omic's logo

OMIC > OMIC Report > モンタナ州小麦作柄レポート

モンタナ州小麦作柄レポート

モンタナ州

2008年度産作柄レポート

16 September, 2008

2008年9月14日現在の気象及び作柄概況

2008年9月14日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、多少前週より気温が上がり概ね平年並み気温の気象で各地に降雨があった。各地の最高気温は74〜82度F、29〜39度であった。1週間の降水量は概ね0.20〜0.40インチの範囲であった。1週間の州平均農作業稼動日数は4.4日(前週:3.1日)であった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より大幅に改善した。冬小麦の収穫は97%の完了、春小麦の収穫は86%の完了であり、進捗は2週続きの湿潤気象のため遅れていた。2008年産小麦の品位では、春小麦並びに冬小麦の高夾雑物(雑草種子等)と雨による被害粒の発生が心配された。 土壌水分は昨年同期より良好であり、2009年産冬小麦の播種には良い条件となり、冬小麦の播種が開始されたが例年より2週遅れであった。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、モンタナ州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より2.0 bushels増え39.0 bushels/acre(2007年産:38.0 bushels/acre)、収穫予想面積は7月1日予想と同じ2,450,000 acres、生産量は95,550,000 bushels(2007年産:83,220,000 bushels)と予想された。 Durum以外の春小麦の単収予想は7月1日予想より2.0 bushels/acre減少し、21.0 bushels/acreとなり、収穫量は51,450,000 bushelsと予想された。春小麦は登熟期の乾燥・高温気象で作柄を落とした。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年9月14日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 10 14 46 39
Short(%) 27 27 35 37
Adequate(%) 57 55 17 22
Surplus(%) 6 4 2 2
Subsoil        
Very short(%) 22 23 47 45
Short(%) 33 37 32 37
Adequate(%) 43 39 20 17
Surplus(%) 2 1 1 1
冬小麦の生育状況:2008年9月14日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Harvested(%) 97 95 100 100
春小麦の生育状況:2008年9月14日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Harvested(%) 86 82 99 94
モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Montana 2,190 2,450 38 37 39 83,220 95,550
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
Spring W 2,400 2,450 23 23 21 55,200 51,450
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.48 479,047 500,988
Durum 475 605 24 21 21 11,400 12,705
USA 2,112 2,583 33.9 34.8 33.58 71,686 86,573

9 September, 2008

2008年9月7日現在の気象及び作柄概況

2008年9月7日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、平年並み降雨をともなった低温気象であった。各地の最高気温は64〜72度Fと低く殆どの観測所にて70度F未満であった。最低気温は28〜41度Fであったが、概ね30度半ばであった。全観測所にて降雨を記録し、1週間の降水量は平年並みとなり概ね1インチ前後であった。 1週間の州平均農作業稼動日数は3.1日(前週:6.0日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より大幅に改善した。降雨の為小麦の収穫は遅れ、冬小麦は全州の95%が収穫された。春小麦は全州の82%(昨年:91%)が収穫され前週より2ポイント増加したのみであった。春小麦の収穫の進捗は例年より1週間以上遅れていた。 降雨が完熟した小麦の品位に影響を及ぼした可能性がある。好天が1週間続けば小麦の収穫は全州にて完了すると予想された。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、モンタナ州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より2.0 bushels増え39.0 bushels/acre(2007年産:38.0 bushels/acre)、収穫予想面積は7月1日予想と同じ2,450,000 acres、生産量は95,550,000 bushels(2007年産:83,220,000 bushels)と予想された。 Durum以外の春小麦の単収予想は7月1日予想より2.0 bushels/acre減少し、21.0 bushels/acreとなり、収穫量は51,450,000 bushelsと予想された。春小麦は登熟期の乾燥・高温気象で作柄を落とした。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年9月7日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 14 21 47 46
Short(%) 27 33 34 37
Adequate(%) 55 42 18 16
Surplus(%) 4 4 1 1
Subsoil        
Very short(%) 23 20 44 46
Short(%) 37 43 36 38
Adequate(%) 39 37 20 16
Surplus(%) 1 0 0 0
冬小麦の生育状況:2008年9月7日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Harvested(%) 95 94 100 100
春小麦の生育状況:2008年9月7日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Harvested(%) 82 80 96 90
モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008   2007 2008
1-Jul 1-Aug
Montana 2,190 2,450 38 37 39 83,220 95,550
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
Spring W 2,400 2,450 23 23 21 55,200 51,450
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.48 479,047 500,988
Durum 475 605 24 21 21 11,400 12,705
USA 2,112 2,583 33.9 34.8 33.58 71,686 86,573

2 September, 2008

2008年8月31日現在の気象及び作柄概況

2008年8月31日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、引き続き平年以下の降水量の高温気象となった。各地の最高気温は94度から105度Fとなった。最低気温は37〜51度Fであった。1週間の降水量はNC地区では0.28〜1.11インチ、NE地区では殆どセロであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.0日(前週:6.0日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より改善した。冬小麦は全州の94%が収穫され最終段階となった。春小麦は全州の80%(昨年:91%)が収穫された。春小麦の収穫は例年より遅れていたが、概ね完了に近付いた。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、モンタナ州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より2.0 bushels増え39.0 bushels/acre(2007年産:38.0 bushels/acre)、収穫予想面積は7月1日予想と同じ2,450,000 acres、生産量は95,550,000 bushels(2007年産:83,220,000 bushels)と予想された。 Durum以外の春小麦の単収予想は7月1日予想より2.0 bushels/acre減少し、21.0 bushels/acreとなり、収穫量は51,450,000 bushelsと予想された。春小麦は登熟期の乾燥・高温気象で作柄を落とした。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年8月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 21 30 50 45
Short(%) 33 52 36 36
Adequate(%) 42 18 14 18
Surplus(%) 4 0 0 1
Subsoil        
Very short(%) 20 29 44 44
Short(%) 43 51 37 38
Adequate(%) 37 20 19 18
Surplus(%) 0 0 0 0
冬小麦の生育状況:2008年8月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Harvested(%) 94 87 100 99
春小麦の生育状況:2008年8月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Harvested(%) 80 61 91 81
モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Montana 2,190 2,450 38 37 39 83,220 95,550
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
Spring W 2,400 2,450 23 23 21 55,200 51,450
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.48 479,047 500,988
Durum 475 605 24 21 21 11,400 12,705
USA 2,112 2,583 33.9 34.8 33.58 71,686 86,573

26 August, 2008

2008年8月24日現在の気象及び作柄概況

2008年8月24日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、前週に続き平年以下の降水量の高温気象となった。各地の最高気温は94度から103度Fとなった。最低気温は33〜45度Fまで下がった。1週間の降水量はNC地区では0.03〜0.22インチ、NE地区では平均0.25インチ程度であった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.0日(前週:6.5日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より悪化し"Short"の圃場が増加した。冬小麦は全州の87%が収穫されたが昨年より1週間以上の遅れであった。春小麦は全州の61%(昨年:82%)が収穫された。 春小麦の収穫は例年より2週間近く遅れていた。春小麦の作柄は、前週より評価が落ちた。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、モンタナ州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より2.0 bushels増え39.0 bushels/acre(2007年産:38.0 bushels/acre)、収穫予想面積は7月1日予想と同じ2,450,000 acres、生産量は95,550,000 bushels(2007年産:83,220,000 bushels)と予想された。 Durum以外の春小麦の単収予想は7月1日予想より2.0 bushels/acre減少し、21.0 bushels/acreとなり、収穫量は51,450,000 bushelsと予想された。春小麦は登熟期の乾燥・高温気象で作柄を落とした。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 30 29 47 45
Short(%) 52 51 41 37
Adequate(%) 18 20 12 17
Surplus(%) 0 0 0 1
Subsoil        
Very short(%) 29 32 41 45
Short(%) 51 48 40 38
Adequate(%) 20 19 19 17
Surplus(%) 0 1 0 0
冬小麦の生育状況:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Harvested(%) 87 70 100 96
春小麦の生育状況:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Harvested(%) 61 37 82 68
春小麦の作柄状況:2008年8月24日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 5 17 36 37 6
Last week(%) 7 15 33 41 4
Last year(%) NA NA NA NA NA
5-yr Ave (%) NA NA NA NA NA
モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Montana 2,190 2,450 38 37 39 83,220 95,550
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
Spring W 2,400 2,450 23 23 21 55,200 51,450
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.48 479,047 500,988
Durum 475 605 24 21 21 11,400 12,705
USA 2,112 2,583 33.9 34.8 33.58 71,686 86,573

19 August, 2008

2008年8月17日現在の気象及び作柄概況

2008年8月17日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、平年以下の降水量の温暖気象であった。最高気温は80度の後半から90度Fの前半であった。降雨は少なく1週間の降水量はNC地区では殆どゼロであり、NE地区では平均0.21インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.5日(前週:6.7日)であった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より悪化した。冬小麦は70%が収穫され、春小麦は全州の37%(昨年:69%)が収穫された。冬小麦並びに春小麦の収穫は例年より遅れていた。冬小麦並びに春小麦の作柄は、気温が平年並みに上がり前週より評価が上がった。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、モンタナ州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より2.0 bushels増え39.0 bushels/acre(2007年産:38.0 bushels/acre)、収穫予想面積は7月1日予想と同じ2,450,000 acres、生産量は95,550,000 bushels(2007年産:83,220,000 bushels)と予想された。 Durum以外の春小麦の単収予想は7月1日予想より2.0 bushels/acre減少し、21.0 bushels/acreとなり、収穫量は51,450,000 bushelsと予想された。春小麦は登熟期の乾燥・高温気象で作柄を落とした。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 29 30 50 46
Short(%) 51 47 39 37
Adequate(%) 20 23 10 16
Surplus(%) 0 0 1 1
Subsoil        
Very short(%) 32 33 42 45
Short(%) 48 42 40 37
Adequate(%) 19 25 18 18
Surplus(%) 1 0 0 0
冬小麦の生育状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Harvested(%) 70 45 96 91
冬小麦の作柄状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 9 30 44 15
Last week(%) 2 8 33 35 22
Last year(%) NA NA NA NA NA
5-yr. Ave(%) NA NA NA NA NA
春小麦の生育状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Turning(%) 98 95 100 98
Harvested(%) 37 11 69 48
春小麦の作柄状況:2008年8月17日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 7 15 33 41 4
Last week(%) 8 18 40 29 5
Last year(%) 11 19 27 39 4
5-yr Ave (%) NA NA NA NA NA
モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
State
Montana
Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
2,190 2,450 38 37 39 83,220 95,550
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
Spring W 2,400 2,450 23 23 21 55,200 51,450
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.48 479,047 500,988
Durum 475 605 24 21 21 11,400 12,705
USA 2,112 2,583 33.9 34.8 33.58 71,686 86,573

12 August, 2008

2008年8月10日現在の気象及び作柄概況

2008年8月10日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、驟雨を伴った温暖な気象であった。最高気温は前週より低くなり80度の後半から90度Fの後半であった。全州にて降雨が記録されたが降水量は少なく、1週間の降水量は0.01〜0.57インチ程度であった。NE地区では0.00インチの観測所数ヶ所あった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:6.7日)であった。Topsoilの土壌水分は多少改善したが、Subsoilの土壌水分は前週より悪化した。冬小麦は45%が収穫され、春小麦は全州の11%(昨年:41%)が収穫された。冬小麦並びに春小麦の作柄は前週より評価が落ちた。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、モンタナ州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より2.0 bushels増え39.0 bushels/acre(2007年産:38.0 bushels/acre)、収穫予想面積は7月1日予想と同じ2,450,000 acres、生産量は95,550,000 bushels(2007年産:83,220,000 bushels)と予想された。 Durum以外の春小麦の単収予想は7月1日予想より2.0 bushels/acre減少し、21.0 bushels/acreとなり、収穫量は51,450,000 bushelsと予想された。春小麦は登熟期の乾燥・高温気象で作柄を落とした。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 30 38 48 46
Short(%) 47 45 38 37
Adequate(%) 23 17 13 16
Surplus(%) 0 0 1 1
Subsoil        
Very short(%) 33 35 39 43
Short(%) 42 39 41 39
Adequate(%) 25 26 20 18
Surplus(%) 0 0 0 0
冬小麦の生育状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Harvested(%) 45 16 89 78
冬小麦の作柄状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 8 33 35 22
Last week(%) 1 7 32 42 18
Last year(%) NA NA NA NA NA
5-yr. Ave(%) NA NA NA NA NA
春小麦の生育状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Turning(%) 95 87 99 91
Harvested(%) 11 8 41 28
春小麦の作柄状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 8 18 40 29 5
Last week(%) 7 12 38 40 3
Last year(%) 17 19 29 30 5
5-yr Ave (%) 11 18 31 33 7
モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想:2008年8月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Montana 2,190 2,450 38 37 39 83,220 95,550
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
Spring W 2,400 2,450 23 23 21 55,200 51,450
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.48 479,047 500,988
Durum 475 605 24 21 21 11,400 12,705
USA 2,112 2,583 33.9 34.8 33.58 71,686 86,573

5 August, 2008

2008年8月3日現在の気象及び作柄概況

2008年8月3日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、少雨の高温気象であった。最高気温は各地共90度Fの後半となり、NE地区の最高気温は100〜102度Fとなった。降雨はNC地区では殆ど観測されず、NE地区では1週間の降水量が他の地区より多く0.35〜1.15インチを記録した。1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:6.2日)であった。 高温・少雨でTopsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より悪化した。冬小麦は16%が収穫された。昨年同期では78%が収穫されていた。春小麦は87%が登熟期に入り、全州の8%(昨年:17%)が収穫された。冬小麦の作柄は多少改善し、春小麦の作柄は前週より評価が落ちた。
USDAは8月1日付け2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、モンタナ州の冬小麦の単位収量は7月1日予想より2.0 bushels増え39.0 bushels/acre(2007年産:38.0 bushels/acre)、収穫予想面積は7月1日予想と同じ2,450,000 acresで、生産量は95,550,000 bushels(2007年産:83,220,000 bushels)と予想された。 Durum以外の春小麦の単収予想は7月1日予想より2.0 bushels/acre減少し、21.0 bushels/acreとなり、収穫量は51,450,000 bushelsと予想された。春小麦は登熟期の乾燥・高温気象で作柄を落とした。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 38 25 43 41
Short(%) 45 42 44 41
Adequate(%) 17 32 13 18
Surplus(%) 0 1 0 0
Subsoil        
Very short(%) 35 20 33 37
Short(%) 39 42 43 41
Adequate(%) 26 37 24 22
Surplus(%) 0 1 0 0
冬小麦の生育状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Turning(%) 99 93 100 100
Harvested(%) 16 2 78 62
冬小麦の作柄状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 1 7 32 42 18
Last week(%) 1 8 37 40 14
Last year(%) NA NA NA NA NA
5-yr. Ave(%) NA NA NA NA NA
春小麦の生育状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Turning(%) 87 49 95 84
Harvested(%) 8 NA 17 13
春小麦の作柄状況:2008年8月3日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 7 12 38 40 3
Last week(%) 5 10 33 45 7
Last year(%) 15 17 23 40 5
5-yr Ave (%) 10 15 30 38 7
モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jul 1-Aug
Montana 2,190 2,450 38 37 39 83,220 95,550
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857
Spring W 2,400 2,450 23 23 21 55,200 51,450
USA 12,947 13,751 37 36.8 36.4 479,047 500,988
Durum 475 605 24 21 21 11,400 12,705
USA 2,112 2,583 33.9 34.8 33.5 71,686 86,573

29 July, 2008

2008年7月27日現在の気象及び作柄概況

2008年7月27日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、少雨の温暖気象であった。最高気温は各地共90度Fの後半となり、数ヶ所にて100度Fを記録した。最低気温はNC地区にて43〜46度F、NE地区にて48〜52度F、Cent地区にて41〜49度Fであった。1週間の降水量は0.20〜1.83インチ程度であった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.2日(前週:6.7日)であった。 降雨にて、Topsoil及びSubsoilの土壌水分は幾分改善した。冬小麦は93%が登熟後期となり、2%が収穫された。昨年同期では48%が収穫されていた。春小麦は出穂は略完了し、49%が登熟期に入った。昨年同期では76%が登熟期であった。冬小麦の作柄は多少改善し、春小麦の作柄は前週より評価が落ちた。
USDAは7月11日に7月1日付けの2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、モンタナ州の冬小麦の単位収量は6月1日予想より2.0 bushels増え37.0 bushels/acre(2007年産:38.0 bushels/acre)、収穫予想面積は6月30日予想と同じ2,450,000 acres、生産量は90,650,000 bushels(2007年産:83,220,000 bushels)と予想された。 Durum以外の春小麦の単収予想は2007年産実績と同じ27.0 bushels/acre、収穫予想面積2,450,000 acresで収穫量は56,350,000 bushelsと予想された。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 25 23 37 34
Short(%) 42 51 46 43
Adequate(%) 32 25 15 22
Surplus(%) 1 1 2 1
Subsoil        
Very short(%) 20 15 28 32
Short(%) 42 49 40 40
Adequate(%) 37 35 31 28
Surplus(%) 1 1 1 0
冬小麦の生育状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Turning(%) 93 83 99 98
Harvested(%) 2 NA 48 37
冬小麦の作柄状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 1 8 37 40 14
Last week(%) 2 9 35 40 14
Last year(%) 3 5 30 46 16
5-yr. Ave(%) 3 7 29 43 18
春小麦の生育状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Headed(%) 96 89 97 96
Turning(%) 49 28 79 66
春小麦の作柄状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 5 10 33 45 7
Last week(%) 5 9 33 51 2
Last year(%) 12 15 25 42 6
5-yr Ave (%) 8 14 30 41 7
モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
*Forecasted
** Spring wheat other that Durum wheat
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Montana 2,190 2,450 38 35 37 83,220 90,650
USA 35,952 40,252 42.2 45.3 46.3 1,515,989 1,864,245
Spring W 2,400 2,450 23 - 23 55,200 56,350
USA 12,947 13,751 37 - 36.8 479,047 506,568
Durum 475 605 24 - 21 11,400 12,705
USA 2,112 2,583 33.9 - 34.8 71,686 89,873

22 July, 2008

2008年7月20日現在の気象及び作柄概況

2008年7月20日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、少雨の平年より多少低目の気温の気象であった。各地の最高気温は83〜91度F、最低気温は前週より上がり44〜50度Fであった。1週間の降水量は少なく、NC地区では0.00〜0.08インチ、NE地区では0.01〜0.69インチ、Cent地区では全地区0.01〜0.18インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:6.6日)であった。 乾燥気象が続き、Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より更に減少した。冬小麦の生殖成長は平年より遅れているが、83%が登熟期後半(枯熟期)となった。冬小麦の作柄は前週より多少評価が落ちた。春小麦も生育は平年より遅れていた。全体の89%が出穂し、28%が登熟期に在った。春小麦の作柄は最高気温が低目であったことより前週より多少改善した。
USDAは7月11日に7月1日付けの2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、モンタナ州の冬小麦の単位収量は6月1日予想より2.0 bushels増え37.0 bushels/acre(2007年産:38.0 bushels/acre)、収穫予想面積は6月30日予想と同じ2,450,000 acres、生産量は90,650,000 bushels(2007年産:83,220,000 bushels)と予想された。 Durum以外の春小麦の単収予想は2007年産実績と同じ27.0 bushels/acre、収穫予想面積2,450,000 acresで収穫量は56,350,000 bushelsと予想された。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 23 18 26 28
Short(%) 51 46 46 42
Adequate(%) 25 35 26 29
Surplus(%) 1 1 2 1
Subsoil        
Very short(%) 15 19 18 25
Short(%) 49 49 39 39
Adequate(%) 35 40 41 35
Surplus(%) 1 1 2 1
冬小麦の生育状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Turning(%) 83 51 96 92
冬小麦の作柄状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 9 35 40 14
Last week(%) 1 8 31 43 17
Last year(%) 2 5 26 47 20
5-yr. Ave(%) 2 7 29 44 18
春小麦の生育状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Headed(%) 89 79 91 92
Turning(%) 28 7 41 34
春小麦の作柄状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 5 9 33 51 2
Last week(%) 2 12 37 42 7
Last year(%) 8 9 20 55 8
5-yr Ave (%) 6 10 28 49 7
モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
*Forecasted
** Spring wheat other that Durum wheat
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Montana 2,190 2,450 38 35 37 83,220 90,650
USA 35,952 40,252 42.2 45.3 46.3 1,515,989 1,864,245
Spring W 2,400 2,450 23 - 23 55,200 56,350
USA 12,947 13,751 37 - 36.8 479,047 506,568
Durum 475 605 24 - 21 11,400 12,705
USA 2,112 2,583 33.9 - 34.8 71,686 89,873

15 July, 2008

2008年7月13日現在の気象及び作柄概況

2008年7月13日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、極めて少雨で平年より多少低目の気温の気象であった。各地の最高気温は84〜96度F、最低気温は31〜46度Fであった。1週間の降水量は少なく、NC地区では0.00〜0.28インチ、NE地区では0.00〜105インチ、Cent地区では全地区0.00インチであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.6日(前週:6.3日)であった。乾燥気象が続き、Topsoil及びSubsoilの土壌水分は急速に減少し、Topsoil及びSubsoil水分は5年平均以下となった。冬小麦は51%が登熟期であり低目の気温の乾燥気象は有効であった。一方、79%が出穂期の春小麦は土壌水分を必要とする時期であり、乾燥気象の為ストレスを示し作柄を落した。
USDAは7月11日に7月1日付けの2008年産小麦の生産量予想を発表した。それによると、モンタナ州の冬小麦の単位収量は6月1日予想より2.0 bushels増え37.0 bushels/acre(2007年産:38.0 bushels/acre)、収穫予想面積は6月30日予想と同じ2,450,000 acres、生産量は90,650,000 bushels(2007年産:83,220,000 bushels)と予想された。 Durum以外の春小麦の単収予想は2007年産実績と同じ27.0 bushels/acre、収穫予想面積2,450,000 acresで収穫量は56,350,000 bushelsと予想された。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 18 8 17 18
Short(%) 46 40 41 38
Adequate(%) 35 51 40 43
Surplus(%) 1 1 2 1
Subsoil        
Very short(%) 19 13 13 19
Short(%) 40 36 32 37
Adequate(%) 40 50 53 43
Surplus(%) 1 1 2 1
冬小麦の生育状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Headed(%) 99 94 100 100
Turning(%) 51 9 87 79
冬小麦の作柄状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 1 8 31 43 17
Last week(%) 1 8 50 34 7
Last year(%) 2 8 23 44 23
5-yr. Ave(%) 2 7 26 47 18
春小麦の生育状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Headed(%) 79 36 74 75
Turning(%) 7 NA 18 14
春小麦の作柄状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 12 37 42 7
Last week(%) 3 7 28 56 6
Last year(%) 8 9 18 55 10
5-yr Ave (%) 4 7 27 54 8
モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
*Forecasted
** Spring wheat other that Durum wheat
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Montana 2,190 2,450 38 35 37 83,220 90,650
USA 35,952 40,252 42.2 45.3 46.3 1,515,989 1,864,245
Spring W 2,400 2,450 23 - 23 55,200 56,350
USA 12,947 13,751 37 - 36.8 479,047 506,568
Durum 475 605 24 - 21 11,400 12,705
USA 2,112 2,583 33.9 - 34.8 71,686 89,873

8 July, 2008

2008年7月6日現在の気象及び作柄概況

2008年7月6日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、驟雨を伴う温暖な気象であった。各地の最高気温は上昇し90度前半から後半であった。最低気温は40度F半ばから50度F前半であった。1週間の降水量はNC地区にて0.15〜0.30インチ、NE地区では殆ど降雨は無く、Cent.地区では0.30〜1.83インチであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.3日(前週:6.5日)であった。少雨の週が続き、Topsoil及びSubsoilの土壌水分は減少し、水分不足の圃場が増加した。Topsoilの水分は平年以下の状態となった。冬小麦は94%が出穂(昨年:100%、5年平均:98%)が出穂し、9%が登熟を開始した。昨年時で60%が登熟期に在った。 春小麦は36%が出穂(昨年:53%、5年平均:51%)した。春小麦の生育も昨年より遅れていたが冬小麦ほどの遅れではなかった。冬小麦の作柄は"Excellent"及び"Good"が減少し"Fair"が増加した。冬小麦の作柄は5年平均以下であった。春小麦も"Good"が減少し"Fair"と"Poor"が増加した。気温の急激な上昇と乾燥の為小麦にストレスが表れた。

土壌水分:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 8 6 9 13
Short(%) 40 29 36 33
Adequate(%) 51 61 50 51
Surplus(%) 1 4 5 36
Subsoil        
Very short(%) 13 9 8 17
Short(%) 36 32 29 34
Adequate(%) 50 57 59 47
Surplus(%) 1 2 4 2
冬小麦の生育状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Boot(%) 99 93 100 100
Headed(%) 94 78 100 98
Turning(%) 9 1 60 53
冬小麦の作柄状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 1 8 50 34 7
Last week(%) 2 10 41 36 11
Last year(%) 2 9 26 46 17
5-yr. Ave(%) 3 9 27 44 17
春小麦の生育状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Boot(%) 99 93 100 100
Headed(%) 36 20 53 51
春小麦の作柄状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 3 7 26 56 6
Last week(%) 2 5 23 64 6
Last year(%) 4 9 20 57 10
5-yr Ave (%) 3 7 25 56 9

USDAは2008年6月30日付けにて2008年産小麦の作付面積と収穫予想面積を発表した。それによると、モンタナ州の2008年産冬小麦の作付面積は2007年産の実績より16%増加し、2,600,000 acresであった。春小麦(Durum以外)も2007年産の作付面積より多少増加し、2,500,000 acres(2007年産:2,450,000 acres)であった。詳細は下表の通り。

2008年冬小麦及び春小麦の作付面積及び収穫予想面積:2008年6月30日付けUSDA発表
*Forecasted
** Spring wheat other that Durum wheat
Kind of Wheat Planted Area
1000 acres
Harvested Area
1000 acres
2007 2008 08/07 % 2007 2008*
Winter
MT
2,240 2,600 116.10% 2,190 2,450
USA 44,987 46,605 103.60% 35,952 40,252
Spring**
MT
2,450 2,500 102.00% 2,400 2,450
USA 13,297 14,197 106.80% 12,947 13,751

1 July, 2008

2008年6月29日現在の気象及び作柄概況

2008年6月29日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、幾分平年より低目の気温の乾燥気象であった。最高気温はNC及びNE地区では80度F前半から後半、Cent.からSW地区では80度後半から90度Fであった。1週間の降水量はNE地区にて0.27〜2.62インチを記録したが、その他の地区では概ねゼロであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.5日(前週:6.1日)となった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は"Surplus"が前週に引き続き減少し、"Short"が増加した。冬小麦は93%が穂孕み期以降であり全体の78%(昨年:97%、5年平均:93%)が出穂した。 春小麦は66%が穂孕み期(昨年:70%、5年平均:66%)に入り、20%が出穂(昨年:30%、5年平均:27%)した。春小麦の生育は昨年より遅れていた。冬小麦の作柄は"Excellent"が減少し"Fair"が増加した。春小麦は"Fair"から"Good"に改善した小麦が増えた。
USDAは2008年6月30日付けにて2008年産小麦の作付面積と収穫予想面積を発表した。それによると、モンタナ州の2008年産冬小麦の作付面積は2007年産の実績より16%増加し、2,600,000 acresであった。春小麦(Durum以外)も2007年産の作付面積より多少増加し、2,500,000 acres(2007年産:2,450,000 acres)であった。詳細は別表の通り。

土壌水分:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 6 4 4 7
Short(%) 29 18 24 24
Adequate(%) 61 73 60 63
Surplus(%) 4 5 12 6
Subsoil        
Very short(%) 9 11 4 13
Short(%) 32 30 24 31
Adequate(%) 57 55 64 53
Surplus(%) 2 4 8 3
冬小麦の生育状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Boot(%) 93 78 100 98
Headed(%) 78 46 97 93
冬小麦の作柄状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 10 41 36 11
Last week(%) 1 11 37 35 16
Last year(%) 1 6 22 42 29
5-yr. Ave(%) 2 6 29 43 18
春小麦の生育状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Boot(%) 66 38 70 66
Headed(%) 20 12 30 27
春小麦の作柄状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 5 23 64 6
Last week(%) 2 5 31 52 10
Last year(%) 2 5 20 58 15
5-yr Ave (%) 2 5 23 60 10

モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるモンタナ州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想より1.0 bushel増え(土壌水分が改善した)35.0 bushels/acre(昨年の2割減)であった。今期の収穫予想面積が昨年より増加しており、生産量予想は昨年比109.3%の910,000,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008   2007 2008
1-May 1-Jun
Montana 2,190 2,600 38 34 35 83,220 91,000
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364
2008年冬小麦及び春小麦の作付面積及び収穫予想面積:2008年6月30日付けUSDA発表
*Forecasted
** Spring wheat other that Durum wheat
Kind of Wheat Planted Area
1000 acres
Harvested Area
1000 acres
2007 2008 08/07 % 2007 2008*
Winter
MT
2,240 2,600 116.10% 2,190 2,450
USA 44,987 46,605 103.60% 35,952 40,252
Spring**
MT
2,450 2,500 102.00% 2,400 2,450
USA 13,297 14,197 106.80% 12,947 13,751

24 June, 2008

2008年6月22日現在の気象及び作柄概況

2008年6月22日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、平年より多少低目の気温の乾燥気象であった。最高気温は凡そ80度半ばから89度F、最低気温は30度後半から40度F後半であった。1週間の降水量は各地区の殆どの観測所にて0.00インチであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.1日(前週:2.3日)となった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は"Subsoil"が大幅に減少し、"Short"が増加したが、Topsoilは昨年より良い状態であった。冬小麦の生育は昨年及び5年平均より遅れており、全体の46%が出穂した(昨年:83%、5年平均:77%)。 春小麦は38%が穂孕み期に入り、12%が出穂(昨年:18%、5年平均:8%)した。生育は昨年より遅れているが、略5年平均並みであった。冬小麦並びに春小麦は気温の上昇と日照時間の伸びで作柄が改善した。しかし、小麦の作柄は昨年の評価より低い状況が続いた。

土壌水分:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 4 5 3 5
Short(%) 18 9 15 16
Adequate(%) 73 74 67 70
Surplus(%) 5 12 15 9
Subsoil        
Very short(%) 11 11 3 12
Short(%) 30 25 19 28
Adequate(%) 55 59 67 56
Surplus(%) 4 5 11 4
冬小麦の生育状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Boot(%) 78 63 99 96
Headed(%) 46 16 83 77
冬小麦の作柄状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 1 11 37 35 16
Last week(%) 2 11 47 29 11
Last year(%) 1 5 18 40 36
5-yr. Ave(%) 2 8 26 45 19
春小麦の生育状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Boot(%) 38 14 55 39
Headed(%) 12 NA 16 8
春小麦の作柄状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 5 31 52 10
Last week(%) 2 4 41 44 9
Last year(%) 2 5 15 62 16
5-yr Ave (%) 1 4 24 61 10

モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるモンタナ州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想より1.0 bushel増え(土壌水分が改善した)35.0 bushels/acre(昨年の2割減)であった。今期の収穫予想面積が昨年より増加しており、生産量予想は昨年比109.3%の910,000,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008   2007 2008
1-May 1-Jun
Montana 2,190 2,600 38 34 35 83,220 91,000
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

17 June, 2008

2008年6月15日現在の気象及び作柄概況

2008年6月15日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、前週に引続き低温・湿潤・気象であった。全州の最高気温は60度後半から70度の前半であった。最低気温は40度未満で多くの一部では20度F後半を記録した。 1週間の降水量はNC地区では1.21インチ〜2.60インチ、NE地区では0.87〜2.12インチ、Cent.地区では0.44〜2.65インチであった。同時期の1週間の降水量は平年以上であった。1週間の州平均農作業稼動日数は2.3日(前週:3.2日)となった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は更に改善し、Topsoilの水分は"Adequate"が前週より多少減少し、"Surplus"が増加した。Subsoilの土壌水分は前週と殆ど同じ状態であり、5年平均並みであった。土壌水分は未だ昨年より多少低い状態であった。 冬小麦の63%が穂孕み期に入り16%(昨年:57%、5年平均:51%)が出穂した。冬小麦の生育は昨年並びに5年平均より2週間以上遅れていた。春小麦の出芽は略全州にて完了し、14%が穂孕み期となった。春小麦の生育も昨年より遅れていた。 冬小麦は土壌水分の改善に伴い作柄が改善した。一方、春小麦は低温にて出芽後の生育が遅れ勝ちで、作柄は前週より多少落ちた。

USDAの6月1日付けモンタナ州の2008年産冬小麦の生産量予想であは、単位収量は5月1日予想よりエーカー当り1.0 bushels増加し 35.0 bushels/acre(昨年実績:38.0 bushels/acre)であった。昨年より土壌水分状況の悪さが昨年比で単収減の予想となった。 生産量予想は収穫面積予想が昨年より増えており91,000,000ブッシェル(昨年比:109.3%)であった。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 5 4 1 4
Short(%) 9 10 11 13
Adequate(%) 74 80 70 71
Surplus(%) 12 60 18 12
Subsoil        
Very short(%) 11 11 1 11
Short(%) 25 27 18 25
Adequate(%) 59 59 70 59
Surplus(%) 5 3 11 5
冬小麦の生育状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Boot(%) 63 38 93 89
Headed(%) 16 NA 57 51
冬小麦の作柄状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 11 47 29 11
Last week(%) 2 12 49 30 7
Last year(%) 1 3 21 45 30
5-yr. Ave(%) 2 7 29 42 20
春小麦の生育状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Emerged(%) 99 895 100 99
Boot(%) 14 6 39 20
春小麦の作柄状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 4 41 44 9
Last week(%) 2 4 38 51 5
Last year(%) 1 3 13 66 17
5-yr Ave (%) 1 3 24 60 12

モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるモンタナ州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想より1.0 bushel増え(土壌水分が改善した)35.0 bushels/acre(昨年の2割減)であった。今期の収穫予想面積が昨年より増加しており、生産量予想は昨年比109.3%の910,000,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Montana 2,190 2,600 38 34 35 83,220 91,000
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

10 June, 2008

2008年6月8日現在の気象及び作柄概況

2008年6月8日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、平年より低い気温にて推移し各地にて降雨が有り湿潤・低温気象であった。全州の最高気温は南部では70度の後半から80度Fであったが、全州を見ると概ね60度後半から70度の前半であった。 最低気温は40度未満で多くの観測所にて31〜35度F程度であった。1週間の降水量はNC地区にて多くの観測上が1.00インチ以上を記録し、NE地区では0.44〜1.20インチ、Cent地区では0.95〜2.06インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は前週より多少増え3.2日(前週:3.5日)となった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は更に改善し、Topsoilの水分は"Adequate"が80%となり昨年以上の水分状況となった。Subsoilの水分は昨年より未だ低いが5年平均以上となった。小麦にとっては極めて有効な降雨であった。冬小麦の38%が穂孕み期に入ったが出穂はゼロであった。 昨年では既に32%(5年平均:25%)が出穂していた。春先からの乾燥土壌と低温気象が生育の遅れの大きな理由と言える。春小麦の全州の95%の春小麦が出芽し、6%が穂孕み期にあった。昨年より多少遅い進展であった。冬小麦の作柄は"Excellent"と"Good"が減り"Fair"が増えた。 春小麦の作柄は2週続けて改善した。今後の気温の上昇が望まれた。

USDAの6月1日付けモンタナ州の2008年産冬小麦の生産量予想であは、単位収量は5月1日予想よりエーカー当り1.0 bushels増加し 35.0 bushels/acre(昨年実績:38.0 bushels/acre)であった。昨年より土壌水分状況の悪さが昨年比で単収減の予想となった。 生産量予想は収穫面積予想が昨年より増えており91,000,000ブッシェル(昨年比:109.3%)であった。詳細は下表の通り。

土壌水分:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 4 6 1 6
Short(%) 10 13 13 17
Adequate(%) 80 71 68 67
Surplus(%) 6 10 18 11
Subsoil        
Very short(%) 11 18 2 14
Short(%) 27 26 20 28
Adequate(%) 59 53 66 54
Surplus(%) 3 3 12 4
冬小麦の生育状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Boot(%) 38 14 79 74
Headed(%) 0 0 32 25
冬小麦の作柄状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 12 49 30 7
Last week(%) 4 18 39 31 8
Last year(%) 0 2 20 44 34
5-yr. Ave(%) 2 8 32 39 19
春小麦の生育状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Emerged(%) 95 89 98 96
Boot(%) 6 1 8 7
春小麦の作柄状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 4 38 51 5
Last week(%) 2 4 45 43 6
Last year(%) 1 5 20 50 24
5-yr Ave (%) 1 3 26 59 11

モンタナ州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるモンタナ州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想より1.0 bushel増え(土壌水分が改善した)35.0 bushels/acre(昨年の2割減)であった。今期の収穫予想面積が昨年より増加しており、生産量予想は昨年比109.3%の910,000,000ブッシェルであった。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Montana 2,190 2,600 38 34 35 83,220 91,000
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

3 June, 2008

2008年6月1日現在の気象及び作柄概況

2008年6月1日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、平年より低い気温の湿潤気象であった。全州の最高気温は南部では70度の後半から80度Fであったが、全州を見ると概ね70度の前半であった。最低気温は40度未満で多くの観測所にて31〜35度F程度であった。 1週間の降水量は概ね0.20〜0.50インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は前週より多少増え3.5日(前週:2.8日)となった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は更に改善し、略5年平均並みとなったが、昨年より低い状態であった。 冬小麦並びに春小麦の作柄は土壌水分の改善と共に評価が上がったが、昨年並びに5年平均より評価は低かった。
冬小麦の14%が穂孕み期に入ったが出穂はゼロであった。生育は昨年より遅れていた。春小麦の播種は完了し、全州の89%の春小麦が出芽した。5年平均より多少早い進展であった。冬小麦及び春小麦の作柄が前週より改善した。

土壌水分:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 6 6 0 5
Short(%) 13 15 11 21
Adequate(%) 71 63 72 67
Surplus(%) 10 16 17 7
Subsoil        
Very short(%) 18 24 2 16
Short(%) 26 30 20 31
Adequate(%) 53 43 69 50
Surplus(%) 3 3 9 3
冬小麦の生育状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Boot(%) 14 10 57 52
Headed(%) 0 0 3 4
冬小麦の作柄状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 4 18 39 31 8
Last week(%) 6 18 44 29 3
Last year(%) 1 3 21 44 31
5-yr. Ave(%) 3 9 33 39 16
春小麦の生育状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Planted(%) 96 93 95 94
Emerged(%) 89 67 91 87
春小麦の作柄状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 4 45 43 6
Last week(%) 3 5 62 27 3
Last year(%) 0 2 18 62 18
5-yr Ave (%) 0 2 28 62 8

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

27 May, 2008

2008年5月25日現在の気象及び作柄概況

2008年5月25日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、平年並みか多少平年より高目の気温で多雨の気象であった。各地の最高気温は80度半ばから90度Fであり、1週間の降水量は多い所で5インチ以上となった。 NC地区では1.66〜4.05インチ、NE地区では0.31〜1.03インチ、Cent地区では1.44〜4.27インチで同地区の多くの観測所にて3インチ以上でった。1週間の降水量はNC地区では0.01〜0.40インチ、NE地区では0.00〜0.15インチと少雨であった。 1週間の州平均農作業稼動日数は2.8(前週:5.9日)となり、殆どの農作業が中断した。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は全州に於いて大幅に改善し、"Surplus"の圃場が昨年並みとなったが、全体として未だ昨年以下であった。 冬小麦は全体の10%がboot(穂孕み期)となったが、昨年並びに平年よりより生育は遅れていた。冬小麦の作柄は前週より改善したが、昨年より悪い評価が続いた。春小麦の播種は例年より多少早く進み全州の96%にて完了し、播種圃場の67%で出芽した。 出芽は昨年並びに5年平均より遅れていた。

土壌水分:2008年5月25日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 6 21 2 6
Short(%) 15 36 11 22
Adequate(%) 63 42 71 64
Surplus(%) 16 1 16 8
Subsoil        
Very short(%) 24 40 5 16
Short(%) 30 35 22 31
Adequate(%) 43 24 65 50
Surplus(%) 3 1 8 3
冬小麦の生育状況:2008年5月25日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Boot(%) 10 9 33 25
Headed(%) 0 0 0 0
冬小麦の作柄状況:2008年5月25日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 6 18 44 29 3
Last week(%) 14 26 36 20 4
Last year(%) 1 2 22 44 31
5-yr. Ave(%) 3 10 32 40 15
春小麦の生育状況:2008年5月25日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Planted(%) 96 93 95 94
Emerged(%) 67 52 75 70

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

20 May, 2008

2008年5月18日現在の気象及び作柄概況

2008年5月18日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、全州にてLight rainが散発的にあり、日中の気温は上昇し平均気温は平年並となった。前週の最高気温は80度F後半となり、最低気温は概ね30度半ばであった。 1週間の降水量はNC地区では0.01〜0.40インチ、NE地区では0.00〜0.15インチと少雨であった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.9(前週:4.2日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は全州に於いて減少した。 昨年より土壌水分は良くない。冬小麦は略全圃場にて休眠から覚め生育を始めたが、平年より凡そ2週間の遅れであった。冬小麦の作柄状況は前週より多少"Poor"以下の数値が上昇したが、全体的には大きな変化は無かった。 昨年比では作柄は良くない。春小麦の播種は例年より早いペースで進み全州の93%にて完了し、52%にて出芽した。

土壌水分:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 21 11 1 9
Short(%) 36 30 15 24
Adequate(%) 42 57 68 60
Surplus(%) 1 2 16 7
Subsoil        
Very short(%) 40 36 7 19
Short(%) 35 36 24 31
Adequate(%) 24 27 60 47
Surplus(%) 1 1 9 3
冬小麦の生育状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Dormancy(%) 1 1 NA NA
Greening(%) 3 22 NA NA
Growing(%) 96 77 NA NA
Headed(%) 0 0 0 0
冬小麦の作柄状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 14 26 36 20 4
Last week(%) 10 19 39 30 2
Last year(%) 0 3 21 44 32
5-yr. Ave(%) 3 11 28 42 16
春小麦の生育状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Planted(%) 93 83 89 87
Emerged(%) 52 24 52 50

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

13 May, 2008

2008年5月11日現在の気象及び作柄概況

2008年5月11日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、全州にてLight rainが散発的にあり、気温は平年より低目で推移した。前週の最高気温は68〜73度F、最低気温は22〜32度Fであった。1週間の降水量はNC地区で0.08〜0.55インチ、NE地区では0.11〜0.63インチであった。 その他の地区でも0.5インチ程度の降水量であった。1週間の州平均農作業稼動日数は4.2(前週:5.2日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より更に多少改善したが、昨年より未だ可也低い状態であった。 冬小麦の生育は平年より凡そ2週間の遅れであり、作柄状況は低温で再び評価が下り、又昨年に比べ冬小麦の作柄はかなり悪い。春小麦の播種は平年並びに昨年より早いペースで進んでいるが、出芽は低温の為平年より遅れていた。

土壌水分:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 11 23 0 31
Short(%) 30 31 9 21
Adequate(%) 57 41 75 59
Surplus(%) 2 5 16 9
Subsoil        
Very short(%) 36 39 4 19
Short(%) 36 38 22 31
Adequate(%) 27 22 65 47
Surplus(%) 1 1 9 3
冬小麦の生育状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Dormancy (%) 1 1 0 NA
Greening(%) 22 30 2 NA
Growing(%) 77 69 98 NA
Boot(%) 3 2 11 6
Headed(%) 0 0 0 0
冬小麦の作柄状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 10 19 39 30 2
Last week(%) 10 16 37 33 4
Last year(%) 1 3 21 47 28
5-yr. Ave(%) 3 10 26 44 17
春小麦の生育状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Planted (%) 83 71 78 75
Emerged (%) 24 12 27 31

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

6 May, 2008

2008年5月4日現在の気象及び作柄概況

2008年5月4日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、各地にて気温は前週より上昇し、州中央部を除き平年以上の降雨を伴った気象であった。NC地区の最高気温は70度後半となり、NE地区では78〜82度Fであった。NE地区の1週間の降水量は0.32インチから多い所では2.45インチを記録した。 NC地区の降水量は0.06〜0.89インチで場所により振れが大きかった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.2日(前週:4.7日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より多少改善したが、昨年より未だ可也低い状態であった。冬小麦の生育は遅れているが、全体の69%が生育を開始した。 温度の上昇と降雨のお蔭で冬小麦の作柄状況は前週より多少評価が上がった。春小麦の播種は平年並びに昨年より早いペースで進み全体の71%にて完了し、12%にて出芽した(昨年:10%、5年平均:15%)。出芽は低温が続き平年より遅れていた。

土壌水分:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short (%) 23 29 1 10
Short(%) 31 35 11 21
Adequate(%) 41 35 75 62
Surplus(%) 5 1 13 7
Subsoil        
Very short(%) 39 39 6 20
Short(%) 38 39 25 30
Adequate(%) 22 21 61 46
Surplus(%) 1 1 8 4
冬小麦の作柄状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 10 16 37 33 4
Last week(%) 12 17 36 30 5
Last year(%) 1 4 23 51 21
5-yr. Ave(%) 4 10 27 44 15
冬小麦の生育状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Dormancy (%) 1 3 0 NA
Greening(%) 30 48 8 NA
Growing(%) 69 49 92 NA
Boot(%) 2 1 4 2
Headed(%) 0 0 0 0
春小麦の生育状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Planted (%) 71 48 57 59
Emerged (%) 12 2 10 15

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

29 April, 2008

2008年4月27日現在の気象及び作柄概況

2008年4月27日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、平年より低い気温で推移し、降水量は少なかったが散発的な降雨を伴った気象であった。1週間の降水量は0.00〜0.70インチであり、NC地区では0.01〜0.70インチ、NE地区では0.00〜0.25インチであった。 各地の最高気温は前週より10度程下がり50度F〜63度F程度であった。1週間の州平均農作業稼動日数は4.7日(前週:5.6日)であった。Topsoilの土壌水分は前週より多少改善したが、Subsoilの水分を含め土壌水分は昨年並びに平年より悪い状況が続いた。 冬小麦の生育は低温の為遅れていた。全体の49%が生育を開始したが、昨年同期では82%が生育に入っていた。冬小麦の作柄状況は前週より多少評価が上がったが、昨年以下の状態であった。春小麦の播種は平年並びに昨年より早いペースで進み、全体の48%にて完了した(昨年:34%、5年平均:39%)。

土壌水分:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 29 27 2 10
Short(%) 35 42 12 21
Adequate(%) 35 31 73 62
Surplus(%) 1 0 13 7
Subsoil        
Very short(%) 39 41 7 20
Short(%) 39 38 26 32
Adequate(%) 21 21 62 45
Surplus(%) 1 0 5 3
冬小麦の作柄状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 12 17 36 30 5
Last week(%) 11 17 41 29 2
Last year(%) 1 4 28 51 16
5-yr. Ave(%) 4 9 29 44 14
冬小麦の生育状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Dormancy(%) 3 8 1 NA
Greening(%) 48 64 17 NA
Growing(%) 49 28 82 NA
Headed(%) 0 0 0 0
春小麦の生育状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USADS-Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Planted(%) 48 28 34 39

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

22 April, 2008

2008年4月20日現在の気象及び作柄概況

2008年4月20日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、平年より高目の気温にて推移し全州の殆どの観測所にて降雨が見られた。1週間の降水量は多少平年より多く0.13〜0.81インチであった。最高気温は70度後半から80度前半であった。 1週間の州平均農作業稼動日数は5.6日(前週:.2日)で、春小麦の播種作業が進んだ。土壌水分は前週より多少改善したが、昨年並びに平年より悪い状況が続いた。冬小麦の8%が未だ休眠中であった。 生育を始めた冬小麦は全体の28%であり、5年平均の82%より相当に遅れていた。冬小麦の作柄状況は前週より評価が落ち、"Poor〜Very Poor"が全体の28%となった。全体に昨年同期及び5年平均より低い評価であった。 春小麦の播種は平年並びに昨年より早い進捗となり、全体の28%にて完了した(昨年:15%、5年平均:19%)。

土壌水分:2008年4月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 27 32 3 9
Short(%) 42 39 9 20
Adequate(%) 31 29 78 63
Surplus(%) 0 0 10 8
Subsoil        
Very short(%) 41 37 8 21
Short(%) 38 44 22 31
Adequate(%) 21 19 65 45
Surplus(%) 0 0 5 3
冬小麦の作柄状況:2008年4月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 11 17 41 29 2
Last week(%) 7 13 43 33 4
Last year(%) 0 4 27 52 17
5-yr. Ave(%) 3 8 30 45 14
冬小麦の生育状況:2008年4月20日現在
Source: Montana Agricultural Statistics Service
5-yr average means average of 2002,2003,2004,2005 and 2006 crops
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Dormancy(%) 8 41 3 1
Greening(%) 64 49 29 17
Growing(%) 28 10 68 82
春小麦の生育状況:2008年4月20日現在
Source: Montana Agricultural Statistics Service
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crops
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Planted(%) 28 9 15 19

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

15 April, 2008

2008年4月13日現在の気象及び作柄概況

2008年4月13日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、平年並みか多少平年より高目の気温の乾燥気象であった。降雨はNE地区で記録され1週間の降水量は0.17〜0.39インチと少なかった。他の地区の観測所では殆ど降雨は記録されなかった。 最高気温はNC地区のHarlem観測所にて80度を記録したが、全州にて60度F半ばから70度F前半、最低気温は20度F前後であった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.2日(前週:4.2日)であった。Topsoilの土壌水分は平年より悪い状況であった。 低温と土壌水分不足で、冬小麦の41%が未だ休眠中であった。冬小麦の作柄状況は昨年同期及び5年平均より低い評価であった。春小麦の播種は平年並みの進捗であり全圃場の9%にて完了した。

土壌水分:2008年4月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 32 30 3 10
Short(%) 39 44 12 24
Adequate(%) 29 26 74 59
Surplus(%) 0 0 11 7
Subsoil        
Very short(%) 37 45 9 22
Short(%) 44 39 27 33
Adequate(%) 19 15 60 43
Surplus(%) 0 1 4 2
冬小麦の作柄状況:2008年4月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 7 13 43 33 4
Last week(%) 7 16 47 26 4
Last year(%) 0 4 29 54 13
5-yr. Ave(%) 3 7 36 44 10
冬小麦の生育状況:2008年4月13日現在
Source: Montana Agricultural Statistics Service
5-yr average means average of 2002,2003,2004,2005 and 2006 crops
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Dormancy(%) 41 62 8 5
Greening(%) 49 35 35 32
Growing(%) 10 3 57 63
春小麦の生育状況:2008年4月13日現在
Source: Montana Agricultural Statistics Service
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crops
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Planted(%) 9 8 6 9

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1,950 2,240 2,700 Percent121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

8 April, 2008

2008年4月6日現在の気象及び作柄概況

2008年4月6日に終わる1週間のモンタナ州の気象は、乾燥・低温の気象であった。全州の最高気温は51〜55度、最低気温はマイナス2度〜16度Fであった。1週間の降水量はNC地区では殆どの観測所が0.00インチであり、NE地区でも同様であった。 Cent.地区では0.04〜0.34インチの降水が有った。1週間の州平均農作業稼動日数は4.2日であった。土壌水分が全州に於いて昨年より可也低く、冬小麦の作柄状況は昨年同期より低い評価であった。4月6日現在小麦に62%が休眠中であった。 低温・乾燥にて冬小麦の休眠が長引いている。春小麦の播種が開始された。多少昨年より早い進捗であった。
2008年3月31日付けのUSDA発表の2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付予想は、2007年産と同じ2,450,000エーカーであった。

土壌水分:2008年4月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 30 29 3 NA
Short(%) 44 41 16 NA
Adequate(%) 26 29 70 NA
Surplus(%) 0 1 11 NA
Subsoil        
Very short(%) 45 30 10 NA
Short(%) 39 46 32 NA
Adequate(%) 15 23 54 NA
Surplus(%) 1 1 4 NA
冬小麦の作柄状況:2008年4月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 7 16 47 26 4
Last week(%) 4 11 51 31 3
Last year(%) 1 4 27 54 14
5-yr. Ave(%) NA NA NA NA NA
冬小麦の生育状況:2008年4月6日現在
Source: Montana Agricultural Statistics Service
5-yr average means average of 2002,2003,2004,2005 and 2006 crops
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Dormancy(%) 62 71 12 NA
Greening(%) 35 28 40 NA
Growing(%) 7 1 48 NA
春小麦の生育状況:2008年4月6日現在
Source: Montana Agricultural Statistics Service
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 and 2007 crops
  This week Last week Last year 5-yr avg.
Planted(%) 8 NA 5 NA

2008年3月31日付けUSDA発表の年冬小麦及び春小麦の作付面積

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2008年産春小麦(デュラム小麦を除く)の作付面積は2007年産作付面積と同数であった。

モンタナ州産冬小麦及び春小麦の作付け面積
Spring wheat: other than durum wheat
  Area Planted 1,000 Acres
2006 2007 2008 2008/2007
Winter wheat
Montana
1950 2,240 2,700 Percent
121
USA 40,575 44,987 46,610 104
Spring wheat
Montana
2,950 2,450 2,450 100
USA 14,899 13,297 14,333 108

4 March, 2008

2008年2月の気象及び作柄概況

2008年2月のモンタナ州の気象は、平年より多少高目の気温で推移し、1ヶ月間の降水量(降雪/降雨)は0.20〜0.50インチ程度であった。2月25日にNE地区のShelby観測所では0.60インチの降水量を記録し、当観測所の2月の1日の降水量の最高値を更新した。 土壌水分は1月末の状況より改善されたが、昨年より可也状況は悪い。冬小麦のSnow Coverは、1月の状態より悪化し、 "Very Poor"〜"Poor"の計が 82%(先月:78%)となった。昨年より悪い状態であった。 2月末の冬小麦の作柄はFreeze-Drought の被害がNone:45%、Light:35%、Moderate:14%、Heavy:2%であった。全体としての作柄は1月末の状態より多少改善した。

土壌水分:2008年2月29日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil Feb. 28,08 Jan. 31,07 Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 20 27 3 NA
Short(%) 46 41 22 NA
Adequate(%) 33 31 72 NA
Surplus(%) 1 1 3 NA
Subsoil        
Very short(%) 33 39 17 NA
Short(%) 43 40 46 NA
Adequate(%) 23 20 36 NA
Surplus(%) 1 1 1 NA
冬小麦の作柄状況:2008年2月29日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This month(%) 3 13 49 32 3
Last month(%) 3 12 53 29 3
Last year(%) 0 2 64 28 6
5-yr. Ave(%) NA NA NA NA NA
冬小麦のSnow Cover状況
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This month(%) 68 14 13 4 1
Last month(%) 45 33 11 8 3
Last year (%) 23 9 50 14 4
5-yr. Ave.(%) NA NA NA NA NA

2008年1月11日付けUSDA発表の2008年冬小麦の作付面積、2007年産小麦収穫量

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。 2007年産冬小麦の単位収量は2006年産の88.4%(38.0 bushels)と減少した一方、作付面積/収穫面積が増えたことより、生産量は2006年産を上回り83,220,000 bushelsと報告された。
2007年産春小麦の生産量は、2006年産に比較し単収は多少増加し23.0 bushelsであったが、収穫面積が減少したことより2006年産の86.5%に止まった。

2008年産冬小麦作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Montana 1,950 2,240 2,700 121%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
冬小麦の作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 2,150 1,950 2,240 2,100 1,920 2,190
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 45 43 38 94,500 82,560 83,220
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989
春小麦(デュラム小麦を除く)作付面積及び収穫面積
Crop yr. Area Planted
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 2,600 2,950 2,450 2,550 2,900 2,400
USA 14,036 14,899 13,297 13,609 13,878 12,947
春小麦(デュラム小麦を除く)の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 32 22 23 81,600 63,800 55,200
USA 37.1 33.2 37 504,456 460,480 479,047
デュラム小麦の作付面積、収穫面積及び生産量
Area Planted Area
1,000 acres
Harvested Area
1,000 acres
Crop yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 590 400 480 585 395 475
USA 2,760 1,870 2,149 2,716 1,815 2,112
Production Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 28 17 24 16,380 6,715 11,400
USA 37.2 29.5 33.9 101,105 53,475 71,686

6 February, 2008

2008年1月の気象及び作柄概況

2008年1月のモンタナ州の気象は、平年以下の降水量、平年以下の気温の気象であった。土壌水分は12月末の状況より多少減少し、2007年1月末の状況と比較すると当時よりかなり悪い状況でなった。 冬小麦のSnow Coverは、多少前月より改善したが "Very Poor"〜"Poor"の計が 78%(先月:95%)であり、更なる降雪が望まれた。 1月末の冬小麦の作柄はFree-Drought の被害がNone:47%、Light:43%、Moderate:11%、Heavy:1%であった。2007年1月の冬小麦(2007年産)の作柄より悪い評価であった。

土壌水分:2008年1月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil Jan. 31,08 Dec. 31,07 Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 27 24 9 NA
Short(%) 41 46 35 NA
Adequate(%) 31 28 54 NA
Surplus(%) 1 2 2 NA
Subsoil
Very short(%) 39 36 17 NA
Short(%) 40 42 46 NA
Adequate(%) 20 21 36 NA
Surplus(%) 1 1 1 NA
冬小麦の作柄状況:2008年1月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This month(%) 3 12 53 29 3
Last month(%) 2 11 54 29 4
Last year(%) 0 5 41 44 10
5-yr. Ave(%) NA NA NA NA NA
冬小麦のSnow Cover状況
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This month(%) 45 33 11 8 3
Last month(%) 88 7 3 2 0
Last year (%) 49 25 21 5 0
5-yr. Ave.(%) NA NA NA NA NA

2008年1月11日付けUSDA発表の2008年冬小麦の作付面積、2007年産小麦収穫量

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。 2007年産冬小麦の単位収量は2006年産の88.4%(38.0 bushels)と減少した一方、作付面積/収穫面積が増えたことより、生産量は2006年産を上回り83,220,000 bushelsと報告された。
2007年産春小麦の生産量は、2006年産に比較し単収は多少増加し23.0 bushelsであったが、収穫面積が減少したことより2006年産の86.5%に止まった。

2008年産冬小麦作付面積
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Montana 1,950 2,240 2,700 121%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
冬小麦の作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 2,150 1,950 2,240 2,100 1,920 2,190
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 45 43 38 94,500 82,560 83,220
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989
春小麦(デュラム小麦を除く)作付面積及び収穫面積
Crop yr. Area Planted
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 2,600 2,950 2,450 2,550 2,900 2,400
USA 14,036 14,899 13,297 13,609 13,878 12,947
春小麦(デュラム小麦を除く)の単収と収穫量
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 32 22 23 81,600 63,800 55,200
USA 37.1 33.2 37 504,456 460,480 479,047
デュラム小麦の作付面積、収穫面積及び生産量
Area
Crop yr.
Planted Area
1,000 acres
Harvested Area
1,000 acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 590 400 480 585 395 475
USA 2,760 1,870 2,149 2,716 1,815 2,112
Production
Crop yr.
Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 28 17 24 16,380 6,715 11,400
USA 37.2 29.5 33.9 101,105 53,475 71,686

11 January, 2008

2007年12月31日現在概況

土壌水分は2006年12月末より可也低い状態であり、冬小麦の作柄は11月末よりも更に評価が落ちた。

土壌水分:2007年12月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil Dec. 31 Nov. 27 Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 24 19 2 NA
Short(%) 39 36 23 NA
Adequate(%) 36 44 71 NA
Surplus(%) 1 1 4 NA
Subsoil        
Very short(%) 36 37 13 NA
Short(%) 41 36 40 NA
Adequate(%) 22 28 46 NA
Surplus(%) 1 1 1 NA

2008年1月11日付けUSDA発表の2008年冬小麦の作付面積、2007年産小麦収穫量

モンタナ州に於ける2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より21%増の2,700,000エーカーと報告された。2007年産冬小麦の単位収量は2006年産の88.4%(38.0 bushels)と減少した一方、作付面積/収穫面積が増えたことより、生産量は2006年産を上回り83,220,000 bushelsと報告された。
2007年産春小麦の生産量は、2006年産に比較し単収は多少増加し23.0 bushelsであったが、収穫面積が減少したことより2006年産の86.5%に止まった。

2008年産冬小麦作付面積
  Crop Year
1,000 Acres
2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Montana 1,950 2,240 2,700 121%
USA 40,575 44,987 46,610 104%
冬小麦の作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 2,150 1,950 2,240 2,100 1,920 2,190
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 45 43 38 94,500 82,560 83,220
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989
春小麦(デュラム小麦を除く)作付面積及び収穫面積
Crop yr. Area Planted
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 2,600 2,950 2,450 2,550 2,900 2,400
USA 14,036 14,899 13,297 13,609 13,878 12,947
春小麦(デュラム小麦を除く)の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 32 22 23 81,600 63,800 55,200
USA 37.1 33.2 37 504,456 460,480 479,047
デュラム小麦の作付面積、収穫面積及び生産量
Area Planted Area
1,000 acres
Harvested Area
1,000 acres
Crop yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 590 400 480 585 395 475
USA 2,760 1,870 2,149 2,716 1,815 2,112
Production Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Montana 28 17 24 16,380 6,715 11,400
USA 37.2 29.5 33.9 101,105 53,475 71,686

6 November, 2007

2007年11月4日現在概況

2007年11月4日に終わる週のモンタナ州の気象は、低温・少雨の気象であった。土壌水分は前週より減少し、昨年よりかなり低い状態となった。冬季を前にし纏った降雨が必要であった。2008年産の冬小麦の播種は昨年より多少早く全州にて完了し、播種圃場の94%にて出芽した。出芽は昨年より早い進展であった。 小麦の生育作柄は、前週より土壌水分の減少と共に評価が落ちた。作柄は昨年より低い評価であった。
今期のモンタナ州の気象・作柄報告は11月6日付け(11月4日現在)をもって中断し、2008年4月より再開する。冬期には1ヶ月に1度の概況報告を行う。

土壌水分:2007年11月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 19 11 3 NA
Short(%) 36 43 16 NA
Adequate(%) 44 43 74 NA
Surplus(%) 1 3 7 NA
Subsoil        
Very short(%) 37 24 12 NA
Short(%) 36 47 42 NA
Adequate(%) 26 28 44 NA
Surplus(%) 1 1 2 NA
冬小麦の生育状況:2007年11月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded(%) 100 99 96 99
Emerged(%) 94 83 80 85
冬小麦の作柄状況:2007年11月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 1 3 53 40 3
Last week(%) 1 2 47 45 5
Last year(%) 1 4 31 50 14
5-yr. Ave(%) NA NA NA NA NA

30 October, 2007

2007年10月28日現在概況

2007年10月28日に終わる週のモンタナ州の気象は、高目の気温の乾燥気象が続いた。最高気温はNC地区では74〜83度F、NE地区では74〜80度Fとなり、他の地区に於いても最高気温は70度Fを越えた。一方、最低気温は11〜22度Fと極めて低くかった。1週間の降水量はCent.地区の一部にて0.28インチを記録したが、全州に於いて殆ど降雨は記録されなかった。 1週間の州平均農作業稼動日数は6.4日(前週:5.6日)であった。Topsoil並びにSubsoilの水分は減少し、5年平均より悪くなった。2008年産の冬小麦の播種は全州にて略完了(昨年:94%、5年平均:98%)し、播種圃場の83%にて出芽した。出芽は昨年より早い進展であった。小麦の生育状況は昨年並びに5年平均より低い評価が報告された。 冬季を前にし、根の発育の為に充分な土壌水分が必要であるが、現在の水分は昨年並びに5年平均より低い。今後の纏った降水が期待された。

土壌水分:2007年10月28日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 11 5 3 22
Short(%) 43 38 18 30
Adequate(%) 43 55 70 45
Surplus(%) 3 2 9 3
Subsoil        
Very short(%) 24 23 16 37
Short(%) 47 42 41 36
Adequate(%) 28 34 42 27
Surplus(%) 1 1 1 0
冬小麦の生育状況:2007年10月28日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded(%) 99 96 94 98
Emerged(%) 83 76 64 78
冬小麦の作柄状況:2007年10月28日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 1 2 47 45 5
Last week(%) 0 8 44 46 2
Last year(%) 1 5 35 49 10
5-yr. Ave(%) 2 7 36 45 10

23 October, 2007

2007年10月21日現在概況

2007年10月21日に終わる週のモンタナ州の気象は、平年より高目の気温で少降雨の気象であった。最高気温はNC地区では66〜72度F、NE地区では62〜68度Fであった。1週間の降水量はNC地区にて0.00〜0.23インチ、NE地区ではも同様少なく0.00〜0.12インチであり、多くの観測所にてゼロの記録であった。 Cent.地区では0.09〜0.32インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.9日(前週:5.4日)であった。Topsoil並びにSubsoilの水分は"Short"が前週より多少増加した。2008年産の冬小麦の播種は全州の99%(昨年:93%、5年平均:97%)にて完了し、播種圃場の76%にて出芽した。出芽は昨年より早い進展であった。

土壌水分:2007年10月21日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 5 8 5 23
Short(%) 38 34 16 31
Adequate(%) 55 54 68 43
Surplus(%) 2 4 11 3
Subsoil        
Very short(%) 23 27 19 39
Short(%) 42 38 41 36
Adequate(%) 34 34 39 24
Surplus(%) 1 1 1 1
冬小麦の生育状況:2007年10月21日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded (%) 96 91 93 97
Emerged(%) 76 55 55 69
冬小麦の作柄状況:2007年10月21日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 8 44 46 2
Last week(%) NA NA NA NA NA
Last year(%) NA NA NA NA NA
5-yr. Ave(%) NA NA NA NA NA

16 October, 2007

2007年10月14日現在概況

2007年10月14日に終わる週のモンタナ州の気象は、多少降雨を伴った低温気象となった。最高気温はNE地区では64〜71度F、NE地区では63〜71度Fであった。1週間の降水量はNC地区にて0.30〜0.88インチ、NE地区では1.03〜1.40インチ、Cent.地区では0.00〜0.12インチであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は5.4日(前週:4.6日)であった。Topsoil並びにSubsoilの水分は気温が低目であったこともあり前週より多少改善した。2008年産の冬小麦の播種は全州の91%(昨年:91%、5年平均:95%)にて完了し、播種圃場の55%にて出芽した。出芽は昨年より順調な進捗あった。

土壌水分:2007年10月14日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 8 7 6 22
Short(%) 34 36 18 32
Adequate(%) 54 53 70 44
Surplus(%) 4 4 6 2
Subsoil        
Very short(%) 27 36 20 38
Short(%) 38 32 44 37
Adequate(%) 34 31 35 24
Surplus(%) 1 1 1 1
冬小麦の生育状況:2007年10月14日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded(%) 91 82 91 93
Emerged(%) 55 39 48 57

9 October, 2007

2007年10月7日現在概況

2007年10月7日に終わる週のモンタナ州の気象は、湿潤・低温気象となった。最高気温は60〜70度後半、最低気温は21〜30度F後半となった。1週間の降水量はNC地区にて0.30〜0.88インチ、NE地区では1.03〜1.40インチ、Cent.地区では0.34〜1.61インチであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は4.6日(前週:5.4日)であった。Topsoil並びにSubsoilの水分は前週より更に改善した。2008年産の冬小麦の播種は全州の82%(昨年:82%、5年平均:85%)にて完了し、播種圃場の39%にて出芽した。圃場水分が良好であり出芽は順調であったが、気温の上昇が望まれた。

土壌水分:2007年10月7日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 7 22 6 23
Short(%) 36 38 24 33
Adequate(%) 53 38 66 42
Surplus(%) 4 2 4 2
Subsoil        
Very short(%) 36 35 22 38
Short(%) 32 37 47 38
Adequate(%) 31 28 30 23
Surplus(%) 1 0 1 1
冬小麦の生育状況:2007年10月7日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded(%) 82 69 82 85
Emerged(%) 39 18 29 39

2 October, 2007

2007年9月30日現在概況

2007年9月30日に終わる週のモンタナ州の気象は、平年より低い気温となり低温・少雨の気象であった。最高気温は70〜85度F、最低気温は25〜38度Fとなった。1週間の降雨は0.25〜0.70インチの間であった。1インチを越えたのはSW地区の1観測所のみであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は5.4日(前週:5.8日)であった。Topsoil並びにSubsoilの水分は略前週より更に改善した。降雨は冬小麦の播種に有効であった。2008年産の冬小麦の播種は9月30日現在全州の69%(昨年:65%、5年平均:70%)にて完了し、播種圃場の18%にて出芽した。 順調な進捗状態であった。

土壌水分:2007年9月30日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 22 39 9 24
Short(%) 38 35 25 35
Adequate(%) 38 24 64 39
Surplus(%) 2 2 2 2
Subsoil        
Very short(%) 35 45 24 39
Short(%) 37 32 46 39
Adequate(%) 28 23 30 22
Surplus(%) 0 0 0 0
冬小麦の生育状況:2007年9月30日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded(%) 69 54 65 70
Emerged(%) 18 5 13 19
モンタナ州2007年産冬小麦の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
USADによる2007年産冬小麦の生産量予想では、単位終了は7月1日付け予想より2 bushel少なく40.0 bushels/acreとなった。単収量予想は昨年より3 bushel少ない予想であった。 収穫予想面積が昨年より増えており、生産量は昨年比約1.9%増の86,000,000ブッシェルであった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Montana 1,920 2,150 43 42 40 82,560 86,000
USA 31,117 37,588 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262
モンタナ州2007年産春小麦(Durum以外)の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
春小麦(Durum小麦以外)の生産量予想では、単位収量は7月1日予想より落ち26.0 bushels/acreと予想され、収穫面積は7月1日予想と同じ2,500,000エーカー、生産量は65,000,,000ブッシェルと予想された。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Montana 2,900 2,500 22 29 26 63,800 65,000
USA 13,878 12,733 33.2 39.1 39.3 460,480 500,073

25 September, 2007

2007年9月23日現在概況

2007年9月23日に終わる週のモンタナ州の気象は、前週と概ね同様であり平年並み気温にて推移し全州に降雨がみられた。高温気温は70度の後半から80度F後半、最低気温は20〜42(S.Cent.地区)であった。 降雨は全州で記録され、NC地区では0.34〜1.64インチ、NE地区では0.00〜0.36インチ、Cent.地区の1週間の降水量は0.24〜1.13インチであった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.8日(前週:6.5日)であった。 土壌水分は昨年に比較し極めて低いが、Topsoil並びにSubsoilの水分は前週より多少改善した。降雨は冬小麦の播種に有効であった。2008年産の冬小麦の播種は9月23日現在全州の54%(昨年:45%、5年平均:50%)にて完了し、播種圃場の5%にて出芽した。

土壌水分:2007年9月23日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 39 47 11 24
Short(%) 35 35 28 38
Adequate(%) 24 16 56 36
Surplus(%) 2 2 5 2
Subsoil        
Very short(%) 45 49 32 39
Short(%) 32 31 43 41
Adequate(%) 23 19 24 19
Surplus(%) 0 1 1 1
冬小麦の生育状況:2007年9月23日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded(%) 54 28 45 50
Emerged(%) 5 NA 3 7

USDAの8月1日付け小麦生産量予想では、冬小麦の単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels減少し、40.0 bushels/acre(昨年:43.0 bushels/acre)となった。収穫面積が昨年より増加しており、生産量は昨年より多い86,000,000ブッシェルと予想された。 春小麦の予想でも、単位収量は7月1日予想より減少し26.0 bushels/acreとなった。昨年の実績22.0 bushels/acreよりは良い予想であった。詳細は別表の通り。

モンタナ州2007年産冬小麦の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
USADによる2007年産冬小麦の生産量予想では、単位終了は7月1日付け予想より2 bushel少なく40.0 bushels/acreとなった。単収量予想は昨年より3 bushel少ない予想であった。 収穫予想面積が昨年より増えており、生産量は昨年比約1.9%増の86,000,000ブッシェルであった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Montana 1,920 2,150 43 42 40 82,560 86,000
USA 31,117 37,588 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262
モンタナ州2007年産春小麦(Durum以外)の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
春小麦(Durum小麦以外)の生産量予想では、単位収量は7月1日予想より落ち26.0 bushels/acreと予想され、収穫面積は7月1日予想と同じ2,500,000エーカー、生産量は65,000,,000ブッシェルと予想された。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Montana 2,900 2,500 22 29 26 63,800 65,000
USA 13,878 12,733 33.2 39.1 39.3 460,480 500,073

モンタナ州の2007年産冬小麦の品種は、第一位がGenou(2006年より作付けた新品種)が全作付面積の16.1%と占めた。耐寒性が有り(品種Rompartより良い)
高単収が望める品種と言われる。第2位はCDC Falconで全体の13.4%、第3位はRampartの9.7%。冬小麦は州NC地区中心に作付けられている。
硬質春小麦はNE地区に集中し作付けられている。第一位の新種はReederで全州作付面積の26.2%、第2位がChoteauの23.3%、第3位はMcNealの14.5%となっている。 Reederはsemi-dwarf、stem rust、leaf rustへの抵抗性が大きい。Cheoteuもsemi-dwarf、strong stemでありHessian flyへの抵抗性が強い。第3位のMcNeal、第4位のConanともにsemi-dwarfのHRSであり、sawflyへの抵抗性を持つ。

18 September, 2007

2007年9月16現在概況

2007年9月16日に終わる週のモンタナ州の気象は、平年並み気温の乾燥気象であった。高温気温は80度半ばから80度F後半、最低気温は20〜35(Cent.地区)であった。殆どの観測所が20〜27度Fであった。 降雨は全州で殆ど記録されなかった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.5日(前週:6.2日)であった。土壌水分は昨年に比較し極めて低く、Topsoilの水分は82%の圃場が"Short"以下であり、Subsoilでは80%が"Short"以下であった。 2008年産の冬小麦の播種は9月第2週からは開始され、乾燥土壌ではあるが好転の下順調に進み、16日現在で全州の28%の圃場にて完了した。昨年より早い進捗であった。

土壌水分:2007年9月16日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office.
5-yr average means average of 2003,2004,2005,2006 & 2007 Crop years.
Topsoil This week Last Week Last Year 5-yr. Ave.
Very short(%) 47 46 24 30
Short(%) 35 34 34 38
Adequate(%) 16 19 39 30
Surplus(%) 2 1 3 2
Subsoil        
Very short(%) 49 44 40 42
Short(%) 31 35 41 39
Adequate(%) 19 21 18 18
Surplus(%) 1 0 1 1
冬小麦の生育状況:2007年9月16日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Montana Field Office
Winter Wheat This Week Last Week Last Year 5-yr Ave.
Seeded(%) 28 9 19 25
Emerged(%) NA NA NA NA

USDAの8月1日付け小麦生産量予想では、冬小麦の単位収量は7月1日付け予想より2.0 bushels減少し、40.0 bushels/acre(昨年:43.0 bushels/acre)となった。収穫面積が昨年より増加しており、生産量は昨年より多い86,000,000ブッシェルと予想された。 春小麦の予想でも、単位収量は7月1日予想より減少し26.0 bushels/acreとなった。昨年の実績22.0 bushels/acreよりは良い予想であった。詳細は別表の通り。

モンタナ州2007年産冬小麦の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
USADによる2007年産冬小麦の生産量予想では、単位終了は7月1日付け予想より2 bushel少なく40.0 bushels/acreとなった。単収量予想は昨年より3 bushel少ない予想であった。 収穫予想面積が昨年より増えており、生産量は昨年比約1.9%増の86,000,000ブッシェルであった。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Montana 1,920 2,150 43 42 40 82,560 86,000
USA 31,117 37,588 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262
モンタナ州2007年産春小麦(Durum以外)の生産量:2007年8月1日付けUSDA予想
春小麦(Durum小麦以外)の生産量予想では、単位収量は7月1日予想より落ち26.0 bushels/acreと予想され、収穫面積は7月1日予想と同じ2,500,000エーカー、生産量は65,000,,000ブッシェルと予想された。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Montana 2,900 2,500 22 29 26 63,800 65,000
USA 13,878 12,733 33.2 39.1 39.3 460,480 500,073

モンタナ州の2007年産冬小麦の品種は、第一位がGenou(2006年より作付けた新品種)が全作付面積の16.1%と占めた。耐寒性が有り(品種Rompartより良い)
高単収が望める品種と言われる。第2位はCDC Falconで全体の13.4%、第3位はRampartの9.7%。冬小麦は州NC地区中心に作付けられている。
硬質春小麦はNE地区に集中し作付けられている。第一位の新種はReederで全州作付面積の26.2%、第2位がChoteauの23.3%、第3位はMcNealの14.5%となっている。 Reederはsemi-dwarf、stem rust、leaf rustへの抵抗性が大きい。Cheoteuもsemi-dwarf、strong stemでありHessian flyへの抵抗性が強い。第3位のMcNeal、第4位のConanともにsemi-dwarfのHRSであり、sawflyへの抵抗性を持つ。

このページの先頭へ戻る

お問合せご利用について個人情報の取扱いについて 検査業務請負に係る一般契約条件(PDF 23K)サイトマップ

Copyright © 2005 Overseas Merchandise Inspection Co., Ltd. All Rights Reserved.