ州小麦作柄レポート

ノース・ダコタ州

2009年度産作柄レポート

7 April, 2009

2009年4月5日概況

ノースダコタ州の2009年4月5日に終る1週間の気象は、全州が平年以下の低温・湿潤気象に覆われた。全州に亘り圃場は殆ど雪に覆われたままであった。春の農作業は平年より大幅に遅れると予想された。圃場の農作業の開始時期は4月10日から5月3日、州平均で4月29日(2004〜2008年平均:4月16日)との予想は変わらなかった。 春小麦の播種は開始されていない。土壌水分は昨年同期より良い状態であった。
USADの2009年3月31日付け発表では、2009年産硬質春小麦の作付面積は、昨年比の97%、6,600,000エーカーと予想され、Durum小麦の作付は1,600,000エーカー(昨年比89%)の予想であった。

土壌水分:2009年4月5日現在
Source: USDA, NASS North Dakota Office.
5-yr average means 2004,2005,2006,2007 & 2008 crop average.
  This week Last week Last year 5-Yr Average
Topsoil(%) Very short 0 NA 31 NA
Short 2 NA 31 NA
Adequate 58 NA 35 NA
Surplus 40 NA 3 NA
Subsoil(%) Very short 2 MA 26 NA
Short 6 NA 37 NA
Adequate 63 NA 36 NA
Surplus 29 NA 1 NA
春小麦の生育状況:2009年4月5日現在
Source: North Dakota Agriculture Statistics Service
5-yr average means average of 2004,2005,2006,2007 and 2008 Crop year
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Spring wheat
Planted(%)
0 NA 2 1
Durum wheat
Planted(%)
0 NA 0 0
2009年3月31日付けUSDA発表:春小麦及びDurum小麦の作付面積
* Intended planting in 2008 as indicated by reports from farmers
  Area Planted (1,000 Acres)
Crop 2007 2008 2009  * 2009/2008
Spring Wheat 2,450 2,550 2,250 88%
US Total 13,292 14,135 13,304 94%
Durum Wheat 1,480 1,800 1,600 89%
US Total 2,156 2,731 2,445 90%

1 April, 2009

2009年3月31日概況

ノースダコタ州の2009年3月の気象は、平年以下の気温であり、多くの観測所にて平年以上の降水量(降雨と降雪)を記録した。3月末にはFargoを中心として河川の氾濫発生し、多くの道路が冠水した。3月29日現在のSnow coverの状況は8.1インチであり、昨年の0.5インチと比較し、今期は降雪が多かったことを物語る。 圃場の農作業の開始時期は4月10日から5月3日、州平均で4月29日(2004〜2008年平均:4月16日)と予想された。3月終わりの豪雨が農作業開始予想日を遅らせる原因となった。

このページの先頭へ戻る

お問合せご利用について個人情報の取扱いについて 検査業務請負に係る一般契約条件(PDF 23K)サイトマップ

Copyright © 2005 Overseas Merchandise Inspection Co., Ltd. All Rights Reserved.