omic's logo

OMIC > OMIC Report > モンタナ州小麦作柄レポート

モンタナ州小麦作柄レポート

モンタナ州

2009年度産作柄レポート

7 April, 2009

2009年4月5日現在概況

モンタナ州の2009年4月5日に終る1週間の気象は、Snow stormとなり気温は平年を下回った。降水量(降雪による)はNEにて0.04〜0.26インチ、NE地区では0.01〜0.26インチ、Cent.地区では0.10〜0.56インチであった、最高気温は40度F台であり、最低気温は7〜22度Fであった。 土壌水分は作年並びに過去5年平均より良い状態であった。この1週間は降雪の為殆ど春の農作業は行われなかった。1週間の週平均農作業稼動日数は1.1日であった。冬小麦は78%が未だ休眠状態であり、例年より生育は遅れていた。全体的な作柄評価は前週より多少改善した。昨年より良好な作柄と報告された。
USDAの2009年3月31日の発表では、モンタン州の2009年産冬ユ小麦の作付面積は2,500,000エーカーであり、2008年産作付面積より4%減少した。2009年産春小麦の作付予想面積は、2,250,000エーカーであり、2008年産春小麦の作付面積の88%(12%減)であった。

土壌水分:2009年4月5日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2004,2005,2006,2007 & 2008 Crop years.
Topsoil March February Last Year 5-yr. Ave.
Very short  (%) 1 4 30 16
Short    (%) 9 11 44 26
Adequate  (%) 79 74 26 51
Surplus   (%) 11 11 0 5
Subsoil        
Very short (%) 11 8 43 29
Short    (%) 18 18 40 35
Adequate  (%) 67 70 18 34
Surplus   (%) 4 4 1 2
冬小麦の生育状況:2009年4月5日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2004,2005,2006,2007 & 2008 Crop years.
Winter Wheat This week Last week Last year 5-Yr Ave.
Still dormant (%) 78 82 63 25
Greening (%) 19 17 34 47
Growing (%) 3 1 3 28
冬小麦の作柄状況:2009年4月5日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2004,2005,2006,2007 & 2008 Crop years.
  This week Last week Last year 5 yr Avg.
Very poor (%) 1 1 6 4
Poor  (%) 5 3 15 10
Fair  (%) 36 40 48 40
Good  (%) 51 52 27 39
Excellent(%) 7 4 4 7
2009年3月31日付けUSDA発表:2009年産小麦の作付面積(1,000 Acres)
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA
  Crop Year 2009/2008 Percent
Winter Wheat 2007 2008 2009
Montana 2,240 2,600 2,500 96%
USA 45,012 46,281 42,889 93%
Spring Wheat    
Montana 2,450 2,550 2,250 88%
USA 13,292 14,135 13,304 94%
Durum Wheat    
Montana 480 590 540 92%
USA 2,156 2,731 2,445 90%

1 April, 2009

2009年3月31日現在概況

モンタナ州の2009年3月の気象は、全州にて降水(降雨と降雪)が有り平均気温は平年を2〜6度F下回った。3月の降水量はNC地区では0.28〜0.66インチ、NE地区では0.07〜0.24インチであった。3月のSnow coverの状態は月末に気温が上昇し"Poor"の状態となった。 土壌水分はTopsoilでは"Surplus"が前月より増加したが、Subsoilの水分は前月より"Adequate"が増加した。2009年産冬小麦の82%が休眠中との報告であった。小麦の全体的な作柄評価は2月末の状態より多少落ちたが、昨年同期より良い状態であった。

土壌水分:2009年3月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2004,2005,2006,2007 & 2008 Crop years.
Topsoil March February Last Year 5-yr. Ave.
Very short  (%) 4 2 29 NA
Short    (%) 11 15 41 NA
Adequate  (%) 74 78 29 NA
Surplus   (%) 11 5 1 NA
Subsoil        
Very short (%) 8 14 30 NA
Short    (%) 18 24 46 NA
Adequate  (%) 70 60 23 NA
Surplus   (%) 4 2 1 NA
Snow Cover状況:2009年3月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
March (%) 24 43 26 6 2
February (%) 7 24 30 27 12
Last Year (%) 47 22 20 9 2
冬小麦の作柄状況:2009年3月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2004,2005,2006,2007 & 2008 Crop years.
  March February Last year 5 yr Avg.
Very poor (%) 1 1 4 NA
Poor  (%) 3 4 11 NA
Fair  (%) 40 36 51 NA
Good  (%) 52 55 31 NA
Excellent(%) 4 4 3 NA
2008 年産モンタナ州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Montana 1,950 2,240 2,600 1,920 2,190 2,420
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Montana 43 38 39 82,560 83,220 94,380
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903

3 March, 2009

2009年3月1日現在概況

モンタナ州の2009年2月の気象は、全州にて平年以下の降水量であり、気温は平年を多少上回る気象であった。土壌水分は、2月末の状態より多少減少したがTopsoil及びSubsoil共に昨年より極めて良い状態を保った。冬小麦のSnow coverは1月より状況は多少悪化したが、圃場の39%にて"Good"以上の状態であった。 昨年同期では"Good"から"Excellent"のSnow Coverは5%に過ぎなかった。冬小麦の凍害は、None:63%(昨年:49%)、Light:30%(昨年:35%)、Moderate:6%(昨年:14%)、Heavy:1%(昨年:2%)との報告であった。2009年産冬小麦の作柄は1月より多少評価が落ちたが、全体の59%が平年並み以上の評価であった。

土壌水分:2009年3月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil February January Last Year 5-yr. Ave.
Very short  (%) 2 3 20 NA
Short    (%) 15 16 46 NA
Adequate  (%) 78 77 33 NA
Surplus   (%) 5 4 1 NA
Subsoil        
Very short (%) 14 10 33 NA
Short    (%) 24 23 43 NA
Adequate  (%) 60 65 23 NA
Surplus   (%) 2 2 1 NA
Snow Cover状況:2009年3月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
February (%) 7 24 30 27 12
January (%) 6 11 39 24 20
Last Year (%) 68 14 13 4 1
冬小麦の作柄状況:2009年3月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  February January Last year 5 yr Avg.
Very poor (%) 1 1 3 NA
Poor  (%) 4 3 13 NA
Fair  (%) 36 28 49 NA
Good  (%) 55 59 32 NA
Excellent(%) 4 9 3 NA

モンタナ州の2008年産冬小麦は、作付並びに収穫面積が昨年より増加し又単収も多少昨年より多く、生産量は2007年産の13%増の94,380,000 bushelsであった。
モンタナ州の2008年産冬小麦の作付品種の作付順位は、第1位がGenou(2004年Released)で全冬小麦の作付面積に対し19.7%を占めた。同品種はNC地区に多く作付けられた。 第2位は中央地区に多いCDC Falcon(13.4%)、第3位は昨年第8位であったYellowstone(8.4%)、第4位はRampart (7.3%)であった。 HR Springの第1位の品種はReeder(24.8%)、第2位はChoteau(22.6%)、第3位がMcNeal(11.8%)、第4位が古い品種のFortuna(4.1%)であった。HRSの第1位の品種ReederはNE及びSE地区の中心品種である。 ChoteauはNC地区に主に作付けられた。Durum wheatの第1位の品種はMountrail(39.3%)、第2位はKyleで14.1%、第3位がStrongfield(8.4%)であった。Durumの作は殆どがNE地区に集中している。

2008 年産モンタナ州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Montana 1,950 2,240 2,600 1,920 2,190 2,420
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Montana 43 38 39 82,560 83,220 94,380
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903

4 Febuary, 2009

2009年2月1日現在概況

モンタナ州の2009年1月の気象は、全州にて平年以下の降水量であり、平均気温は平年を多少上回る気象であった。土壌水分は、昨年より極めて良い状態を保った。冬小麦のSnow coverは12月より状況は多少悪化したが全体として昨年より良好と報告され、Good:24%(昨年:8%)、Excellent:20%(昨年:3%)であった。 冬小麦の凍害は、None:56%(昨年:47%)、Light:41%(昨年:41%)、Moderate:3%(昨年:11%)、Heavy:0%(昨年:1%)との報告であった。2009年産冬小麦の作柄は12月より多少評価が落ちたが、昨年1月の状況より良い作柄との報告であった。

土壌水分:2009年2月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil January December Last Year 5-yr. Ave.
Very short (%) 3 2 16 NA
Short (%) 16 16 41 NA
Adequate (%) 77 75 31 NA
Surplus (%) 4 7 1 NA
Subsoil        
Very short(%) 10 12 39 NA
Short (%) 23 22 40 NA
Adequate(%) 65 64 20 NA
Surplus (%) 2 2 1 NA
Snow Cover状況:2009年2月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
January (%) 6 11 39 24 20
December(%) 2 4 17 32 45
Last Year (%) 45 33 11 8 3
冬小麦の作柄状況:2009年2月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  January December Last year 5 yr Avg.
Very poor (%) 1 1 3 NA
Poor  (%) 3 4 12 NA
Fair  (%) 28 20 53 NA
Good  (%) 59 61 29 NA
Excellent(%) 9 14 3 NA

モンタナ州の2008年産冬小麦は、作付並びに収穫面積が昨年より増加し又単収も多少昨年より多く、生産量は2007年産の13%増の94,380,000 bushelsであった。
モンタナ州の2008年産冬小麦の作付品種の作付順位は、第1位がGenou(2004年Released)で全冬小麦の作付面積に対し19.7%を占めた。同品種はNC地区に多く作付けられた。 第2位は中央地区に多いCDC Falcon(13.4%)、第3位は昨年第8位であったYellowstone(8.4%)、第4位はRampart (7.3%)であった。 HR Springの第1位の品種はReeder(24.8%)、第2位はChoteau(22.6%)、第3位がMcNeal(11.8%)、第4位が古い品種のFortuna(4.1%)であった。HRSの第1位の品種ReederはNE及びSE地区の中心品種である。 ChoteauはNC地区に主に作付けられた。Durum wheatの第1位の品種はMountrail(39.3%)、第2位はKyleで14.1%、第3位がStrongfield(8.4%)であった。Durumの作は殆どがNE地区に集中している。

2008 年産モンタナ州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Montana 1,950 2,240 2,600 1,920 2,190 2,420
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Montana 43 38 39 82,560 83,220 94,380
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903

7 January, 2009

2009年1月5日現在概況

モンタナ州の12月の気象は、全州にて平年以上の降雪があり気温は平年を下回った。冬小麦のSnow coverは2%が"Very poor"(昨年:88%がVery Poor)、32%が"Good"、45%が"Excellent"であり、昨年同期と比較すると極めて良好と報告された。冬小麦の作柄は昨年より良好との評価であった。
モンタナ州の2008年産冬小麦は、作付並びに収穫面積が昨年より増加し又単収も多少昨年より多く、生産量は2007年産の13%増の94,380,000 bushelsであった。
モンタナ州の2008年産冬小麦の作付品種の作付順位は、第1位がGenou(2004年Released)で全冬小麦の作付面積に対し19.7%を占めた。同品種はNC地区に多く作付けられた。第2位は中央地区に多いCDC Falcon(13.4%)、第3位は昨年第8位であったYellowstone(8.4%)、第4位はRampart (7.3%)であった。 HR Springの第1位の品種はReeder(24.8%)、第2位はChoteau(22.6%)、第3位がMcNeal(11.8%)、第4位が古い品種のFortuna(4.1%)であった。HRSの第1位の品種ReederはNE及びSE地区の中心品種である。ChoteauはNC地区に主に作付けられた。Durum wheatの第1位の品種はMountrail(39.3%)、第2位はKyleで14.1%、第3位がStrongfield(8.4%)であった。Durumの作は殆どがNE地区に集中している。

土壌水分:2009年1月5日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil End Dec End Nov Last Year 5-yr. Ave.
Very short  (%) 2 5 14 NA
Short    (%) 16 27 46 NA
Adequate  (%) 75 65 28 NA
Surplus   (%) 7 3 2 NA
Subsoil        
Very short (%) 12 17 36 NA
Short    (%) 22 30 42 NA
Adequate  (%) 64 52 21 NA
Surplus   (%) 2 1 1 NA
Snow Cover状況:2009年1月5日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat Very poor Poor Fair Good Excellent
End Dec (%) 2 4 17 32 45
Last Year (%) 88 17 3 2 0
冬小麦の作柄状況:2009年1月5日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  End Dec End Nov Last year 5 yr Avg.
Very poor (%) 1 0 2 NA
Poor  (%) 4 2 11 NA
Fair  (%) 20 30 54 NA
Good  (%) 61 63 29 NA
Excellent(%) 14 5 4 NA
2008 年産モンタナ州 冬小麦: 作付・収穫面積及び単収・生産量
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Montana 1,950 2,240 2,600 1,920 2,190 2,420
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Montana 43 38 39 82,560 83,220 94,380
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903

4 November, 2008

2008年11月2日現在概況

モンタナ州の11月2日に終わる週の気象は、最高気温は平年を上回り降雨の殆ど無い乾燥気象であった。最高気温は70〜77度F、最低気温は12〜31度Fであった。NC地区及びNE地区では全く降雨が記録されない1週間であった。SW地区にて0.02〜0.34インチを記録した。NE地区のGlasgowでは10月の積雪量が13.6インチと記録され、10月の積雪量としては1924年の11.5インチの記録を更新した。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.5日(前週:5.8日)であった。降雨は少なかった為"Surplus"圃場が減少し"Adequate"が多少増加した。土壌水分は例年より良好であった。2009年産冬小麦の出芽は順調であり、11月2日現在全州の93%にて出芽した。出芽後の生育は例年より良好と報告された。

土壌水分:2008年11月2日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 3 5 17 14
Short(%) 29 34 38 31
Adequate(%) 64 56 43 52
Surplus(%) 4 5 2 3
Subsoil        
Very short(%) 19 19 33 35
Short(%) 32 39 39 36
Adequate(%) 48 40 27 28
Surplus(%) 1 2 1 1
冬小麦の生育状況:2008年11月2日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded (%) 100 99 99 99
Emerged(%) 93 90 91 85
冬小麦の作柄状況:2008年11月2日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  This week Last week Last year 5 yr Avg.
Very poor (%) 0 1 1 2
Poor(%) 3 3 3 7
Fair(%) 32 42 51 39
Good(%) 58 49 41 43
Excellent(%) 7 5 4 9

28 October, 2008

2008年10月26日現在概況

モンタナ州の10月19日並びに10月26日に終わる2週間の気象は、全州に降雨が有ったが降水量は平年以下の乾燥気象で、気温は略平年並みの気象であった。10月26日に終わる週の1週間の降水量はNC地区及びNE地区では0.00〜0.33インチでり、土壌水分は前週より減少した。 1週間の州平均農作業稼動日数は5.8日(前週:5.7日)であった。2009年産冬小麦の播種は順調に進み、10月26日現在全州の99%にて完了した。昨年並びに5年平均より多少早い進捗だった。出芽は例年より早く播種圃場の90%(昨年同期:81%、5年平均:76%)にて出芽した。生育状況は49%が"Good"の評価であった。

土壌水分:2008年10月26日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 5 3 9 20
Short(%) 34 22 42 31
Adequate(%) 56 68 46 45
Surplus(%) 5 7 3 4
Subsoil        
Very short(%) 19 18 24 35
Short(%) 39 28 46 38
Adequate(%) 40 52 29 26
Surplus(%) 2 2 1 1
冬小麦の生育状況:2008年10月26日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded (%) 99 96 98 98
Emerged (%) 90 71 81 76
冬小麦の作柄状況:2008年10月26日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  This week Last week Last year 5 yr Avg.
Very poor (%) 1 1 1 NA
Poor(%) 3 3 4 6
Fair(%) 42 49 46 38
Good(%) 49 42 45 43
Excellent(%) 5 5 4 11

14 October, 2008

2008年10月12日現在概況

モンタナ州の2009年産冬小麦の播種は例年より2週間ほど遅れて開始された。9月15日現在で全州の7%にて播種が完了していたが、昨年同期では23%、5年平均では21%の完了であった。その後降雨と好天と交互にあり、気温も安定し播種が促進した。 10月2008年10月14日の段階では、2009年産冬小麦の播種は全州の93%にて完了し、昨年並びに5年平均の進捗を上回る状況であった。播種圃場の56%にて出芽(昨年:50%、5年平均:49%)し、出芽は順調であった。土壌水分は昨年より良好であった。 1週間の州平均農作業稼動日数は5.7日(前週:6.3日)であった。最低気温は17〜28度Fと極めて低いが日中の最高気温は66〜74度Fと温暖であった。各地に適度な降水が有った。

土壌水分:2008年10月12日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 6 13 8 20
Short(%) 22 23 34 31
Adequate(%) 66 62 54 46
Surplus(%) 6 2 4 3
Subsoil        
Very short(%) 19 22 30 36
Short(%) 25 34 36 37
Adequate(%) 55 43 33 26
Surplus(%) 1 1 1 1
冬小麦の生育状況:2008年10月12日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded (%) 93 82 88 91
Emerged(%) 56 28 50 49
このページの先頭へ戻る

お問合せご利用について個人情報の取扱いについて 検査業務請負に係る一般契約条件(PDF 23K)サイトマップ

Copyright © 2005 Overseas Merchandise Inspection Co., Ltd. All Rights Reserved.