omic's logo

OMIC > OMIC Report > コロラド州小麦作柄レポート

コロラド州小麦作柄レポート

コロラド州地図

2008年度産作柄レポート

12 August, 2008

2008年8月3日及び10日現在の気象及び作柄概況

2008年8月3日に終わる1週間のコロラド州の気象は、引続き乾燥・高温気象であった。気温は平年より高く、降雨はロッキー山麓部の1部で記録されたのみであった。次週の8月10日に終わる週でこの夏初めて平年以上の降雨が記録された。この降雨により8月10日現在の土壌水分は全州にて改善した。今後始まる2009年産冬小麦の播種の為にはこの降雨は歓迎された。

2008年8月11日にUSDAより発表された8月1日付け2008年産冬小麦の生産予想によると、全米の冬小麦の生産量は1,874,857,000 bushels(単収:46.6 bu/acre)であり、7月1日予想を多少上回った。コロラド州の2008年産冬小麦の生産量予想では、単収は7月1日予想より1.0 bushel/acre増え29.0 bu/acre(昨年:40.0 bushels/acre)、生産量は58,000,000 bushelsであった。2007年に比較し生育期から登熟期の乾燥気象が激しく、単収は昨年より極めて低い予想であった。詳細は別表の通り。

土壌水分状況:2008年8月10日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 20 40 36 4
Last week (%) 29 43 28 0
Last year (%) 14 38 45 3
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 31 42 26 1
Last week(%) 39 44 17 0
Last year(%) 12 41 45 2
コロラド州2008年産冬小麦の生産予想:2008年8月1日付けSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Colorado 2,350 2,000 40 28 29 94,000 58,000
USA 35,952 40,252 42.2 46.3 46.6 1,515,989 1,874,857

29 July, 2008

2008年7月27日現在の気象及び作柄概況

2008年7月27日に終わる1週間のコロラド州の気象は、引続き乾燥・高温気象であった。気温は平年より高く、降雨は平年を下回った。1週間の州平均農作業稼働日数は6.1日(前週:6.3日)であった。 Topsoilの水分は"Adequate"が減り"Short"が増加、Subsoil水分は"Adequate"が減少し"Very short"が増加した。冬小麦は前週の88%が収穫され、収穫作業は最終段階となった。昨年より約1週間の遅れであった。 2008年産冬小麦の作柄は殆どが"Fair"から"Poor"であり、平年より悪い状態であった。
2008年7月11日にUSDAより発表された、7月1日の2008年産小麦の生産予想によると、全米の冬小麦の生産量(1,864,245,000 bushels)は6月1日予想を3%上回り2007年産生産量を23%上回る予想であった。 コロラド州の2008年産冬小麦の生産量予想は、登熟期の高温・乾燥気象の影響より単位収量は6月1日予想より2.0 bushel/acre減り、28.0 bushel/acreとなり、生産量予想は56,000,000 bushels(2007年産実績の59.6%)であった。詳細は別表の通り。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Harvested (%) 88 50 99 98
土壌水分状況:2008年7月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 27 43 30 0
Last week (%) 28 39 33 0
Last year (%) 14 33 51 2
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 38 44 18 0
Last week(%) 33 45 21 1
Last year(%) 11 38 50 1
コロラド州2008年産冬小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Colorado 2,350 2,000 40 30 28 94,000 56,000
USA 35,952 40,252 42.2 45.3 46.3 1,515,989 1,864,245

22 July, 2008

2008年7月20日現在の気象及び作柄概況

2008年7月20日に終わる1週間のコロラド州の気象は、乾燥・高温気象が続いた。気温は平年より高く、降雨は平年を下回った。1週間の州平均農作業稼働日数は6.3日(前週:6.8日)であった。 Topsoilの水分は"Very short"が多少増加したが同時に"Adequate"の圃場も多少増加した。しかし、土壌水分は平年より極めて悪い状態であった。冬小麦は全州の50%にて収穫が完了した。収穫は例年より遅れていた。 作柄は乾燥・高温気象が続き落ちており、昨年より悪い評価であった。
2008年7月11日にUSDAより発表された、7月1日の2008年産小麦の生産予想によると、全米の冬小麦の生産量(1,864,245,000 bushels)は6月1日予想を3%上回り2007年産生産量を23%上回る予想であった。 コロラド州の2008年産冬小麦の生産量予想は、登熟期の高温・乾燥気象の影響より単位収量は6月1日予想より2.0 bushel/acre減り、28.0 bushel/acreとなり、生産量予想は56,000,000 bushels(2007年産実績の59.6%)であった。詳細は別表の通り。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Harvested (%) 50 31 91 88
2008年産小麦の作柄状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 39 23 24 12 2
Last week(%) 31 25 27 15 2
土壌水分状況:2008年7月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 28 39 33 0
Last week (%) 26 43 31 0
Last year (%) 10 36 54 0
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 35 43 21 1
Last week(%) 33 47 20 0
Last year(%) 9 38 51 2
コロラド州2008年産冬小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Colorado 2,350 2,000 40 30 28 94,000 56,000
USA 35,952 40,252 42.2 45.3 46.3 1,515,989 1,864,245

15 July, 2008

2008年7月13日現在の気象及び作柄概況

2008年7月13日に終わる1週間のコロラド州の気象は、引続き高温・乾燥気象であった。平年以下の降水量、平年以上の気温が続いた。1週間の州平均農作業稼働日数は6.8日(前週:6.0日)であった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より減少した。冬小麦は急速に完熟し、全州の31%の冬小麦が収穫された。小麦の作柄は"Very poor"評価が増加した。生殖成長期、特に登熟期に入り、高温・乾燥気象が続き作柄を落とした。 その結果7月1日付けのUSDAの予想では、単位収量が6月1日予想より減少し、収穫予想面積も減少した。
2008年7月11日にUSDAより発表された、7月1日の2008年産小麦の生産予想によると、全米の冬小麦の生産量(1,864,245,000 bushels)は6月1日予想を3%上回り2007年産生産量を23%上回る予想であった。 コロラド州の2008年産冬小麦の生産量予想は、登熟期の高温・乾燥気象の影響より単位収量は6月1日予想より2.0 bushel/acre減り、28.0 bushel/acreとなり、生産量予想は56,000,000 bushels(2007年産実績の59.6%)であった。詳細は別表の通り。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Ripe(%) 86 64 96 94
Harvested(%) 31 16 69 67
2008年産小麦の作柄状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 31 25 27 15 2
Last week(%) 22 31 31 14 2
Last year(%) 3 4 16 51 26
土壌水分状況:2008年7月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 26 43 31 0
Last week(%) 26 38 36 0
Last year(%) 8 33 59 0
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 33 47 20 0
Last week(%) 35 42 23 0
Last year(%) 6 34 58 2
コロラド州2008年産冬小麦の生産予想:2008年7月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-Jun 1-Jul
Colorado 2,350 2,000 40 30 28 94,000 56,000
USA 35,952 40,252 42.2 45.3 46.3 1,515,989 1,864,245

8 July, 2008

2008年7月6日現在の気象及び作柄概況

2008年7月6日に終わる1週間のコロラド州の気象は、高温・乾燥気象であった。1週間の降水量は平年以下であり、気温は平年以上であった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.0日(前週:6.6日)であった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より減少し"Adequate"が減り"Very Short"が増加した。冬小麦は急激に登熟しており、全体の91%が登熟期(前週:79%)となり、全体の64%が完熟、16%が収穫された。 昨年同期では39%が収穫されていた。収穫開始は平年より1週間遅れであった。今期の作柄は昨年より可也低い評価であった。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Turning(%) 91 79 99 98
Ripe(%) 64 47 80 78
Harvested(%) 16 9 39 41
2008年産小麦の作柄状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 22 31 31 14 2
Last week(%) 20 30 32 15 3
Last year (%) 1 3 30 52 24
土壌水分状況:2008年7月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 26 38 36 0
Last week (%) 20 41 38 1
Last year (%) 7 28 64 1
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 35 42 23 0
Last week(%) 27 43 30 0
Last year(%) 5 30 62 3

USDAは2008年6月30日付けにて2008年産小麦の作付面積と収穫予想面積を発表した。それによるとコロラド州の2008年産冬小麦の作付面積は2007年産の86%、2,150,000 acres(2007年産面積:2,500,000 acres)であった。コロラド州の2008年産春小麦の作付面積は増加し40,000 acres (昨年は20,000 acres)_であった。詳細は下表の通り。

2008年産コロラド州の小麦の作付面積及び収穫予想面積:2008年6月30日付けUSDA発表
*Forecasted
** Spring wheat other that Durum wheat
Kind of Wheat Planted Area
1000 acres
Harvested Area
1000 acres
2007 2008 08/07 % 2007 2008*
Winter
CO
2,500 2,150 86.00% 2,350 2,000
USA 44,987 46,605 103.60% 35,952 40,252
Spring**
CO
20 40 200.00% 19 38
USA 13,297 14,197 106.80% 12,947 13,751

1 July, 2008

2008年6月29日現在の気象及び作柄概況

2008年6月29日に終わる1週間のコロラド州の気象は、平年以上の気温の乾燥気象であった。降雨は殆ど記録されなかった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.6日(前週:6.5日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より"Short"が増加した。 土壌水分は2007年の状態より可也り悪い状態が続いていた。冬小麦は急激に登熟しており、全体の79%が登熟期(昨年:94%、5年平均:92%)以降となり、47%が完熟、9%が収穫された。昨年同期では13%が収穫されていた。平年より1週間遅れであった。 作柄は多少前週より落ちた。今期の作柄は水分不足で昨年より可也低い評価であった。
USDAは2008年6月30日付けにて2008年産小麦の作付面積と収穫予想面積を発表した。それによるとコロラド州の2008年産冬小麦の作付面積は2007年産の86%、2,150,000 acres(2007年産面積:2,500,000 acres)であった。 コロラド州の2008年産春小麦の作付面積は増加し40,000 acres (昨年は20,000 acres)_であった。詳細は別表の通り。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Turning(%) 79 60 94 92
Ripe(%) 47 22 52 51
Harvested(%) 9 1 13 17
2008年産小麦の作柄状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 20 30 32 15 3
Last week(%) 19 30 33 15 3
Last year(%) 3 5 19 51 22
土壌水分状況:2008年6月29日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 20 41 38 1
Last week(%) 19 38 41 2
Last year(%) 6 23 69 2
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 27 43 30 0
Last week(%) 25 25 35 1
Last year(%) 5 29 63 3

コロラド州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるコロラド州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想より2.0 bushels減り30.0 bushel/acre(昨年実績:40.0 bu./acre)となった。収穫面積が昨年より減少し2,100,000エーカーとなり、生産量は昨年の67.0%相当63,000,000 bushelsと予想された。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Colorado 2,350 2,100 40 32 30 94,000 63,000
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364
2008年産コロラド州の小麦の作付面積及び収穫予想面積:2008年6月30日付けUSDA発表
Kind of Wheat Planted Area
1000 acres
Harvested Area
1000 acres
2007 2008 08/07 % 2007 2008*
Winter
CO
2,500 2,150 86.00% 2,350 2,000
USA 44,987 46,605 103.60% 35,952 40,252
Spring**
CO
20 40 200.00% 19 38
USA 13,297 14,197 106.80% 12,947 13,751
*Forecasted
** Spring wheat other that Durum wheat

24 June, 2008

2008年6月22日現在の気象及び作柄概況

2008年6月22日に終わる1週間のコロラド州の気象は、温暖・乾燥気象となった。1週間の降雨は平年以下であった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.5日(前週:6.6日)であった。 降雨は少なかったが、Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より多少"Adequate"が増加した。但し、昨年より悪い状態が続いていた。冬小麦は気温の上昇で生育が早まり、急激に登熟し全体の60%が登熟期(昨年:77%、5年平均:75%)となった。 完熟は22%で一部で収穫が開始された。作柄は前週より多少落ちた。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Turning(%) 60 36 77 75
Ripe(%) 22 7 27 26
Harvested(%) 1 0 1 4
2008年産小麦の作柄状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 19 30 33 15 3
Last week(%) 19 28 34 15 4
Last year (%) 3 5 19 48 25
土壌水分状況:2008年6月22日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 19 38 41 2
Last week(%) 22 38 39 1
Last year(%) 4 18 75 3
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 25 39 35 1
Last week(%) 26 40 33 1
Last year(%) 4 24 69 3

コロラド州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるコロラド州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想より2.0 bushels減り30.0 bushel/acre(昨年実績:40.0 bu./acre)となった。収穫面積が昨年より減少し2,100,000エーカーとなり、生産量は昨年の67.0%相当63,000,000 bushelsと予想された。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Colorado 2,350 2,100 40 32 30 94,000 63,000
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

17 June, 2008

2008年6月15日現在の気象及び作柄概況

2008年6月15日に終わる1週間のコロラド州の気象は、平年以下の気温の乾燥気象となった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.6日(前週:5.3日)であった。Topsoilの土壌水分は前週より減少したが、Subsoilの土壌水分には大きな変化がなった。 土壌水分は昨年より可也悪い状態であった。冬小麦の36%が登熟期(昨年:49%、5年平均:47%)に在り、7%が完熟期となった。昨年より1週間程の遅れであるが、略平年並みの進捗であった。作柄は土壌水分が不足していたが、気温が低目であった事より前週と略同じか多少改善した。 昨年と比較すると作柄は良くなく、6月1日付けのUSDAの生産量予想では、単位収量は昨年より10 bushels/acre減少し30.0bushels/acreであった。
尚、全米冬小麦の生産量予想は、2007年産冬小麦の生産量の20%増の18億2000万ブッシェルであった。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Headed(%) 95 82 99 99
Turning(%) 36 15 49 47
Ripe(%) 7 0 14 7
2008年産小麦の作柄状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 19 28 34 15 4
Last week(%) 20 30 33 14 3
Last year(%) 2 5 21 45 27
土壌水分状況:2008年6月15日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 17 37 43 3
Last week(%) 30 39 30 1
Last year (%) 3 14 79 4
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 27 39 33 1
Last week(%) 27 40 32 1
Last year(%) 3 21 72 4

コロラド州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるコロラド州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想より2.0 bushels減り30.0 bushel/acre(昨年実績:40.0 bu./acre)となった。収穫面積が昨年より減少し2,100,000エーカーとなり、生産量は昨年の67.0%相当63,000,000 bushelsと予想された。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Colorado 2,350 2,100 40 32 30 94,000 63,000
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

10 June, 2008

2008年6月8日現在の気象及び作柄概況

2008年6月8日に終わる1週間のコロラド州の気象は、各地にて平均以上の降雨が観られ気温は平年を多少上回る気象であった。1週間の州平均農作業稼働日数は5.3日(前週:6.4日)であった。土壌水分はTopsoil及びSubsoil共に前週より多少改善したが、小麦は更に水分を必要としていた。 冬小麦は全体の82%が出穂し、15%が登熟期(昨年:25%、5年平均:20%)に入った。作柄は降雨のお蔭で前週より評価が多少上がったが、昨年と比較すると作柄は良くない。

USDAの2008年6月1日付け冬小麦の生産量予想では、全米生産量では2007年産冬小麦の生産量の20%増の18億2000万ブッシェルであった。
コロラド州産冬小麦は、乾燥気象が続き昨年比で33%減の63,000,000ブッシェルと予想された。単位収量は5月1日付け予想よりエーカー当り2.0 bushels減少し30.0 bushels/acre(昨年実績:40.0 bushels)を大きく下回る予想であった。詳細は下表の通り。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Headed(%) 82 57 95 97
Turning*(%) 15 2 25 20
turning : turning color
2008年産小麦の作柄状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 20 30 33 14 3
Last week(%) 20 31 34 14 1
Last year (%) 3 5 21 45 26
土壌水分状況:2008年6月8日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 17 37 43 3
Last week(%) 30 39 30 1
Last year(%) 3 14 79 4
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 27 39 33 1
Last week(%) 27 40 32 1
Last year(%) 3 21 72 4

コロラド州2008年産冬小麦の生産予想

USDAによるコロラド州の2008年産冬小麦の生産予想では、単位収量は5月1日予想より2.0 bushels減り30.0 bushel/acre(昨年実績:40.0 bu./acre)となった。収穫面積が昨年より減少し2,100,000エーカーとなり、生産量は昨年の67.0%相当63,000,000 bushelsと予想された。

2008年6月1日付けUSDA予想
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2007 2008 2007 2008 2007 2008
1-May 1-Jun
Colorado 2,350 2,100 40 32 30 94,000 63,000
USA 35,952 40,162 42.2 44.3 45.3 1,515,989 1,817,364

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

3 June, 2008

2008年6月1日現在の気象及び作柄概況

2008年6月1日に終わる1週間のコロラド州の気象は、北東部では今週も竜巻の影響が続き、州全体としては温暖・乾燥気象であった。降水量は平年より極めて少なく、1週間の州平均農作業稼働日数は6.4日(前週:5.9日)であった。 土壌水分はTopsoil及びSubsoil共に前週から殆ど変化が無かった。土壌水分は昨年より悪い状態であった。冬小麦の生育は昨年並びに例年より遅れており、出穂は全体の57%(昨年同期:82%、5年平均:87%)であったが、州南部の乾燥地区では2%の冬小麦が開花を終え登熟期に入った。 作柄は前週より評価が落ち、又昨年より低い評価が続いた。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年6月1現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Headed(%) 57 41 82 87
Turning*(%) 2 0 3 5
*turning : turning color
2008年産小麦の作柄状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 20 31 34 14 1
Last week(%) 18 20 35 16 1
Last year(%) 2 5 22 48 23
土壌水分状況:2008年6月1日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 26 44 28 2
Last week(%) 27 43 29 1
Last year(%) 2 13 79 6
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 23 47 28 2
Last week(%) 25 46 28 1
Last year(%) 3 19 74 4

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

27 May, 2008

2008年5月25日現在の気象及び作柄概況

2008年5月25日に終わる1週間のコロラド州の気象は所により異なり、北東部では竜巻の為作物に被害が発生し、その他東部、東南部では念願の降雨があり気温は平年を上回った。降水量は例年以下の状態が続いていた。 降雨が有ったものの土壌水分はTopsoil並びにSubsoil共に改善しなかった。1週間の州平均農作業稼働日数は5.9日(前週:6.3日)であった。冬小麦の生育は温暖な気象であったことより進んだが、昨年並びに例年より遅れていた。 冬小麦の41%が出穂したが昨年同期では58%、5年平均では65%であった。作柄は昨年より低い評価が続いた。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年5月25現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Jointed(%) 97 89 99 98
Headed(%) 41 26 58 65
2008年産小麦の作柄状況:2008年5月25日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 18 20 35 16 1
Last week(%) 19 30 32 18 1
Last year(%) 2 5 18 51 24
土壌水分状況:2008年5月25日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 26 44 28 2
Last week(%) 27 43 29 1
Last year (%) 2 13 79 6
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 23 47 28 2
Last week(%) 25 46 28 1
Last year(%) 3 19 74 4

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

20 May, 2008

2008年5月18日現在の気象及び作柄概況

2008年5月18日に終わる1週間のコロラド州の気象は、平年並みか多少平年を下回る気温で推移し降雨は引続き平年以下の乾燥気象であった。Topsoil並びにSubsoilの土壌水分は前週より更に減少し、Topsoilの70%が"Short〜Very short"となった。 昨年同期では16%が"Short"以下であった。1週間の州平均農作業稼働日数は6.3日(前週:5.8日)であった。冬小麦の89%が節間生長期にあり、26%が出穂した。出穂は昨年(35%)並びに5年平均(40%)より遅れていた。 土壌水分の減少に伴い冬小麦の作柄は低下した。平年並みかそれ以上と評価された冬小麦は、全体19%(昨年:75%)のみであった。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年5月18現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Jointed(%) 89 81 97 93
Headed(%) 26 14 35 40
2008年産小麦の作柄状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 19 30 32 18 1
Last week(%) 14 25 33 22 6
Last year(%) 2 5 18 50 25
土壌水分状況:2008年5月18日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 27 43 29 1
Last week(%) 16 41 42 1
Last year(%) 2 14 78 6
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 25 46 28 1
Last week(%) 18 40 41 1
Last year(%) 3 20 72 5

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

13 May, 2008

2008年5月11日現在の気象及び作柄概況

2008年5月11日に終わる1週間のコロラド州の気象は、乾燥・温暖気象であった。気温は上昇し平年を多少上回った。降雨は少なく降水量は引続き平年以下であった。Topsoil並びにSubsoilの土壌水分は前週より多少減少し、全体の57%の圃場が水分不足の状態であった。 昨年同期では11%が"Short"の状態であった。1週間の州平均農作業稼働日数は5.8日(前週:6.1日)であった。冬小麦の14%が出穂したが、例年より遅れていた。春先の低温とその後の土壌水分不足が生育を多少遅らせる結果となった。作柄は前週から殆ど変かは無かった。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年5月11現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Jointed(%) 81 71 88 84
Headed (%) 14 9 18 19
2008年産小麦の作柄状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 14 25 33 22 6
Last week(%) 14 24 33 23 6
Last year (%) 2 4 17 50 27
土壌水分状況:2008年5月11日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 16 41 42 1
Last week (%) 15 43 42 0
Last year (%) 1 10 77 12
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 18 40 41 1
Last week(%) 18 38 42 2
Last year(%) 3 19 73 5

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

6 May, 2008

2008年5月4日現在の気象及び作柄概況

2008年5月4日に終わる1週間のコロラド州の気象は、平年以下の気温と平年以下の降水量の乾燥気象であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より減少し、昨年より悪い状態が続いた。1週間の州平均農作業稼働日数は6.1日(前週:6.2日)であった。 冬小麦の生育は昨年より多少早い(節間生長:71%)が、作柄は"Very poor"及び"Poor"が前週より増加し、昨年より可也低い評価であった。土壌水分不足が生育に影響しており、小麦は雨を必要としていた。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年5月4現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Jointed(%) 71 51 68 69
Headed (%) 9 4 6 7
2008年産小麦の作柄状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 14 24 33 23 6
Last week(%) 10 21 40 22 7
Last year (%) 2 3 16 50 29
土壌水分状況:2008年5月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 15 43 42 0
Last week (%) 14 36 49 1
Last year (%) 0 7 75 15
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 18 38 42 2
Last week(%) 15 36 46 3
Last year(%) 3 16 76 5

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

29 April, 2008

2008年4月27日現在の気象及び作柄概況

2008年4月27日に終わる1週間のコロラド州の気象は、風を伴った乾燥気象であった。降雨は殆ど記録されず、平原東部では強雨の日が多く土壌水分が減少した。土壌水分は昨年より悪い状態が続いている。1週間の州平均農作業稼働日数は6.2日(前週:5.4日)であった。 土壌水分が減少したが、気温が平年以下であったことより小麦の作柄は前週から殆ど変化しなかった。生育は昨年より多少早い(節間生長:51%)が、作柄は昨年より可也低い評価であった。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年4月27現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office Source.
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007 crop yeas.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Jointed(%) 51 28 47 53
Headed (%) 0 0 1 1
2008年産小麦の作柄状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office.
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 10 21 40 22 7
Last week(%) 10 21 40 22 8
Last year(%) 2 3 18 47 30
土壌水分状況:2008年4月27日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, USDA-Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 14 36 49 1
Last week(%) 12 32 54 2
Last year(%) 1 7 75 17
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 15 36 46 1
Last week(%) 13 35 48 4
Last year(%) 5 19 70 6

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

22 April, 2008

2008年4月20日現在の気象及び作柄概況

2008年4月20日に終わる1週間のコロラド州の気象は、州南部地方を除き平年以下の降水・平年並み気温の気象であった。南部では平年以上の降雨が記録された。4月20日現在の山岳部の平均残雪量は平年より多く、多少雪解けが進み前週より6ポイント減少したが、平年の124%であった。 土壌水分は前週より多少減少した。1週間の州平均農作業稼働日数は5.4日(前週:4.9日)であったが、昨年より土壌水分は可也少ない状態であり、農家は雨待ちで春播き小麦の播種を遅らせていた。2008年産冬小麦は28%が節間生長期に入った。昨年並びに5年平均より多少遅れ出した。出穂は未だであった。 小麦の作柄は土壌水分の減少と共に多少悪化した。昨年と比較すると可也評価が悪い。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年4月20現在
Source: Colorado Agricultural Statistic Service
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Jointed(%) 28 20 29 33
Headed(%) 0 0 1 1
2008年産小麦の作柄状況:2008年4月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 10 21 39 22 8
Last week(%) 11 20 34 26 9
Last year (%) 2 3 19 45 31
土壌水分状況:2008年4月20日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 12 32 54 2
Last week (%) 13 28 56 3
Last year (%) 3 11 78 8
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 13 35 48 4
Last week(%) 13 33 52 2
Last year(%) 7 21 68 4

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

15 April, 2008

2008年4月13日現在の気象及び作柄概況

2008年4月13日に終わる1週間のコロラド州の気象は、湿潤・低温気象であった。降水量は平年以上であり、土壌水分が改善した。4月15日現在の山岳部を含む州平均残雪量は、前週より8ポイント増え平年の130%となった。 1週間の州平均農作業稼働日数は4.9日(前週:4.9日)であった。2008年産冬小麦は20%が節間成長期に入った。昨年より多少早い進展でるが、出穂は未だであった。小麦の作柄は降水のお蔭で前週より多少評価が上がったが、未だ昨年と比較すると可也評価は低くかった。

2008年産冬小麦生育状況: 2008年4月13現在
Source: Colorado Agricultural Statistic Service
5-yr avg. means average of 2003,2004, 2005,2006 and 2007.
  This Week Last Week Last Year 5-Yr Avg.
Jointed(%) 20 7 15 18
Headed (%) 0 NA 0 0
2008年産小麦の作柄状況:2008年4月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 11 20 34 26 9
Last week(%) 10 23 35 25 7
Last year (%) 2 3 17 38 40
土壌水分状況:2008年4月13日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 13 28 56 3
Last week(%) 17 30 48 5
Last year(%) 3 6 82 9
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 13 33 52 2
Last week(%) 14 32 49 5
Last year(%) 6 20 71 3

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

8 April, 2008

2008年4月6日現在の気象及び作柄概況

2008年4月6日に終わる1週間のコロラド州の気象は、州西部の山麓で平年以上の降雨が記録されたが、州東部では前週に引続き少雨の気象であった。4月6日現在の州平均残雪量は、前週より1ポイント増え平年の122%となった。 1週間の州平均農作業稼働日数は4.9日(前週:4.6日)であった。2008年産冬小麦作柄は降水が少なく徐々に評価が落ち、昨年と比較すると可也評価は低い。"Good〜Excellent"の合計は全体の32%で、是に対し2007年産は89%であった。

2008年産小麦の作柄状況:2008年4月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 10 23 35 25 7
Last week(%) 10 22 36 26 6
Last year (%) 3 4 16 35 42
土壌水分状況:2008年4月6日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 17 30 48 5
Last week (%) 15 31 48 6
Last year (%) 3 8 80 9
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 14 32 49 5
Last week(%) 12 33 52 3
Last year(%) 5 18 73 4

2008年3月31日付けUSDA発表冬小麦の作付面積

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%

1 April, 2008

2008年3月30日現在の気象及び作柄概況

2008年3月30日に終わる1週間のコロラド州の気象は、引続き少雨の気象であった。3月30日現在の州平均残雪量は、前週より多少減少し平年の121%となった。1週間の州平均農作業稼働日数は4.6日(前週:4.3日)であった。 2008年産冬小麦作柄は前週から殆ど変化は無かった。2007年産冬小麦と比較し作柄は余り良くなく、"Good〜Excellent"の合計は全体の32%で、是に対し2007年産は79%であった。 2008年産冬小麦の作付面積予想は2007年産冬小麦の作付面積の96%、2,400,000エーカーと報告された(3月31日付けUSDA発表)。

2008年産小麦の作柄状況:2008年3月30日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 10 22 36 26 6
Last week(%) 11 22 36 25 6
Last year(%) 2 3 16 48 31
土壌水分状況:2008年3月30日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 15 31 48 6
Last week(%) 16 27 50 7
Last year(%) 3 9 78 10
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 12 33 52 3
Last week(%) 12 29 54 5
Last year(%) 5 15 72 8

2008年1月11日付けUSDA発表

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。
2007年コロラド州産冬小麦の単収は、生育期/登熟期の土壌水分が良好であったことより、単位収量は2006年の倍近い40.0 bushels/acreとなり、生産量は収穫面積の増加もあり94,000,000 bushels(2006年産の2.7倍)であった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
冬小麦作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 2,550 2,150 2,500 2,200 1,900 2,350
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
(1) Including are planted in preceding fall
  Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
Crop Yr. 2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 24 21 40 52,800 39,900 94,000
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989

25 March, 2008

2008年3月23日現在の気象及び作柄概況

2008年3月23日に終わる1週間のコロラド州の気象は、乾燥気味の気象で概ね平年以下の降水量であった。但し、州東平原の州境では例年以上の降雨が有った。3月23日現在の州平均残雪量は平年の123%であった。 1週間の州平均農作業稼働日数は4.3日(前週:4.1日)であった。2008年産冬小麦作柄は前週から殆ど変化が無く、2007年産冬小麦と比較し作柄は余り良くない状態であった。

2008年産小麦の作柄状況:2008年3月23日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week(%) 11 22 36 25 6
Last week(%) 11 20 38 25 6
Last year(%) 1 2 14 59 24
土壌水分状況:2008年3月23日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 16 27 50 7
Last week(%) 14 27 50 9
Last year(%) 0 8 80 12
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 12 29 54 5
Last week(%) 11 29 54 6
Last year(%) 6 15 68 11

2008年1月11日付けUSDA発表

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。
2007年コロラド州産冬小麦の単収は、生育期/登熟期の土壌水分が良好であったことより、単位収量は2006年の倍近い40.0 bushels/acreとなり、生産量は収穫面積の増加もあり94,000,000 bushels(2006年産の2.7倍)であった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
冬小麦作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 2,550 2,150 2,500 2,200 1,900 2,350
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 24 21 40 52,800 39,900 94,000
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989

18 March, 2008

2008年3月16日現在の気象及び作柄概況

2008年3月16日に終わる1週間のコロラド州の気象は、前週に引続き低温・乾燥気象であった。全州平均の残雪量は平年を上回っていた。1週間の降水量は全州の観測所にて平年以下であった。1週間の州平均農作業稼働日数は4.1日(前週:3.2日)であった。2008年産の作柄は多少前週の評価より落ちた。 2007年産冬小麦と比較し今期の作柄は余り良くない。

2008年産小麦の作柄状況:2008年3月9日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 11 20 38 25 6
Last week(%) 12 18 35 28 7
Last year (%) 1 3 14 42 41
土壌水分状況:2008年3月9日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 14 27 50 9
Last week (%) 14 26 49 11
Last year (%) 1 7 74 18
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 11 29 54 6
Last week(%) 11 24 56 9
Last year(%) 9 15 61 16

2008年1月11日付けUSDA発表

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。
2007年コロラド州産冬小麦の単収は、生育期/登熟期の土壌水分が良好であったことより、単位収量は2006年の倍近い40.0 bushels/acreとなり、生産量は収穫面積の増加もあり94,000,000 bushels(2006年産の2.7倍)であった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
冬小麦作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 2,550 2,150 2,500 2,200 1,900 2,350
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 24 21 40 52,800 39,900 94,000
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989

11 March, 2008

2008年3月9日現在の気象及び作柄概況

2008年3月9日に終わる1週間のコロラド州の気象は、Cool & Dryの気象であった。1週間の降水量は全州の観測所にて平年を大きく下回った。全州平均の積雪量(残雪量)は平年より多く、平年の127%と報告された。気温は平年を下回り、残雪もあり1週間の州平均農作業稼働日数は3.2日であった。 冬小麦の6%が牧草とし転用された。"Good"以上の評価は全体の35%であった。

2008年産小麦の作柄状況:2008年3月9日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  Very poor Poor Fair Good Excellent
This week (%) 12 18 35 28 7
土壌水分状況:2008年3月9日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 14 26 49 11
Last week (%) NA NA NA NA
Last year (%) NA NA NA NA
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 11 24 56 9
Last week(%) NA NA NA NA
Last year(%) NA NA NA NA

2008年1月11日付けUSDA発表

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。
2007年コロラド州産冬小麦の単収は、生育期/登熟期の土壌水分が良好であったことより、単位収量は2006年の倍近い40.0 bushels/acreとなり、生産量は収穫面積の増加もあり94,000,000 bushels(2006年産の2.7倍)であった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
冬小麦作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 2,550 2,150 2,500 2,200 1,900 2,350
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 24 21 40 52,800 39,900 94,000
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989

4 March, 2008

2008年2月の気象及び作柄概況

2008年2月のコロラド州の気象は、2週間毎のサイクルで変化した。2月初めの2週間は平年以下の気温で推移し平年以上の降雪が有った。後半の2週間は気温が上がり乾燥した気象となった。2月末の全州の山岳部に於ける積雪量は、平年の126%、北部平原の積雪量は平年の108〜124%、南部では131〜150%であった。 但し、2月の東平原での降雪は少なくSnow coverは殆どゼロの状態となった。冬小麦の作柄に付いての報告は無かった。

2008年1月11日付けUSDA発表

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。
2007年コロラド州産冬小麦の単収は、生育期/登熟期の土壌水分が良好であったことより、単位収量は2006年の倍近い40.0 bushels/acreとなり、生産量は収穫面積の増加もあり94,000,000 bushels(2006年産の2.7倍)であった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
冬小麦作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 2,550 2,150 2,500 2,200 1,900 2,350
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 24 21 40 52,800 39,900 94,000
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989

6 February, 2008

2008年1月の気象及び作柄概況

2008年1月のコロラド州の気象は、山岳部ではSnow Stormのが連続的に発生した。山岳部では平年以上の積雪量(平年の129%)となった。平原部特に州東部平原での降雪量は多少平年を下回った。1月の平均気温は例年より多少低くかったとの報告であった。 1月末日のSnow Coverは良好であり、冬小麦の作柄は"Fair 〜Good"の評価であった。

2008年1月11日付けUSDA発表

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。
2007年コロラド州産冬小麦の単収は、生育期/登熟期の土壌水分が良好であったことより、単位収量は2006年の倍近い40.0 bushels/acreとなり、生産量は収穫面積の増加もあり94,000,000 bushels(2006年産の2.7倍)であった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
冬小麦作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 2,550 2,150 2,500 2,200 1,900 2,350
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 24 21 40 52,800 39,900 94,000
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989

11 January, 2008

2007年12月の気象及び作柄概況

12月の降水量(降雪量)は例年より極めて少なかった。Topsoilの土壌水分は64%が"Short"から"Very Short"、Subsoilの水分はVery Shortが14%、Shortが47%であった。冬小麦の作柄に付いての報告は無かった。

2008年1月11日付けUSDA発表

コロラド州2008年産冬小麦の作付面積は、2007年産冬小麦の作付面積より多少減少し(2007年作付の96%)2,400,000エーカーであった。
2007年コロラド州産冬小麦の単収は、生育期/登熟期の土壌水分が良好であったことより、単位収量は2006年の倍近い40.0 bushels/acreとなり、生産量は収穫面積の増加もあり94,000,000 bushels(2006年産の2.7倍)であった。

2008年産冬小麦作付面積:1,000 Acres
  Crop Year 2008 as Pet. Of 2007
2006 2007 2008
Colorado 2,150 2,500 2,400 96%
USA 40,575 449,987 46,610 104%
冬小麦作付面積及び収穫面積
(1) Including are planted in preceding fall
  Area Planted (1)
1,000 Acres
Area Harvested
1,000 Acres
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 2,550 2,150 2,500 2,200 1,900 2,350
USA 40,433 40,575 44,987 33,794 31,117 35,952
冬小麦の単収と収穫量
Crop Yr. Yield
bushels/acre
Production
1,000 bushels
2005 2006 2007 2005 2006 2007
Colorado 24 21 40 52,800 39,900 94,000
USA 44.4 41.7 42.2 1,499,129 1,298,081 1,515,989

20 November, 2007

2007年11月18日概況

2008年産コロラド州産冬小麦の作柄状況及びに気象状況の週刊報告は、11月20日付け報告を最後に一時中断し、2008年4月1日より再開致します。冬期は月刊報告を行うことと致します。

2008年産小麦の生育状況:2007年11月18日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Emerged(%) 100 100 100 100
2008年産小麦の作柄状況:2007年11月18日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Very Good
This week(%) 5 10 24 48 13
Last week(%) 5 10 24 48 13
土壌水分状況:2007年11月18日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 23 41 35 1
Last week (%) 22 35 41 2
Last year (%) 6 21 72 1
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 14 47 38 1
Last week(%) 13 41 44 2
Last year(%) 18 33 48 1

13 November, 2007

2007年11月11日概況

コロラド州の11月11日に終わる1週間の気象は、引続き極めて乾燥した気象であった。全州に亘り降雨は殆どの観測されなかった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:6.7日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は、"Very short"及び"Short"が増加し、昨年同期より可也悪い状態であった。
2008年産冬小麦は全播種圃場にて出芽した。出芽のペースは昨年と略同じであった。出芽後の小麦の生育状況は、土壌水分不足より前週より多少評価が落ちた。

2008年産小麦の生育状況:2007年11月11日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Emerged(%) 100 99 100 99
2008年産小麦の作柄状況:2007年11月11日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Very Good
This week(%) 5 10 24 48 13
Last week(%) 5 13 23 43 16
土壌水分状況:2007年11月11日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 23 41 35 1
Last week (%) 22 35 41 2
Last year (%) 6 21 72 1
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 14 47 38 1
Last week(%) 13 41 44 2
Last year(%) 18 33 48 1

6 November, 2007

2007年11月4日概況

コロラド州の11月4日に終わる1週間の気象は、平年以上の気温の乾燥気象となった。降雨は殆どの観測所にて記録されなかった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:6.2日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は、"Very short"が増加した。土壌水分は昨年同期より可也悪い状態であった。
2008年産冬小麦は99%の圃場にて出芽した。出芽のペースは昨年並びに5年平均と略同じとなった。出芽後の小麦の生育状況は、土壌水分不足より前週より評価が落ちた。小麦は纏った降雨を必要とした。

2008年産小麦の生育状況:2007年11月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Emerged (%) 99 93 99 98
2008年産小麦の作柄状況:2007年11月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Very Good
This week(%) 5 13 23 43 16
Last week(%) 0 10 25 45 20
土壌水分状況:2007年11月4日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 22 35 41 2
Last week (%) 20 36 43 1
Last year (%) 6 23 69 2
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 13 41 44 2
Last week(%) 12 43 42 3
Last year(%) 17 34 48 1

30 October, 2007

2007年10月28日概況

コロラド州の10月28日に終わる1週間の気象は、多少の降雨を伴った平年並み気温の気象であった。但し、降水量は平年以下でった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.2日(前週:5.9日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は、前週から殆ど変化無く、全体として昨年以下であった。2008年産冬小麦は93%の圃場にて出芽した。 出芽のペースは昨年並びに5年平均より多少遅れ気味であった。出芽後の小麦の生育状況は前週より多少評価が落ちたが順調であると報告された。更に降雨が必要であった。。

2008年産小麦の生育状況:2007年10月28日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Emerged(%) 93 81 95 84
2008年産小麦の作柄状況:2007年10月28日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Very Good
This week(%) 0 10 25 45 20
Last week(%) 0 5 20 50 25
土壌水分状況:2007年10月28日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 20 36 43 1
Last week (%) 19 35 43 3
Last year (%) 5 22 68 5
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 12 43 42 3
Last week(%) 12 43 42 3
Last year(%) 18 36 44 2

23 October, 2007

2007年10月21日概況

コロラド州の10月21日に終わる1週間の気象は、気温が下がり平原の一部で降雪が有ったが全体に降水量は平年以下であった。1週間の州平均農作業稼動日数は5.9日(前週:6.7日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は、前週より改善した。2008年産冬小麦の播種作業は全州にて完了し、播種圃場の81%にて出芽した。 出芽のペースは昨年より遅れ気味であった。出芽後の小麦の生育状況は順調であり、"Good"から"Very Good"が75%を占め前週より改善した。

2008年産小麦の生育状況:2007年10月21日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Emerged(%) 81 71 90 90
2008年産小麦の作柄状況:2007年10月21日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Very Good
This week(%) 0 5 20 50 25
Last week(%) 0 5 23 50 22
土壌水分状況:2007年10月21日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 19 35 43 3
Last week (%) 21 37 41 1
Last year (%) 8 26 64 2
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 12 43 42 3
Last week(%) 14 45 38 3
Last year(%) 15 39 45 1

16 October, 2007

2007年10月14日概況

コロラド州の10月14日に終わる1週間の気象は、前週に続き平年並み気温の乾燥気象であった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.7日(前週:6.7日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は、前週より減少した。播種作業は順調に進み、全州の96%(昨年:96%、5年平均:97%)にて完了した。 全州の播種圃場の71%にて出芽した。播種は昨年のペースで進んでいるが、出芽は昨年より遅れ気味であった。出芽後の小麦の生育状況は順調であり、"Good"から"Very Good"が77%を占めた。

2008年産小麦の生育状況:2007年10月14日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Planted(%) 96 84 96 97
Emerged(%) 71 59 81 80
2008年産小麦の作柄状況:2007年10月14日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
  Very Poor Poor Fair Good Very Good
This week(%) 0 5 23 50 22
Last week(%) 0 7 27 47 19
土壌水分状況:2007年10月14日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 21 37 41 1
Last week (%) 19 36 44 1
Last year (%) 6 24 67 3
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 14 45 38 3
Last week(%) 13 40 44 3
Last year(%) 19 36 44 1

9 October, 2007

2007年10月7日概況

コロラド州の10月7日に終わる1週間の気象は、平年並み気温にて極めて少雨であった。殆どの観測所にて、降雨は平年と比較し非常に少ないと報告された。1週間の州平均農作業稼動日数は6.0日(前週:5.9日)であった。 Topsoil及びSubsoilの土壌水分は、"Very Short"の圃場が前週より多少増えたが、全体としては"Short"が減り"Adequate"の圃場が増えた。播種作業の進捗は好天のお蔭で順調に進み、全州の84%(昨年:92%、5年平均:93%)にて完了した。全州の播種圃場の59%にて出芽した。

2008年産小麦の生育状況:2007年10月7日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Planted(%) 84 68 92 93
Emerged(%) 59 35 66 64
土壌水分状況:2007年10月7日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 19 36 44 1
Last week(%) 18 40 40 2
Last year(%) 10 23 65 2
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 13 40 44 3
Last week(%) 12 44 42 2
Last year(%) 21 37 41 1

2 October, 2007

2007年10月2日概況

コロラド州の9月30日に終わる1週間は、平年並み気温にて推移し殆どの地区にて降雨を記録した。東平原の東端では降水量は極めて少なかったと報告された。1週間の州平均農作業稼動日数は5.9日(前週:6.1日)であった。Topsoil及びSubsoilの土壌水分は前週より多少改善した。 Subsoil作年より良い状態であった。播種作業の進捗は例年より遅く、全州で68%(昨年:82%、5年平均:83%)にて完了した。9月30日現在全州の播種圃場の35%にて出芽した。出芽は降雨のお蔭で順調であった。

2008年産小麦の生育状況:2007年9月30日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Planted(%) 68 48 82 83
Emerged(%) 35 12 43 41
土壌水分状況:2007年9月30日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 18 40 40 2
Last week (%) 21 40 37 2
Last year (%) 18 33 48 1
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 12 44 42 2
Last week(%) 15 43 40 2
Last year(%) 31 36 32 1
2007年コロラド産冬小麦の品種
コロラド州の冬小麦生産農家は、近年多種の品種を選択する傾向にある。最も多く作付けられた品種はJagaleneであり、全体の14.2%(昨年は第3位で8.6%)、第2位が古い品種のPrairie Redで10.3%を占め、第3位・4位はArkon、Jaggerで夫々7.4%、第5位は昨年発表され今年から作付けの始まったHatcherとなり全体の作付面積の6.5%であった。 Arkonは、昨年は13.6%の作付面積を占め長年第1位の座にあったが、2007年では第3位に落ちた。その他2007年から作付けられた新しい品種ではBond(1.9%)が有る。
コロラド州2007年産冬小麦の生産予想:2007年8月1日付けUSDA予想
USDAによる2007年産冬小麦の生産予想では、単位収量は39.0 bushel/acre(昨年実績:21.0 bu./acre)となった。収穫面積が昨年より増加し2,250,000エーカーとなり、生産量は昨年比2.2倍の87,750,000 bushelsと予想された。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Colorado 1,900 2,250 21 39 39 39,900 87,750
USA 31,117 37,188 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262

25 September, 2007

2007年9月23日概況

コロラド州の9月23日に終わる1週間は、気温が上昇し所により平年を10度Fも上回った。一方、降雨が記録され冬小麦の播種には効果的であった。1週間の州平均農作業稼動日数は6.1日(前週:6.5日)であった。降雨が有ったが気温が極めて高かったこともあり、土壌水分は前週より多少減少した。 Topsoilの土壌水分は昨年同期より可也少ない状態であった。Subsoilの水分の状態は、昨年より多少良い状態を保った。冬小麦の播種は昨年並びに5年平均より遅れており、9月23日現在全州の48%にて完了した。昨年同期では64%、5年平均では65%の完了であった。 播種圃場の12%にて出芽したが、降雨を必要な状態であった。

2008年産小麦の生育状況:2007年9月23日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Planted(%) 48 24 64 65
Emerged(%) 12 0 21 21
土壌水分状況:2007年9月23日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 21 40 37 2
Last week(%) 18 42 37 3
Last year (%) 7 22 68 3
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 15 43 40 2
Last week(%) 15 41 41 3
Last year(%) 21 41 37 1
2007年コロラド産冬小麦の品種
コロラド州の冬小麦生産農家は、近年多種の品種を選択する傾向にある。最も多く作付けられた品種はJagaleneであり、全体の14.2%(昨年は第3位で8.6%)、第2位が古い品種のPrairie Redで10.3%を占め、第3位・4位はArkon、Jaggerで夫々7.4%、 第5位は昨年発表され今年から作付けの始まったHatcherとなり全体の作付面積の6.5%であった。Arkonは、昨年は13.6%の作付面積を占め長年第1位の座にあったが、2007年では第3位に落ちた。その他2007年から作付けられた新しい品種ではBond(1.9%)が有る。
コロラド州2007年産冬小麦の生産予想:2007年8月1日付けUSDA予想
USDAによる2007年産冬小麦の生産予想では、単位収量は39.0 bushel/acre(昨年実績:21.0 bu./acre)となった。収穫面積が昨年より増加し2,250,000エーカーとなり、生産量は昨年比2.2倍の87,750,000 bushelsと予想された。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Colorado 1,900 2,250 21 39 39 39,900 87,750
USA 31,117 37,188 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262

18 September, 2007

2007年9月16日概況

コロラド州の9月18日に終わる1週間には、州東部平原では殆ど降雨は無く平年以下の降水量であったが、San Luis Valleyでは略平年並みの降雨があった。気温は高目であった。2007年産冬小麦の播種は9月第2週から始まり、9月16日現在全州の24%(昨年:27%、5年平均:37%)にて完了した。 8月末の土壌水分が少なかったことより、冬小麦の播種開始は例年より1週間以上の遅れとなっていた。1週間の州平均農作業稼動日数は6.5日であった。土壌水分は昨年同期より可也少ない状態であった。60%の圃場のTopsoilの水分は"Shortから"Very Short"の状態であった。 Subsoilの水分の状態は、昨年より多少良い状態であった。

2008年産小麦の生育状況:2007年9月16日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
5-yr average means average of 2003, 2004, 2005, 2006 and 2007 crop years.
  This week Last week Last year 5-yr. Average
Planted(%) 24 5 27 37
Emerged(%) NA NA NA NA
土壌水分状況:2007年9月16日現在
Source: National Agricultural Statistics Service, Colorado Field Office
Topsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week (%) 18 42 37 3
Last week (%) 16 38 43 3
Last year (%) 11 25 62 2
Subsoil Moisture
  Very short Short Adequate Surplus
This week(%) 15 41 41 3
Last week(%) 14 41 43 2
Last year(%) 26 40 33 1
2007年コロラド産冬小麦の品種
コロラド州の冬小麦生産農家は、近年多種の品種を選択する傾向にある。最も多く作付けられた品種はJagaleneであり、全体の14.2%(昨年は第3位で8.6%)、第2位が古い品種のPrairie Redで10.3%を占め、第3位・4位はArkon、Jaggerで夫々7.4%、第5位は昨年発表され今年から作付けの始まったHatcherとなり全体の作付面積の6.5%であった。 Arkonは、昨年は13.6%の作付面積を占め長年第1位の座にあったが、2007年では第3位に落ちた。その他2007年から作付けられた新しい品種ではBond(1.9%)が有る。
コロラド州2007年産冬小麦の生産予想:2007年8月1日付けUSDA予想
USDAによる2007年産冬小麦の生産予想では、単位収量は39.0 bushel/acre(昨年実績:21.0 bu./acre)となった。収穫面積が昨年より増加し2,250,000エーカーとなり、生産量は昨年比2.2倍の87,750,000 bushelsと予想された。
State Area Harvested
1,000 acres
Yield
Bushels/acre
Production
1,000 bushels
2006 2007 2006 2007 2006 2007
1-Jul 1-Aug
Colorado 1,900 2,250 21 39 39 39,900 87,750
USA 31,117 37,188 41.7 41.6 41.3 1,298,081 1,537,262
このページの先頭へ戻る

お問合せご利用について個人情報の取扱いについて 検査業務請負に係る一般契約条件(PDF 23K)サイトマップ

Copyright © 2005 Overseas Merchandise Inspection Co., Ltd. All Rights Reserved.