omic's logo

OMIC > OMIC Report > コロラド州小麦作柄レポート

コロラド州小麦作柄レポート

コロラド州地図

2009年度産作柄レポート

7 April, 2009

2009年4月5日現在概況

コロラド州の2009年4月5日に終わる1週間の気象は、州南部並びに西部は平年以上の降水量(降雪による)を記録し、気温は平年を下回った。州東部及び北部では降水量は平年を下回った。1週間の州平均農作業稼働日数は3.5日(前週:6.0日)であった。 Topsoilの土壌水分は前週より改善した。2009年産冬小麦の作柄は前週より多少改善した。作柄状況は昨年同期より良い評価であった。
USDAの3月31日の発表によると、コロラド州産2009年産冬小麦の作付面積は、2008年産比116%の2,500,000エーカー(2007年産と同じ)であった。

土壌水分:2009年4月5日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Very Short Short Adequate Surplus
This week(%) 8 33 55 4
Last week(%) 14 40 42 4
Last year(%) 17 30 48 5
Subsoil
This week(%) 16 39 42 3
Last week(%) 15 42 42 1
Last year(%) 14 32 49 5
2009年産冬小麦の作柄状況:2009年4月5日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 2 11 34 43 10
Last week(%) 5 14 35 42 4
Last year(%) 4 12 34 44 6
2009年3月31日付けUSDA発表:2009年産冬小麦の作付面積(1,000 Acres)
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA
  Crop Year 2009/2008 Percent
2007 2008 2009
Colorado 2,500 2,150 2,500 116%
USA 45,012 46,281 42,889 93%

1 April, 2009

2009年4月1日現在概況

コロラド州の2009年3月1日から23日までの気象は、乾燥・平年以上の気温が続いた。3月の最終週も引続き乾燥・平年以上の気温の気象であった。全州にて降雨は記録されなかった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.0日であった。その後の1週間の気象状況も、極めて乾燥し平年上の気温にて推移した。2009年産冬小麦の作柄は昨年同期より良いが、土壌水分が昨年以下であり、小麦は降雨を必要としていた。この1週間で15%の冬小麦圃場が牧草として転用された。昨年同期では7%であった。

土壌水分:2009年3月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Very Short Short Adequate Surplus
This week(%) 42 47 10 1
Last week(%) 38 48 12 2
Last year(%) 16 27 40 7
Subsoil
This week(%) 22 39 38 1
Last week(%) 19 39 41 1
Last year(%) 12 29 54 5
2009年産冬小麦の作柄状況:2009年3月31日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 5 14 35 42 4
Last year(%) 11 22 36 25 6
2008 Crop Winter Wheat: Planted/Harvest Area and Yield/Production
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,150 1,900 2,350 1,900
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Colorado 21 40 30 39,900 94,000 57,000
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903

3 March, 2009

2009年3月1日現在概況

コロラド州の2009年2月の気象状況は、極めて乾燥し平年上の気温にて推移した。山岳部の積雪量は平年比109%(1月は平年の116%)と報告された。冬小麦の圃場は降水を必要としていた。

2008年9月11日付けUSDAの2008年産小麦生産量予想では、コロラド産冬小麦の生産量は、単位収量30.0 bu/acre(昨年:40.0 bu/acre)、生産量57,000,000 bushels (2007年産:94,000,000 bushel)であり、豊作であった2007年の60.6%であった。収穫面積は1,900,000 Acres(2007年:2,350,000 Acres)であり、2007年より450,000 acres減少し、一方単収も前年比25%減であったことより大幅な生産量の減少に繋がった。

2008年産冬小麦の中心品種は、Hacher、Jagalene、TAM 111、Prairie Red、Jaggerであり、同州で長く作付けられて来たPrairie Red、Arkon、TAM 107等の作付が大幅に減少した。
Hacherの作付けは2007年産より始まり、2008年産の同品種の作付面積は、全冬小麦作付面積に対し22.2%であり第1位となった。East Central地区に最も多く作付けられた。Jagaleneは全体の10.7%であり、Northeast地区に多く作付けられた。作付開始から5年目になったTAM 111は昨年は6位であったが、2008年産では全体の8.9%の作付面積を占め第3位となった。

2008 Crop Winter Wheat: Planted/Harvest Area and Yield/Production
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,150 1,900 2,350 1,900
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Colorado 21 40 30 39,900 94,000 57,000
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903

4 Febuary, 2009

2009年2月1日現在概況

コロラド州の2009年1月の気象状況は、平年以下の降水量(降雪)であり気温は平年を多少上回った。山岳部の積雪量は平年を116%(12月は平年の117%)であった。月と通し強雨が続き、州東平原の一部ではSnow coverが飛ばされ、冬小麦は低温に晒されたと報告された。

2008年9月11日付けUSDAの2008年産小麦生産量予想では、コロラド産冬小麦の生産量は、単位収量30.0 bu/acre(昨年:40.0 bu/acre)、生産量57,000,000 bushels (2007年産:94,000,000 bushel)であり、豊作であった2007年の60.6%であった。収穫面積は1,900,000 Acres(2007年:2,350,000 Acres)であり、2007年より450,000 acres減少し、一方単収も前年比25%減であったことより大幅な生産量の減少に繋がった。

2008年産冬小麦の中心品種は、Hacher、Jagalene、TAM 111、Prairie Red、Jaggerであり、同州で長く作付けられて来たPrairie Red、Arkon、TAM 107等の作付が大幅に減少した。
Hacherの作付けは2007年産より始まり、2008年産の同品種の作付面積は、全冬小麦作付面積に対し22.2%であり第1位となった。East Central地区に最も多く作付けられた。Jagaleneは全体の10.7%であり、Northeast地区に多く作付けられた。作付開始から5年目になったTAM 111は昨年は6位であったが、2008年産では全体の8.9%の作付面積を占め第3位となった。

2008 Crop Winter Wheat: Planted/Harvest Area and Yield/Production
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,150 1,900 2,350 1,900
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Colorado 21 40 30 39,900 94,000 57,000
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903

7 January, 2009

2009年1月5日現在概況

コロラド州の2008年12月の気象状況は、概ね平年以上の降水量(降雪)を記録し気温は平年を多少上回った。2009年産冬小麦は全般に良好な状態であった。山岳部の積雪量は平年比117%と報告された。冬小麦のSnow coverは良好と報告された。

2008年9月11日付けUSDAの2008年産小麦生産量予想では、コロラド産冬小麦の生産量は、単位収量30.0 bu/acre(昨年:40.0 bu/acre)、生産量57,000,000 bushels (2007年産:94,000,000 bushel)であり、豊作であった2007年の60.6%であった。収穫面積は1,900,000 Acres(2007年:2,350,000 Acres)であり、2007年より450,000 acres減少し、一方単収も前年比25%減であったことより大幅な生産量の減少に繋がった。

2008年産冬小麦の中心品種は、Hacher、Jagalene、TAM 111、Prairie Red、Jaggerであり、同州で長く作付けられて来たPrairie Red、Arkon、TAM 107等の作付が大幅に減少した。
Hacherの作付けは2007年産より始まり、2008年産の同品種の作付面積は、全冬小麦作付面積に対し22.2%であり第1位となった。East Central地区に最も多く作付けられた。Jagaleneは全体の10.7%であり、Northeast地区に多く作付けられた。作付開始から5年目になったTAM 111は昨年は6位であったが、2008年産では全体の8.9%の作付面積を占め第3位となった。

2008 Crop Winter Wheat: Planted/Harvest Area and Yield/Production
Agricultural Statistic Board, NASS, USDA September 2008
  Area Planted (1000 acres) Area Harvested (1000 acres)
2006 2007 2008 2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,150 1,900 2,350 1,900
USA 40,575 44,987 46,181 31,117 35,952 39,614
  Yield (bushes/acre) Production (1000 bushels)
Colorado 21 40 30 39,900 94,000 57,000
USA 41.7 42.2 47.2 1,298,081 1,515,989 1,867,903

18 November, 2008

2008年11月16日現在概況

コロラド州の11月16日終わる週間の気象は、平年並みの気温であり週末に多少降雨が見られた。山岳部では降雪となった。降水量は平年を大きく下回っていた。1週間の州平均農作業稼動日数は4.8日(前週:5.7日)であった。Topsoilの土壌水分は前週より改善した。2009年産冬小麦のは99%の圃場にて出芽し、生育状況は85%が平年並みか平年以上と報告された。

土壌水分:2008年11月16日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Very Short Short Adequate Surplus
This week(%) 6 25 66 3
Last week(%) 9 30 54 7
Last year(%) NA NA NA NA
Subsoil
This week(%) 12 31 49 8
Last week(%) 14 37 40 9
Last year(%) NA NA NA NA
2009年産冬小麦生育状況:2008年11月16日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
5-yr avg. means average of 2004,2005,2006,2007 and 2008
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Emerged(%) 99 98 100 99
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年11月16日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 0 1 16 46 37
Last week (%) 0 1 20 45 34

11 November, 2008

2008年11月9日現在概況

コロラド州の11月9日終わる週間の気象は、前週に続き平年より高目の気温の乾燥気象であった。降水量は平年を大きく下回っていた。1週間の州平均農作業稼動日数は5.7日(前週:6.7日)であった。Topsoilの土壌水分は"Surplus"が減少し"Very short"が増えた。2009年産冬小麦のは99%の圃場にて出芽し、生育状況は79%が平年並みか平年以上と報告された。

土壌水分:2008年11月9日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Very Short Short Adequate Surplus
This week(%) 9 30 54 7
Last week(%) 7 30 53 10
Last year(%) 23 39 37 1
Subsoil
This week(%) 14 37 40 9
Last week(%) 13 37 41 9
Last year(%) 14 45 40 1
2009年産冬小麦生育状況:2008年11月9日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
5-yr avg. means average of 2004,2005,2006,2007 and 2008
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Emerged(%) 99 98 100 99
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年11月9日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 1 20 45 34
Last week(%) 0 1 23 45 31

4 November, 2008

2008年11月2日現在概況

コロラド州の11月2日終わる週間の気象は、平年より高目の気温の乾燥気象であった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:5.9日)であった。Topsoilの土壌水分は前週より多少減少したが、昨年より良い状態を維持した。2009年産冬小麦のは98%の圃場にて出芽し、昨年より良好な土壌水分の為生育状況は良好と報告された。

土壌水分:2008年11月2日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Very Short Short Adequate Surplus
This week(%) 7 30 53 10
Last week(%) 7 27 56 10
Last year(%) 21 35 42 2
Subsoil
This week(%) 13 37 41 9
Last week(%) 13 36 42 9
Last year(%) 13 42 43 2
2009年産冬小麦生育状況:2008年11月2日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
5-yr avg. means average of 2004,2005,2006,2007 and 2008
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Emerged(%) 98 95 97 97
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年11月2日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 1 23 45 31
Last week(%) 0 1 22 45 32

28 October, 2008

2008年10月26日現在概況

コロラド州の10月19日及び26日に終わる2週間の気象は、平年より多少低目の気温の乾燥気象であった。降雨は平年より少なかった。2009年産冬小麦の播種は10月19日の週に完了した。播種作業の完了は昨年並びに5年平均と略同時期であった。出芽の進捗は昨年並びに5年平均より多少早い進展であり、10月26日現在全圃場の95%(昨年:90%、5年平均:93%)にて出芽していた。 1週間の州平均農作業稼動日数は5.9日(前週:5.9日)であった。Topsoilの土壌水分は56%が"Adequate"であり、昨年より良い状態であった。Subsoilは昨年同時期と略同じ状態でであった。2009年産冬小麦の出芽後の生育は土壌水分が昨年より良好であり、良好な状態であった。特に3週間前より土壌水分が改善したことも良い結果に繋がった。

土壌水分:2008年10月26日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Very Short Short Adequate Surplus
This week(%) 7 27 56 10
Last week(%) 5 27 59 9
Last year(%) 20 36 42 2
Subsoil
This week(%) 13 36 42 0
Last week(%) 11 37 43 9
Last year(%) 12 43 42 3
2009年産冬小麦生育状況:2008年10月26日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
5-yr avg. means average of 2004,2005,2006,2007 and 2008
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Seeded(%) 100 99 100 100
Emerged(%) 95 87 90 93
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年10月26日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 0 1 22 45 32
Last week(%) 0 0 25 51 24

14 October, 2008

2008年10月12日概況

コロラド産2009年産冬小麦の播種の開始は、9月第1週から始まり9月7日現在全州の15%(2008年産播種は同期にて4%、5年平均:11%)完了しており昨年並びに5年平均より早い開始であった。天候は乾燥気象が続き、Topsoilの土壌水分は不足していた。10月12日現在の播種状況は全州の97%にて完了し74%にて出芽しおり、播種並びに出芽の進捗は昨年より早めであった。 1週間の州平均農作業稼動日数は3.2日であった。Topsoilの土壌水分は49%が"Adequate"であり、昨年より悪い状態であったが、Subsoilは昨年同時期より良好であった。2009年産冬小麦の順調な生育の為更に降雨が必要であった。

土壌水分:2008年10月12日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Very Short Short Adequate Surplus
This week(%) 14 26 49 11
Last week(%) NA NA NA NA
Last year(%) 6 24 67 3
Subsoil
This week(%) 11 24 56 9
Last week(%) NA NA NA NA
Last year(%) 19 36 44 1
2009年産冬小麦生育状況:2008年10月12日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
5-yr avg. means average of 2004,2005,2006,2007 and 2008
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Seeded(%) 97 88 93 96
Emerged(%) 74 54 68 76
2009年産冬小麦の作柄状況:2008年10月12日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 12 18 38 28 7
Last week(%) NA NA NA NA NA
このページの先頭へ戻る

お問合せご利用について個人情報の取扱いについて 検査業務請負に係る一般契約条件(PDF 23K)サイトマップ

Copyright © 2005 Overseas Merchandise Inspection Co., Ltd. All Rights Reserved.